MCLS

出典: meddic

川崎病mucocutaneous lymphnode syndrome 粘膜皮膚リンパ節症候群

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/06 06:26:27」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Anthropometry of the medial canthal ligament related to naso-orbitoethmoidal fractures.
  • Gulses A, Varol A, Gayretli O, Kocabiyik N, Sencimen M.SourceFrom the *Canakkale Military Hospital, Gokceada Surgical Infirmary, Gokceada Canakkale; †Faculty of Dentistry, Marmara University; ‡Department of Anatomy, Istanbul University, Istanbul; and Departments of §Anatomy and ∥Oral and Maxillofacial Surgery, Gülhane Military Medical Academy, Ankara, Turkey.
  • The Journal of craniofacial surgery.J Craniofac Surg.2012 Jul;23(4):1151-3.
  • OBJECTIVE: Medial canthal ligament (MCL) and lacrimal system are often associated with naso-orbitoethmoidal fractures. The MCL anchors tarsal plate to medial orbit and has an important role in lacrimal pump system. The purpose of this study was to describe the anatomy of the MCL and present the anth
  • PMID 22801111
  • New parallel stimulation strategies revisited: Effect of synchronous multi electrode stimulation on rate discrimination in cochlear implant users.
  • Bahmer A, Baumann U.AbstractOBJECTIVES: Most cochlear implants implement stimulation strategies which apply sequential electrical pulses to encode acoustic signals such as speech, noise, and sounds via electrical stimulation of the auditory nerve. Parallel stimulation of adjacent electrodes has been employed in recent cochlear implant (CI) systems in an endeavor to improve coding of pitch information (e.g. FS4-p fine structure with parallel signal processing MED-EL, Innsbruck, Austria; VCIS, AB Corp., Sylmar, CA, USA). We investigated whether parallel stimulation of three adjacent electrodes enhances rate pitch perception compared with single electrode stimulation.
  • Cochlear implants international.Cochlear Implants Int.2012 Jun 21. [Epub ahead of print]
  • OBJECTIVES: Most cochlear implants implement stimulation strategies which apply sequential electrical pulses to encode acoustic signals such as speech, noise, and sounds via electrical stimulation of the auditory nerve. Parallel stimulation of adjacent electrodes has been employed in recent cochlear
  • PMID 22733121

和文文献

  • 磁性粒子を使った細胞工学 : 細胞機能評価への応用 (特集 生体に関する磁性研究の最前線)
  • Ultrasound Elastographic Assessment of the Medial Collateral Ligament in the Elbow Joints of Baseball Players
  • The Showa University Journal of Medical Sciences 26(4), 301-307, 2014
  • NAID 130005072355
  • 体験レポート 消防学校幹部教育におけるMCLS研修導入の試み
  • 日本集団災害医学会誌 = Japanese journal of disaster medicine 18(2), 155-159, 2013-11
  • NAID 40019886537

関連リンク

各地で開催されているMCLSコースです。随時更新しています。

関連画像

MCLS ファイバ接続型高出力LED MCLS- modular ©MCLS 8川崎病(MCLS)MCLS 3MCLSの画像


★リンクテーブル★
リンク元川崎病」「ウイルス性髄膜炎」「急性皮膚粘膜リンパ節症候群」「mucocutaneous lymphnode syndrome
関連記事MC」「MCL

川崎病」

  [★]

Kawasaki disease, Kawasaki's disease
Kawasaki病皮膚粘膜リンパ節症候群, 粘膜皮膚リンパ節症候群, mucocutaneous lymph node syndrome, mucocutaneous lymphnode syndrome, MCLS, 急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群, acute febrile MCLS,(小児)急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群, acute febrile mucocutaneous lymphnode syndrome


HIM.2130

概念

  • 乳児~幼児(0-4歳、0歳半~1歳が最多)に後発する熱性疾患(全身性の心血管炎)
  • 原因不明の急性熱性発疹性疾患。リンパ節腫脹と粘膜病変が特徴(SPE.370)

検査

[show details]

診断基準

参考1より引用
  • 本症は、主として4歳以下の乳幼児に好発する原因不明の疾患で、その症候は以下の主要症状と参考条項とに分けられる。

A 主要症状

  • 1.5日以上続く発熱(ただし、治療により5日未満で解熱した場合も含む)
  • 2.両側眼球結膜の充血
  • 3.口唇、口腔所見:口唇の紅潮、いちご舌、口腔咽頭粘膜のびまん性発赤
  • 4.不定形発疹
  • 5.四肢末端の変化:
  • (急性期)手足の硬性浮腫、掌蹠ないしは指趾先端の紅斑
  • (回復期)指先からの膜様落屑
  • 6.急性期における非化膿性頸部リンパ節腫脹
6つの主要症状のうち5つ以上の症状を伴うものを本症とする。
ただし、上記6主要症状のうち、4つの症状しか認められなくても、経過中に断層心エコー法もしくは、
心血管造影法で、冠動脈瘤(いわゆる拡大を含む)が確認され、他の疾患が除外されれば本症とする。

B参考条項

以下の症候および所見は、本症の臨床上、留意すべきものである。
  • 1. 心血管:聴診所見(心雑音、奔馬調律、微弱心音)、心電図の変化(PR・QTの延長、異常Q波、低電位差、ST-Tの変化、不整脈)、胸部X線所見(心陰影拡大)、断層心エコー図所見(心膜液貯留、*冠動脈瘤)、狭心症状、末梢動脈瘤(腋窩など)
  • 2. 消化器:下痢、嘔吐、腹痛、胆嚢腫大、麻痺性イレウス、軽度の黄疸、血清トランスアミナーゼ値上昇
  • 3. 血液:核左方移動を伴う白血球増多、血小板増多、赤沈値の促進、CRP陽性、低アルブミン血症、α2グロブリンの増加、軽度の貧血
  • 4. 尿:蛋白尿、沈査の白血球増多
  • 5. 皮膚:BCG接種部位の発赤・痂皮形成、小膿疱、爪の横溝
  • 6. 呼吸器:咳嗽、鼻汁、肺野の異常陰影
  • 7. 関節:疼痛、腫脹
  • 8. 神経:髄液の単核球増多、けいれん、意識障害、顔面神経麻痺、四肢麻痺

備考

  • 1. 主要症状Aの5は、回復期所見が重要視される。
  • 2. 急性期における非化膿性頸部リンパ節腫脹は他の主要症状に比べて発現頻度が低い(約65%)
  • 3. 本症の性比は、1.3~1.5:1で男児に多く、年齢分布は4歳以下が80~85%を占め、致命率は0.1%前後である。
  • 4. 再発例は2~3%に、同胞例は1~2%にみられる。
  • 5. 主要症状を満たさなくても、他の疾患が否定され、本症が疑われる容疑例が約10%存在する。この中には冠動脈瘤(いわゆる拡大を含む)が確認される例がある。

鑑別診断

IMD

参考

  • 1. 川崎病関連情報
診断の手引き、治療ガイドラインなど
[display]http://www.kawasaki-disease.org/tebiki/index.html

uptodate

  • 1. [charged] 川崎病:臨床的特徴および診断 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 川崎病:初期治療および予後 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 川崎病:疫学および病因 - uptodate [3]
  • 4. [charged] 不完全(非定型)川崎病 - uptodate [4]
  • 5. [charged] 川崎病:合併症 - uptodate [5]
  • 6. [charged] 難治性川崎病の治療 - uptodate [6]
  • 7. [charged] 川崎病の心血管後遺症 - uptodate [7]

国試



ウイルス性髄膜炎」

  [★]

viral meningitis
無菌性髄膜炎
viral meningoencephalitis髄膜炎


疫学

  • 発症例:2000-8000/年。髄膜炎全体の約2割を占める。
  • 好発年齢:全年齢。特に小児に多い。

病原体

  • 頻度:エンテロウイルス(66%)、ムンプスウイルス(5.1%)、単純ヘルペスウイルス&HBウイルス(2.1%)、麻疹ウイルス(1.5%)、水痘ウイルス(1.1%)、風疹ウイルス(1%)、インフルエンザウイルス(0.9%)、アデノウイルス(0.9%)、肺炎マイコプラズマ(0.6%)、パルボウイルス(0.2%)、MCLSなど(1.1%)、その他の無菌性髄膜炎(19.5%) (IMD.1045)
  • 上記の他にHIVでも生じうる(HIV髄膜炎)。
  • エンテロウイルス:夏~秋に流行するが、年中あり得る。流行する年や地域性との関連がある。糞口感染。新生児~乳幼児の感染が多い(糞口感染への免疫力が低い?)。

検査

免疫血清検査

  • 末梢血:ウイルス抗原陽性
  • 髄液 :ウイルス抗原陽性

髄液所見

  • 細胞:10-1000/ulの細胞増多で、単核球優位 : 正常:0-5 /ul
  • 蛋白:ごく軽度の増加(正常~100mg/dL)   : 正常:15-45/mg/dl
  • 糖 :正常                 : 正常:50-80/mg/dl

予後

  • 良好



急性皮膚粘膜リンパ節症候群」

  [★] 川崎病mucocutaneous lymph node syndrome, MLNS, MCLS


mucocutaneous lymphnode syndrome」

  [★] 川崎病MCLS, 粘膜皮膚リンパ節症候群


MC」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Marine Corps海兵隊 / Medical Corps医療隊 / Member of Congress(米国の)国会議員」


MCL」

  [★]


"http://meddic.jp/MCLS" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡