MS温シップ

出典: meddic

サリチル酸メチルdl-カンフルトウガラシエキス


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 温感パップ剤(MS温シップ)が著効した有痛性糖尿病性神経障害の1例
  • 今井 孝俊,関 大仁,及川 洋一 [他]
  • 内科 98(4), 735-738, 2006-10
  • NAID 40007476396

関連リンク

薬効・薬理は? 1.抗炎症作用 起炎物質による浮腫形成と毛細血管透過性亢進を抑え、炎症を鎮めます。 1)カラゲニン誘発足浮腫抑制試験(ラット) 1) MS温シップは、カラゲニンにより誘発される浮腫に対する抑制効果が認められて ...
販売名 MS温シップ「タイホウ」 薬効分類 鎮痛・消炎温感パップ剤 一般名 サリチル酸メチル、dl−カンフル、トウガラシエキス 先発品名 ー 効能・効果 下記における鎮痛・消炎 捻挫、打撲、筋肉痛、関節痛、骨折痛 貯法 室温保存 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 鎮痛・消炎温感パップ剤

販売名

MS温シップ「タカミツ」

組成

成分・含量

  • 膏体100g(700cm2)中
    「日局」サリチル酸メチル 1.0g
    「日局」dl-カンフル 0.5g
    トウガラシエキス 0.165g

添加物

  • ポリアクリル酸部分中和物、濃グリセリン、D-ソルビトール液、カルボキシビニルポリマー、モノラウリン酸ソルビタン、ヒマシ油、カオリン、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、エデト酸ナトリウム水和物、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、カルメロースナトリウム、乾燥水酸化アルミニウムゲル、酒石酸

禁忌

次の患者には使用しないこと

  • 本剤に対して過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 下記における鎮痛・消炎
     捻挫、打撲、筋肉痛、関節痛、骨折痛
  • 表面のプラスチック膜をはがして、患部に貼付する。
  • 1日1〜2回使用する。

薬効薬理

抗炎症作用

  • ラットにおける毛細血管透過性亢進抑制作用、急性ラット後肢足蹠浮腫抑制作用、熱炎症抑制作用、アジュバント関節炎抑制作用、モルモットにおける紫外線紅斑抑制作用による抗炎症作用などの実験において抗炎症作用が認められた。1),2)

鎮痛作用

  • マウスにおけるD'Amour-Smith法、ラットにおけるRandall & Selitto法による鎮痛作用などの実験において鎮痛作用が認められた。1),2)

有効成分に関する理化学的知見

  • 「日局」サリチル酸メチル

一般名

  • Methyl Salicylate サリチル酸メチル

化学名

  • Methyl 2-hydroxybenzoate

分子式

  • C8H8O3

分子量

  • 152.15

性状

  • 本品は無色〜微黄色の液で、強い特異なにおいがある。本品はエタノール(95)又はジエチルエーテルと混和する。本品は水に極めて溶けにくい。
  • 「日局」dl-カンフル

一般名

  • dl-Camphor dl-カンフル
    「日局別名」合成樟脳

化学名

  • (1RS,4RS)-1,7,7-Trimethylbicyclo[2.2.1]heptan-2-ol

分子式

  • C10H16O

分子量

  • 152.23

融点

  • 175〜180℃

性状

  • 本品は無色又は白色半透明の結晶、結晶性の粉末又は塊で、特異な芳香があり、味はわずかに苦く、清涼味がある。本品はエタノール(95)、ジエチルエーテル又は二硫化炭素に溶けやすく、水に溶けにくい。本品は室温で徐々に揮散する。
  • トウガラシエキス
  • 本品は褐色〜赤褐色の軟エキスで、特異なにおいがあり、味はトウガラシ特有の苛烈な辛味がある。


★リンクテーブル★
リンク元鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤」「酒石酸」「サリチル酸」「サリチル酸ナトリウム」「ヒマシ油
関連記事M」「MS」「ms

鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤」

  [★]

商品

</rad>


酒石酸」

  [★]

tartaric acid
MS温シップMS冷シップアイファガンアポノールアミノレバンEN配合アリメジンイフェンプロジル酒石酸塩イブロノールエレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンセロンオーラクリアミン配合サーカネッテン配合サルポグレラート塩酸塩ジフェニドール塩酸塩シプセロンゼグミューラーセリミックセレクナートセロクラールセロケンセロケンLゾルピデム酒石酸塩タラモナールチャンピックステクニステクネMAG3デトルシトールデンタカインカートリッジトラベルミン配合ナベルビンハーネシップバックスバリエースバルギンバロスヒシダリンヒルトニンヒルロックフレザニールプロチレリン酒石酸塩プロヘパール配合ペチロルファンヘパンED配合ボグニンマイスリーマルファ配合ミルサート冷シップメサフィリン配合メデピンメトプリックメトプロロール酒石酸塩メルコモンヨウアジールラクール冷シップリーバクト配合リスペリドンリンブレーンロゼウスロプレソールロプレソールSRロルファン酒石酸


  • C4H6O6。
  • IUPAC名:2,3-ジヒドロキシブタン二酸
  • 分子量150.09。



サリチル酸」

  [★]

salicylic acid, salicylate
acidum salicylicum
GSプラスターMS温シップMS冷シップPL配合アスピリンアスモロールアルミノニッパスイージプラスタイソジンガーグルエアーサロンパスガシクロンカシミタールカシワドールカフコデN配合サイリジンサラザック配合サルソニンザルソロイチンザルソロンザルチロンジカベリンジノリンジブカルソーシボンスチックゼノールスピール膏ゼスタックセラピナ配合タイオゼットデスパコーワトーワチーム配合トラベルミン配合トリガインニッパスカルシウムネオザルベリンネオビタカインハーネシップハイアラージンハイシップハウゼマイムパステルハップパステル温感ハップハフトロンピーエイ配合ビーセルファピリツインピレチアヘパルスボーンワックスマイオビューマリキナ配合ミルサート温シップミルサート冷シップメンタームQモービリンヤスラミン
サリチル酸ナトリウム
サリチル酸塩サリチル酸エステル
皮ふ軟化剤(腐しょく剤を含む。)






サリチル酸ナトリウム」

  [★]

sodium salicylate
GSプラスターCMS温シップMS冷シップPL配合アスピリンアスモロールパップアルミノニッパスカルシウムイージプラスタエアーサロンパスガシクロンカシミタールカシワドールカフコデN配合サイリジンサラザック配合サリチル酸サリチル酸メチルサリチル酸ワセリンサルソニンザルソロイチンザルソロンザルチロンジカベリンジブカルソーシボンNスチックゼノールスピール膏ゼスタックセラピナ配合タイオゼットデスパコーワトーワチーム配合トラベルミン配合トリガインニッパスカルシウムネオザルベリンネオビタカインハーネシップハイシップハウゼマイムパステルハップパステル温感ハップハフトロンピーエイ配合ビーセルファピリツインピレチアヘパルスボーンワックスマイオビューマリキナ配合ミルサート温シップミルサート冷シップメンタームQモービリンヤスラミンヤンヤン温パップヤンヤン冷パップ


ヒマシ油」

  [★]

castor oil
oleum ricini
カスター油
MS温シップアプレゾリンキンダロンクロルプロマジン塩酸塩ケトコナゾールゲファルナートコンスーンサイベーススチックゼノールAチンク油テストーゲンデスパコーワトフラニールハーネシップパスタロンパステルパッペンKバトラーFビーマス配合ヒマシ油フッ化ナトリウムポステリザンFポリトーゼマイアロンマゴチロンマルタミンミルサート温シップヤンヤン温パップラクール温シップ加香ヒマシ油加香ヒマシ油FM親水軟膏
下剤トウゴマ Ricinus communisリシノール酸


構造

作用機序

  • 膵液で加水分解されてグリセリンとリチノール酸に分解される。リチノール酸は腸粘膜に刺激を与え瀉下作用を呈する。

薬理作用

  • 瀉下作用
迅速に発現する

動態

適応

  • 便秘症

注意

  • 軽い腹痛を呈し、腹鳴を伴う。
  • 妊婦への使用は骨盤内充血を引き起こすことがある。
  • 腸吸収を妨げるので長期不要には不向き

禁忌

副作用

  • 腹痛

相互作用

M」

  [★] メチオニン methionine

WordNet   license wordnet

「the 13th letter of the Roman alphabet」
m

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Mach number / mark[s] / Monsieur」


MS」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Mississippi」

ms」

  [★] ミリ秒

millisecondmsec



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡