MCP-1

出典: meddic

monocyte chemotactic protein-1
ケモカインCCL2
  • 単球のケモカイン
  • 脂肪細胞より分泌されインスリン抵抗性の亢進に関わる。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/01/09 14:03:55」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Follicular Proinflammatory Cytokines and Chemokines as Markers of IVF Success.
  • Sarapik A, Velthut A, Haller-Kikkatalo K, Faure GC, Bene MC, de Carvalho Bittencourt M, Massin F, Uibo R, Salumets A.SourceDepartment of Immunology, Institute of General and Molecular Pathology, University of Tartu, Ravila 19, Tartu 50411, Estonia.
  • Clinical & developmental immunology.Clin Dev Immunol.2012;2012:606459. Epub 2011 Oct 5.
  • Cytokines are key modulators of the immune system and also contribute to regulation of the ovarian cycle. In this study, Bender MedSystems FlowCytomix technology was used to analyze follicular cytokines (proinflammatory: IL-1β, IL-6, IL-18, IFN-γ, IFN-α, TNF-α, IL-12, and IL-23;, and anti-inflam
  • PMID 22007253
  • The oxidative state of chylomicron remnants influences their modulation of human monocyte activation.
  • Armengol Lopez S, Botham KM, Lawson C.SourceDepartment of Physiology, Faculty of Medicine and Dentistry, University of the Basque Country, Sarriena s/n, 48940 Leioa, Spain.
  • International journal of vascular medicine.Int J Vasc Med.2012;2012:942512. Epub 2011 Sep 27.
  • Chylomicron remnants (CMRs) contribute directly to human monocyte activation in vitro, by increasing reactive oxygen species (ROS) production and cell migration. In this study, the effects of the oxidative state of CMR on the degree of monocyte activation was investigated. CMR-like particles (CRLPs)
  • PMID 21961069

和文文献

  • Monocyte chemoattractant protein-1 derived from biliary innate immunity contributes to hepatic fibrogenesis
  • Harada Kenichi,Chiba Mayumi,Okamura Atsushi,Hsu Maylee,Sato Yasunori,Igarashi Saya,Ren Xiang Shan,Ikeda Hiroko,Ohta Hajime,Kasashima Satomi,Kawashima Atsuhiro,Nakanuma Yasuni
  • Journal of Clinical Pathology 64(8), 660-665, 2011-08
  • … Aims: Monocyte chemoattractant protein-1 (MCP-1) is a major chemotactic factor for hepatic stellate cells (HSCs) associated with hepatic fibrosis. … In this study, among several fibrogenetic factors derived from biliary epithelial cells (BECs), MCP-1 produced by the biliary innate immune system was found to be most critical in the histogenesis of hepatic fibrogenesis. …
  • NAID 120003308591
  • Monocyte chemoattractant protein-1 derived from biliary innate immunity contributes to hepatic fibrogenesis
  • Harada Kenichi,Chiba Mayumi,Okamura Atsushi,Hsu Maylee,Sato Yasunori,Igarashi Saya,Ren Xiang Shan,Ikeda Hiroko,Ohta Hajime,Kasashima Satomi,Kawashima Atsuhiro,Nakanuma Yasuni
  • Journal of Clinical Pathology 64(8), 660-665, 2011-08
  • … Aims: Monocyte chemoattractant protein-1 (MCP-1) is a major chemotactic factor for hepatic stellate cells (HSCs) associated with hepatic fibrosis. … In this study, among several fibrogenetic factors derived from biliary epithelial cells (BECs), MCP-1 produced by the biliary innate immune system was found to be most critical in the histogenesis of hepatic fibrogenesis. …
  • NAID 120003141600

関連リンク

MCP-1(Monocyte Chemotactic Protein-1) MCP-1は、別名MCAF(monocyte chemotactic and activating factor)と呼ばれ、単球の走化性因子として見出された。単球に対する作用は走化性の亢進ばかりでなく、ライソゾーム酵素や活性 ...
「肥満研究」Vol. 14 No. 2 2008 <トピックス>伊藤綾香,ほか 184 (A) Oil Red O染色 (B) MCP-1遺伝子発現 野生株 (day) 0 8 15 CAR 安定発現株 (C) 非肥大化脂肪細胞 (分化8日目) 非肥大化脂肪細胞 (分化21日目) ...
日本のお客様向けご案内ページ いつも Microsoft Learning のウェブサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。Learning サイトは 2015 年 7 月 1 日より全面的に Microsoft 本社サイトへ統合されました。旧サイト内でウェブページの ...

関連画像

MCP-1/CCL2: a new diagnostic marker and  and mcp 1 through cc chemokine receptor protein-1 (MCP-1) | Olink BioscienceFigure 1. MCP-1 released by smooth muscle Anti-MCP1 抗体 (ab9669) | アブカムfigure 1 the estimated role of mcp 1 in


★リンクテーブル★
リンク元尿蛋白」「インスリン抵抗性」「ケモカイン」「単球走化性タンパク質-1」「monocyte chemoattractant protein-1
関連記事MC」「M」「MCP

尿蛋白」

  [★]

urine protein, urinary protein, protein in urine
尿中タンパク質、尿タンパク
蛋白尿尿蛋白/クレアチニン比


尿蛋白の生化学

  • 1/3は血清アルブミン
  • 1/3はアルブミン以外の小分子蛋白質
  • 1/3は尿細管上皮細胞中のタム-ホースフォール蛋白質(ムコ蛋白質)

基準値

24時間蓄尿

  • 40-100 mg/day
運動、体位、精神的ストレスによって変動しうる
  • 20-120 mg/day (臨床検査法提要第32版 p.1806)
  • <150 mg/day (HIM.A-11)

生理的な尿蛋白

  • 起立性蛋白尿:体位による。糸球体濾過圧が高まる?
  • 機能性蛋白尿:運動、発熱、ストレス

診断

  • 24時間蓄尿:150 mg/日以上で異常。1 g/day以上で糸球体疾患疑い。 ネフローゼ症候群の診断基準は3.5g/day以上
  • 随時尿:30 mg/dl以上で異常

尿蛋白量と診断の目安

内科診断リファレンス.350
尿蛋白  
150mg/日未満 健常者の基準(15mg/dL 10dL)
300mg/日 糖尿病性腎症の顕性タンパク尿の定義
1000mg/日 起立性タンパク尿熱性タンパク尿などの良性タンパク尿の上限
(血尿があるときは500mg/日のタンパク尿で腎疾患を考慮)
1500-3000mg/日 尿細管障害によるタンパク尿の限界で、これ以上は糸球体疾患と考える。

腎前性

  • 低分子タンパク質の過剰産生

腎性(腎実質性)

  • 糸球体毛細血管の障害、内圧亢進、尿細管障害

腎後性

  • 下部尿路系の炎症、結石、腫瘍
  • 下部尿路系の尿路結石
  • 腎盂腫瘍
  • 尿管腫瘍
  • 膀胱腫瘍

尿蛋白による尿細管の障害

  • 尿蛋白→尿細管での過剰吸収・蓄積→尿細管間質へのマクロファージ・T細胞の浸潤→(in vitroでは尿細管細胞をアルブミンと共存させるとMCP-1・炎症性サイトカイン(TNF, IL-1, LPS, 変性IgG)を分泌→間質炎症反応→間質線維化→腎瘢痕

臨床関連

異常値の出るメカニズム第5版 p.177改

  分子量
(kDa)
糖質
(%)
機能
β2ミクログロブリン 11 0 構造タンパク・HLAのL鎖
リゾチーム 15 0 消化殺菌酵素
レチノール結合蛋白 20 0 ビタミンA担体
免疫グロブリンL鎖 22 0 構造タンパク質
α1ミクログロブリン 30 20 輸送担体
α1酸性糖タンパク 44 38 急性相蛋白
アルブミン 67 0 膠質浸透圧維持、輸送担体

検査

試験紙法

  • 随時尿で施行可能。感度が低い。
  • 強アルカリ性で偽陽性   ←  アルカリ性で青変する試薬を使用
  • X線造影剤で偽陽性はでない。
  • Bence Jones蛋白に対しては偽陰性

24時間蓄尿

  • 尿の生化学的な分析を行う。

検査法の比較(QB E-134)

  煮沸法 スルフォサリチル酸法 試験紙法
原理 蛋白質の熱変性による混濁
(特異性が高い)
蛋白と酢酸の不溶性塩による混濁 指示薬の蛋白誤差を利用
感度 5mg/dl 1.5-2mg/dl
(鋭敏)
5-20 mg/dl
偽陽性 ヨード造影剤
トルブタミド
ペニシリン系抗菌薬
セフェム系抗菌薬
リン酸塩を含むアルカリ性尿
第4級アンモニウム化合物
(防腐剤、洗浄剤)EDTAのことか?
偽陰性 リン酸塩を含むアルカリ性尿 低分子タンパク尿(BJP等)

試験紙法による蛋白尿の評価

参考1
  • 尿蛋白:± = 15 mg/dL。1+ = 30 mg/dL2+ = 100 mg/dL。3+ = 300mg/dL  ← 赤字はメーカー間で差が少ないらしい。
1+では蛋白尿が存在すると考えて良い水準。

参考

  • 1. CKD診察ガイド2009
[display]http://www.jsn.or.jp/jsn_new/iryou/kaiin/free/primers/pdf/CKDguide2009.pdf


インスリン抵抗性」

  [★]

insulin-resistant, insulin resistance
インスリン


定義

  • 組織におけるインスリン作用の発現が十分になされない状態。

病態生理

  • インスリン抵抗性はcommon disease発症と関連がある。糖尿病、高脂血症、高血圧、動脈硬化などと関係がある。
  • 脂肪細胞によるTNFα過剰分泌やアディポネクチンの分泌低下がインスリン抵抗性と関係があるらしい。
TNFαIRS-1のチロシンリン酸化を抑制してsingnal transduction↓
  • 高インスリン血症→交感神経の興奮・血管平滑筋の過形成(インスリンの作用、血管平滑筋のPDGFに対する感受性の増大)→血管抵抗性の増大→高血圧 (PHD.317)
PDGFには血管平滑筋の成長因子としても作用する (PHD.317)
  • インスリン抵抗性は骨格筋や肝臓内の脂肪酸過剰と関係がある。チアゾリジン薬は肝臓の脂肪含量を低下させる作用がある。(DMR.112)
  • レプチンはインスリン抵抗性を改善
  • レジスチンはインスリン抵抗性を亢進
  • MCP-1はインスリン抵抗性を亢進

妊娠とインスリン抵抗性 (NGY.297)

  • 末梢組織のインスリン抵抗性が上昇する
  • hPLの作用。またhPLは遊離脂肪酸を増加させ、プロゲステロン、エストロゲンもこれに関わっているとされる。インスリン抵抗性は妊娠中期より上昇し始め、妊娠末期には初期の4倍となる


ケモカイン」

  [★]

chemokine
ケモカイン受容体サイトカイン

定義

  • 走化作用を持つサイトカインをケモカインと呼ぶ

ケモカイン

  • ケモカインは4つのシステインを保つ
  • N末に存在するシステインによりCXCケモカイン, CCケモカイン, Cケモカインに分類

標的による分類

組み替えケモカインの臨床応用

  • first aid step1 2006 p.327



単球走化性タンパク質-1」

  [★]

monocyte chemoattractant protein-1monocyte chemotactic protein-1MCP-1
単球走化性タンパク質1、ケモカインCCL2


monocyte chemoattractant protein-1」

  [★]

chemokine CCL2MCP-1monocyte chemotactic protein-1


MC」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Marine Corps海兵隊 / Medical Corps医療隊 / Member of Congress(米国の)国会議員」


M」

  [★] メチオニン methionine

WordNet   license wordnet

「the 13th letter of the Roman alphabet」
m

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Mach number / mark[s] / Monsieur」


MCP」

  [★]


"http://meddic.jp/MCP-1" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3