MRS

出典: meddic

magnetic resonance spectroscopy
磁気共鳴スペクトロスコピー核磁気スペクトロスコピー磁気スペクトロスコピー



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/01 09:27:49」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Midwife and Public Health Nurse Tatsuyo Amari and a State-Endorsed Birth Control Campaign in 1950s Japan.
  • Homei A1.
  • Nursing history review : official journal of the American Association for the History of Nursing.Nurs Hist Rev.2016;24:41-64. doi: 10.1891/1062-8061.24.41.
  • Mrs. Tatsuyo Amari, a qualified midwife and nurse, served Japan's state-endorsed birth control campaign as a "birth control field instructor" in rural Minamoto Village of Yamanashi Prefecture just west of Tokyo. Her work sheds light on the role of female health-care workers in health and population
  • PMID 26297588
  • Striatal GABA-MRS predicts response inhibition performance and its cortical electrophysiological correlates.
  • Quetscher C1,2, Yildiz A2, Dharmadhikari S3,4, Glaubitz B5, Schmidt-Wilcke T5, Dydak U3,4, Beste C6,7.
  • Brain structure & function.Brain Struct Funct.2015 Nov;220(6):3555-64. doi: 10.1007/s00429-014-0873-y. Epub 2014 Aug 26.
  • Response inhibition processes are important for performance monitoring and are mediated via a network constituted by different cortical areas and basal ganglia nuclei. At the basal ganglia level, striatal GABAergic medium spiny neurons are known to be important for response selection, but the import
  • PMID 25156575
  • Frontal glutamate and reward processing in adolescence and adulthood.
  • Gleich T1,2, Lorenz RC3,4, Pöhland L3, Raufelder D5, Deserno L3,6, Beck A3, Heinz A3, Kühn S3,7, Gallinat J3.
  • Brain structure & function.Brain Struct Funct.2015 Nov;220(6):3087-99. doi: 10.1007/s00429-014-0844-3. Epub 2014 Jul 10.
  • The fronto-limbic network interaction, driven by glutamatergic and dopaminergic neurotransmission, represents a core mechanism of motivated behavior and personality traits. Reward seeking behavior undergoes tremendous changes in adolescence paralleled by neurobiological changes of this network inclu
  • PMID 25009315

和文文献

  • ファニーと魔法の鏡
  • 金子 弥生
  • 學苑 882, 44-53, 2014-04-01
  • … In the end, Henry Crawford elopes with Mrs. Rushworth. …
  • NAID 110009751719
  • 宴の時代 : 雅宴画と遊楽図
  • ペシャール エルリー エリカ,山本 聡美,Erika Peschard-Erlih,Satomi Yamamoto
  • 共立国際研究 : 共立女子大学国際学部紀要 = The Kyoritsu journal of international studies 31, 115-132, 2014-03
  • … -We would like to express our gratitude to Mrs. Peggy Kanada for her excellent English translation of this summary. …
  • NAID 120005415740
  • 当科におけるダビガトランエテキシラートの使用実態
  • 星野 岳郎,石塚 健太郎,長尾 毅彦,内山 真一郎
  • 東京女子医科大学雑誌 84(E1), E149-E154, 2014-01-31
  • … 急性期投与例のみの解析では、ダビガトラン群はワルファリン群よりも入院時NIHSSが低く(5.9 vs. 8.4、P = 0.31)、急性期のヘパリン使用例(50.0% vs. 76.5%、P = 0.055)、入院日数(22 vs. 33日、P = 0.23)が少ない傾向があり、発症3か月後のmRSが有意に低かった(1 vs. 2、P = 0.035)。 …
  • NAID 110009752569

関連リンク

MRS Bulletin Editor, Gopal Rao, Recognized by Auburn University as 2015 Materials Engineering Outstanding Alumnus of the Year Research aims for cleaner crude from Canadian tar sands Glowing soft colloids give their structure ...
JVA個人登録管理システムは、JVAメンバー制度の運用支援を行うシステムです。 ... お支払いに必要な情報は、以下の通りです。どれか1つでも不足するとお支払いいただけません。 MRSに登録した電話番号

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元MRI」「磁気共鳴分光法」「メチシリン耐性ブドウ球菌」「magnetic resonance spectroscopy」「磁気共鳴スペクトロスコピー
拡張検索MRSA腸炎」「MRSA」「高度バンコマイシン耐性MRSA」「highly vancomycin resistant MRSA
関連記事M」「MR」「mRS

MRI」

  [★]

magnetic resonance imaging核磁気共鳴画像磁気共鳴撮像磁気共鳴断層撮影 magnetic resonance computed tomography MR-CT、磁気共鳴映像法磁気共鳴画像法核磁気共鳴画像診断法


頭部MRIにて使用するシークエンス

  • 造影剤を使わない方法
  • TOF法(time-of-flight法)
  • 流入してくるプロトンの量を強調→流入する血流のみを高信号に描出
  • PC法(phase contrast法)
  • 流速に応じた位相の変化を利用
  • 造影剤を使用する方法
  • MRDSA(MR digital subtraction angiography)
  • 造影剤の急速注入→適応:動静脈病変、血行動態、例えば脳動静脈奇形
  • T2*強調画像:出血性病変
  • ダイナミックMRI:下垂体、vascularity
Perfusion imaging:vascularity
  • 頭蓋内スクリーニング(T2より病変がわかりやすい)
  • 適応:急性期脳梗塞

MRIの撮像条件と信号強度

  脂肪
T1強調画像 T1WI
T2強調画像 T2WI
FLAIR
拡散強調画像 DWI

基本的な物質のMRI画像

参考2 SOR.122
T2

調

高信号          










 
               
               
               
              脂肪
               
               
        線維組織      
               
    皮質骨
空気
血流
           
低信号                
   

  .
 
 
  .
 
 
  .
 
 
 .
 
 
  .
 
 
  .
 
 


    T1強調画像


YN.J-60

  • MRIの組織間信号強度
  • MRIの血液信号の強度 経時的変化(脳出血)

整形外科分野でのMRI信号強度(SOR.122)

脳のCT, MRIの比較

  CT MRI
T1 T2
灰白質 high low high
白質 low high low
CSF low low high
血液 high void void

疾患とMRI

脳出血

wiki_jaを引用改変
病期 ヘム鉄の性状 磁性 局在 T2WI T1WI CT
超急性期(24時間以内) オキシヘモグロビン oxyhemoglobin Fe2+/反磁性 赤血球内 軽度高信号 軽度低信号 高吸収域
急性期(3日以内) デオキシヘモグロビン deoxyhemoglobin Fe2+/常磁性 赤血球内 低信号 軽度低信号 高吸収域
急性期(7日以内) メトヘモグロビン methemoglobin Fe3+/常磁性 赤血球内 低信号 高信号 高吸収域
亜急性期(2週間以内) フリーメトヘモグロビン   Fe3+/常磁性 赤血球外 高信号 高信号 辺縁部から低下
慢性期(1か月以後) ヘモジデリン hemosiderin Fe3+/常磁性 赤血球外 低信号 低信号 低吸収域

脳梗塞

  • CTでは発症早期の所見は取りづらく(early CT signは除く)、12-24時間後に低吸収が出現するため、拡散強調画像(DWI)による発症1-3時間後の高信号をとらえるのが早期診断に有用である。

肝臓

SRA.482
  • 正常:T1 >筋肉、脾臓、T2 脾臓、腎臓> >筋肉。
  • 病変:T1 軽度低信号、T2 敬語高信号
  • T1強調画像で高信号:脂肪沈着を伴う病変(脂肪肝、肝細胞癌、線種様過形成)、高蛋白貯留液を含む嚢胞性病変(粘液性嚢胞、感染後の嚢胞)、線種様過形成、常磁体物の沈着(亜急性期メトヘモグロビン)、メラニン、ガドリニウム
  • T2強調画像で著明な高信号:液体の貯留 → 肝嚢胞海綿状血管腫
  • T2強調画像で低信号:水分減少を伴う病変(凝固壊死、線種様過形成)、メラニンデオキシヘモグロビンヘモジデリン

血腫

参考5改変
血腫におけるヘモグロビンの変性とMRI所見
出血 血液成分 T1強調画像 T2強調画像
直後(~24時間) オキシヘモグロビン 軽度低信号 軽度高信号
1~3日(急性期) デオキシヘモグロビン 軽度低信号 低信号
3日~1カ月(亜急性期) 血球外メトヘモグロビン 高信号 高信号
1カ月以上(慢性期) ヘモジデリン 軽度低信号 低信号

T1とT2

  • T1が場所、T2が性質を知るために行う?

造影

  • ガドリニウム:MRIで造影といえばこれ。
  • 超磁性体酸化鉄粒子 SPIO:肝網内系をターゲットとした造影剤である。SPIOはKupffer細胞に貪食されリソソームにクラスター化される家庭でT2*緩和時間およびT2緩和時間を短縮させる。ゆえにKupffer細胞を含む正常肝組織の信号が低下し、含まない腫瘍とのコントラストを強調することができる。(参考1)

磁場

参考3 参考4
  • 2010年現在、臨床で主流となっているMRIは1.5Tが主流。3Tも入り始めている、らしい。
  • 臨床で使用可能な磁場強度の上限は厚労省が決めているらしい。

参考

  • 1. 多様化する肝転移治療の選択|肝転移の画像診断:Cancer Therapy.jp:コンセンサス癌治療
[display]http://www.cancertherapy.jp/liver_metastasis/2007_autumn/02.html
  • 2. C.産婦人科検査法 9.婦人科疾患のMRI 診断 - 日産婦誌59巻5号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5905-113.pdf
  • 3. MR検査室 - 慶応大学病院
[display]http://www.hosp.keio.ac.jp/kensa/hoshasen/m0.htm
  • 4. MRI開発史と科学者たち 物理学専攻 M1 24B07054 森尾豊
[display]http://www-het.phys.sci.osaka-u.ac.jp/~higashij/lecture/coe07/4hanmorio.pdf
  • 5. B.産婦人科検査法 9.婦人科疾患のMRI 診断 - 日産婦誌53巻6号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/53/5306-099.pdf


磁気共鳴分光法」

  [★]

magnetic resonance spectroscopyMRS
核磁気共鳴磁気共鳴磁気共鳴法核磁気共鳴分光法

メチシリン耐性ブドウ球菌」

  [★]

methicillin-resistant Staphylococci MRS
メチシリン


magnetic resonance spectroscopy」

  [★]

磁気共鳴スペクトロスコピー,MRS


磁気共鳴スペクトロスコピー」

  [★]

magnetic resonance spectroscopy, MRS

MRSA腸炎」

  [★]

methicillin-resistant Staphylococcus aureus colitis, MRSA enterocolitis
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 MRSA

概念

  • MRSAが原因の腸炎であり、院内感染症である。
  • 多い患者背景:術前に第3世代セフェム系抗菌薬を使用した患者。第3世代セフェム系抗菌薬を使用した高齢者。 (SSUR.539)

治療

  • 薬剤の中止 (SSUR.539) ← 第3世代セフェム系抗菌薬のこと?
  • 補液による脱水の改善 (SSUR.539)
  • バンコマイシンの投与 (SSUR.539)

鑑別診断

原因が分からない腸炎に対するバンコマイシンの安易な使用について

IRE.698を参考にしつつ
  • バンコマイシンは最後の切り札として温存すべきである。米国ではバンコマイシン使用は厳重に管理されている。日本の臨床ではどうであろうか。抗菌薬に投資開発のリソースをつぎ込んでいる企業はかつてより少なくなってきている。細菌の進化をなるべく遅くするために、抗菌薬をもっと丁寧に使わなければならない。
  • かつては「MRSA腸炎」と疑診しただけでバンコマイシンを使用しており、経験的治療としては正しいかも知れないが、抗菌薬の適正利用とはほど遠い。

国試

(治療・管理)095D056



MRSA」

  [★] メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 methicillin resistant Staphylococcus aureus


高度バンコマイシン耐性MRSA」

  [★]

highly vancomycin resistant MRSA
MRSAバンコマイシン, VRSA


highly vancomycin resistant MRSA」

  [★] 高度バンコマイシン耐性MRSA

M」

  [★] メチオニン methionine

WordNet   license wordnet

「the 13th letter of the Roman alphabet」
m

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Mach number / mark[s] / Monsieur」


MR」

  [★]


mRS」

  [★]

modified Rankin scale


"http://meddic.jp/MRS" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡