Neisseria meningitidis

出典: meddic

髄膜炎菌
meningococcus
細菌ナイセリア属

生物的特徴

感染経路

  • 飛沫感染
  • 上気道から感染し、鼻咽腔で増殖し、血行性に広がる

髄膜炎菌感染症

  • 髄膜炎
  • 菌血症、敗血症
  • 70%以上の症例で点状皮下出血や紫斑性皮下出血
  • 致命率:15-25%
  • Waterhouse-Friderichsen症候群:両側の副腎が侵され、ついにはDICによりショック死する。
  • 高頻度:関節炎
  • まれ :化膿性結膜炎、副鼻腔炎、心内膜炎、肺炎

培養(SMB.215)

  • 3-10%CO2存在下で24時間培養
  • 血液感染培地、チョコレート培地


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/07/13 18:41:41」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Immunogenicity and Safety of Measles-Mumps-Rubella and Varicella Vaccines Coadministered with a Fourth dose of Haemophilus influenzae Type b and Neisseria meningitidis Serogroups C and Y-Tetanus Toxoid Conjugate Vaccine in Toddlers: A Pooled Analysis of Randomized Trials.
  • Bryant K, McVernon J, Marchant C, Nolan T, Marshall G, Richmond P, Marshall H, Nissen M, Lambert S, Aris E, Mesaros N, Miller J.SourceUniversity of Louisville; Louisville, KT USA.
  • Human vaccines & immunotherapeutics.Hum Vaccin Immunother.2012 Aug 1;8(8). [Epub ahead of print]
  • A pooled analysis was conducted of 1257 toddlers who received a fourth dose of Haemophilus influenzae type b-Neisseria meningitidis serogroups C and Y-tetanus toxoid conjugate vaccine (HibMenCY-TT) or Hib conjugate vaccine (Hib polysaccharide conjugated to N. meningitidis outer membrane protein) coa
  • PMID 22617844
  • Cochlear ossification in patients with profound hearing loss following bacterial meningitis.
  • Caye-Thomasen P, Dam MS, Omland SH, Mantoni M.SourceDepartment of Oto-Rhino-Laryngology, Head and Neck Surgery, University Hospital Rigshospitalet/Gentofte.
  • Acta oto-laryngologica.Acta Otolaryngol.2012 Jul;132(7):720-5. Epub 2012 Apr 12.
  • Abstract Conclusion: Cochlear ossification following bacterial meningitis is related to causative pathogen, but not age at disease or time point of evaluation. However, progression may occur over time, especially in case of primary signs of ossification. Objective: To investigate the occurrence a
  • PMID 22497482
  • Neisseria meningitidis and Neisseria gonorrhoeae are differently adapted in the regulation of denitrification: single nucleotide polymorphisms that enable species-specific tuning of the aerobic-anaerobic switch.
  • Edwards J, Quinn D, Rowbottom KA, Whittingham JL, Thomson MJ, Moir JW.Source*Department of Biology, University of York, Heslington, York, YO10 5DD, U.K.
  • The Biochemical journal.Biochem J.2012 Jul 1;445(1):69-79.
  • The closely related pathogenic Neisseria species N. meningitidis and N. gonorrhoeae are able to respire in the absence of oxygen, using nitrite as an alternative electron acceptor. aniA (copper-containing nitrite reductase) is tightly regulated by four transcriptional regulators: FNR (fumarate and n
  • PMID 22509901

和文文献

  • Neisseria meningitidisによる尿道炎の1症例
  • 尾又 有紀,萩原 繁広,塚田 由美子 [他]
  • 臨床検査栃木 6(2), 16-19, 2011
  • NAID 40018845940
  • 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis の病原性に関する研究
  • 高橋 英之
  • 日本細菌学雑誌 64(2), 291-301, 2009-12-25
  • 髄膜炎菌は化膿性髄膜炎の起炎菌の中で唯一流行性の髄膜炎を起こす危険な病原菌である。我々は,髄膜炎菌の簡易分類マーカーとして知られ,近年では他の病原性細菌においても病原性に関与することが明らかとなったγ-glutamyl aminopeptidase(GGT)に着目してその髄膜炎菌における病原性やその生化学的性質や分子進化に関して解析を行ない,他の病原性細菌には認められないユニークな特徴を持つことが …
  • NAID 10027208480
  • 本邦で分離された泌尿生殖器由来 Neisseria meningitidis の薬剤感受性
  • 金山 明子,伊与田 貴子,前山 佳彦,雑賀 威,池田 文昭,尾上 泰彦,小林 寅[テツ]
  • 日本性感染症学会誌 = Japanese archives of sexually transmitted diseases 20(1), 134-139, 2009-07-10
  • NAID 10027048559

関連リンク

Neisseria meningitidis, often referred to as meningococcus, is a bacterium that can cause meningitis and other forms of meningococcal disease such as meningococcemia, a life threatening sepsis. N. meningitidis is a major cause of morbidity ...
19 Jul 2012 ... Neisseria meningitidis is a causative agent of meningitis, and is responsible for considerable morbidity and mortality throughout the world. Most disease-causing N. meningitidis strains belong to serogroups A, B and C.

関連画像

Neisseria meningitidisneisseria meningitidisDescription Neisseria meningitidis.jpgneisseria meningitidisNeisseria meningitidis .Neisseria meningitidisneisseria meningitidisneisseria meningitidis


★リンクテーブル★
リンク元細菌」「髄膜炎」「髄膜炎菌感染症」「ナイセリア属」「莢膜
拡張検索serogroup A Neisseria meningitidis」「serogroup C Neisseria meningitidis」「serogroup W-135 Neisseria meningitidis」「serogroup Y Neisseria meningitidis
関連記事meningitidis」「neisseria meningitidis

細菌」

  [★]

bacterium,(pl.) bacteria
バクテリア
特殊な細菌 細菌の鑑別細菌の同定?、細菌の分類

細菌の命名

  • ラテン語であり、イタリックで表す。
  • 「属名 + 種名」で表現される。

グラム染色性と形状による分類と疾患

形状 グラム陽性菌 グラム陰性菌
球菌   スタフィロコッカス属 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus 多様     ナイセリア属 淋菌 Neisseria gonorrhoeae 淋病  
ストレプトコッカス属 化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes 多様 莢膜 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis 多様  
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae     ベイヨネラ属   Veillonella    
エンテロコッカス属 (総称)腸球菌 Enterococcus faecalis     モラクセラ属/
ブランハメラ亜属
  Moraxella catarrhalis 肺炎  
Enterococcus faecium      
桿菌   バシラス属 炭疽菌 Bacillus anthracis 炭疽 好気性菌、有芽胞菌、莢膜 腸内細菌科 エンテロバクター属     肺炎、尿路感染  
  セレウス菌 Bacillus cereus 細菌性食中毒 好気性菌、有芽胞菌 エシェリキア属 大腸菌 Escherichia coli パラチフス 通性嫌気性
  クロストリジウム属 破傷風菌 Clostridium tetani 破傷風 嫌気性菌、有芽胞菌 クレブシエラ属     下痢、肺炎、尿路感染  
  ボツリヌス菌 Clostridium botulinum ボツリヌス中毒 プロテウス属     尿路感染  
  ウェルシュ菌 Clostridium perfringens 多様 サルモネラ属 パラチフス菌 Sallmonella serovar Paratyphi 腸チフス 通性嫌気性
  ディフィシル菌 Clostridium difficile 多様 チフス菌 Sallmonella serovar Typhi   通性嫌気性
    ガス壊疸菌群       セラチア属   Serratia 日和見感染 通性嫌気性
マイコバクテリウム科 マイコバクテリウム属 結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 無芽胞菌 シゲラ属 赤痢菌 Shigella 赤痢 通性嫌気性
ライ菌 Mycobacterium leprae ライ病 エルシニア属 ペスト菌 Yersinia pestis ペスト 通性嫌気性
コリネバクテリウム科 コリネバクテリウム属 ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア   Yersinia enterocolitica 多様 通性嫌気性
ノカルジア科 ノカルジア属 ノカルジア     ビブリオ科 ビブリオ属 コレラ菌 Vibrio cholerae コレラ 通性嫌気性
アクチノマイセス科 アクチノマイセス属(放線菌属) (総称)放線菌 Actinomyces   腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ感染症 通性嫌気性
  リステリア属   Listeria monocytogenes リステリア症 嫌気性菌、無芽胞菌、人獣共通感染症、通性細胞内寄生菌 パスツレラ科 ヘモフィルス属 インフルエンザ菌 Haemophilis influenzae 多様  
  パスツレラ属 パスツレラ属菌 Pasteurella multocida 人獣共通感染症  
ストレプトバシラス属 ストレプトバシラス属菌 Streptobacillus moniliformis 鼠咬症  
  シュードモナス属 緑膿菌 Psudomonas aeruginosa 緑膿菌感染症 好気性、院内感染症
ボルデテラ属 百日咳菌 Bordetela pertussis 百日咳 好気性、短桿菌
ブルセラ属 ブルセラ Brucella ブルセラ症 好気性、細胞内増殖菌、短桿菌
フランシセラ属 野兎病菌 Francisella tularensis 野兎病 好気性、球桿菌
レジオネラ属   Legionella pneumophila ポンティアック熱/レジオネラ肺炎 好気性
バクテロイデス属   Bacteroides fragilis 嫌気性感染症 偏性嫌気性菌
らせん菌   スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒  
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
スピリルム 鼠咬症スピリルム   鼠咬症
カンピロバクター属 カンピロバクター属菌   カンピロバクター腸炎
ヘリコバクター属   Helicobacter pylori  



髄膜炎」

  [★]

meningitis
脳脊髄膜炎
蛋白細胞解離


病因

  • 感染症(細菌、ウイルス、真菌など)、悪性腫瘍の浸潤 → 髄膜の炎症

分類

病原体

  • 菌血症→脳脈絡叢→髄腔
  • 菌体成分(LPSなど)→BBB, 上衣細胞、脳細胞の障害。神経膠細胞による炎症サイトカインの分泌
  • 血行性、あるいは神経軸索によりウイルスが髄腔に波及。

臨床経過

宿主要因と髄膜炎に関わる病原体

頻度・年齢階層が資料によって異なるため混乱しないように注意。

YN.J-137改変

4ヶ月未満 B群溶連菌(50%) 大腸菌(25%) インフルエンザ菌(20%) リステリア菌(1%)  
4ヶ月~6歳未満 インフルエンザ菌(70%) 肺炎球菌(25%)      
6歳~50歳未満 肺炎球菌(65%) インフルエンザ菌(10%) 髄膜炎菌  
50歳以上 肺炎球菌(80%) 黄色ブドウ球菌      
免疫不全者 クレブシエラ 連鎖球菌 緑膿菌 黄色ブドウ球菌 真菌

first aid step1 2006 p.161

Newborn (0–6 mos) Children (6 mos–6 yrs) 6–60 yrs 60 yrs +
Streptococcus agalactiae Streptococcus pneumoniae Neisseria meningitidis Streptococcus pneumoniae
Escherichia coli Neisseria meningitidis Enteroviruses Gram-negative rods
Listeria Haemophilus influenzae type B Streptococcus pneumoniae Listeria
  Enteroviruses HSV  
incidence of H. influenzae meningitis has ↓ greatly with introduction of H. influenzae vaccine in last 10–15 years.

CBT QB vol2 p.562

  1位 2位 3位
新生児 大腸菌 B群溶連菌 リステリア菌
小児期(6歳以下) インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  

IMD.1042

年齢 病原体
3ヶ月未満 B群溶連菌 大腸菌 リステリア菌
3ヶ月以上の乳小児 インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  
高齢者 肺炎球菌 グラム陰性桿菌 リステリア菌

小児細菌性髄膜炎起炎菌(PED.606)

<3か月 3か月≦
グラム陽性 球菌 Streptococcus agalactiae
Streptococcus pneumoniae
Staphylococcus
Enterococcus faecalis
Streptococcus pneumoniae(PSSP/PISP/PRSP)
桿菌 Listeria monocytogenes Listeria monocytogenes
グラム陰性 球菌 Neisseria meningitidis Neisseria meningitidis
桿菌 Escherichia coli
Enterobacter cloacae
Serratia marcescens
Haemophilus influenzae type b

新生児

  • Streptococcus agalactiaeは産道感染
  • Escherichia coliもおそらく産道感染

新生児と老人

  • Listeria monocytogenesは産道感染するので新生児に多い。新生児と老人に多いのは通性細胞内寄生菌で細胞性免疫の弱い宿主に感染やすいため?

乳児~幼児

  • Haemophilus influenzae type B

乳児~大人

  • Enteroviruses
  • Neisseria meningitidis

小児~大人

  • Herpes simplex virus

乳児~老人

  • Streptococcus pneumoniae

老人

  • グラム陰性桿菌は老人

髄膜炎の鑑別

  細菌性髄膜炎 ウイルス性髄膜炎 結核性髄膜炎 真菌性髄膜炎 癌性髄膜炎
外観 混濁 clear 水様~
キサントクロミー
日光微塵
clear~
日光微塵
clear~
キサントクロミー

70-180
(mmH2O)
↑↑
200~800以上

200~300

200~800

200~800

200~300
細胞
0-5
(/mm3)
500~数百万 10~1,000 25~1,000 25~1,000 25~500
好中球 リンパ球 リンパ球 リンパ球 好中球
タンパク
15-45
mg/dl
↑↑
50~1,500

正常~100

50~500

100~500

50~500

50-80
mg/dl
↓↓
0~40

正常
↓↓
~40
↓↓
~40

~40

予後不良因子

  • 入院時の状態に依存する:痙攣、意識レベルの変化、低血圧 (IRE.407)

国試




髄膜炎菌感染症」

  [★]

meningococcal infection, meningococcal infections
髄膜炎菌 Neisseria meningitidis


髄膜炎菌感染症

  • 髄膜炎菌性脳炎 meningococcal encephalitis
  • 髄膜炎とは無関係に敗血症から起こる化膿性・細菌性心膜炎と、抗生物質治療後に発症する無菌性免疫性心膜炎がある。
  • 髄膜炎菌性心筋炎 meningococcal myocarditis
  • 髄膜炎菌性心内膜炎 meningococcal endocarditis
  • 髄膜炎菌性心膜炎 meningococcal pericarditis

病原体

疫学

潜伏期間

感染経路

症状

合併症

経過

治療

髄膜炎

検査

予防

ナイセリア属」

  [★]

Neisseria
Neisseria属

ナイセリア属

感染症(first aid step1 2006 p.140)

  Neisseria gonorrhoeae Neisseria meningitidis
polysaccharide capsule ×
maltose fermentation ×
vaccine ×
infection gonorrhea
septic arthritis
neonatal conjunctivitis
PID
meningococcemia
meningitis
Waterhouse-Friderichsen syndrome

感染症

Neisseria gonorrhoeae Neisseria meningitidis
尿道炎 髄膜炎
子宮頚管炎 敗血症
卵管炎 肺炎
前立腺炎 尿道炎
敗血症 関節炎
関節炎  
結膜炎
咽頭炎
骨盤死膣炎


莢膜」

  [★]

capsule

機能

  • 食細胞による貪食をのがれる
抗体を介した貪食による (SMB.43)
抗体の産生には1週間ていどかかるらしい
補体無効
補体が莢膜に接着しない
膜攻撃複合体が細胞膜に達しない

莢膜を有する病原体

莢膜を有する病原体(First Aid 2006 p.137)

SHNK

検査

  • if encapsulated bug is present, capsule swells when specific anticapsular antisera are added.



serogroup A Neisseria meningitidis」

  [★]

血清型A株髄膜炎菌A群髄膜炎菌

serogroup A meningococci、serogroup A meningococcus


serogroup C Neisseria meningitidis」

  [★]

血清型C株髄膜炎菌C群髄膜炎菌

serogroup C meningococci、serogroup C meningococcus

serogroup W-135 Neisseria meningitidis」

  [★]

血清型W-135株髄膜炎菌W-135群髄膜炎菌


serogroup Y Neisseria meningitidis」

  [★]

血清型Y株髄膜炎菌Y群髄膜炎菌


meningitidis」

  [★]

髄膜炎

meningiticmeningitidesmeningitis


neisseria meningitidis」

  [★]

meningococcal infections, meningococcemia





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡