PC

出典: meddic

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Peace Corps 平和部隊」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/11/12 19:49:07」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • US State-Level Policy Responses to the Ebola Outbreak, 2014-2015.
  • Sell TK1, McGinty EE, Pollack K, Smith KC, Burke TA, Rutkow L.
  • Journal of public health management and practice : JPHMP.J Public Health Manag Pract.2016 Dec 15. [Epub ahead of print]
  • CONTEXT: The 2014-2015 Ebola epidemic in West Africa raised concerns about the potential occurrence of an Ebola outbreak in the United States. The federal government and individual states developed guidance and policies to determine how to manage individuals within the United States who may have bee
  • PMID 26672407
  • Early Childhood Education to Promote Health Equity: A Community Guide Systematic Review.
  • Hahn RA1, Barnett WS, Knopf JA, Truman BI, Johnson RL, Fielding JE, Muntaner C, Jones CP, Fullilove MT, Hunt PC; Community Preventive Services Task Force.
  • Journal of public health management and practice : JPHMP.J Public Health Manag Pract.2016 Dec 15. [Epub ahead of print]
  • CONTEXT: Children in low-income and racial and ethnic minority families often experience delays in development by 3 years of age and may benefit from center-based early childhood education.DESIGN: A meta-analysis on the effects of early childhood education by Kay and Pennucci best met Community Guid
  • PMID 26672406
  • Using Evidence-Based Interventions to Improve Cancer Screening in the National Breast and Cervical Cancer Early Detection Program.
  • DeGroff A1, Carter A, Kenney K, Myles Z, Melillo S, Royalty J, Rice K, Gressard L, Miller JW.
  • Journal of public health management and practice : JPHMP.J Public Health Manag Pract.2016 Dec 15. [Epub ahead of print]
  • CONTEXT: The National Breast and Cervical Cancer Early Detection Program (NBCCEDP) provides cancer screening to low-income, un-, and underinsured women through more than 11 000 primary care clinics. The program is well-positioned to work with health systems to implement evidence-based interventions
  • PMID 26672405
  • Quality of HIV Testing Data Before and After the Implementation of a National Data Quality Assessment and Feedback System.
  • Beltrami J1, Wang G, Usman HR, Lin L.
  • Journal of public health management and practice : JPHMP.J Public Health Manag Pract.2016 Dec 15. [Epub ahead of print]
  • CONTEXT: In 2010, the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) implemented a national data quality assessment and feedback system for CDC-funded HIV testing program data.OBJECTIVE: Our objective was to analyze data quality before and after feedback.DESIGN: Coinciding with required quarterly
  • PMID 26672404

和文文献

  • 無線マルチホップアクセスネットワークのオンサイトの構成
  • QuangTranMinh ,Kien Nguyen,Shigeki Yamada
  • 情報処理学会研究報告. MBL, [モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会研究報告] 2013-MBL-67(3), 1-6, 2013-09-05
  • … 具体的には、情報通信ネットワークの一部が破壊されても、被災地にあるモバイル端末 (スマートフォン、ラップトップ PC、タブレット端末等) を、生き残っているネットワークの端までマルチホップで接続することによって、被災地の人々が被災直後からインターネットを自由に使えるようにすることを目指しています。 …
  • NAID 110009605187
  • PC操作モニタリングシステムを用いたオフィスワーカーストレスと室内外気温の関係性分析
  • 鳥羽 美奈子,恵木 正史,櫻井 隆雄,藤田 幸久
  • 情報処理学会研究報告. 情報システムと社会環境研究報告 2013-IS-125(11), 1-8, 2013-09-05
  • … 的に検証するため,PC 操作モニタリングシステムをもちいたオフィスワーカーストレスと室内外気温の関係性分析手法を提案する.本システムでは,各 PC にインストールされたエージェントがユーザーのキーボード操作等の PC 操作ログを逐一記録する.本システムサーバはこの PC 操作ログを収集し,業務傾向等を分析する.PC 操作ログの特徴量 …
  • NAID 110009605183
  • フォルダ・プログラミング環境におけるエンドユーザインタフェースに関する一考察
  • 赤間 浩樹,鶴岡 行雄,佐藤 哲司
  • 情報処理学会論文誌. プログラミング 6(2), 69-84, 2013-08-29
  • … たが,これは,写真やビデオなど大量のメディアデータを所有するエンドユーザにとっては大きな負担となっていた.そこで,我々は,日常的にプログラミングを行わないPC利用者にも利用が容易なプログラミング環境POLDERを提案してきた.PCのデスクトップ上で広く普及しているフォルダ概念を拡張したPOLDERは,既存のメディア処理部品を容易にマッシュアップできる環境であり,処理を大量のデータに適用 …
  • NAID 110009602860
  • Effects of UV wavelength on cell damages caused by UV irradiation in PC12 cells
  • Masuma Runa,Kashima Sakura,Kurasaki Masaaki,Okuno Tsutomu
  • Journal of Photochemistry and Photobiology B: Biology 125, 202-208, 2013-08-05
  • … This study was conducted to determine the toxicological effects of different wavelengths (250, 270, 290, and 310 nm) and doses of UV radiation on cell viability, DNA structure, and DNA damage repair mechanisms in a PC12 cell system. … On the basis of LD50 values for each wavelength, PC12 cells irradiated with UV radiation of 290 nm showed maximum DNA repair ability, whereas those irradiated with the 310-nm radiation did not show any repair ability. …
  • NAID 120005311826

関連リンク

PCやタブレット、周辺機器の最新情報を毎日配信。新製品のレビューや海外の最新技術動向、国内外のイベントレポートまで充実の内容。人気ライター陣の連載コラムも満載
パソコンや家電、ブロードバンドや携帯料金などの通信費、フード・ドリンクやインテリア、コスメなど多様なジャンルの商品やサービスの価格情報・商品情報・クチコミ情報などを集約して提供する価格.com のパソコン 価格比較の ...
BTOパソコンやノートPC、Windows8のことなら、「パソコン工房公式サイト(スマホ対応)」をご利用ください。BTOのデスクトップPCは、リーズナブルで抜群のスペックが魅力!全国店舗展開でサポート・アフターケアも万全!

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み位相差
リンク元褐色細胞腫」「播種性血管内凝固症候群」「交差適合試験」「ホスファチジルコリン」「後交連
拡張検索PCPA」「PCH」「PCR
関連記事P」「Ping

位相差」

  [★]

phase contrast, retardance
PC法


褐色細胞腫」

  [★]

pheochromocytoma PC, phaeochromocytoma
クロム親和細胞腫 chromaffin cell tumor chromaffinoma
副腎外褐色細胞腫傍神経節腫 paragangliomaアドレナリン受容体

概念

  • 副腎髄質や傍神経節などのクロム親和性細胞から発生する腫瘍。
  • カテコールアミン分泌する

病型

  • 臨床像:発作型・持続型
  • 腫瘍発生様式:散発性、家族性(10%) : :*家族性発生のものはMEN2の可能性あり。
  • 発生部位:副腎原発(90%)(片側性、両側性(10%))、副腎外発生(10%)
  • 腫瘍の数:単発性、多発性(10%)
  • 腫瘍の正常:良性、悪性(10%)

病因

10% disease
embfc ← なんか適当な語呂にして
  • extraadrenal:副腎外10%
  • malignancy:悪性10%
  • bilateral:両側10%
  • familial:家族性10%
  • child:小児10%

疫学

  • 20-40歳

遺伝形式

原因となる遺伝子

Location Phenotype Phenotype Gene/Locus Gene/Locus
MIM number MIM number
1p36.22 Pheochromocytoma 171300 KIF1B 605995
1p36.13 Pheochromocytoma 171300 SDHB 185470
2q11.2 {Pheochromocytoma, susceptibility to} 171300 TMEM127 613403
3p25.3 Pheochromocytoma 171300 VHL 608537
5p13.2 {Pheochromocytoma, modifier of} 171300 GDNF 600837
10q11.21 Pheochromocytoma 171300 RET 164761
11q23.1 Pheochromocytoma 171300 SDHD 602690
14q23.3 {Pheochromocytoma, susceptibility to} 171300 MAX 154950

病態生理

  • 起立性低血圧:慢性的な血管収縮により体液が減少して生じやすくなる。また、慢性的なカテコラミン過剰により自律神経の血圧調節能力低下。

病理

  • 悪性褐色細胞腫ではコハク酸脱水素酵素サブユニットB(SDHB)遺伝子に変異が存在するものがある。

症状

  • カテコールアミンの過剰分泌による症状
  • 高血圧、頭痛、発汗、動悸・頻脈、高血糖 → 5H
  • 起立性低血圧、起立性めまい、蒼白、不安・神経過敏、体重減少
YN.D-69
HT,HM,HG,Hhidr,Head

高血圧

  • α1作用により末梢血管収縮。
  • β1作用によりレニン分泌

代謝亢進

高血糖

  • α2作用:インスリン分泌抑制
  • β2作用:肝臓によるグリコーゲン分解

頭痛

発汗

  • 代謝亢進による体温上昇に対して発汗により体温の上昇を補償することがメカニズムと思われる。
  • 甲状腺機能亢進症と同じメカニズムに基づく。さらに、脱共役蛋白質の活性化によるものと思う(成長ホルモン#)。

検査

  • 画像検査
  • MRI:病変はT2 high
  • CT:出血・壊死部位は低吸収
  • シンチ:副腎シンチグラム:131I-MIBGの取り込みを見る。

検査禁忌

  • 副腎静脈造影、副腎静脈サンプリング  ←  褐色細胞腫の場合に高血圧クリーゼの恐れ

診断

治療

薬物療法と手術療法がある。

薬物療法

  • αβ遮断薬

手術療法

  • αブロッカー(プラゾシン)とβブロッカーを併用、あるいはαβ遮断薬(ラベタロール)を使用し血圧を安定させてから手術を行う。手術は静脈結紮を先に行いカテコラミンの体循環への流入を防ぐ。
  • 腹腔鏡下副腎摘除術

禁忌となる薬物

  • グルカゴン:以下のような目的でグルカゴンが用いられるが、褐色細胞腫の患者においては「カテコールアミンの遊離を刺激して、急激な血圧の上昇を招くおそれがあ」ため、禁忌
成長ホルモン分泌能検査、インスリノーマの診断、肝糖原検査、低血糖時の救急処置、消化管のX線および内視鏡検査の前処置
  • β受容体遮断薬:α受容体遮断薬と併用することなしに単独で用いるのは禁忌。α受容体の血管収縮作用を相対的に増強させるため、逆に血圧が上昇してしまう危険がある。(QB.D-289)

参考

  • 1. PHEOCHROMOCYTOMA - OMIM
[display]http://omim.org/entry/171300

国試



播種性血管内凝固症候群」

  [★]

disseminated intravascular coagulation DIC, disseminated intravascular coagulopathy
播種性血管内凝固汎発性血管内血液凝固 generalized intravascular coagulation


  • TNF-αの作用により血管内で血液が凝固する(2008年前期免疫学)
  • 致死率は70-80% (2008年前期免疫学)

概念

  • 癌、敗血症、白血病などを基礎とし、過度の凝固亢進により、全身の微小血管に血栓が多発して循環障害による臓器障害と、血小板・凝固因子の消費と線溶系の亢進による著明な出血傾向を来す病態

病因

疫学

病変形成&病理

症状

  • 出血傾向(紫斑など皮下出血、鼻出血、血尿、消化管出血、肺出血)
  • 臓器障害(血栓形成に基づく循環障害)
  • 急性腎不全、虚血性心疾患、呼吸不全、黄疸
  • 初発は70%が出血(紫斑、うっ血斑、注射部位からの出血、消化管出血など)。

診断

表1.DIC診断基準
  厚労省DIC診断基準 急性期DIC診断基準
基礎疾患 基礎疾患あり:1点 基礎疾患は必須項目
臨床症状 出血症状あり:1点
臓器症状あり:1点
要除外診断
SIRS(3項目以上):1点
血小板数
(X104/μL)
8< ≦12:1点
5< ≦ 8:2点
  ≦ 5:3点
8≦<12 or 30%以上減少/24h:1点
  <8 or 50%以上減少/24h:3点
血清FDP(μg/ml)  
10≦ <20:1点
20≦ <40:2点
40≦   :3点
10≦ <25: 1点
25≦   :3点
D-dimerもFDPとの換算表により使用可能
フィブリノゲン(mg/dl) 100< ≦150:1点
   ≦100:2点
PT1.25≦ <1.67:1点
1.67≦    :2点
1.2≦:1点
DIC診断 7点以上
(白血病群では、出血症状と血小板数を除いて、4点以上)
4点以上
(白血病群には適応できない)

検査

  血液マーカー DIC DIC 意義 例外
global coagulation tests プロトロンビン時間 PT   肝障害
フィブリノゲン   ↓or→ 炎症、肝障害
血小板数   肝障害、骨髄抑制、血小板抗体
フィブリン分解産物 FDP 線溶亢進 炎症で増加が減少
止血系分子マーカー トロンビン・アンチトロンビンIII複合体 TAT, F1+2 トロンビン生成 その他の血栓症でも増加
SF, Dダイマー   フィブリン生成  
PPIC, Dダイマー   フィブリン分解  
トロンボモジュリン TM 血管内皮障害 腎障害
アンチトロンビン AT 肝障害
プロテインC PC 肝障害
プラスミノゲンアクティベーターインヒビター1 PAI-1 線溶低下 高脂血症
組織因子 TF 外因系の活性化 大動脈瘤
第VIIa因子 FVIIa
組織因子経路インヒビター TFPI

治療

予後

予防

参考

どの診断基準を使うべきか記載有り
[display]http://fhugim.com/2%E2%96%A0%E2%96%A0p=2454


交差適合試験」

  [★]

crossmatching test
血液交差適合試験 blood cross-matching procedureクロスマッチ試験 cross-matching testクロスマッチ cross-matching
交差試験blood typing


概念

  • 不適合輸血を防ぐための検査。
  • 輸血前に行われ、ABO型血液型、Rho(D)抗原の検査とは別の時点で採血した献体を用いる。
  • 主試験は必ず実施
  供血者 受血者 目的
主試験 major cross-match 血球 血清 輸血する血球の型を調べる
副試験 minor cross-match 血清 血球 輸血する血清中の抗体を調べる。

交差適合試験の省略

  • 供血者の血液型検査を行い、間接抗グロブリン抗体を含む不規則抗体スクリーニング検査が陰性であり、かつ患者の血液型検査が適正に行われていれば、ABO同型血使用時の副試験は省略しても良い。
  • 輸血用血液の不規則抗体スクリーニングは血液センターで実施され陰性のものが供給されていること、またPCFFP中に赤血球はほとんど含まれていないことから、 患者の血液型と同型の製剤を使用することを原則として交差適合試験の省略が可能とされている。 ← もちろん全血や赤血球を輸血する場合でも前述の条件を満たす限り、副試験は省略可能です。


ホスファチジルコリン」

  [★]

phosphatidylcholine PC PtdCho
レシチン lecithin, 1,2-ジアシルグリセロホスホコリン sn-1,2-diacylglycerophosphocholine
コリングリセロリン脂質L/S比
  • 図:FB.154
  • グリセロリン脂質の一種で、リン酸を介してコリンが結合している

構造

胎児の肺サーファクタント



後交連」

  [★]

posterior commissure PC
commissura posterior
前交連



-posterior commissure


PCPA」

  [★]

p-chlorophenylalanine


PCH」

  [★] 発作性寒冷血色素尿症 paroxysmal cold hemoglobinuria

PCR」

  [★] ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction


P」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 16th letter of the Roman alphabet」
p

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「parking」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「phosphorusの化学記号」

Ping」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a river in western Thailand; a major tributary of the Chao Phraya」
Ping River


"http://meddic.jp/PC" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡