MI

出典: meddic

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Michigan / Military Intelligence 陸軍情報部」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/06/06 22:07:39」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Fungal strain matters: colony growth and bioactivity of the European medicinal polypores Fomes fomentarius, Fomitopsis pinicola and Piptoporus betulinus.
  • Dresch P1, D Aguanno MN2, Rosam K1, Grienke U3, Rollinger JM3, Peintner U1.
  • AMB Express.AMB Express.2015 Jan 24;5(1):4. eCollection 2015.
  • Polypores have been applied in traditional Chinese medicine up to the present day, and are becoming more and more popular worldwide. They show a wide range of bioactivities including anti-cancer, anti-inflammatory, antiviral and immuno-enhancing effects. Their secondary metabolites have been the foc
  • PMID 25642401
  • Selection criteria for water disinfection techniques in agricultural practices.
  • Haute Sv1, Sampers I, Jacxsens L, Uyttendaele M.
  • Critical reviews in food science and nutrition.Crit Rev Food Sci Nutr.2015 Sep 19;55(11):1529-51. doi: 10.1080/10408398.2012.705360.
  • This paper comprises a selection tool for water disinfection methods for fresh produce pre- and postharvest practices. A variety of water disinfection technologies is available on the market and no single technology is the best choice for all applications. It can be difficult for end users to choose
  • PMID 24279431
  • Determination of creatinine, uric and ascorbic acid in bovine milk and orange juice by hydrophilic interaction HPLC.
  • Zuo R1, Zhou S2, Zuo Y3, Deng Y4.
  • Food chemistry.Food Chem.2015 Sep 1;182:242-5. doi: 10.1016/j.foodchem.2015.02.142. Epub 2015 Mar 6.
  • Creatinine (Cr), uric (UA) and ascorbic acid (AA) are common constituents in human fluids. Their abnormal concentrations in human fluids are associated with various diseases. Thus, apart from the endogenous formation in human body, it is also important to examine their sources from food products. In
  • PMID 25842333
  • Shelf-life Reduction as an Emerging Problem in Cooked Hams Underlines the Need for Improved Preservation Strategies.
  • Vasilopoulos C1, De Vuyst L, Leroy F.
  • Critical reviews in food science and nutrition.Crit Rev Food Sci Nutr.2015 Aug 24;55(10):1425-43. doi: 10.1080/10408398.2012.695413.
  • Cooked hams have gained an important position within the delicatessen market. Nowadays, consumers not only demand superior sensory properties but also request low levels of sodium and fat and the absence of conventional chemicals and preservatives used for the increase of the technological yield and
  • PMID 24915326

和文文献

  • Period reduction lithography in normal UV range with surface plasmon polaritons interference and hyperbolic metamaterial multilayer structure
  • Yang Fan,Chen Xi,Cho Eun-Hyoung,Lee Chang,Jin Peng,Guo L.
  • Appl. Phys. Express 8(6), 062004, 2015-05-28
  • A plasmonic lithography method is proposed to generate a large-area, period-reduced, subwavelength one-dimensional grating pattern. It is demonstrated with a surface plasmon polaritons interference ef …
  • NAID 150000110709
  • Indium doped ZnO nano-powders prepared by RF thermal plasma treatment of In
  • Lee Mi-Yeon,Song Min-Kyung,Seo Jun-Ho,Kim Min-Ho
  • Jpn. J. Appl. Phys. 54(6), 065201, 2015-05-26
  • Indium doped ZnO nano-powders were synthesized by the RF thermal plasma treatment of In<inf>2</inf>O<inf>3</inf>and ZnO. For this purpose, micron-sized ZnO powder was mixed wit …
  • NAID 150000110788
  • On the Fermi-level pinning of InN grown surfaces
  • Le Binh,Zhao Songrui,Tran Nhung,Szkopek Thomas,Mi Zetian
  • Appl. Phys. Express 8(6), 061001, 2015-05-20
  • We report on the observation of ambipolar transport characteristics of InN:Mg nanowires at room temperature, providing unambiguous evidence that the Fermi level is fundamentally unpinned on the grown …
  • NAID 150000110733
  • Spatio-Temporal Optimization-Based Motion Inpainting for Video Completion
  • Menandro Roxas,Takaaki Shiratori,Katsushi Ikeuchi
  • 情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア] 2015-CVIM-197(36), 1-11, 2015-05-11
  • … In this thesis, we propose a method to complete damaged videos using motion inpainting (MI) and color propagation (CP). … We embed this two-step (MI+CP) method in an iterative optimization framework where we propose to use the newly inpainted color to further improve the optical flow estimation. …
  • NAID 110009899591

関連リンク

mixi(ミクシィ)は、日記、写真共有、ゲームや便利ツール満載のアプリなど、さまざまなサービスで友人・知人とのコミュニケーションをさらに便利に楽しくする、日本最大規模のソーシャル・ネットワーキングサービスです。
三越伊勢丹グループのエムアイカードは、最短即日発行、年会費初年度無料。三越・伊勢丹・岩田屋・丸井今井で最大10%ポイント貯まる!三越 M CARD、MICARD、伊勢丹アイカードは、使うほどお得で便利なクレジットカードです。
mi は Mac OS X 用のテキストエディタです。 最新バージョンのダウンロード バージョン2.1.12r5(Mac OS X 10.3以降) 最終更新日:2014.11.9 βバージョンのダウンロード バージョン3.0.0b12 最終更新日:2016.5.21 モード/ツール ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元心筋梗塞」「僧帽弁閉鎖不全症」「100Cases 28」「頭頂連合野」「更年期指数
拡張検索MIP」「131I-MIBG」「ALOMIDE」「MIBG scintigraphy
関連記事mi」「M

心筋梗塞」

  [★]

myocardial infarct, MI (M), myocardial infarction
postmyocardial infarction心筋梗塞の心電図冠状動脈

定義

  • 冠循環障害による心筋壊死

原因

  • 血栓の塞栓(冠状動脈粥状硬化巣の破綻、心房細動、心内膜炎、弁膜症)
  • 血管炎、解離性動脈瘤、川崎病

リスクファクター

  • 高脂血症、肥満、糖尿病

分類

時間

筋層の梗塞の深さ

  • 貫壁性心筋梗塞
  • 非貫壁性心筋梗塞

梗塞部位による分類

重症度

STEMI患者における血圧と脈拍(HIM.1533)

  • ST上昇心筋梗塞(STEMI)を起こした患者の多くは、最初の1時間以内では正常な血圧と脈拍を示す。
  • 前壁梗塞を起こした患者の1/4は頻脈と高血圧
  • 下壁梗塞を起こした患者の1/2は徐脈と低血圧

急性心筋梗塞と房室ブロック (HIM.1420)

  • 前壁梗塞より下壁梗塞で2度以上の房室ブロックがよく起こる。下壁梗塞でのブロックの程度は、房室結節の中でより安定で狭い補充調律である傾向にある。これにたいし、前壁梗塞は房室結節複合の遠位、ヒス束、索枝(bundle branch)での房室ブロックと関連しており、広いQRS複合、不安定な補充律動、および高い死亡率を伴う悪い予後に終わる。

検査

心電図

QB CBR vol.3 p.201 I II III aVR aVL aVF V1 V2 V3 V4 V5 V6 冠動脈
前壁中隔 V1-4                 LAD
側壁 I,aVL,V5-6                 LCX
下壁 II,III,aVF                   RCA
後壁 V1(↑R)                        
aVRは正常心電図では幅広いQ波を呈する
 
PHD. 102 I II III aVR aVL aVF V1 V2 V3 V4 V5 V6 冠動脈
下壁 II,III,aVF                   RCA
前壁中隔 V1-V2                     LAD
前壁心尖 V3-V4                     LAD(distal)
前壁側壁 I,aVL,V5-6                 LCX
後壁 V1,V2(↑R)                     RCA
  • 心電図の読み方パーフェクトマニュアル p.131も参考に

心電図の異常波形と時間経過

PHD.105
  hyper
acute
acute hours day 1-2 days later weeks later
  心筋虚血 心筋壊死      
ST   ST上昇 ST上昇 ST上昇 ST正常化 ST正常
T T波増高 T波増高 T波増高  陰性T T正常
R     ↓R振幅
Q     異常Q出始め 異常Q深くなる 異常Q

心電図の異常波形と時間経過 QB CBT vol3.237

  • 1. 発症直後よりT波の増高(超急性期T波)とSTの上昇が見られる
  • 2. 発症後1-数時間を経過すると貫壁性の心筋壊死が生じ、異常Q波が出現し始める
  • 3. 数日後よりSTは基線に戻り始め、T波の陰転が始まる。およそ1週間後にはSTは基線に戻り、陰性T波(冠性T波)が完成する。この時期になってもST上昇が持続する場合には心室瘤の形成が危惧される。
→also see心電図の読み方パーフェクトマニュアル p.169-170


心エコー

  • 局所的壁運動低下、心膜液の出現

胸部単純X線

  • 心拡大、肺うっ血

血液検査

  • CK:上昇
  • CK-MB:上昇
  • AST:上昇
  • ALT:正常
  • LDH:上昇
  • 白血球:上昇
  • ヒト心臓由来脂肪酸結合蛋白(H-FABP):上昇
  • ミオグロビン:上昇
  • 心筋トロポニンT:上昇
  • 心筋トロポニンI:上昇


治療

ガイドライン

  • 1. 急性心筋梗塞(ST上昇型)の診療に関するガイドライン
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2008_takano_h.pdf

国試




僧帽弁閉鎖不全症」

  [★]

mitral insufficiency, MI, mitral valve insufficiency, mitral incompetence
僧帽弁逆流症 mitral regurgitation MR
僧帽弁閉鎖不全 mitral valve regurgitation
僧帽弁心臓弁膜症
[show details]

疫学

  • 弁膜症の20-25%をしめる(YN.C-97)

分類

  • 急性
  • 慢性

病因

  • 僧帽弁は弁尖、弁輪、腱索、乳頭筋が一つの機能単位である(僧帽弁装置、僧帽弁複合体)。このいずれかの機能不全でもMRを生ずる。
参考1
  • リウマチ性
  • 非リウマチ性
  • 僧帽弁逸脱
  • 原発性/腱索断裂/straight back症候群/漏斗胸
  • 家族性/ Marfan 症候群/Ehlers-Danlos症候群
  • 心房中隔欠損症/肥大型心筋症/甲状腺機能亢進症
  • 虚血性心疾患
  • 感染性心内膜炎
  • 拡張型心筋症などの拡大心
  • アミロイドーシス

器質的病変

  • リウマチ熱
  • 感染性心内膜炎、
  • 心内膜床欠損症
  • 僧帽弁逸脱症候群に合併するもの、Marfan症候群
  • 腱索断裂、乳頭筋断裂、乳頭筋機能不全
  • 外傷性

機能的病変

  • 機能性MR:拡張型心筋症などによる心室拡大で乳頭筋が弁尖を牽引
  • 虚血性MR:心筋梗塞により外側に乳頭筋が偏位

頻度順

病態

  • 収縮期における血流逆流 → 容量負荷 → 左心房拡大、左心室拡大 → 肺うっ血、肺高血圧 → 右室拡大
左心不全 → 右心不全

急性MRと慢性MRとの違い

PHD.205
  • 急性MR:左房は比較的コンプライアンスが小さく、急激な血液の逆流により左房圧が上昇する。これにより逆流はある一定レベルに保たれるが、この圧上昇は肺循環に伝わり急激な肺うっ血、肺水腫をきたすので救急疾患である。左房圧やPCWPは上昇し、v波の著明な上昇が認められ、肺循環を維持するために肺動脈と右室圧も上昇する。
  • 慢性MR:病態は緩徐に進行するので、これに対処できるよう左房は拡張し、またコンプライアンスを大きくする。左房は多くの血液を貯めることが出来、肺循環の血圧上昇を防ぐことを可能にしている。この反面、左心室の血流は体循環よりより抵抗の低い左心房に流れるようになり、心拍出量が低下することになる。また、左房の拡張は心室細動リスクを増大させる。左心室も容量負荷により拡張をきたすため、心拍出量を比較的維持できるようになっているが、やがて破綻し心不全症状を呈するようになる。

症状

  • 軽症例では無症状
  • 肺循環、右心系に負荷がかかれば呼吸困難、浮腫、易疲労性、肝腫大など

身体所見

聴診

心雑音

収縮期
  • 時期:汎収縮期雑音。  ←   逆流性収縮期雑音   MRが進展すれば(advanced MR)、II音(正確にはA2)を越えて聴取されてしまう!!理由は大動脈弁が閉じた後にも、左心室の圧が左心房より高い状態が存在しえて、逆流が継続するから(PHD.41)。
  • 最強点:心尖部
  • 放散:左腋窩
拡張期
Carey-Coombs雑音
  • 時期:拡張期(III音に引き続いて聴取)
  • 最強点:心尖部

過剰心音

  • I音↓、II音 (PHでwidened splitting, IIpが遅延)、III音↑(volume load)、

検査

胸部X線像

  • 左室拡大(左第四弓)、左房の拡張(左第三弓)、肺門部うっ血・肺動脈拡大(左第二弓)

心電図

  • 左右心室肥大(高振幅、僧帽性P)、心房細動

心カテーテル検査

  • 左室造影でSellerの逆流度分類による重症度の判定を行う。
  • 肺動脈楔入圧の上昇 ← 左房圧上昇を反映

心エコー

  • カラードプラーで逆流の重症度を判定。
  • 左心房への逆流がモザイク像としてとらえられる

診断

  • カラードプラーか心カテーテル検査で、左心室から左心房への逆流を証明する

重症度の判定

  • カテーテル造影を用いて、左室造影を行うことによる分類

治療 IMD.777

内科的治療

外科的治療

  • 適応:心不全症状が薬物で改善しない場合、無症状でも高度の逆流(Sellers grade III)で左室が拡大傾向にあるもの
  • 僧帽弁形成術(弁形成術(自己弁温存術式が第一選択))、僧帽弁置換術(人工弁置換術)
僧帽弁逆流の手術をうける患者のうち、手術適応となる原因の80-90%は弁尖や腱索の変性に因る逸脱症である。(参考1)

合併症

  • 心房細動
  • 心房細動に伴う血栓症
  • 感染性心内膜炎

予後

  • 比較的良好

参考

  • 1. 弁膜疾患の非薬物治療に関するガイドライン(2007年改訂版)
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2007_matsuda_h.pdf



100Cases 28」

  [★]

☆case28 慢性経過する胸痛
症例
25歳 女性
主訴胸痛
現病歴:2年前より胸痛出現と消退が持続していた。胸痛は6ヶ月間は収まっていたが、最近10ヶ月間は出現してきていた。胸痛は胸部左方
にあり、左腋窩に放散していた。胸痛は胸を締め付けられる、あるいは握りつぶされるような痛みであり、5-30分持続した。胸痛はどんなときでも出現することがあった。労作時によく出現したが、ある場合には安静時にも出現し、特に夕方に出現した。胸痛には息切れが伴うことが良くあった。胸痛出現したときには、どんなときでも身動きができなくなり、痛みと共にが遠くなったり、めまいをかんじた。時々、胸痛と共に動悸があった。動悸は強く感じられたが、心拍動はしっかりしていた(steady heart beat)。
既往歴
 ・15歳 虫垂摘出
 ・30歳 腹症(irregular bowel habit)と腹痛精査(be investigated for)をうけたが、診断がつかず(no specific diagnosis was arrived at)。症状現在持続
 ・季節性鼻炎(seasonal rhinitis)
 ・2年前コレステロール測定したが4.1 mmol/Lであった
基準値(HIM A-10)
単位mg/dL (mmol/L)
desirable: <200 (<5.17)
borderline high: 200-239 (5.17-6.18)
high: ≧240 (≧6.21)
生活歴medical secretaryとして働いている。既婚子供はいない
家族歴:祖父が1年前MI死亡(77歳)。家族の数人に花粉症、あるいは喘息がある。
身体所見 examination
 血圧:102/65 mmHg脈拍:78/分、整。心音に異常所見はみとめない。左胸部、胸骨左部、乳腺下部に圧痛呼吸数22/分。肺に異常所見を認めない。左腸骨窩に圧痛
検査所見 investigations
 ECG
問診(S) 診察(O) 検査結果(O)
胸痛 左胸部、胸骨左部、乳腺下部に圧痛 ECG(異常なし)
息切れ 呼吸数多い(22/分)  
気が遠くなる感じ 左腸骨窩に圧痛  
めまい    
動悸    
排便習慣不順    
腹痛    
祖父が心筋梗塞死亡    
コレステロール値正常    
家族歴花粉症喘息あり    
アレルギー性鼻炎    
虫垂摘出    
     
1. 心臓神経症疑い    
2. 過敏性腸症候群 2 + 3 = 1を支持  
3. 心疾患心配する環境要因    
4. 喘息による胸痛を疑う要因    


頭頂連合野」

  [★]

parietal association area
上頭頂小葉 superior parietal lobule
-大脳皮質T3-

上頭頂連合野

  • 5野
  • 空間における手足の位置の認知
  • 第一運動野(MI)との相互連絡が強い

下頭頂連合野


更年期指数」

  [★]

menopausal index MI
クッパーマン指数


MIP」

  [★]

最大信号強度投影法
最大信号強度投影法


131I-MIBG」

  [★] 131I-メタヨードベンジルグアニジン


ALOMIDE」

  [★]

lodoxamide tromethamine


MIBG scintigraphy」

  [★] MIBGシンチグラフィ

mi」

  [★]

mi-, mio-
  • conb form
  • より小さい、より少ない。劣った
  • ex.
MI

WordNet   license wordnet

「the syllable naming the third (mediant) note of any major scale in solmization」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ミ(全音階の第3音)」


M」

  [★] メチオニン methionine

WordNet   license wordnet

「the 13th letter of the Roman alphabet」
m

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Mach number / mark[s] / Monsieur」


"http://meddic.jp/MI" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡