OK432

出典: meddic

ピシバニール

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Chemical pleurodesis for prolonged postoperative air leak in primary spontaneous pneumothorax.
  • How CH1, Tsai TM1, Kuo SW1, Huang PM1, Hsu HH1, Lee JM1, Chen JS2, Lai HS3.
  • Journal of the Formosan Medical Association = Taiwan yi zhi.J Formos Med Assoc.2014 May;113(5):284-90. doi: 10.1016/j.jfma.2012.12.016. Epub 2013 Feb 8.
  • BACKGROUND/PURPOSE: Prolonged air leak is the most common complication after thoracoscopic operation for primary spontaneous pneumothorax (PSP), and the role of chemical pleurodesis in treating air leaks remains unclear. This study evaluated the safety and efficacy of chemical pleurodesis with a co
  • PMID 24746114
  • Dynamic Toll-like receptor expression predicts outcome of sclerotherapy for lymphatic malformations with OK-432 in children.
  • Reismann M1, Ghaffarpour N2, Luvall E3, Jirmo AC4, Winqvist O3, Radtke J5, Wester T2, Claesson G6.
  • The Journal of surgical research.J Surg Res.2014 Mar;187(1):197-201. doi: 10.1016/j.jss.2013.09.037. Epub 2013 Oct 2.
  • BACKGROUND: Sclerotherapy with OK-432 is recommended as a first-line treatment for lymphatic malformations. However, 40% of patients show poor response, defined by involution to <50% of the original size. It has been suggested that the OK-432 effect is highly dependent on the Toll-like receptor (
  • PMID 24215906
  • OK432 Versus Doxycycline for Treatment of Macrocystic Lymphatic Malformations.
  • Motz KM1, Nickley KB, Bedwell JR, Yadav B, Guzzetta PC, Oh AK, Bauman NM.
  • The Annals of otology, rhinology, and laryngology.Ann Otol Rhinol Laryngol.2014 Feb;123(2):81-8. doi: 10.1177/0003489414523561.
  • OBJECTIVES: A variety of sclerotherapy agents are used to treat macrocystic lymphatic malformations (LMs). This retrospective study at a single institution was performed to compare the outcomes of pediatric macrocystic LMs of the head and neck that were treated with doxycycline or with OK432.METHODS
  • PMID 24574462

和文文献

  • P-70 リンパ管腫由来細胞に対するOK-432の直接的影響(研究・その他2,ポスターセッション,第48回日本小児外科学会学術集会)
  • 鈴東 昌也,黒田 達夫,北野 良博,田中 秀明,藤野 明浩,渡辺 稔彦,武田 憲子,松田 諭,山根 裕介,牧野 初音,梅澤 明弘
  • 日本小児外科学会雑誌 47(4), 622, 2011-07-05
  • NAID 110008735192
  • 術後唾液瘻に対するOK-432の使用経験
  • 清家 卓也,中西 秀樹,石田 創士
  • 日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 31(6), 375-379, 2011-06-20
  • NAID 10029371027

関連リンク

OK-432(商品名:ピシバニール)はA群溶血性連鎖球菌の弱毒の自然変異株(Su株)を ペニシリンで処理した製剤です。(重要な点は「 ... しかし、OK-432が他のどんな制癌剤 や癌の免疫療法剤よりも有効な場合があるのはよく知られていました。それは、この薬 ...
上の写真は、大きなガマ腫に対してOK-432 1KEの嚢胞内注入をした前後の写真です( 左:治療前、右;OK-432注入翌日)。青黒く透明であったガマ腫が、OK-432の投与後に は、赤く混濁してしているのがお判りいただけると思います。また、この時には38℃の ...

関連画像

Photodynamic therapy and anti-tumour OK-432 PicibanilANTESMecanismo de Acción de OK-432 PicibanilOK432Aplicação OK432


★リンクテーブル★
先読みピシバニール
リンク元自然気胸

ピシバニール」

  [★]

PicibanilOK-432
  • 抗腫瘍薬;免疫賦活




自然気胸」

  [★]

spontaneous pneumothorax
気胸緊張性気胸

自然気胸

概念

  • 胸腔内に空気が貯留・肺が虚脱した状態(気胸)で、外傷性および医原性気胸を除いたもの。

分類

原因

  • 原発性気胸:基礎疾患なし(肺尖部のブレブブラの破裂)
  • 続発性気胸:基礎疾患有り(COPD、喘息、肺癌、肺結核、肺線維症、肺炎、肺化膿症、肺膿瘍、サルコイドーシス、AIDS、肺吸虫症、子宮内膜症など)

重症度

  • 肺虚脱の重症度分類(IMD.757)

定量的

  • Kircherの虚脱率計算式(IMD.757)

病因 YN.I-138

  • 原発性気胸:
  • ブラ、ブレブの破綻による気胸
  • マリファナの吸引はbullous lung diseaseの関係している。タバコは気胸の再発リスクを上げる。(CASES.188)
  • 続発性気胸:COPD、喘息、肺癌、肺結核、肺線維症、肺炎、肺化膿症、肺膿瘍、サルコイドーシス、AIDS、宮崎肺吸虫症、子宮内膜症
  • 胸膜の索状癒着の起始部の破綻
  • 炎症・腫瘍などによる肺胸膜の断裂
  • 月経随伴性気胸
  • 子宮内膜症に伴う。臓側胸膜や横隔面に子宮内膜症の病変を認める。月経時に血性胸水を呈する。右側に多い

疫学

  • 20歳代と50-60歳代にピーク
  • 20歳代:ブラ、ブレブの破裂。若年男性、細長型、扁平胸郭に多い。基礎疾患無し。
  • 50-60歳代:基礎疾患あり(慢性気管支炎、肺気腫、気管支喘息、肺癌など)

身体所見

  • 打診:患側で鼓音
  • 聴診:患側の呼吸音・声音振盪減弱。左側が患側の場合、心音減弱
  • 肺が高度に虚脱した場合:頻脈、呼吸数増加、チアノーゼなど

症状

  • 突然の胸痛(背部、肩に放散)、乾性咳嗽(発作的な咳)、呼吸困難。時に胸水 (YN.I-138)

検査

  • 胸部単純X線写真:呼気位が有用。胸郭の容量が減少するため、空気の占めるスペースが相対的に大きくなり気胸を見いだしやすくなる。
  • 適応:気胸を疑う例。重症度、基礎疾患。穿刺脱気例の前後。穿刺脱気時は、4-6時間後胸部X線写真を再検。チューブドレナージ例では、ドレーンからの空気の流出をみながら、治療効果判定のため頻回に撮影。
  • 所見:虚脱した肺、縦隔の健側変位、患側の横隔膜下降
  • 進行した慢性肺気腫に続発した気胸では、胸部X線写真で気胸腔を指摘するのが困難
  • CT:外科手術が適応になる場合には撮る
  • 小さなブラ、ブレブの診断や、肺疾患合併症の評価に非常に有効
  • 血液ガス検査:肺気腫が重度の症例ではPaO2低下

診断

  • 臨床症状と身体所見、ならびに胸部X線・CT検査などで気胸腔を確認

鑑別診断

  • 胸痛を呈する疾患
  • 心筋梗塞、狭心症、心膜炎、肺梗塞、解離性大動脈瘤、胸膜炎

合併症

治療

  • 軽度例:保存的療法(安静のみで虚脱肺の再膨張)
  • 中等度以上:保存的療法(脱気)
  • 脱気(胸腔ドレナージ):胸腔穿刺、低圧持続吸引、水封式脱気など
  • 過大な陰圧をかけて吸引すると再膨張性肺水腫を見ることがある
  • 第2肋間から16Frのカニュラをつかって前から吸引する(100CASES.73)
  • 胸膜癒着術:テトラサイクリン、OK432、ヒトフィブリノゲンを胸腔内に注入
  • 2回気胸が生じたとき、あるいはプロの運転手やパイロットのかたにはpleurodesisが勧められる。(100CASES.73)
  • 手術療法:根治的治療であり、胸腔鏡を介して行う
  • 次の場合、手術療法を考慮
  • 1. 大量の気漏、気漏の持続
  • 2. 多量の血胸
  • 3. 両側気胸
  • 4. 再発性気胸
  • 5. 初発例でも明らかな嚢胞を認めるもの

予後

  • 保存的治療での再発率は高い(20-40%)。
  • 1回の気胸の既往がある場合には20%再発、2回の既往がある場合には50%再発。(100CASES.73)

国試


"http://meddic.jp/OK432" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡