NFAT

出典: meddic

nuclear factor of activated T cells, NF-AT
NFAT family、カルシニューリンシクロスポリンAFK506



  • 普段は細胞質にあってセリン/スレオニンキナーゼにより核移行配列がリン酸化されており核移行が妨げられている。
  • 細胞質の[Ca2+]↑によりカルモジュリンがCa2+を結合しコンフォメーションが変化する。
  • Ca2+を結合したカルモジュリンは、セリン/スレオニンホスファターゼであるカルシニューリンに結合する。
  • カルモジュリンとの結合によりカルシニューリンは活性化され、NFATを脱リン酸化する。
  • 脱リン酸化されたNFATは核に移行し遺伝子発現を行う。
  • T細胞ではIL-2の転写に関わっている

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/30 22:33:38」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Involvement of store-operated calcium signaling in EGF-mediated COX-2 gene activation in cancer cells.
  • Wang JY, Chen BK, Wang YS, Tsai YT, Chen WC, Chang WC, Hou MF, Wu YC, Chang WC.SourceDivision of Gastrointestinal and General Surgery, College of Medicine, Kaohsiung Medical University Hospital, Kaohsiung, Taiwan; Cancer Center, College of Medicine, Kaohsiung Medical University Hospital, Kaohsiung, Taiwan; Department of Surgery, College of Medicine, Kaohsiung Medical University, Kaohsiung, Taiwan; Graduate Institute of Medicine, College of Medicine, Kaohsiung Medical University, Kaohsiung, Taiwan; Department of Medical Genetics, College of Medicine, Kaohsiung Medical University, Kaohsiung, Taiwan.
  • Cellular signalling.Cell Signal.2012 Jan;24(1):162-169. Epub 2011 Sep 6.
  • Growing evidence shows that chronic inflammation drives the progression of colorectal cancer (CRC). Cyclooxygenase-2 (COX-2) is one of the most important inflammatory genes involved in solid tumor metastasis. Epidermal growth factor receptor (EGFR) also plays a key role in cancer cell development. W
  • PMID 21924350
  • Rate and irregularity of electrical activation during atrial fibrillation affect myocardial NGF expression via different signalling routes.
  • Saygili E, Rana OR, Günzel C, Rackauskas G, Saygili E, Noor-Ebad F, Gemein C, Zink MD, Schwinger RH, Mischke K, Weis J, Marx N, Schauerte P.SourceDepartment of Cardiology, University RWTH Aachen, Aachen, Germany.
  • Cellular signalling.Cell Signal.2012 Jan;24(1):99-105. Epub 2011 Aug 26.
  • An irregular ventricular response during atrial fibrillation (AF) has been shown to mediate an increase in sympathetic nerve activity in human subjects. The molecular mechanisms remain unclear. This study aimed to investigate the impact of rate and irregularity on nerve growth factor (NGF) expressio
  • PMID 21889978
  • Effective inhibition of a Strongylocentrotus nudus eggs polysaccharide against hepatocellular carcinoma is mediated via immunoregulation in vivo.
  • Wang M, Wang H, Tang Y, Kang D, Gao Y, Ke M, Dou J, Xi T, Zhou C.SourceSchool of Life Science and Technology, China Pharmaceutical University, 24 Tong Jia Xiang, Nanjing 210009, PR China.
  • Immunology letters.Immunol Lett.2011 Dec 30;141(1):74-82. Epub 2011 Aug 30.
  • This study was aimed at evaluating the inhibitory effect of a polysaccharide that was isolated from Strongylocentrotus nudus eggs (SEP) against hepatocellular carcinoma in H22-bearing mice and elucidating its immunological mechanisms by determining its effects on the growth of transplanted tumors an
  • PMID 21893096

和文文献

  • HTLV-1 bZIP Factor Induces T-Cell Lymphoma and Systemic Inflammation In Vivo
  • Satou Yorifumi,Yasunaga Jun-ichirou,Zhao Tiejun,Yoshida Mika,Miyazato Paola,Takai Ken,Shimizu Kei,Ohshima Koichi,Green Patrick L.,Ohkura Naganari,Yamaguchi Tomoyuki,Ono Masahiro,Sakaguchi Shimon,Matsuoka Masao
  • PLoS Pathogens 7(2), 2011-02-10
  • … HBZ could physically interact with Foxp3 and NFAT, thereby impairing the suppressive function of Treg cells. …
  • NAID 120002807462
  • 粘膜系リンパ球の腸管指向性獲得の分子メカニズム (特集 粘膜免疫システム--分子レベルで明らかになってきた監視・排除・共生機構と腸内細菌の全貌)
  • 竹内 一,大岡 嘉治,岩田 誠
  • 細胞工学 30(4), 381-385, 2011
  • NAID 40018761216
  • New Molecular Mechanisms for Cardiovascular Disease:Transcriptional Pathways and Novel Therapeutic Targets in Heart Failure
  • Kuwahara Koichiro,Nakao Kazuwa
  • Journal of Pharmacological Sciences 116(4), 337-342, 2011
  • … nuclear factor of activated T-cells (NFAT) signaling pathway, transient receptor potential cation channel, subfamily C, member 6 (TRPC6) is a key component of a Ca2+-dependent regulatory loop. …
  • NAID 130001014466

関連リンク

Nuclear factor of activated T-cells (NFAT) is a general name applied to a family of transcription factors shown to be important in immune response. One or more members of the NFAT family is expressed in most cells of the immune ...
NFATシグナル阻害作用、カルシニューリン阻害作用、育毛作用を有する医薬品、外用剤、化粧品の提供。 アメリカンアンジェリカ又はその抽出物を有効成分とするNFATシグナル阻害剤。
NFATファミリーは、T細胞が産生するサイトカインIL-2やGM-CSFの転写制御因子と して遺伝子クローニングがおこなわれたが、心筋、骨格筋、心臓の弁の発生、血管ネットワークの形成、神経ネットワークの形成、軟骨細胞、破骨細胞など ...

関連画像

FIGURE 4 | Mechanisms of NFAT and NF-Calcium - calcineurin - NFATNfat PathwayNFAT Pathway DiagramNFAT and cardiac hypertrophyGeneral signaling pathway for NFAT NFAT Signaling and Lymphocyte Interactions


★リンクテーブル★
先読みカルシニューリン」「シクロスポリンA
リンク元シクロスポリン」「nuclear factor of activated T cells
拡張検索NFATc転写因子
関連記事NF

カルシニューリン」

  [★]

calcineurin, CN, CNR
プロテインホスファターゼ2B protein phosphatase 2Bカルシニュリン、カルシノイリン
IL-2免疫抑制薬
[show details]
  • Ca2+/カルモジュリン複合体依存性のセリン/スレオニン脱リン酸化酵素である。
  • サブユニットAとサブユニットBからなるヘテロダイマー。
  • 免疫抑制薬の標的分子となりえて、例えばシクロスポリンAFK506などのカルシニューリン阻害薬によりT細胞中のカルシニューリンが阻害されることでIL-2の発現が低下し、結果としてT細胞の増殖が妨げられ免疫抑制が起こる。



シクロスポリンA」

  [★]

cyclosporin Acyclosporine ACsA、CYA
シクロスポリン


シクロスポリン」

  [★]

cyclosporine, CsA
アマドラサンディミュン Sandimmunシクポラールネオーラル Neoralパピロックミニ
免疫抑制薬シクロスポリンAサイクロスポリン


特徴

  • 骨髄でのリンパ球の新生や増殖には影響しない

作用機序

  • 活性化したT細胞のIL-2産生の抑制
(正常)  :カルモジュリン+Ca2+の存在下でカルシニューリンのphosphatase活性が上昇し、不活性型のNFAT(リン酸化状態)を活性型のNFAT(脱リン酸化)にする。活性型のNFATは核内に移行しIL-2の転写につなげる。
(CsA投与):シクロスポリンは細胞質でシクロフィリンと結合し、これがカルシニューリンに結合してphosphatase活性を抑制する。この結果IL-2の産生が低下する。

薬理作用

  • 免疫抑制

動態

副作用

  • 腎毒性
CsAによりTGF-β産生を亢進させ、TGF-βは細胞外マトリクスを増加させる→間質の線維化



nuclear factor of activated T cells」

  [★]

NFAT
NFAT


NFATc転写因子」

  [★]

NFATc transcription factor


NF」

  [★] 神経線維腫症 neurofibromatosis


"http://meddic.jp/NFAT" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡