NZBマウス

出典: meddic

NZB mouse、NZB mice
近交系NZBマウス


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Fas遺伝子多型によるFas発現制御と自己免疫疾患
  • 赤倉 玲子,文 香淑,阿部 雅明,姜 奕,広瀬 幸子
  • 順天堂医学 48(3), 364-374, 2002-12-12
  • … 与する可能性を考慮し,この点を解析した.方法と結果:1)Fas遺伝子プロモーター領域を含む5'flanking regionをNZBおよびNZWで比較した結果,9個のsingle nucleotide polymorphism(SNP)が認められた.2)Fas発現レベルを調べた結果,NZBマウスではT細胞・B細胞いずれにおいてもNZWに比較して低く,これに対応してNZBではNZWに比較してFasを介したアポトーシスに感受性が低いことが判明した.3)NZB型Fas遺伝子領域をNZWマウスに導入したinterval …
  • NAID 110001219165
  • C1q遺伝子多型がC1q産生ならびにループス腎炎におよぼす影響
  • 冨田 英明,三浦 右子,中村 和裕,津田 裕士,橋本 博史,広瀬 幸子
  • 順天堂医学 48(3), 355-363, 2002-12-12
  • … 複雑である.今回われわれはSLE自然発症(NZB×NZW)F1マウスにおけるループス腎炎の感受性遺伝子を同定することを目的として,(NZB×NZW)F1×NZW退交配マウスの尿蛋白量を指標とするゲノムワイドな連鎖解析を行い,NZBマウスの第4染色体C1q遺伝子に連鎖するマイクロサテライトマーカーD4Mit70近傍にループス腎炎感受性遺伝子の存在を認めた.この発見に基づいて,C1q遺伝子多型がループス腎炎発症に関与する可能性について解析し …
  • NAID 110001219164

関連リンク

NZBマウスはニュージーランドのオタゴ大学の Bielschowskyらによって癌研究のために開発された。1959年にこのマウスがクームス陽性の自己免疫性 溶血性貧血を高率に発症することが判った。その後、NZWマウスとの交雑F1マウスが多彩な ...
NZBマウス腹腔M φの加齢に伴う機能変化 Age Dependent Changes in NZB Macrophage Function 赤星 透 Akahoshi Tohru 北里大学大学院医学研究科・内科学 Department of Internal Medicine, Kitasato University School of Medicine ...

関連画像

で私達は様々な近交系マウス また、私達はノックアウト ループス腎炎の治療用組成物 大切な知的財産守秘義務の下に Coloriage Diddl Et Ses Amis Picture )感染マウスを用いた研究


★リンクテーブル★
リンク元NZB mice
拡張検索近交系NZBマウス」「純系NZBマウス
関連記事N

NZB mice」

  [★]

NZBマウス

inbred NZB mice、NZB mouse


近交系NZBマウス」

  [★]

inbred NZB mice
純系NZBマウスNZBマウス


純系NZBマウス」

  [★]

inbred NZB mice
近交系NZBマウス

N」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 14th letter of the Roman alphabet」
n

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「nitrogenの化学記号」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡