NT-proBNP

出典: meddic

N-terminal BNP, N-terminal pro-BNP NT proBNP


単位

  • pg/mL

心疾患のマーカー

参考1
  心不全の可能性は
きわめて低い
心不全の可能性は
低いが、可能ならば
経過観察
軽度の心不全の
可能性があるので
精査、経過観察
治療対象となる
心不全の可能性有り
精査 or 専門医紹介
治療対象となる
心不全の可能性高
精査 or 専門医紹介
BNP 0~18.4 18.4~40 40~100 100~200 200~
NT-proBNP 0~125 125~400 400~900 900~

参考

  • 1. 日本心不全学会 ステートメント
[display]http://www.asas.or.jp/jhfs/topics/bnp201300403.html
  • 2. 東京医科大学 救急医学
[display]http://eccm.tokyo-med.ac.jp/report/hachioji/study_6.html

英文文献

和文文献

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元脳性ナトリウム利尿ペプチド
関連記事N」「NT」「nt

脳性ナトリウム利尿ペプチド」

  [★]

brain natriuretic peptide, BNP
脳ナトリウム利尿ペプチド, B型ナトリウム利尿ペプチド B-type natriuretic peptide


概念

  • うっ血性心不全のマーカーとして有用
  • 最初、脳で見いだされたが、主に心室から分泌されることが明らかとなった。

基準値

  • ≦20 pg/ml (P+EDTA) (LAB.1797)

分類

性状

  • ペプチド

産生組織

  • (主に)心室

標的組織

受容体

  • ナトリウム利尿ペプチド受容体

作用

  • ナトリウム利尿作用
  • 血管平滑筋弛緩
  • 交感神経抑制
  • RAA系抑制

分泌の調整

分子機構

生合成

臨床関連

心機能の評価

  • 心房細動の予後の決定:ANP≧40pg/ml かつ BNP ≦ 200pg/mlであること → BNPは左室拡張末期圧と相関。BNPが低値の時は心房の圧負荷が軽度といわれている。

心疾患のマーカー

参考1
  心不全の可能性は
きわめて低い
心不全の可能性は
低いが、可能ならば
経過観察
軽度の心不全の
可能性があるので
精査、経過観察
治療対象となる
心不全の可能性有り
精査 or 専門医紹介
治療対象となる
心不全の可能性高
精査 or 専門医紹介
BNP 0~18.4 18.4~40 40~100 100~200 200~
NT-proBNP 0~125 125~400 400~900 900~

参考

  • 1. 日本心不全学会 ステートメント
[display]http://www.asas.or.jp/jhfs/topics/bnp201300403.html
  • 2. 東京医科大学 救急医学
[display]http://eccm.tokyo-med.ac.jp/report/hachioji/study_6.html



N」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 14th letter of the Roman alphabet」
n

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「nitrogenの化学記号」

NT」

  [★]


nt」

  [★]

nucleotide ヌクレオチド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡