MLR

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/03/21 10:44:13」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Application of near infrared spectroscopy for the rapid determination of antioxidant activity of bamboo leaf extract.
  • Wu D, Chen J, Lu B, Xiong L, He Y, Zhang Y.SourceCollege of Biosystems Engineering and Food Science, Zhejiang University, 866 Yuhangtang Road, Hangzhou 310058, China; FRCFT Group, Biosystems Engineering, University College Dublin, National University of Ireland, Belfield, Dublin 4, Ireland.
  • Food chemistry.Food Chem.2012 Dec 15;135(4):2147-56. doi: 10.1016/j.foodchem.2012.07.011. Epub 2012 Jul 10.
  • This study was carried out to evaluate the feasibility of using near infrared (NIR) spectroscopy for determining three antioxidant activity indices of the extract of bamboo leaves (EBL), specifically 2,2-diphenyl-1-picrylhydrazyl (DPPH), ferric reducing/antioxidant power (FRAP), and 2,2'-azinobis-(3
  • PMID 22980783
  • Enzymatic pathway for biodegrading microcystin LR in Sphingopyxis sp. C-1.
  • Shimizu K, Maseda H, Okano K, Kurashima T, Kawauchi Y, Xue Q, Utsumi M, Zhang Z, Sugiura N.SourceFaculty of Life Sciences, Toyo University, 1-1-1 Izumino, Itakura, Ora-gun, Gunma 374-0193, Japan.
  • Journal of bioscience and bioengineering.J Biosci Bioeng.2012 Dec;114(6):630-4. doi: 10.1016/j.jbiosc.2012.07.004. Epub 2012 Aug 9.
  • The mlr gene cluster consisting of mlrA, mlrB, mlrC, and mlrD is involved in the degradation of the cyanobacterial toxin microcystin. However, it is unclear which degradation intermediates are metabolized by MlrB and MlrC. To address these questions, we constructed recombinant Escherichia coli to ov
  • PMID 22883536

和文文献

  • 遺伝子発現データを利用したICAによる胃癌型分類とベイジアンネットワークによるパスウェイ解析
  • 石井 寛之,佐々木 博己,青柳 一彦,山? 敏正
  • 情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学 2012-BIO-28(12), 1-2, 2012-03-21
  • 本研究の目的は, ヒトの胃癌遺伝子発現データを利用した, 胃癌型を区別する遺伝子群の抽出と, それらに基づく型分類器の作成である. そのために,遺伝子発現データにICAと多重ロジスティック回帰分析を適用し, 型分類器を作成した. 更に, それぞれの胃癌型でベイジアンネットワークを構築して, パスウェイ解析を試みた.
  • NAID 110008803117
  • 中脳歩行野に対する電気刺激による歩行機能再建に関する基礎研究
  • 小倉 太郎,鈴木 隆文,関 和彦,山口 峻司,満渕 邦彦
  • 電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会 2012(34), 79-84, 2012-03-20
  • NAID 10030329047

関連リンク

MLR工法は、あらゆる下水道マンホールに適応する非開削のマンホール更生方法です。MLR協会は、資源の有効利用、作業現場での環境問題、廃棄物の削減が問われている現代社会で、最も適した更生方法をご提案いたします。
MLR工法とは、(Manhole Lining Renewal)の略称で、硫化水素等で腐食し、耐用年数及び強度が低下したマンホールに、 強度と防食性を付与し 、耐用年数を向上させる 非開削マンホール更生技術 です。 平成11年に、下水道新技術推進 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みmixed lymphocyte culture reaction
リンク元混合リンパ球培養反応」「中間潜時反応」「中脳歩行誘発野」「mixed lymphocyte reaction
関連記事M」「ML

mixed lymphocyte culture reaction」

  [★] 混合リンパ球培養反応


混合リンパ球培養反応」

  [★]

mixed lymphocyte culture reaction
同???
混合リンパ球反応 mixed lymphocyte reaction MLR


中間潜時反応」

  [★]

middle latency response MLR

middle latency component MLC
中間反応


中脳歩行誘発野」

  [★]

mesencephalic locomotor region MLR
歩行誘発野


mixed lymphocyte reaction」

  [★] 混合リンパ球反応 MLR


M」

  [★] メチオニン methionine

WordNet   license wordnet

「the 13th letter of the Roman alphabet」
m

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Mach number / mark[s] / Monsieur」


ML」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Medieval Latin」


"http://meddic.jp/MLR" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡