N-メチルスコポラミンメチル硫酸塩

出典: meddic

N-メチルスコポラミン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • N-メチルスコポラミンメチル硫酸塩注の胃X線検査および胃内視鏡検査術前処置としての効果--臭化ブチルスコポラミンとの二重盲検法による比較
  • 宮田 康邦 [他]
  • 臨牀と研究 56(9), p3070-3076, 1979-09
  • NAID 40003785765
  • N-メチルスコポラミンメチル硫酸塩 消化管痙性疼痛治療剤(新薬のページ)

関連リンク

成分(一般名) : N-メチルスコポラミン メチル硫酸塩 製品例 : ダイピン錠1mg ・・その他(ジェネリック) & 薬価 ... 概説 胃腸など内臓のけいれん性の痛みをとるお薬です。 作用 【働き】 胃腸の平滑筋のけいれんを抑えたり、胃酸の ...
一般名:N-メチルスコポラミンメチル硫酸塩 (N-Methylscopolamine Methylsulfate) 化学名:6β, 7β-epoxy-3α-(L-3- hydroxy-2-phenylpropionyloxy)-8-methyltropanium methylsulfate 分子式:C19H27NO8S 構造式: 性 状:白色の ...

関連画像

製造/販売会社 ファイザー第一三共 ダイピン 包装写真日本医薬品一般名称(JAN Gefitinib (JAN/USAN/INN) イレッサ  メチル スコポラミン メチル

添付文書

薬効分類名

  • 消化器系 鎮痙・鎮痛剤

販売名

ダイピン錠1mg

組成

  • 1錠中に次の成分を含有

有効成分

  • N-メチルスコポラミンメチル硫酸塩 1mg

添加物

  • 乳糖水和物、トウモロコシデンプン、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、ステアリン酸マグネシウム、ヒドロキシプロピルセルロース、タルク、白糖、沈降炭酸カルシウム、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ

禁忌

  • 緑内障の患者[眼内圧が上昇し、症状が悪化するおそれがある。]
  • 前立腺肥大による排尿障害のある患者[排尿筋を弛緩、膀胱括約筋を収縮させるため、更に排尿が困難となり、症状が悪化するおそれがある。]
  • 重篤な心疾患のある患者[心拍数の増加をきたし、また末梢血管の収縮も起こるため、心臓の仕事量が増加し、症状が悪化するおそれがある。]
  • 麻痺性イレウスの患者[消化管運動を低下させるため症状が悪化するおそれがある。]
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 次の疾患時の痙攣性疼痛

  胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍

  • 通常成人1回1〜2錠(N-メチルスコポラミンメチル硫酸塩として1〜2mg)、1日3〜4回経口投与する。

年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 前立腺肥大のある患者[排尿が困難となり、症状が悪化するおそれがある。]
  • うっ血性心不全のある患者[心拍数の増加をきたし、症状が悪化するおそれがある。]
  • 不整脈のある患者[心拍数の増加をきたし、症状が悪化するおそれがある。]
  • 潰瘍性大腸炎の患者[中毒性巨大結腸があらわれることがある。]
  • 甲状腺機能亢進症の患者[本剤の抗コリン作用により症状が悪化することがある。]
  • 高温環境にある患者[発汗が抑制され、体温の上昇をきたすことがある。]

薬効薬理

鎮痙作用

摘出腸管に対する作用5)

  • アセチルコリン、ヒスタミン等による腸管収縮を抑制する。抗アセチルコリン作用はブチルスコポラミン臭化物の90倍以上であることが認められている(モルモット)。

生体内胃及び腸管に対する作用5, 6, 7)

  • 胃及び腸管の緊張を低下し、自動運動、迷走神経刺激による運動亢進を抑制する(イヌ、ヒト)。

胃液分泌抑制作用・抗潰瘍作用8)

  • テトラガストリン刺激による胃液分泌の亢進(ラット)、グリシン経口投与刺激による胃液分泌の亢進(イヌ)を抑制する。実験潰瘍に対してアトロピン硫酸塩水和物の8倍以上の抗潰瘍作用が認められている(ラット)。

制酸効果の持続作用9)

  • 重炭酸ナトリウムの酸中和作用による胃液pHの上昇を持続・増強させることが認められている(ラジオカプセル法)。

自律神経系に対する作用5)

  • 自律神経節遮断作用はブチルスコポラミン臭化物と比較して弱いことが認められている(ネコ)が、静脈内投与実験で一過性の血圧下降、心拍数の減少、呼吸の抑制が認められている(イヌ)。

作用機序

  • 副交感神経の末端シナプスに働き、アセチルコリンと競合的に拮抗して強力な抗コリン作用を示すが、自律神経節遮断作用はほとんど認められていない5)

血中ガストリンの上昇は抑制しないが、ガストリンによる壁細胞からの胃液分泌をほとんど完全に抑制する8)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • N -メチルスコポラミンメチル硫酸塩

(N -Methylscopolamine Methylsulfate)

化学名

  • 6β, 7β-epoxy-3α-(L-3-hydroxy-2-phenylpropionyloxy)-8-methyltropanium methylsulfate

分子式

  • C19H27NO8S

分子量

  • 429.48

性状

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはなく、味は苦い。

水に極めて溶けやすく、氷酢酸、メタノール又はジメチルホルムアミドに溶けやすく、エタノールにやや溶けにくく、アセトンに溶けにくく、クロロホルムに極めて溶けにくい。
水溶液(1→50)のpHは4.0〜6.0である。

融点

  • 173〜177℃(分解)


★リンクテーブル★
先読みN-メチルスコポラミン
関連記事N」「Nd」「n」「硫酸塩」「硫酸

N-メチルスコポラミン」

  [★]

N-methylscopolamine
メチル硫酸N-メチルスコポラミン N-methylscopolamine methylsulfate
ダイピン
メチルスコポラミンmethylscopolamine
  • 抗コリン薬;半合成四級アンモニウム系;鎮痙薬


N」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 14th letter of the Roman alphabet」
n

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「nitrogenの化学記号」

Nd」

  [★] ネオジム neodymium

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「neodymiumの化学記号」

n」

  [★]

  • n.
number of experimentsample size
  • pの前の[n]はmと記載する。synptom→symptom


硫酸塩」

  [★]

sulfatesulphate
硫酸硫酸エステル硫酸化無機硫酸塩


硫酸」

  [★]

sulfuric acid, sulfate
  • H2SO4。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡