OCD

出典: meddic

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Office of Civil Defense民間防空局」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/02 10:45:32」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Dissolving the tenacity of obsessional doubt: Implications for treatment outcome.
  • Aardema F, O'Connor K.SourceUniversity of Montreal, Fernand-Seguin Research Center, 7331 Hochelaga, Montréal, Québec H1N 3V2, Canada; Concordia University, Montreal, Canada.
  • Journal of behavior therapy and experimental psychiatry.J Behav Ther Exp Psychiatry.2012 Jun;43(2):855-61. Epub 2011 Dec 20.
  • BACKGROUND AND OBJECTIVES: Previous research has found that a high impact of possibility based information during reasoning prevents the resolution of doubt among those with Obsessive-Compulsive Disorder (OCD). It was expected that the ability of those with OCD to resolve obsessional doubt would imp
  • PMID 22217423
  • Emotional, behavioral, and cognitive factors that differentiate obsessive-compulsive disorder and other anxiety disorders in youth.
  • Jacob ML, Morelen D, Suveg C, Brown Jacobsen AM, Whiteside SP.Sourcea Department of Psychology , University of Georgia , Athens , GA , 30602 , USA.
  • Anxiety, stress, and coping.Anxiety Stress Coping.2012 Mar;25(2):229-37. Epub 2011 May 24.
  • Abstract The current study examined specific emotional, behavioral, and cognitive variables that may distinguish obsessive-compulsive disorder (OCD) from generalized anxiety disorder (GAD), social phobia (SoP), and separation anxiety disorder (SAD) in youth. Youth with OCD (n=26) and other anxiety
  • PMID 21512917
  • Scrupulosity in islam: a comparison of highly religious Turkish and canadian samples.
  • Inozu M, Clark DA, Karanci AN.SourceDogus University.
  • Behavior therapy.Behav Ther.2012 Mar;43(1):190-202. Epub 2011 Jun 16.
  • Scrupulosity is a form of obsessive-compulsive disorder (OCD) characterized by a tendency to have persistent doubts about God, sin, and the adequacy of one's religious behaviors and devotion. To date, no published studies have compared scrupulosity in high- and low-religious Muslim and Christian sam
  • PMID 22304890

和文文献

  • 強迫性障害患者に対する標準化された薬物と認知行動療法の併用療法の有効性について一年後の前方視的検討
  • 膝蓋骨牽引性骨軟骨炎に離断性骨軟骨炎(OCD)様の変化を合併した1例
  • 墳本 一郎,森 成志,赤木 將男,朝田 滋貴,浜西 千秋
  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録 54(3), 575-576, 2011-05-01
  • NAID 10029072489
  • 多発性骨端異形成症が疑われた家族性離断性骨軟骨炎の1例
  • 錦野 匠一,橋本 祐介,瀧上 順誠,山崎 真哉,原 庸,中村 博亮
  • JOSKAS 36(1), 162-163, 2011-03-25
  • NAID 10028155102

関連リンク

OCD(強迫性障害)についての説明、コラム、自己診断シート。
OCDってどんな病気? OCD(Obsessive Compulsive Disorder)・強迫性障害は、かつては強迫神経症と呼ばれていました。OCDは不安障害という病気の一つに分類され、その症状にはトイレに行くたび、自分が汚れてしまったと感じ、長い ...
強迫性障害(OCD、強迫神経症)の原因、症状から改善、治療法などについて、総合的にまとめました。 ... 強迫性障害の原因は心因的なものとされていましたが、脳科学が進んだことによって脳機能の異常にも関係しているという事実が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元強迫性障害」「オランザピン」「離断性骨軟骨炎」「osteochondritis dissecans
拡張検索OCD of the femoral head
関連記事O」「OC

強迫性障害」

  [★]

obsessive compulsive
obsessive-compulsive disorder, OCD
強迫神経症 obsessive-compulsive neurosis
ICD-10
F42
神経症性障害 neurotic disorder
制縛神経症(anankastic neurosis強迫神経症(obsessional neurosis)、強迫性神経症(obsessive-compulsive neurosis)


ICD-10

F42.0

強迫思考あるいは反復思考を主とするもの Predominantly obsessional thoughts or ruminations

F42.1

強迫行為(強迫儀式)を主とするもの Predominantly compulsive acts [obsessional rituals]

F42.2

強迫思考および強迫行為が混合するもの Mixed obsessional thoughts and acts

F42.8

他の強迫性障害 Other obsessive-compulsive disorders

F42.9

強迫性障害,特定不能のもの Obsessive-compulsive disorder, unspecified

疫学

  • 生涯有病率:2-3%
  • 性差:成人- 性差無し。思春期では男性の方が多い。
  • 発症年齢:20歳前後(男性の方が幾分長い)

症状

診断

  • 1. 無意味あるいは不合理な観念が
  • 2. 自分の意志によってではなくひとりでに、あるいは自分の意志に反して出現し
  • 3. その観念を払いのけようとしても払いのけることができず
  • 4. 無理に押さえようとすると強い不快や不安の感情が起こる

治療

国試


オランザピン」

  [★]

olanzapine
ジプレキサ Zyprexa
抗精神病薬非定型抗精神病薬精神神経用剤


  • SDA:Serotonin Dopamine Antipsychotics あるいは ドパミンD2受容体阻害薬、セロトニン5-HT2A受容体阻害薬+その他の受容体阻害薬

特徴

  • 多元受容体標的化抗精神病薬
  • 5HT2受容体、D2受容体の遮断作用。そのほか多くの受容体に作用。
  • 催眠作用が強い。
  • 錐体外路症状を生じにくい。
  • 統合失調症に対して広範な薬理作用を示す。
  • 抗うつ作用もある
  • 体重増加、血糖上昇が問題
  • 口腔内で崩壊するため、拒薬経口の患者に有効(ジプレキサ)

構造

  • 非定型抗精神病薬
  • チエノベンゾジアゼピン骨格

作用機序

薬理作用

動態

適応

  • 統合失調症

適応外

  • 双極性障害、治療抵抗性うつ病

注意

禁忌

  • 1)昏睡状態(悪化)
  • 2)バルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制薬の強い影響下(中枢神経抑制作用が増強)
  • 3)本剤の成分に過敏症の既往歴
  • 4)エピネフリンを投与中
  • 5)糖尿病、糖尿病の既往歴

副作用

相互作用

離断性骨軟骨炎」

  [★]

osteochondritis dissecans OCD
解離性骨軟骨炎離断性骨端炎
骨端炎骨端症

病態

  • 関節軟骨直下の骨組織が何らかの原因で母床より離断し、壊死組織となったもの (SOR.568)

肘関節離断性骨軟骨炎

野球肘
SOR.250, 386
  • 疫学:10歳代の男児
  • 病態:投球時の痛み
  • 検査:
[show details]

膝関節離断性骨軟骨炎

SOR.568
  • 疫学:男女比=3-4:1。思春期、20歳代に好発、20%は両側性。
  • 好発部位:大腿骨内側顆(85%)、大腿骨外側顆(13%)、大腿骨膝蓋面(2%)、膝蓋骨(1%)
  • 症状:病巣が分離していない時期には運動後の不快感や軽い疼痛。病巣が不安定であれば運動時痛が増強し、走行や階段昇降が困難となる。病巣部が脱落し関節内に遊離すれば、関節のロッキングや関節推奨を生じ、可動制限と激痛を呈する。
  • 治療:経過観察、ドリリング、骨釘移植、病巣部の掻爬・骨軟骨片移植

足関節離断性骨軟骨炎

国試

  • 肘関節離断性骨軟骨炎:105I041


osteochondritis dissecans」

  [★] 離断性骨軟骨炎 OCD


OCD of the femoral head」

  [★] 大腿骨頭離断性骨軟骨炎


O」

  [★]

食道入口部

WordNet   license wordnet

「the 15th letter of the Roman alphabet」
o

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry neither the A nor B antigens; "people with type O blood are universal donors"」
type O, group O

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「《呼び掛けの名前の前につけて》『おお』,あ / (驚き・恐れ・喜び・苦痛などを表して)『おお』,ああ,まあ / 《肯定・否定を強めて》」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「oxygenの化学記号」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ohmオーム / Old」

OC」

  [★]


"http://meddic.jp/OCD" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3