MHC class I

出典: meddic

主要組織適合複合体MHC class II

抗原提示

  • MHC class Iの抗原となるウイルス抗原は細胞質で作られるが、専門のプロテアーゼとトランスポータにより分断化されたウイルス抗原が小胞体に送られる。


  • クラスI (proteasome TAP)
クラスI抗原提示(内在性抗原)
  • 1. ほとんどの細胞が提示
  • ただし赤血球には発現していない
  • 2. 細胞内:内在抗原をプロテアソーム(LMP複合体)が分子切断→ERに移動
  • 3. ERI TAPトランスポーターによりER内に移動
  • クラスI+ペプチド複合体形成
  • 4. 細胞表面に移動
  • 5. Tc(CD8+ T細胞)細胞が認識:標的細胞を障害


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/11/14 21:31:01」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Trypanosoma cruzi paraflagellar rod proteins 2 and 3 contain immunodominant CD8(+) T-cell epitopes that are recognized by cytotoxic T cells from Chagas disease patients.
  • Egui A, Thomas MC, Morell M, Marañón C, Carrilero B, Segovia M, Puerta CJ, Pinazo MJ, Rosas F, Gascón J, López MC.SourceInstituto de Parasitología y Biomedicina López Neyra, Consejo Superior de Investigaciones Científicas (IPBLN-CSIC), Parque Tecnológico de Ciencias de la Salud, Avda. del Conocimiento S/N, 18100-Granada, Spain.
  • Molecular immunology.Mol Immunol.2012 Oct;52(3-4):289-98. Epub 2012 Jun 29.
  • The protozoan parasite Trypanosoma cruzi is the etiological agent of Chagas disease. To date, no vaccine is available for protection against T. cruzi infection. The CD8(+) T cells immune response against specific antigens has shown to efficiently control the spread of the parasite in murine experime
  • PMID 22750229
  • Preventing vaccinia virus class-I epitopes presentation by HSV-ICP47 enhances the immunogenicity of a TAP-independent cancer vaccine epitope.
  • Raafat N, Sadowski-Cron C, Mengus C, Heberer M, Spagnoli GC, Zajac P.SourceDepartment of Biomedicine, Oncology group, Institute of Surgical Research and Hospital Management, University of Basel, Switzerland; Department of Biochemistry and Molecular Biology, Faculty of Medicine, Zagazig University, Zagazig, Egypt.
  • International journal of cancer. Journal international du cancer.Int J Cancer.2012 Sep 1;131(5):E659-69. doi: 10.1002/ijc.27362. Epub 2012 Jan 3.
  • Herpes simplex virus protein ICP47, encoded by US12 gene, strongly downregulates major histocompatibility complex (MHC) class-I antigen restricted presentation by blocking transporter associated with antigen processing (TAP) protein. To decrease viral vector antigenic immunodominance and MHC class-I
  • PMID 22116674
  • Effects of Ligustrazine on pulmonary damage in rats following scald injury.
  • Gao C, Liu Y, Ma L, Zhang X, Wang S.SourceEmergency Department and Surgical Intensive Care Unit, Shanghai 10th People's Hospital, Tongji University School of Medicine, China. chengjingao2003@yahoo.com.cn
  • Burns : journal of the International Society for Burn Injuries.Burns.2012 Aug;38(5):743-50. Epub 2012 Feb 22.
  • Organ protection is a routine therapy in severe burn/scald injuries, and damage mechanisms following early scald injury was not been fully elucidated. Our aim was to verify the beneficial effects of Ligustrazine on pulmonary damage associated with scald injury. Lewis rats were subjected to 30% total
  • PMID 22360954

和文文献

  • Heat Shock Protein Magic in Antigen Trafficking within Dendritic Cells:Implications in Antigen Cross-presentation in Immunity
  • Udono Heiichiro
  • Acta Medica Okayama 66(1), 1-6, 2012-02
  • … Dendritic cells (DCs) take up soluble- or cell-associated antigens and digest them, delivering fragments to the MHC class I pathway to display antigenic peptides to CD8+ T cells, a process known as cross-presentation. …
  • NAID 80022338122
  • 4)免疫学的異常による流産原因の解明(シンポジウム1「流産の原因と対策」,第63回日本産科婦人科学会・学術講演会)
  • 中島 彰俊
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(12), 2185-2197, 2011-12-01
  • … For example, villous trophoblasts do not express classical major histocompatibility complex (MHC) class I and class II molecules in humans, and human extravillous trophoblasts express only MHC-class I molecules such as human histocompatibility leukocyte antigen (HLA)-C, HLA-E, and HLA-G, which are specific ligands for uterine natural killer (NK) cells. …
  • NAID 110008799037
  • MS21-2 樹状細胞のMHC class II, CD11c発現における転写調節因子PU.1の役割(MS21 炎症細胞における転写制御,ミニシンポジウム,第61回日本アレルギー学会秋季学術大会)
  • 北村 奈緒,西山 千春,中野 信浩,八代 拓也,原 むつ子,深井 達夫,金田 俊介,奥村 康,小川 秀興,池田 志享
  • アレルギー 60(9・10), 1352, 2011-10-10
  • NAID 110008912274

関連リンク

MHC分子には大きく分けてクラスIとクラスIIの2つの種類がある。MHCクラスI分子は 細胞内の内因性抗原を結合し、MHCクラスII分子はエンドサイトーシスで細胞内に 取り込まれて処理された外来性抗原を結合して提示する。つまり、ウイルスのように感染 した ...
ヘルパーT細胞は、主に、MHCクラスII分子に結合した細胞外抗原(細菌やウイルス 由来の蛋白など)に反応し、キラーT細胞は、主に、MHCクラスI分子に ... MHCクラスI 分子と、MHCクラスII分子 MHCは、MHCクラスI分子とMHCクラスII分子の2種類存在 する。

関連画像

MHC class I processing pathwayMhc ClassThus, MHC class I molecules present The Structure and Function of MHC Class I


★リンクテーブル★
リンク元主要組織適合複合体」「インターフェロン」「キラーT細胞」「MHC class II
拡張検索MHC class II gene
関連記事class」「I」「M」「MHC class」「Id

主要組織適合複合体」

  [★]

major histocompatibility complex, MHC
ヒト白血球抗原 human leucocyte antigen, HLA ← LHA/MHCの疾患との遺伝的関係についてはここを参照、MHC分子主要組織適合遺伝子複合体


MHCのクラスと特徴 (出典不明)

  MHC class I *MHC class II
MHC発現組織 全ての有核細胞(×赤血球) CD4陽性T細胞
CD8陽性T細胞
抗原提示細胞(マクロファージ樹状細胞

ランゲルハンス細胞クッパー細胞ミクログリアB細胞)

抗原認識するリンパ球 Tc細胞 Th細胞
ドメイン構造 α鎖(α1,2,3を持つ分子)とβ2-microgloblin α鎖(α1,α2を持つ分子)とβ鎖(β1,β2を持つ分子)
遺伝子座 HLA-A,B,C, HLA-DP,DQ,DR
提示されるペプチド 内在抗原 外来抗原
抗原ペプチドの長さ 9残基 12-30残基
抗原ペプチドとMHCとの相互作用部位 2残基 3(免疫学授業プリント)

4(IMM.131)

MHC分子の発現 (IMM.136)

  MHC class I MHC class II
リンパ組織 T細胞 +++
B細胞 +++ +++
マクロファージ +++ ++
樹状細胞 +++ +++
胸腺上皮細胞 +++
有核細胞 好中球 +++
肝細胞
腎臓
無核細胞 赤血球

  主要組織適合遺伝子複合体
    移植抗原として発見された抗原系
    応答免疫(抗原提示)に関与する
  ヒト(HLA complex) human leucocyte antigen
   HLA
   ドメイン構造
    クラスI		A	B	C
    クラスII	DP	DQ	DR
   多型性がある
   12種類のHLAを発現(父由来、母由来)
  マウス(H2 complex) Histcompatibility-2
   ドメイン構造
    クラスI		K	D
    クラスII	A	E
  MHCの歴史
   G.Snell		マウスH2が移植の正否を左右する
   J.Dausset		HLAが抗原
   B.Benaceraf	MHC遺伝子を明らかにし、MHCが免疫応答に関与していることを証明

(1)分子構造

 クラスI H鎖 β2-microglobulin
 クラスII α鎖 β鎖
 細胞外領域 膜貫通領域 細胞内領域
 ドメイン
 Igスーパーファミリー
 クリスタログラフィー crystallography

(2) MHC分子の生合成

 抗原処理
 抗原提示
 クラスI (proteasome TAP)
  クラスI抗原提示(内在性抗原)
  ①ほとんどの細胞が提示
   ただし赤血球には発現していない
  ②細胞内:内在抗原をプロテアソーム(LMP複合体)が分子切断→ERに移動
  ③ERI TAPトランスポーターによりER内に移動
   クラスI+ペプチド複合体形成
  ④細胞表面に移動
  ⑤Tc(CD8+ T細胞)細胞が認識:標的細胞を障害
 クラスII (Ii=invariant chain, HLA-DM)
  クラスII抗原提示(外来抗原)
  ①抗原提示細胞:貪食、飲食による取り込み
  ②ファゴリソゾーム:ペプチドに分解
  ③小胞体(ER):(MHC class II + Ii鎖)複合
  ④ファゴリソゾーム:HLA-DMがIi鎖を解離
   ペプチドを提示→(MHC class II + ペプチド)複合体
  ⑤細胞表面に移動
  ⑥Th(CD4+T)細胞が認識

(3) MHC遺伝子

  • MHC遺伝子座
  • クラスI:HLA-A,HLA-B,HLA-C(古典的)
→全ての有核細胞が発現
   最近、E,F,Gが発見された→E,FはT細胞、Gは胎盤トロホブラストが発現(妊娠免疫に重要)
→限定された細胞が発現(マクロファージ、樹状細胞、ランゲルハンス細胞、クッパー細胞)
亜領域A1,A2,およびB1,B2を有し、いずれかしか発現しない。ちなみに、Aはα鎖、Bはβ鎖をコードしている。
HLA-DM、LMP、TAP遺伝子座がDP-DQ間に発現していることが明らかとなった
  • クラスIII:補体成分:C2,C4,Bf
        サイトカイン:TNPet,C,
        酵素:21-hydroxylase
 クラス(領域 亜領域)
 遺伝的多塑性 polymorphism
 対立遺伝子頻度
-MHC
主要組織適合遺伝子複合体


インターフェロン」

  [★]

interferon interferons IFN
オーアイエフIFNβモチダアドバフェロンアボネックスイムノマックス-γ、イントロンA、スミフェロンフエロンベタフェロンペガシスペグイントロン

概念

  • サイトカインの一種で抗ウイルス作用、免疫修飾作用、抗増殖活性を有する。(GOO.1261)

種類

  • I型インターフェロン
ウイルスに感染して誘導され、強い抗ウイルス作用を有する
  • II型インターフェロン
非ウイルス誘導性

表(SMB.426)

    産生細胞 種類 誘発因子 作用
I型インターフェロン IFN-α 好中球マクロファージなど 14種類以上 ウイルス細菌内毒素 抗ウイルス効果、抗腫瘍効果
IFN-β 線維芽細胞、上皮細胞など 1種類 ウイルス、2本鎖RNA 抗ウイルス効果、抗腫瘍効果
II型インターフェロン IFN-γ T細胞NK細胞など 1種類 抗原刺激、サイトカイン 免疫細胞の活性化、免疫系の制御

各インターフェロンについて

GOO.1261
  • ウイルス感染に対する非特異的な初期防御に関わる
  • 意義:ウイルス感染に対する非特異的な初期防御に関わる
  • 産生細胞:ほとんど全ての細胞
  • 産生のトリガー:二本鎖RNA、ある種のサイトカイン(IL-1, IL-2, TNF)
  • 作用:抗ウイルス作用、抗増殖作用:(1) リンパ球、NK細胞、およびマクロファージの細胞障害作用の亢進、(2) MHC class Iの発現の亢進作用  ← 抗ウイルス活性
  • 意義:マクロファージの活性化
  • 産生細胞:T細胞、NK細胞、マクロファージのみ!
  • 産生のトリガー:抗原刺激、mitogen、特定のサイトカイン
  • 作用:抗ウイルス作用は弱い。強力な免疫調整作用:(1) マクロファージの強力な活性化、(2) MHC class IIの発現の亢進、(3) 局所炎症反応の仲介(madiation)

インターフェロンの抗ウイルス作用

  • インターフェロンをシグナルとして受け取った細胞は以下の物質を産生して抗ウイルス作用を発揮する。

適応

副作用

発熱 ほぼ必発
甲状腺機能異常 約10%
間質性肺炎 非常に稀
精神症状 約10%
白血球減少 ほぼ必発
血小板減少 ほぼ必発
蛋白尿 約10%
糖尿病 0.1-5%
口腔内病変 約20%
脱毛 約5%
眼底出血 約20%


キラーT細胞」

  [★]

killer T cell
細胞傷害性T細胞 cytotoxic T cell細胞溶解性T細胞 cytolytic T cell、細胞傷害性Tリンパ球 cytotoxic T lymphocyte CTL細胞溶解性Tリンパ球 cytolytic T lymphocyte CTL
ヘルパーT細胞T細胞ラック細胞 LAK細胞
KT


  • 偏性細胞内寄生体であるウイルス感染において特に誘導されやすい (SMB.47)

機能

  • キラーT細胞のTCRが、抗原を提示しているMHC class Iを認識し、キラーT細胞のCD8がMHC class Iとの結合を増強して、細胞傷害を行う (SP.250)
  • 攻撃の方法は2つあり、リソソームから酵素を注入する方法と、パーフォリン(perforin)を注入する方法とがある (SP.250)

抗原認識と細胞傷害 (SMB.48)

  • 1. キラーT細胞のTCRがが抗原を提示したMHC class Iを認識
  • 2. CD8がMHC class Iに結合
  • 3. キラーT細胞で発現しているLFA-1が標的細胞のICAM-1と結合
  • 4. キラーT細胞がFasリガンドを発現し、標的細胞のFasに結合
  • 5. パーフォリンが放出される
  • 6. グランザイムが注入される

新しいトピック

結核菌の殺傷に関与


-細胞傷害性T細胞


MHC class II」

  [★]

主要組織適合複合体MHC class I
  • MHC class IIは抗原提示細胞が有する ⇔ MHC class Iは有核細胞ミナ持つ

臨床関連

MHC class II gene」

  [★]

class II geneHLA class II geneimmune response geneIr gene

class」

  [★]

  • n.
assortmentbranchcategorizationcategorizecategoryclassificationclassifierclassifydepartmentdivisiongroupgroupingkindpatternsectionsectorsortsystematizationtyping

WordNet   license wordnet

「elegance in dress or behavior; "she has a lot of class"」

WordNet   license wordnet

「a collection of things sharing a common attribute; "there are two classes of detergents"」
category, family

WordNet   license wordnet

「a league ranked by quality; "he played baseball in class D for two years"; "Princeton is in the NCAA Division 1-AA"」
division

WordNet   license wordnet

「a body of students who are taught together; "early morning classes are always sleepy"」
form, grade, course

WordNet   license wordnet

「people having the same social, economic, or educational status; "the working class"; "an emerging professional class"」
stratum, social class, socio-economic class

WordNet   license wordnet

「a body of students who graduate together; "the class of ''97"; "she was in my year at Hoehandle High"」
year

WordNet   license wordnet

「(biology) a taxonomic group containing one or more orders」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉(何らかの類似性を持つ)(…の)『種類』,類(sort, kind)《+『of』+『名』》 / 〈C〉《集合的に》《単数扱い》『クラス』,学級,組 / 〈U〉〈C〉(クラス単位の)『授業』;授業時間 / 〈C〉《米》《集合的に》(主に高校・大学の)同期生 / 〈C〉《しばしば複数形で》(同程度の教育・経済力・社会的地位などを持つ)『階級』,階層 / 〈C〉(交通機関などの)『等級』 / 〈C〉(英国の大学の)試験の合格等級 / 〈C〉綱(こう)(動植物の分類で門(phylum, division)と目(もく)(order)の間) / 〈U〉《話》(その人の社会的地位を高く見せる)風格 / …'を'(…の)部類に入れる《+『名』+『among』(『with』)+『名』》,(…として)…'を'分類する《+『名』+『as』+『名』》」


I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」

M」

  [★] メチオニン methionine

WordNet   license wordnet

「the 13th letter of the Roman alphabet」
m

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Mach number / mark[s] / Monsieur」


MHC class」

  [★]

major histocompatibility complex class


Id」

  [★]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡