NT-proBNP

出典: meddic

N-terminal BNP, N-terminal pro-BNP NT proBNP


単位

  • pg/mL

心疾患のマーカー

参考1
  心不全の可能性は
きわめて低い
心不全の可能性は
低いが、可能ならば
経過観察
軽度の心不全の
可能性があるので
精査、経過観察
治療対象となる
心不全の可能性有り
精査 or 専門医紹介
治療対象となる
心不全の可能性高
精査 or 専門医紹介
BNP 0~18.4 18.4~40 40~100 100~200 200~
NT-proBNP 0~125 125~400 400~900 900~

参考

  • 1. 日本心不全学会 ステートメント
[display]http://www.asas.or.jp/jhfs/topics/bnp201300403.html
  • 2. 東京医科大学 救急医学
[display]http://eccm.tokyo-med.ac.jp/report/hachioji/study_6.html

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/29 07:32:06」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Sildenafil reduces signs of oxidative stress in pulmonary arterial hypertension: Evaluation by fatty acid composition, level of hydroxynonenal and heart rate variability.
  • Semen K1, Yelisyeyeva O2, Jarocka-Karpowicz I3, Kaminskyy D4, Solovey L5, Skrzydlewska E3, Yavorskyi O6.
  • Redox biology.Redox Biol.2016 Apr;7:48-57. doi: 10.1016/j.redox.2015.11.009. Epub 2015 Nov 22.
  • Pulmonary arterial hypertension (PAH) is a rare multifactorial disease with an unfavorable prognosis. Sildenafil therapy can improve functional capacity and pulmonary hemodynamics in PAH patients. Nowadays, it is increasingly recognized that the effects of sildenafil are pleiotropic and may also inv
  • PMID 26654977
  • Survival and prognostic factors of systemic lupus erythematosus-associated pulmonary arterial hypertension: A PRISMA-compliant systematic review and meta-analysis.
  • Qian J1, Wang Y2, Huang C1, Yang X1, Zhao J1, Wang Q1, Tian Z3, Li M4, Zeng X5.
  • Autoimmunity reviews.Autoimmun Rev.2016 Mar;15(3):250-7. doi: 10.1016/j.autrev.2015.11.012. Epub 2015 Nov 27.
  • OBJECTIVE: This study aims to evaluate the survival of patients with systemic lupus erythematosus (SLE)-associated pulmonary arterial hypertension (PAH) by a systematic review and meta-analysis.METHODS: Studies were searched from MEDLINE (OVID), EMBASE, Cochrane Central Register of Controlled Trial
  • PMID 26640159
  • Randomized Control of Sympathetic Drive With Continuous Intravenous Esmolol in Patients With Acute ST-Segment Elevation Myocardial Infarction: The BEtA-Blocker Therapy in Acute Myocardial Infarction (BEAT-AMI) Trial.
  • Er F1, Dahlem KM2, Nia AM3, Erdmann E2, Waltenberger J4, Hellmich M5, Kuhr K5, Le MT2, Herrfurth T2, Taghiyev Z6, Biesenbach E7, Yüksel D8, Eran-Ergöknil A8, Vanezi M2, Caglayan E2, Gassanov N8.
  • JACC. Cardiovascular interventions.JACC Cardiovasc Interv.2016 Feb 8;9(3):231-40. doi: 10.1016/j.jcin.2015.10.035.
  • OBJECTIVES: This study sought to evaluate the role of esmolol-induced tight sympathetic control in patients with ST-segment elevation myocardial infarction (STEMI).BACKGROUND: Elevated sympathetic drive has a detrimental effect on patients with acute STEMI. The effect of beta-blocker-induced heart r
  • PMID 26847114
  • Pro-brain natriuretic peptide (ProBNP) levels in North Indian children with Kawasaki disease.
  • Reddy M1, Singh S2, Rawat A1, Sharma A1, Suri D1, Rohit MK3.
  • Rheumatology international.Rheumatol Int.2016 Feb 5. [Epub ahead of print]
  • The diagnosis of Kawasaki disease (KD), a common pediatric vasculitis, is based solely on clinical criteria. There is a need for a robust laboratory marker that can help differentiate KD from other acute, febrile, childhood illnesses and also to predict cardiac involvement. We conducted a cross-sect
  • PMID 26849890

和文文献

関連リンク

血中BNPやNT-proBNP値を用いた心不全診療の留意点について 日本心不全学会予防委員会 斎藤能彦 奈良県立医科大学 第一内科 (委員長) 吉村道博 慈恵会医科大学 循環器内科 (副委員長) 福田恵一 慶應義塾大学 ...
BNP/NT-proBNPは心筋への壁応力を反映するため,壁応力が増大する心不全ではその重症度に応じて血中濃度が上昇します。数値を修飾する因子として,肥満は値を低下させ,心房細動や加齢,女性,腎機能低下は値を上昇させます(特に ...
N末端プロ脳性ナトリウム利尿ペプチド(NT-proBNP)の血中濃度を測定することで、心… ... おすすめ情報 インフルエンザ診療Next H1N1pdm2009の季節化で新たなステージに入ったインフルエンザの「いま」を速報中!

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元脳性ナトリウム利尿ペプチド
関連記事N」「NT」「nt

脳性ナトリウム利尿ペプチド」

  [★]

brain natriuretic peptide, BNP
脳ナトリウム利尿ペプチド, B型ナトリウム利尿ペプチド B-type natriuretic peptide


概念

  • うっ血性心不全のマーカーとして有用
  • 最初、脳で見いだされたが、主に心室から分泌されることが明らかとなった。

基準値

  • ≦20 pg/ml (P+EDTA) (LAB.1797)

分類

性状

  • ペプチド

産生組織

  • (主に)心室

標的組織

受容体

  • ナトリウム利尿ペプチド受容体

作用

  • ナトリウム利尿作用
  • 血管平滑筋弛緩
  • 交感神経抑制
  • RAA系抑制

分泌の調整

分子機構

生合成

臨床関連

心機能の評価

  • 心房細動の予後の決定:ANP≧40pg/ml かつ BNP ≦ 200pg/mlであること → BNPは左室拡張末期圧と相関。BNPが低値の時は心房の圧負荷が軽度といわれている。

心疾患のマーカー

参考1
  心不全の可能性は
きわめて低い
心不全の可能性は
低いが、可能ならば
経過観察
軽度の心不全の
可能性があるので
精査、経過観察
治療対象となる
心不全の可能性有り
精査 or 専門医紹介
治療対象となる
心不全の可能性高
精査 or 専門医紹介
BNP 0~18.4 18.4~40 40~100 100~200 200~
NT-proBNP 0~125 125~400 400~900 900~

参考

  • 1. 日本心不全学会 ステートメント
[display]http://www.asas.or.jp/jhfs/topics/bnp201300403.html
  • 2. 東京医科大学 救急医学
[display]http://eccm.tokyo-med.ac.jp/report/hachioji/study_6.html



N」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 14th letter of the Roman alphabet」
n

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「nitrogenの化学記号」

NT」

  [★]


nt」

  [★]

nucleotide ヌクレオチド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡