MCH

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Dynamics of melanin-concentrating hormone (MCH) serum levels in major depressive disorder during antidepressant treatment.
  • Schmidt FM1, Nowak C2, Kratzsch J3, Sander C2, Hegerl U2, Schönknecht P2.
  • Journal of affective disorders.J Affect Disord.2015 Jul 15;180:207-13. doi: 10.1016/j.jad.2015.03.039. Epub 2015 Apr 1.
  • BACKGROUND: In preclinical studies, the hypothalamic polypeptide melanin-concentrating hormone (MCH) has been shown to be involved in depression-like behavior and modulations of MCH and MCH-receptors were proposed as potential new antidepressant drug targets.METHODS: For the first time, MCH serum le
  • PMID 25932975
  • Muscarinic inhibition of nicotinic transmission in rat sympathetic neurons and adrenal chromaffin cells.
  • He LL1, Zhang QF2, Wang LC2, Dai JX2, Wang CH2, Zheng LH3, Zhou Z4.
  • Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences.Philos Trans R Soc Lond B Biol Sci.2015 Jul 5;370(1672). pii: 20140188. doi: 10.1098/rstb.2014.0188.
  • Little is known about the interactions between nicotinic and muscarinic acetylcholine receptors (nAChRs and mAChRs). Here we report that methacholine (MCh), a selective agonist of mAChRs, inhibited up to 80% of nicotine-induced nAChR currents in sympathetic superior cervical ganglion neurons and adr
  • PMID 26009767
  • Vascular response to 1week of sleep restriction in healthy subjects. A metabolic response?
  • Sauvet F1, Drogou C2, Bougard C2, Arnal PJ3, Dispersyn G2, Bourrilhon C4, Rabat A2, Van Beers P2, Gomez-Merino D5, Faraut B6, Leger D6, Chennaoui M2.
  • International journal of cardiology.Int J Cardiol.2015 Jul 1;190:246-55. doi: 10.1016/j.ijcard.2015.04.119. Epub 2015 Apr 16.
  • BACKGROUND: Sleep loss may induce endothelial dysfunction, a key factor in cardiovascular risk. We examined the endothelial function during one week of sleep restriction and a recovery period (from 3-to-13days) in healthy subjects, and its link to autonomic, inflammatory and/or endocrine responses.M
  • PMID 25932797

和文文献

  • マルチインターフェースアドホックネットワークにおける帯域を考慮した同報配信経路設定方式(技術開発講演,ネットワークアーキテクチャ(オーバレイ,P2P,ユビキタスNW,スケールフリーNW,アクティブNW,NGN・新世代NW),次世代パケットトランスポート(高速Ethernet,IP over WDM,マルチサービスパケット技術,MPLS),グリッド,一般)
  • 植田 啓文,藤田 範人,柳生 智彦
  • 電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム 111(232), 81-86, 2011-10-06
  • … 近年,無線アドホックネットワークは,コグニティブ無線やマルチチャネル/マルチインターフェース(MCH/IF)環境での実現が期待されている.MCH/IF環境における同報配信経路の特徴は,転送経路となる無線インターフェースが使用しているチャネルの特性に依存する.それゆえ,これまでのように通信範囲内のノード数(リンク次数)といった単一の指標だけで転送インターフェースを選んだ場合,通信帯域などの …
  • NAID 110008899539
  • Quantitative Trait Loci Analysis for Peripheral Blood Parameters in a (BALB/cW x C57BL/6J-MpI^<hlb219>/J) F_2 Mice
  • STRZALKOWSKA Adriana,UNRUG-BIELAWSKA Katarzyna,BLUSZCZ Aleksandra,SANDOWSKA-MARKIEWICZ Zuzanna,KARASZEWSKA Jadwiga,PYSNIAK Kazimiera,GAJEWSKA Marta,WIRTH-DZIECIOLOWSKA Elzbieta
  • Experimental animals 60(4), 405-416, 2011-07-01
  • … We also detected highly significant correlations for erythrocyte parameters on Chromosome 1 (RBC, MCV, MCH), Chr 7 (HGB), Chr 9 (MCHC), Chr 11 (RBC), and Chr 17 (MCH). …
  • NAID 10029550816

関連リンク

MCH(平均赤血球ヘモグロビン量) | 検査データの読み方 | 治験No.1の生活向上WEB【治験のモニター募集】 ... MCH(平均赤血球ヘモグロビン量) 《略称》MCH…(平均赤血球ヘモグロビン量 / Mean Corpuscular Hemoglobinの略) ...
MCH | フジクラシャフトの公式サイト。製品ラインナップ、試打会情報から、シャフトの選び方まで幅広くご紹介。100人のプレーヤーがいれば、100通りのシャフトが必要と考える。それがフジクラのフィッティング思想です。

関連画像

Macetas inyectadas Teku MCHMCH-101 掃海・輸送ヘリコプター Audiolab THORENS MCH 2 USEDMCH - MCH - JapaneseClass.jp FM » Sportartsen MCH blij met erkenningThe MCH + nail care clinic is here to help


★リンクテーブル★
先読み平均赤血球ヘモグロビン」「mean cell hemoglobin」「mean corpuscular hemoglobin
リンク元血液」「緊張型頭痛」「平均赤血球血色素濃度」「母子保健」「平均赤血球血色素量
拡張検索MCHC」「MCHL
関連記事M」「MC

平均赤血球ヘモグロビン」

  [★]

  1. REDIRECT 平均赤血球ヘモグロビン量

mean cell hemoglobin」

  [★] 平均赤血球血色素量

mean corpuscular hemoglobin」

  [★] 平均赤血球血色素量

血液」

  [★]

blood (PT,Z)
sanguis
全血球計算値循環血液量血球血液量

概念

  • 血液は45%の細胞成分と55%の血漿成分から構成される。
  • 弱アルカリ性(pH7.4)でやや粘稠の鮮紅色から暗赤色の体液 (HIS.189)
  • 成人の血液量は約5L (HIS.189)
  • 体重の1/13 (SP.484),体重の約7% (HIS.189), 体重の約8% (2007年度前期解剖学授業)
  • 全血液量の約1/3が失われると死亡する

構成

血液の量

091208II 麻酔
  新生児 乳児 幼児以降 高齢者
循環血液量(ml/kg) 90 80 70 60
体重に対する血液量(%) 9 8 7 6

血液に関する標準値

SP.484
  男性 女性 単位など
ヘマトクリット 45 40 %
血液量 75 65 ml/kg
比重 1.057 1.053 (血漿1.027)
浸透圧 275-290 mOsm/Kg・H2O

基準値

  • 赤血球 (2007前期解剖学プリント)
♂:4.95±0.75 x 10^6 (/μl)
♀:4.65±0.85 x 10^6 (/μl)
  • 白血球 (2007前期解剖学プリント)
  • 血小板 (2007前期解剖学プリント)
  • ヘマトクリット
♂:40-50 (%) 45%
♀:35-45 (%) 40%

LAB.1790

項目名   性別/
種類
 
赤血球   414~563 x10^4/ul
373~495
ヘモグロビン Hb 12.9~17.4 g/dl
10.7~51.3
ヘマトクリット Ht 38.6~50.9 %
33.6~45.1
平均赤血球容量 MCV 84.3~99.2 fl
80.4~101.0
平均赤血球血色素量 MCH 28.2~33.8 pg
25.5~34.6
平均赤血球血色素濃度 MCHC 32.2~35.5 %
30.8~35.4
網赤血球   0.5~1.8 %
0.4~1.6
血小板 Plt 14.3~33.3 x10^4/ul
13.7~37.8
白血球 WBC 2970~9130 /ul
3040~8720
好中球桿状核 0~9 %
好中球分葉核 28~68 %
好酸球 0~10 %
好塩基球 0~2 %
リンパ球 17~57 %
単球 0~10 %





緊張型頭痛」

  [★]

tension-type headache, tension headache
筋収縮性頭痛筋緊張性頭痛緊張性頭痛筋緊張型頭痛muscle contraction headache MCH
頭痛
[show details]

頻度

  • 慢性頭痛の中で最も多い
  • 夕方に認められる頭痛に多い。

家族歴

  • ほとんどない(少ない)

男女比

  • なし(やや女性が多いか)

持続時間

  • 長期間にわたることがある。

性状

  • 鈍痛、軽度から中等度
  • 頭を締めつけられる、または押さえつけられる感じ
  • 1. 深部の絞めつけられるような感じ(絞扼感)
  • 2. 帽子をかぶったような感じ(被帽感)
  • 3. あるいは頭頂部の圧迫感

部位

  • 頭部全般(後頭部に強い)
  • 両側性が多いが、片側性もありうる(1/3を占める)

日常動作の影響

  • 臥床することはない

随伴症状

  • 後頭部~項部の筋肉に凝り、持続的な収縮を伴う(ことがある)。後頭筋・側頭筋・項筋群に限局性の硬結や圧痛 ← いわゆる肩が凝る
  • 悪心・嘔吐はなし
  • 光過敏・音過敏はあってもいずれか1つ

増悪因子

  • (日常生活動作で増悪しない)

誘因

  • 運動不足、一定姿勢の保持(筋性ストレス、うつむき姿勢)、精神的ストレス・心理社会的ストレス・心的緊張、抑うつ、眼精疲労、頚椎異常、咬合不全、頭痛薬の過剰摂取

診断基準

国際頭痛分類第2版における緊張型頭痛の診断基準
  • A 〈2.1 稀発反復性緊張型頭痛は、1ヵ月に1日未満の頻度で生じる頭痛〉
  • 〈2.2 頻発反復性緊張型頭痛は、1ヵ月に1日以上、15日未満の頻度生じる頭痛〉
  • 〈2.3 慢性緊張型頭痛は、1ヵ月に15日以上の頻度生じる頭痛〉
  • B 頭痛は30分~7日間持続する
  • C 頭痛は以下の特徴の少なくとも2項目を満たす
  • 1 両側性
  • 2 性状は圧迫感または締め付け感(非拍動性)
  • 3 強さは軽度~中等度
  • 4 歩行や階段の昇降のような日常的な動作により増悪しない
  • D 以下の両方を満たす
  • 1 悪心や嘔吐はない(食欲不振を伴うことはある)
  • 2 光過敏や音過敏はあってもどちらか一方のみ
  • E その他の疾患によらない
緊張型頭痛の診断基準をひとつだけ満たさず、かつ片頭痛でないものは、〈2.4 緊張型頭痛の疑い〉に分類されます。

治療

  • 方針:原因となるストレスの除去、対症療法。

方法

  • 生活習慣の改善
  • 運動療法  運動のほか休養やマッサージもありうる
  • 心理療法  ストレスや不安の除去を促す
  • 薬物療法
  • NSAID
  • NSAID+カフェイン
  • 抗うつ薬
  • 筋弛緩薬  筋のストレスを除去
  • 抗不安薬

参考

  • 慢性頭痛 日本頭痛学会編/一般・GL(06年)/ガイドライン 緊張型頭痛はどのように分類し、診断されるのですか
[display]http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0025/3/0025_G0000155_0037.html




平均赤血球血色素濃度」

  [★]

mean corpuscular hemoglobin concentration, MCHC
平均赤血球ヘモグロビン濃度
MCV, MCH

意義

  • 正色素性
  • 低色素性

定義

  • 個々の赤血球のヘモグロビン濃度を%で表現した値 (LAB.275)
Hb(ヘモグロビン濃度[g/dl]) x 100 / Ht(ヘマトクリット値(%))
Htは0~100の場合。Htが比率の場合(0~1)は単に Hb/Ht
  • 単位:% (次元は g/dl だが、定義上%となっている(流れがわかる 実践検査マニュアル 上巻 第1版第1刷 p.10)、LAB.275)

解釈

  • 全血を適当な試薬で溶血させた後、ヘモグロビンを定量する。測定したヘモグロビン濃度は全血の体積に対する濃度であるが、赤血球全体の体積に対するヘモグロビン濃度に換算するためにヘマトクリット値で割る。100はパーセンテージを比に直すための数字。

基準値

  • 31-35(g/dl) (2007前期生理学プリント)
  • 33-36(%) (今日の診療プレミアムVol.17)
  • 34±3(%) (異常の出るメカニズム第5版 p.76)
  • 32-36(%) (LAB.275)

関連



母子保健」

  [★]

maternal and child health MCH
母性保護母子保健法

母子保健の指標

  • 妊産婦死亡率:出産または出生に対する妊産婦死亡数の割合(妊娠中~妊娠終了後42日未満)
  • 死産率:出産に対する妊娠12週(妊娠4ヶ月)以後の胎児死亡数の割合
  • 出生数
  • 周産期死亡率:出産に対する妊娠22週以後から生後1週未満の児死亡数の割合
  • 新生児死亡率:出生に対する生後4週未満の死亡数の割合
  • 乳児死亡率:出生に対する生後1年未満の死亡数の割合

国試



平均赤血球血色素量」

  [★]

mean corpuscular hemoglobin, MCH
平均赤血球ヘモグロビン量平均赤血球血色素量平均血色素含有量
MCV, MCHC

意義

定義

Hb[g/dl] x 10 / (赤血球数/100万)
単位:pg/cell

基準値

  • 27-32pg(流れがわかる 実践検査マニュアル 上巻 第1版第1刷 p.10)
  • 30±4pg (異常の出るメカニズム第5版 p.76)


MCHC」

  [★] 平均赤血球血色素濃度 mean corpuscular hemoglobin concentration

MCHL」

  [★]

mixed cellularity Hodgkin lymphoma


M」

  [★] メチオニン methionine

WordNet   license wordnet

「the 13th letter of the Roman alphabet」
m

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Mach number / mark[s] / Monsieur」


MC」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Marine Corps海兵隊 / Medical Corps医療隊 / Member of Congress(米国の)国会議員」


"http://meddic.jp/MCH" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡