MIBGシンチグラフィ

出典: meddic

MIBG scintigraphy
心筋交感神経シンチグラフィ


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • MIBGシンチグラフィが陰性であった褐色細胞腫の1例
  • 藤井 猛,菅 朋子,今川 全晴
  • 西日本泌尿器科 73(5), 254-258, 2011-05-20
  • NAID 10029070168
  • パーキンソン病の排便障害 : MIBGシンチグラフィー異常を伴う特発性便秘を含めて
  • 榊原 隆次,岸 雅彦,小川 恵美奈,舘野 冬樹,高田 伸夫,細江 伸央,鈴木 康夫,高橋 真生,高橋 修,杉山 恵,内山 智之,山本 達也
  • 自律神経 = The Autonomic nervous system 48(2), 123-125, 2011-04-15
  • NAID 10029303946

関連リンク

MIBGシンチグラフィー:パーキンソン病、レビー小体型認知症、褐色細胞腫、神経芽腫. ヨード123標識MIBG(メタヨードベンジルグアニジン)は、ノルエピネフリン( ノルアドレナリンとも呼ばれる)とよく似た物質です。ノルエピネフリンは交感神経終末 から放出される ...
123I-MIBG 3-ヨードベンジルグアニジン心シンチグラフィによる心疾患の診断 心筋( 123I-MIBG)シンチグラム 心臓には交感神経が豊富に分布しており、心交感神経は 副交感神経とともに、自律神経系の循環調節に重要な役割を果たしています。

関連画像

MIBGシンチグラフィガリウムシンチグラフィー


★リンクテーブル★
国試過去問108D053」「097A052」「099G022
拡張検索131I-MIBGシンチグラフィ
関連記事シンチ」「MI」「MIBG」「シンチグラフィ

108D053」

  [★]

  • 38歳の女性。健康診断で高血圧を指摘され来院した。数年前から高血圧を指摘されていたが、時に頭痛動悸がする程度だったのでそのままにしていた。家族歴に高血圧症や糖尿病はない。身長 154 cm、体重 49 kg。脈拍 72/分、整。血圧 172/110mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、血管雑音は聴取しない。尿所見:蛋白 (±)、糖 (-)。血液所見:赤血球 430万、 Hb 13.4 g/dl、Ht 38%、白血球 4,300、血小板 18万。血液生化学所見:尿素窒素 11 mg/dl、クレアチニン 0.7mg/dl、Na 144 mEq/l、K 3.6 mEq/l、Cl 98 mEq/l。心電図で軽度の左室肥大所見を認める。胸部エックス線写真に異常を認めない。
  • 次に行うべき検査はどれか。2つ選べ。
  • a 腹部単純CT
  • b MIBIシンチグラフィ
  • c MIBGシンチグラフィ
  • d 選択的副腎静脈血サンプリング
  • e 血漿レニン活性 /アルドステロン濃度比測定


[正答]


※国試ナビ4※ 108D052]←[国試_108]→[108D054

097A052」

  [★]

  • 53歳の男性。発汗過多頭痛および体重減少のため来院した。数年来、発作性高血圧と起立性低血圧とのため近医で投薬を受けているが血圧の調節は不良である。糖尿病も2年前に指摘された。血圧は普段は正常であるが、発作時250/150mmHgに上昇する。尿中アドレナリンは正常で、尿中ノルアドレナリンVMAとが高値である。腹部CTで両側の副腎には特記すべき異常所見を認めない。次に施行すべき検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097A051]←[国試_097]→[097A053

099G022」

  [★]

  • 18歳の男子。近医で高血圧を指摘されたため来院した。
  • 血圧は3年前まで正常であった。両親と兄弟とに高血圧はない。脈拍76/分、整。
  • 血圧184/104mmHg、左右差はない。心雑音なく、肺野にラ音を認めない。腹部に血管雑音を聴取する。血漿レニン活性4.6ng/ml/時間(基準1.2~2.5)。尿中カテコラミン正常。
  • 診断の確定に有用なのはどれか。
  • (1) 心エコー検査
  • (2) レノグラフィ
  • (3) 腎動脈造影
  • (4) MIBGシンチグラフィ
  • (5) グルカゴン負荷試験
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099G021]←[国試_099]→[099G023

131I-MIBGシンチグラフィ」

  [★]

131I-MIBG scintigraphy


シンチ」

  [★]

シンチグラフィーシンチグラム

脳血流シンチグラム

脳槽シンチグラム

心筋シンチグラム

  • 201TlCl:K+とほぼ同様の挙動を示し、Na/K ATPaseを介して心筋細胞に取り込まれる。一回の灌流で心筋内に取り込まれその取り込みは冠血流に依存するために、心筋血流分布を反映するといわれている。
  • 99mTc-MIBI99mテクネチウムセスタミビ
  • 99mTc-tetrofosmin:99mTc-テトロフォスミン:

心筋壊死シンチグラム

心筋脂肪酸代謝シンチグラム

  • 123I-BMIPP:心臓の脂肪酸代謝を反映しており、心筋虚血、心筋梗塞で集積が低下する。

心筋交感神経シンチグラム

骨血流シンチグラム

肺換気シンチグラム

骨シンチグラム

骨髄シンチグラム

  • 111In-塩化インジウム:血清中のトランスフェリンと結合し、鉄イオンと類似した血中動態を示し、幼若赤血球に取り込まれるため、活性骨髄に集積
  • 99mTc-スズコロイド:骨髄内の網内系を描出。網内系細胞に貪食される。

甲状腺シンチグラム

  • 123I   :(甲状腺摂取率)3時間値5-20%、24時間値15-35%
  • 99mTcO4-:(甲状腺摂取率)30分値0.4-3.0%。唾液腺、唾液への生理的な取り込みが多いためバックグラウンドが高い。
  • 131I   :全身シンチグラムに使用。甲状腺全摘出後に行う。
  • 123I-MIBG:甲状腺髄様癌
  • 210Tl:分化型甲状腺癌
  • 67Ga:甲状腺未分化癌、甲状腺悪性リンパ腫

副甲状腺シンチグラム

  • 99mTc-MIBI:ヘキサキス(2-メトキシイソブチルイソニトリル)テクネチウム(99mTc):副甲状腺腫に集積

副腎髄質シンチグラム

副腎皮質シンチグラム

  • 131I-アドステロール:クッシング症候群や原発性アルドステロンの確定診断に有用。たぶんステロール環をもっており副腎皮質に取り込まれる

腎シンチグラム

肝受容体シンチグラム

肝胆道シンチグラム

唾液腺シンチグラム

全身検索

ガリウムシンチグラム

タリウムシンチグラム

MIBGシンチグラム

FDGシンチグラム

MI」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Michigan / Military Intelligence 陸軍情報部」


MIBG」

  [★] メタヨードベンジルグアニジン


シンチグラフィ」

  [★] シンチグラフィー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡