MHC class II

出典: meddic

主要組織適合複合体MHC class I


  • MHC class IIは抗原提示細胞が有する ⇔ MHC class Iは有核細胞ミナ持つ

臨床関連

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/17 08:33:27」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Alveolar macrophage dynamics in murine lung regeneration.
  • Chamoto K, Gibney BC, Ackermann M, Lee GS, Lin M, Konerding MA, Tsuda A, Mentzer SJ.SourceLaboratory of Adaptive and Regenerative Biology, Brigham and Women's Hospital, Harvard Medical School, Boston, Massachusetts.
  • Journal of cellular physiology.J Cell Physiol.2012 Sep;227(9):3208-15. doi: 10.1002/jcp.24009.
  • In most mammalian species, the removal of one lung results in dramatic compensatory growth of the remaining lung. To investigate the contribution of alveolar macrophages (AMs) to murine post-pneumonectomy lung growth, we studied bronchoalveolar lavage (BAL)-derived AM on 3, 7, 14 and 21 days after l
  • PMID 22105735
  • Polymorphisms at MHC class II DRB1 exon 2 locus in Pyrenean chamois (Rupicapra pyrenaica pyrenaica).
  • Cavallero S, Marco I, Lavín S, D'Amelio S, López-Olvera JR.SourceDepartment of Public Health and Infectious Diseases, Section of Parasitology, Sapienza University of Rome, P.le Aldo Moro 5, 00185 Rome, Italy.
  • Infection, genetics and evolution : journal of molecular epidemiology and evolutionary genetics in infectious diseases.Infect Genet Evol.2012 Jul;12(5):1020-6. Epub 2012 Mar 8.
  • Chamois (Rupicapra spp.) are mountain ungulates from Southern and Central Europe and the Near East. A newly reported border disease virus (BDV) has affected the easternmost populations of Pyrenean chamois, leading to a dramatic population decrease that may drive to genetic variability loss. The Majo
  • PMID 22425496

和文文献

  • 4)免疫学的異常による流産原因の解明(シンポジウム1「流産の原因と対策」,第63回日本産科婦人科学会・学術講演会)
  • 中島 彰俊
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(12), 2185-2197, 2011-12-01
  • … For example, villous trophoblasts do not express classical major histocompatibility complex (MHC) class I and class II molecules in humans, and human extravillous trophoblasts express only MHC-class I molecules such as human histocompatibility leukocyte antigen (HLA)-C, HLA-E, and HLA-G, which are specific ligands for uterine natural killer (NK) cells. …
  • NAID 110008799037
  • MS21-2 樹状細胞のMHC class II, CD11c発現における転写調節因子PU.1の役割(MS21 炎症細胞における転写制御,ミニシンポジウム,第61回日本アレルギー学会秋季学術大会)
  • 北村 奈緒,西山 千春,中野 信浩,八代 拓也,原 むつ子,深井 達夫,金田 俊介,奥村 康,小川 秀興,池田 志享
  • アレルギー 60(9・10), 1352, 2011-10-10
  • NAID 110008912274

関連リンク

MHC (major histocompatibility complex) class II molecules are a family of molecules normally found only on antigen-presenting cells and B cell lymphocytes. The antigens presented by class II peptides are derived from extracellular ...
2).MHCクラスII分子 MHCクラスII分子は、α鎖(α1、α2)と、β鎖(β1、β2)で構成される。 ヒトでは、MHCクラスII分子として、HLA-DR、HLA-DP、HLA-DQが存在する。 MHCクラスII分子(MHCクラスII抗原)は、Ia抗原 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。
Structure of Class II MHC Molecules220px-MHC_Class_2.svg.pngof MHC class I (left) and MHC class II Structure of MHC class IIMHC Class 2.jpg


★リンクテーブル★
リンク元主要組織適合複合体」「インターフェロン」「ヘルパーT細胞」「IV型アレルギー」「B細胞
拡張検索MHC class II gene」「MHC class II transactivator
関連記事class」「I」「M」「II」「MHC class

主要組織適合複合体」

  [★]

major histocompatibility complex, MHC
ヒト白血球抗原 human leucocyte antigen, HLA ← LHA/MHCの疾患との遺伝的関係についてはここを参照、MHC分子主要組織適合遺伝子複合体


MHCのクラスと特徴 (出典不明)

  MHC class I *MHC class II
MHC発現組織 全ての有核細胞(×赤血球) CD4陽性T細胞
CD8陽性T細胞
抗原提示細胞(マクロファージ樹状細胞

ランゲルハンス細胞クッパー細胞ミクログリアB細胞)

抗原認識するリンパ球 Tc細胞 Th細胞
ドメイン構造 α鎖(α1,2,3を持つ分子)とβ2-microgloblin α鎖(α1,α2を持つ分子)とβ鎖(β1,β2を持つ分子)
遺伝子座 HLA-A,B,C, HLA-DP,DQ,DR
提示されるペプチド 内在抗原 外来抗原
抗原ペプチドの長さ 9残基 12-30残基
抗原ペプチドとMHCとの相互作用部位 2残基 3(免疫学授業プリント)

4(IMM.131)

MHC分子の発現 (IMM.136)

  MHC class I MHC class II
リンパ組織 T細胞 +++
B細胞 +++ +++
マクロファージ +++ ++
樹状細胞 +++ +++
胸腺上皮細胞 +++
有核細胞 好中球 +++
肝細胞
腎臓
無核細胞 赤血球

  主要組織適合遺伝子複合体
    移植抗原として発見された抗原系
    応答免疫(抗原提示)に関与する
  ヒト(HLA complex) human leucocyte antigen
   HLA
   ドメイン構造
    クラスI		A	B	C
    クラスII	DP	DQ	DR
   多型性がある
   12種類のHLAを発現(父由来、母由来)
  マウス(H2 complex) Histcompatibility-2
   ドメイン構造
    クラスI		K	D
    クラスII	A	E
  MHCの歴史
   G.Snell		マウスH2が移植の正否を左右する
   J.Dausset		HLAが抗原
   B.Benaceraf	MHC遺伝子を明らかにし、MHCが免疫応答に関与していることを証明

(1)分子構造

 クラスI H鎖 β2-microglobulin
 クラスII α鎖 β鎖
 細胞外領域 膜貫通領域 細胞内領域
 ドメイン
 Igスーパーファミリー
 クリスタログラフィー crystallography

(2) MHC分子の生合成

 抗原処理
 抗原提示
 クラスI (proteasome TAP)
  クラスI抗原提示(内在性抗原)
  ①ほとんどの細胞が提示
   ただし赤血球には発現していない
  ②細胞内:内在抗原をプロテアソーム(LMP複合体)が分子切断→ERに移動
  ③ERI TAPトランスポーターによりER内に移動
   クラスI+ペプチド複合体形成
  ④細胞表面に移動
  ⑤Tc(CD8+ T細胞)細胞が認識:標的細胞を障害
 クラスII (Ii=invariant chain, HLA-DM)
  クラスII抗原提示(外来抗原)
  ①抗原提示細胞:貪食、飲食による取り込み
  ②ファゴリソゾーム:ペプチドに分解
  ③小胞体(ER):(MHC class II + Ii鎖)複合
  ④ファゴリソゾーム:HLA-DMがIi鎖を解離
   ペプチドを提示→(MHC class II + ペプチド)複合体
  ⑤細胞表面に移動
  ⑥Th(CD4+T)細胞が認識

(3) MHC遺伝子

  • MHC遺伝子座
  • クラスI:HLA-A,HLA-B,HLA-C(古典的)
→全ての有核細胞が発現
   最近、E,F,Gが発見された→E,FはT細胞、Gは胎盤トロホブラストが発現(妊娠免疫に重要)
→限定された細胞が発現(マクロファージ、樹状細胞、ランゲルハンス細胞、クッパー細胞)
亜領域A1,A2,およびB1,B2を有し、いずれかしか発現しない。ちなみに、Aはα鎖、Bはβ鎖をコードしている。
HLA-DM、LMP、TAP遺伝子座がDP-DQ間に発現していることが明らかとなった
  • クラスIII:補体成分:C2,C4,Bf
        サイトカイン:TNPet,C,
        酵素:21-hydroxylase
 クラス(領域 亜領域)
 遺伝的多塑性 polymorphism
 対立遺伝子頻度
-MHC
主要組織適合遺伝子複合体


インターフェロン」

  [★]

interferon interferons IFN
オーアイエフIFNβモチダアドバフェロンアボネックスイムノマックス-γ、イントロンA、スミフェロンフエロンベタフェロンペガシスペグイントロン

概念

  • サイトカインの一種で抗ウイルス作用、免疫修飾作用、抗増殖活性を有する。(GOO.1261)

種類

  • I型インターフェロン
ウイルスに感染して誘導され、強い抗ウイルス作用を有する
  • II型インターフェロン
非ウイルス誘導性

表(SMB.426)

    産生細胞 種類 誘発因子 作用
I型インターフェロン IFN-α 好中球マクロファージなど 14種類以上 ウイルス細菌内毒素 抗ウイルス効果、抗腫瘍効果
IFN-β 線維芽細胞、上皮細胞など 1種類 ウイルス、2本鎖RNA 抗ウイルス効果、抗腫瘍効果
II型インターフェロン IFN-γ T細胞NK細胞など 1種類 抗原刺激、サイトカイン 免疫細胞の活性化、免疫系の制御

各インターフェロンについて

GOO.1261
  • ウイルス感染に対する非特異的な初期防御に関わる
  • 意義:ウイルス感染に対する非特異的な初期防御に関わる
  • 産生細胞:ほとんど全ての細胞
  • 産生のトリガー:二本鎖RNA、ある種のサイトカイン(IL-1, IL-2, TNF)
  • 作用:抗ウイルス作用、抗増殖作用:(1) リンパ球、NK細胞、およびマクロファージの細胞障害作用の亢進、(2) MHC class Iの発現の亢進作用  ← 抗ウイルス活性
  • 意義:マクロファージの活性化
  • 産生細胞:T細胞、NK細胞、マクロファージのみ!
  • 産生のトリガー:抗原刺激、mitogen、特定のサイトカイン
  • 作用:抗ウイルス作用は弱い。強力な免疫調整作用:(1) マクロファージの強力な活性化、(2) MHC class IIの発現の亢進、(3) 局所炎症反応の仲介(madiation)

インターフェロンの抗ウイルス作用

  • インターフェロンをシグナルとして受け取った細胞は以下の物質を産生して抗ウイルス作用を発揮する。

適応

副作用

発熱 ほぼ必発
甲状腺機能異常 約10%
間質性肺炎 非常に稀
精神症状 約10%
白血球減少 ほぼ必発
血小板減少 ほぼ必発
蛋白尿 約10%
糖尿病 0.1-5%
口腔内病変 約20%
脱毛 約5%
眼底出血 約20%


ヘルパーT細胞」

  [★]

helper T cellThTH
ヘルパーTリンパ球Th細胞
T細胞キラーT細胞抗原提示細胞Th1Th2



  • T細胞の中で最も多い
  • (CD4陽性T細胞)CD4 + T cellとも呼ばれる
  • Th17もあるらしい。IL-17を分泌しアレルギー反応、自己免疫疾患に関与する。

機能

  • B細胞の形質細胞への分化誘導
B細胞の項を参照

抗原認識

  • 抗原提示細胞のみがMHC class IIを持つが、異物を貪食すると抗原をここに提示する (PT.249)
  • ヘルパーT細胞のTCRが抗原とMHC class IIを認識する (PT.249)
  • このときヘルパーT細胞上に発現しているCD4MHC class IIとの結合を強める (PT.249)
  • ヘルパーT細胞はIL-2を放出し、キラーK細胞やB細胞の増殖をもたらす (PT.249)
  Th0からの分化誘導 機能
Th1 IL-12 細胞性免疫、液性免疫
Th2 IL-4 液性免疫

サイトカイン

  分化誘導 サイトカイン
Th1細胞 IL-12 IL-2,IFN-γTNF-β
Th2細胞 IL-4 IL-4,IL-5,IL-6,IL-10,IL-13

Th1とTh2 (SMB.46)

機能 Th1 Th2
サイトカインの産生 INF-γ +  - 
IL-2
IL-3
IL-4
IL-5
IL-6
B細胞のヘルパー機能 IgM,IgG,IgA ± ++
IgE
遅延性過敏反応発現能
感染防御免疫反応能


IV型アレルギー」

  [★]

type IV allergic reaction
IV型アレルギー反応type IV hypersensitivity遅延型アレルギー反応 delayed allergic reaction delayed type allergic reaction遅延型過敏症 delayed-type hypersensitivity delayed type hypersensitivity DTH遅延型過敏症アレルギー遅延型アレルギー遅延型過敏性免疫反応遅延型過敏反応
アレルギー

概念

  • 抗原特異的T細胞によって起こる細胞性免疫反応

関与する細胞・物質

  • 1.
  • 1) 抗原提示細胞:マクロファージ、樹状細胞
  • 2) 抗原に感作されたT細胞(IV型アレルギーの原因となっているT細胞 = TDTH)
  • 2. T細胞が放出するサイトカイン(昔の言葉でリンホカイン)
  • 3. 2.によって動員される細胞:T細胞、マクロファージ

アレルギー反応発現までの時間

  • ピークは24-48hr  ⇔ I型アレルギーは即時

病態生理

  • 体内に侵入した抗原は樹状細胞やマクロファージなどの抗原提示細胞に貪食され分解されて、MHC class IIに抗原をのせてT細胞に提示する。T細胞は感作され、再び抗原刺激を受けるとINF-γTNF-αなどのサイトカインを産生し炎症を惹起する。この反応は抗原進入後48時間程度でピークとなる。(SPE.291)
  • ここで活性化されるT細胞がTh2細胞優位である場合、I型アレルギー反応の遅延型反応のような反応を呈する。

主な疾患

  • アレルゲン:うるし、銀杏など、装飾品(めがね、イヤリング、時計など)、下着、外用薬、化粧品
  • アレルゲンテスト:パッチテスト(皮膚貼付試験: アレルゲン貼付後24-48時間後に判定)
  • I型アレルギー + IV型アレルギー
  • 3. 慢性肉芽種症 chronic granuloma
  • アレルゲン:結核、癩(らい)、サルコドーシスの原因となる病原体

IV型アレルギーを利用した検査

  • 1. ツベルクリンテスト
  • 2. 光田反応
  • 癩抗原(レプラミン)注射後、硬結を判定
  • 3. ディック反応
  • 猩紅熱のディック毒素の判定
  • 4. フライ反応
  • 鼡径リンパ肉芽腫(第4性病)の判定
  • 5. DNCB感作試験




B細胞」

  [★]

B cell
Bリンパ球 B lymphocyte骨髄由来細胞 bone marrow derived cell
T細胞免疫グロブリン
  • 図:IMM.314(B細胞の成熟)

概念

  • 抗体をつくるリンパ球。

クラススイッチ class switch

T細胞依存性B細胞分化

  • IMM.381-
  • 1. naive B cellはBCR(IgM)を介して抗原を認識
  • 2. BCRとIgMの抗原抗体免疫複合体をエンドサイトーシスによりを細胞内に取り込む
  • 3. 抗原抗体複合体を分解し、分解産物をMHC class IIに結合する
  • 4. 抗原を結合したMHC class IIをエクソサイトーシスにより細胞表面に移動する
  • 5. ヘルパーT細胞にMHC class IIを介して抗原を提示する
このヘルパーT細胞は抗原とMHC class IIを認識できる固有のヘルパーT細胞である。
  • 6. ヘルパーT細胞はTCRを介して抗原とMHC class IIの複合体を認識する
  • 7. naive B cellを刺激して形質細胞への分化を誘導する

T細胞非依存性B細胞分化

  • IMM.381-
  • B-cell response to bacterial antigen with intrinsic ability to activate B cell do not require T-cell help (IMM.396)
  • B-cell response to bacterial polysaccharides do not require peptide specific T-cell help (IMM.397)

マーカー




MHC class II gene」

  [★]

class II geneHLA class II geneimmune response geneIr gene


MHC class II transactivator」

  [★]

CIITA
CIITA


class」

  [★]

  • n.
assortmentbranchcategorizationcategorizecategoryclassificationclassifierclassifydepartmentdivisiongroupgroupingkindpatternsectionsectorsortsystematizationtyping

WordNet   license wordnet

「elegance in dress or behavior; "she has a lot of class"」

WordNet   license wordnet

「a collection of things sharing a common attribute; "there are two classes of detergents"」
category, family

WordNet   license wordnet

「a league ranked by quality; "he played baseball in class D for two years"; "Princeton is in the NCAA Division 1-AA"」
division

WordNet   license wordnet

「a body of students who are taught together; "early morning classes are always sleepy"」
form, grade, course

WordNet   license wordnet

「people having the same social, economic, or educational status; "the working class"; "an emerging professional class"」
stratum, social class, socio-economic class

WordNet   license wordnet

「a body of students who graduate together; "the class of ''97"; "she was in my year at Hoehandle High"」
year

WordNet   license wordnet

「(biology) a taxonomic group containing one or more orders」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉(何らかの類似性を持つ)(…の)『種類』,類(sort, kind)《+『of』+『名』》 / 〈C〉《集合的に》《単数扱い》『クラス』,学級,組 / 〈U〉〈C〉(クラス単位の)『授業』;授業時間 / 〈C〉《米》《集合的に》(主に高校・大学の)同期生 / 〈C〉《しばしば複数形で》(同程度の教育・経済力・社会的地位などを持つ)『階級』,階層 / 〈C〉(交通機関などの)『等級』 / 〈C〉(英国の大学の)試験の合格等級 / 〈C〉綱(こう)(動植物の分類で門(phylum, division)と目(もく)(order)の間) / 〈U〉《話》(その人の社会的地位を高く見せる)風格 / …'を'(…の)部類に入れる《+『名』+『among』(『with』)+『名』》,(…として)…'を'分類する《+『名』+『as』+『名』》」


I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」


M」

  [★] メチオニン methionine

WordNet   license wordnet

「the 13th letter of the Roman alphabet」
m

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Mach number / mark[s] / Monsieur」


II」

  [★]


MHC class」

  [★]

major histocompatibility complex class




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail25
2CATTLE SKIN DEHIDER mail14
3SHEEP BLEEDING PULLEY mail11
4SHEEP BLEEDING LINE mail10
5SHEEP BLEEDING PAN mail9
6CATTLE BLEEDING PAN mail9
7MONOSODIUM GLUTAMAT mail9
8+spian calcium fluoride manufactures Co. ltd mail6
9右室梗塞4
10ソーセージ様手指とは4
11+Angola mesh white herbal body talcum powder manufactures Co. ltd mail4
12裂脳症close4
13クモ膜嚢胞4
14Squilla mantis a species of mantis shrimp mail4
15右PICA後閉塞 s/o4
16虫垂いんかんさいぼうがん4
17chilaicliti+s症候群4
18Medusozoa mail3
19CATTLE BLEEDING HOOK mail3
20レンズ核線条体動脈3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1疑核3
2Anthranilic acid its esters and its salts (Methaqualone and analogues) mail3
3急性出血性白質脳炎3
4Dry Cell and Storage Battery JSC (PINACO) mail2
5Shellfish mail2
6BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail2
7上顎結節2
8サブプロピュレーション2
9マーフィー徴候2
10心臓+繊維三角2
113 4-Methylenedioxyphenyl-2-propanone (MDMA MDA MDEA MDOH) mail2
12不橈性2
13レンズ核線条体動脈2
14OVINE 6 WAYS CUT mail2
15き山特ロミー2
162
17Medusozoa mail1
18不整形陰影とは1
19身体障害者福祉司+配置義務1
20びっくり眼+脊髄小脳変性症1