MRA

出典: meddic

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Moral Re-Armament道徳再武装」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/08/13 21:24:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Non-contrast-enhanced imaging of haemodialysis fistulas using quiescent-interval single-shot (QISS) MRA: a feasibility study.
  • Okur A1, Kantarci M2, Karaca L3, Yildiz S4, Sade R3, Pirimoglu B3, Keles M5, Avci A6, Çankaya E5, Schmitt P7.
  • Clinical radiology.Clin Radiol.2016 Mar;71(3):244-9. doi: 10.1016/j.crad.2015.11.010. Epub 2015 Dec 28.
  • AIM: To assess the efficiency of a novel quiescent-interval single-shot (QISS) technique for non-contrast-enhanced magnetic resonance angiography (MRA) of haemodialysis fistulas.MATERIALS AND METHODS: QISS MRA and colour Doppler ultrasound (CDU) images were obtained from 22 haemodialysis patients wi
  • PMID 26732890
  • Non-invasive imaging of bioresorbable coronary scaffolds using CT and MRI: First in vitro experience.
  • Hickethier T1, Kröger JR2, Von Spiczak J2, Baessler B2, Pfister R3, Maintz D2, Bunck AC2, Michels G3.
  • International journal of cardiology.Int J Cardiol.2016 Mar 1;206:101-6. doi: 10.1016/j.ijcard.2016.01.028. Epub 2016 Jan 6.
  • BACKGROUND: Accurate assessment of coronary stents after PCI using non-invasive imaging remains challenging despite technological improvements. New bioresorbable vascular scaffolds (BVS) have recently become available promising improved non-invasive imaging properties, which however have not be exam
  • PMID 26785034
  • The Posterior Limb of the Internal Capsule as the Subcortical Transitional Zone of the Anterior and Posterior Circulations: Insights from Human 7T MRI.
  • Kurabe S1, Okamoto K, Suzuki K, Matsuzawa H, Watanabe M, Suzuki Y, Nakada T, Fujii Y.
  • Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland).Cerebrovasc Dis.2016 Feb 2;41(5-6):256-264. [Epub ahead of print]
  • BACKGROUND: In patients with cerebral infarction, identifying the distribution of infarction and the relevant artery is essential for ascertaining the underlying vascular pathophysiological mechanisms and preventing subsequent stroke. However, visualization of the basal perforating arteries (BPAs) h
  • PMID 26828207

和文文献

  • Compressed Sensing 3-Dimensional Time-of-Flight Magnetic Resonance Angiography for Cerebral Aneurysms: Optimization and Evaluation.
  • A Novel Ellipsoid Convex Enhancement Filter for Boosting the Performance in Detection of Asymptomatic Intracranial Aneurysms at 3.0 T Magnetic Resonance Angiography (医用画像)
  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(401), 257-261, 2016-01-19
  • NAID 40020738286
  • Optimization of regularization parameters in compressed sensing of magnetic resonance angiography: Can statistical image metrics mimic radiologists' perception?

関連リンク

磁気共鳴という物理現象を応用して、頭部の血管の様子を詳しく立体画像化しようというのが頭部MRA検査です。脳ドックでは、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤のスクリーニング検査として用いられています。
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - MRAの用語解説 - 道徳再武装運動。 1921年アメリカの F.ブックマンによって始められた宗教運動で,オックスフォード大学で多くの支持者を得たのでオックスフォード・グループともいわれる。 38 ...

関連画像

Non-Contrast MRA of the Circle of Willis Figure 4. MRA of the acute left carotid Description Mra-mip.jpgthe case normal neck mra normal neck mra にほんブログ村Vertebroplasty/Kyphoplasty


★リンクテーブル★
先読みMR angiography」「malignant rheumatoid arthritis
国試過去問104G060」「104G059」「099I007」「104G058」「104I040」「105B006
リンク元悪性関節リウマチ」「MRアンギオグラフィ」「核磁気共鳴血管撮影」「MRアンギオグラフィー」「magnetic resonance angiography
関連記事M」「MR

MR angiography」

  [★] magnetic resonance angiography


malignant rheumatoid arthritis」

  [★] 悪性関節リウマチ


104G060」

  [★]

  • 次の文を読み、58-60の問いに答えよ。
  • 84歳の男性。両足の痛みを主訴に来院した。
  • 現病歴   3年前から長い距離を歩くと両足が痛くなって休憩するようになった。徐々に歩ける距離が短くなってきた。現在では、自宅から300mのところにある畑まで歩くのに2回休憩する。動悸や労作時の息切れは自覚しておらず、歩行以外で日常生活には支障を感じていない。
  • 既往歴   50歳から糖尿病のため食事療法経口糖尿病薬の服用とを行っている。
  • 生活歴   喫煙は20本/日を20歳から30年間であったが、その後禁煙している。飲酒は機会飲酒。
  • 現症    意識は清明。身長 160cm、体重 51kg。体温 36.4℃。脈拍 72/分、整。血圧 154/82mmHg。眼瞼結膜貧血を認める。眼球結膜に異常を認めない。心尖部で2/6度の収縮期雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。前脛骨部と足背部とに浮腫を認めない。
  • 検査所見  尿所見:蛋白(-)、糖2+。血液所見: 赤血球 319万、Hb 7.1g/dl、Ht 24%、白血球 5,800、血小板 14万。血液生化学所見: 血糖 134mg/dl、HbA1c 6.8%、総蛋白 6.2g/dl、アルブミン 3.7g/dl、尿素窒素 25mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、尿酸 6.4mg/dl、総コレステロール 146mg/dl、トリグリセリド 66mg/dl、総ビリルビン 0.3mg/dl、直接ビリルビン 0.1mg/dl、AST 17IU/l、ALT 9IU/l、LD 186IU/l(基準176-353)、ALP 242IU/l(基準115-359)、Na 139mEq/l、K 4.4mEq/l、Cl 107 mEq/l。CRP 1.3mg/dl。下肢MRA(別冊No.llA,B)と腰部単純MRI(別冊No.11C、D)とを別に示す。



  • 貧血の原因を探るために検査を施行したところ、腫瘍が同定された。病期を確定するために行った腹部単純CT(別冊No.11E、F、G、H)とポジトロンエミッション断層撮影 FDG-PET(別冊No.11I)とを別に示す。



  • この腫瘍への対応として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G059]←[国試_104]→[104G061

104G059」

  [★]

  • 次の文を読み、58-60の問いに答えよ。
  • 84歳の男性。両足の痛みを主訴に来院した。
  • 現病歴   3年前から長い距離を歩くと両足が痛くなって休憩するようになった。徐々に歩ける距離が短くなってきた。現在では、自宅から300mのところにある畑まで歩くのに2回休憩する。動悸や労作時の息切れは自覚しておらず、歩行以外で日常生活には支障を感じていない。
  • 既往歴   50歳から糖尿病のため食事療法経口糖尿病薬の服用とを行っている。
  • 生活歴   喫煙は20本/日を20歳から30年間であったが、その後禁煙している。飲酒は機会飲酒。
  • 現症    意識は清明。身長 160cm、体重 51kg。体温 36.4℃。脈拍 72/分、整。血圧 154/82mmHg。眼瞼結膜貧血を認める。眼球結膜に異常を認めない。心尖部で2/6度の収縮期雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。前脛骨部と足背部とに浮腫を認めない。
  • 検査所見  尿所見:蛋白(-)、糖2+。血液所見: 赤血球 319万、Hb 7.1g/dl、Ht 24%、白血球 5,800、血小板 14万。血液生化学所見: 血糖 134mg/dl、HbA1c 6.8%、総蛋白 6.2g/dl、アルブミン 3.7g/dl、尿素窒素 25mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、尿酸 6.4mg/dl、総コレステロール 146mg/dl、トリグリセリド 66mg/dl、総ビリルビン 0.3mg/dl、直接ビリルビン 0.1mg/dl、AST 17IU/l、ALT 9IU/l、LD 186IU/l(基準176-353)、ALP 242IU/l(基準115-359)、Na 139mEq/l、K 4.4mEq/l、Cl 107 mEq/l。CRP 1.3mg/dl。下肢MRA(別冊No.11A,B)と腰部単純MRI(別冊No.11C、D)とを別に示す。



  • 貧血の原因を探るために検査を施行したところ、腫瘍が同定された。病期を確定するために行った腹部単純CT(別冊No.11E、F、G、H)とポジトロンエミッション断層撮影 FDG-PET(別冊No.11I)とを別に示す。



  • 病変部位はどこか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G058]←[国試_104]→[104G060

099I007」

  [★]

  • 次の文を読み、7~9の問いに答えよ。
  • 2歳3か月の男児。発熱、意識障害およびけいれんを主訴に救急車で搬送された。
  • 現病歴 : 3日前から発熱、不機嫌および食思不振を認めた。昨日夕方から本日にかけて頻回に嘔吐があった。次第に意識が低下し、母親の呼びかけに対してやっと開眼する程度であったが、本日昼からけいれんが頻発し、刺激に反応しなくなった。
  • 出生・発達歴:在胎40週、出生体重3,200g。首の坐りは3か月。寝返りは6か月。坐位は7か月。つかまり立ちは9か月、歩行は13か月。
  • 既往歴 : 生後7か月のとき、発熱と同時に強直性けいれんを認めた。けいれんの持続は2分で、自然に止まった。脳波検査を受けたが異常は指摘されず、治療も受けていない。
  • 現症 : 身長86cm、体重12.5kg。体温39.2℃。呼吸数30/分。脈拍128/分、整。血圧106/68mmHg。顔つきは無表情。けいれんは認めない。外表奇形は認めない。皮膚は湿潤しており、皮疹を認めない。大泉門は閉鎖し眼瞼結膜に貧血はなく、眼球結膜に黄疸を認めない。仰臥位で頭部を持ち上げると抵抗がある。咽頭は軽度発赤。表在リンパ節は触知しない。呼吸音は正常である。不整脈と心雑音とは認めない。腹部は平坦、軟で、腫瘤は触知しない。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球420万、Hb11.8g/dl、Ht39%、白血球24,000(好中球72%、好酸球1%、単球6%、リンパ球21%)、血小板18万。
  • 血清生化学所見:総蛋白7.1g/dl、アルブミン4.6g/dl、尿素窒素12mg/dl、クレアチニン0.6 mg/dl、アンモニア28μg/dl(基準18?048)、AST28単位、ALT12単位、LDH365単位(基準176?0353)、アルカリホスファターゼ120単位(基準260以下)、Na134mEq/l、K4.2mEq/l、Cl 98mEq/l。CRP13.6mg/dl。
  • まず行う検査はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099I006]←[国試_099]→[099I008

104G058」

  [★]

  • 次の文を読み、58-60の問いに答えよ。
  • 84歳の男性。両足の痛みを主訴に来院した。
  • 現病歴   3年前から長い距離を歩くと両足が痛くなって休憩するようになった。徐々に歩ける距離が短くなってきた。現在では、自宅から300mのところにある畑まで歩くのに2回休憩する。動悸や労作時の息切れは自覚しておらず、歩行以外で日常生活には支障を感じていない。
  • 既往歴   50歳から糖尿病のため食事療法経口糖尿病薬の服用とを行っている。
  • 生活歴   喫煙は20本/日を20歳から30年間であったが、その後禁煙している。飲酒は機会飲酒。
  • 現症    意識は清明。身長 160cm、体重 51kg。体温 36.4℃。脈拍 72/分、整。血圧 154/82mmHg。眼瞼結膜貧血を認める。眼球結膜に異常を認めない。心尖部で2/6度の収縮期雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。前脛骨部と足背部とに浮腫を認めない。
  • 検査所見  尿所見:蛋白(-)、糖2+。血液所見: 赤血球 319万、Hb 7.1g/dl、Ht 24%、白血球 5,800、血小板 14万。血液生化学所見: 血糖 134mg/dl、HbA1c 6.8%、総蛋白 6.2g/dl、アルブミン 3.7g/dl、尿素窒素 25mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、尿酸 6.4mg/dl、総コレステロール 146mg/dl、トリグリセリド 66mg/dl、総ビリルビン 0.3mg/dl、直接ビリルビン 0.1mg/dl、AST 17IU/l、ALT 9IU/l、LD 186IU/l(基準176-353)、ALP 242IU/l(基準115-359)、Na 139mEq/l、K 4.4mEq/l、Cl 107 mEq/l。CRP 1.3mg/dl。下肢MRA(別冊No.11A,B)と腰部単純MRI(別冊No.11C、D)とを別に示す。



  • 主訴と関連する変化が起きているのはどこか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G057]←[国試_104]→[104G059

104I040」

  [★]

  • 61歳の男性。意識障害のため搬入された。買い物中に右手に力が入らなくなり、言葉も出なくなった。そのまま倒れて意識を失ったため 店員が救急車を要請した。意識はもうろうとし、時に開眼し左手足を自発的に動かす。右上下肢は全く動かさず、言葉は出ない。脈拍72/分、不整。血圧170/90mmHg。血液検査で異常を認めない。発症から2時間後の頭部MRIの拡散強調像(別冊No.2A)とMRA(別冊No.2B)とを別に示す。
  • 診断はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104I039]←[国試_104]→[104I041

105B006」

  [★]

  • 頭部MRA(別冊No.1)を別に示す。
  • 矢印で示す血管はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105B005]←[国試_105]→[105B007

悪性関節リウマチ」

  [★]

malignant rheumatoid arthritis MRA
悪性リウマチ
関節リウマチ

概念

  • 日本のみの疾患概念で、本疾患を関節リウマチに含めるという流れらしい。海外ではrheumatoid vasculitisと呼ばれる病態に相当すると思われる(参考3)。

診断基準

(2)

臨床症状

(1) 多発性神経炎:知覚障害,運動障害いずれを伴ってもよい。
(2) 皮膚潰瘍又は梗塞又は指趾壊疽:感染や外傷によるものは含まない。
(3) 皮下結節:骨突起部,伸側表面もしくは関節近傍にみられる皮下結節。
(4) 上強膜炎又は虹彩炎:眼科的に確認され,他の原因によるものは含まない。
(5) 滲出性胸膜炎又は心嚢炎:感染症など,他の原因によるものは含まない。癒着のみの所見は陽性にとらない。
(6) 心筋炎:臨床所見,炎症反応,筋原性酵素,心電図,心エコーなどにより診断されたものを陽性とする。
(7) 間質性肺炎又は肺線維症:理学的所見,胸部X 線,肺機能検査により確認されたものとし,病変の広がりは問わない。
(8) 臓器梗塞:血管炎による虚血,壊死に起因した腸管,心筋,肺などの臓器梗塞。
(9) リウマトイド因子高値:2 回以上の検査で,RAHA ないしRAPA テスト2,560 倍以上(RF960IU/m ・以上)の高値を示すこと。
(10) 血清低補体価又は血中免疫複合体陽性:2 回以上の検査で,C3,C4 などの血清補体成分の低下又はCH50 による補体活性化の低下をみること,又は2 回以上の検査で血中免疫複合体陽性(C1q 結合能を基準とする)をみること。

組織所見

  • 皮膚,筋,神経,その他の臓器の生検により小なし中動脈壊死性血管炎,肉芽腫性血管炎ないしは閉塞性内膜炎を認めること。

判定基準

  • 関節リウマチの診断基準(アメリカリウマチ協会の1987 年改定基準(表1))を満たし,上記に掲げる項目の中で以下の基準にあてはまるもの
(1) 1 臨床症状(1)~(10)のうち3項目以上満たすもの,又は
(2) 1 臨床症状(1)~(10)の項目の1項目以上と2 組織所見の項目があるもの,

参考

  • 1. 悪性関節リウマチ 公費対象
[display]http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/003_i.htm
  • 2. 悪性関節リウマチ 認定基準
[display]http://www.nanbyou.or.jp/pdf/003_s.pdf
  • 3. [charged]Clinical manifestations and diagnosis of rheumatoid vasculitis - uptodate [1]



MRアンギオグラフィ」

  [★]

magnetic resonance angiography MRA
磁気共鳴血管造影法



核磁気共鳴血管撮影」

  [★]

magnetic resonance angiographyMRA


MRアンギオグラフィー」

  [★]

[[]]
MRA
[[]]
MRA


magnetic resonance angiography」

  [★] MRアンギオグラフィ MRA


M」

  [★] メチオニン methionine

WordNet   license wordnet

「the 13th letter of the Roman alphabet」
m

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Mach number / mark[s] / Monsieur」


MR」

  [★]


"http://meddic.jp/MRA" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail25
2CATTLE SKIN DEHIDER mail14
3SHEEP BLEEDING PULLEY mail11
4BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail11
5SHEEP BLEEDING LINE mail10
6SHEEP BLEEDING PAN mail9
7CATTLE BLEEDING PAN mail9
8OVINE LEG B IN mail7
9+spian calcium fluoride manufactures Co. ltd mail6
10MONOSODIUM GLUTAMAT mail5
11肺気量分画+グラフ4
12クロルプロマジン4
13ソーセージ様手指とは4
14+Angola mesh white herbal body talcum powder manufactures Co. ltd mail4
15クモ膜嚢胞4
16強心剤+種類4
17スルバシリン4
18裂脳症close4
19延髄内側4
20chilaicliti+s症候群4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1cfv+静脈2
2filmzenstream.tv - o2
3ホルムストルム療法2
4Alcoholic beverages mail2
5コストマン症候群2
6コプリック斑2
7ゴルジ体+層板2
8免疫ブロット2
9エアウェイスコープ2
10セフタック50+効能2
11ガフキー5号 感染力2
12二次+性+aml2
13断綴言語 意味2
14迂回槽とは2
15mlf症候群2
16 Shanghai Modacrylic Flame Retardant Textiles Co. Ltd mail2
17シンシナティ脳卒中スケール2
18胆汁+バイパス+手術2
19meigs症候群2
20新生児 溶血性貧血1