MCD

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/12 17:03:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Prevent diabetic cardiomyopathy in diabetic rats by combined therapy of aFGF-loaded nanoparticles and ultrasound-targeted microbubble destruction technique.
  • Zhao YZ1, Zhang M2, Wong HL3, Tian XQ4, Zheng L5, Yu XC2, Tian FR2, Mao KL2, Fan ZL2, Chen PP2, Li XK6, Lu CT7.
  • Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society.J Control Release.2016 Feb 10;223:11-21. doi: 10.1016/j.jconrel.2015.12.030. Epub 2015 Dec 19.
  • Acidic fibroblast growth factor (aFGF) has shown the great potential to prevent the structural and functional injuries caused by diabetic cardiomyopathy (DCM). The present study sought to investigate the preclinical performance and mechanism of the combination therapy of aFGF-nanoparticles (aFGF-NP)
  • PMID 26712588
  • The balance between IL-17 and IL-22 produced by liver-infiltrating T-helper cells critically controls NASH development in mice.
  • Rolla S1, Alchera E2, Imarisio C2, Bardina V1, Valente G3, Cappello P4, Mombello C3, Follenzi A2, Novelli F5, Carini R6.
  • Clinical science (London, England : 1979).Clin Sci (Lond).2016 Feb 1;130(3):193-203. doi: 10.1042/CS20150405. Epub 2015 Nov 11.
  • The mechanisms responsible for the evolution of steatosis towards NASH (non-alcoholic steatohepatitis) and fibrosis are not completely defined. In the present study we evaluated the role of CD4(+) T-helper (Th) cells in this process. We analysed the infiltration of different subsets of CD4(+) Th cel
  • PMID 26558403
  • Electrochemically assisted deposition of hydroxyapatite on Ti6Al4V substrates covered by CVD diamond films - Coating characterization and first cell biological results.
  • Strąkowska P1, Beutner R2, Gnyba M3, Zielinski A4, Scharnweber D5.
  • Materials science & engineering. C, Materials for biological applications.Mater Sci Eng C Mater Biol Appl.2016 Feb 1;59:624-35. doi: 10.1016/j.msec.2015.10.063. Epub 2015 Oct 22.
  • Although titanium and its alloys are widely used as implant material for orthopedic and dental applications they show only limited corrosion stability and osseointegration in different cases. The aim of the presented research was to develop and characterize a novel surface modification system from a
  • PMID 26652416

和文文献

  • 9aBA-11 パルス強磁場軟X線MCDによるLuFe_2O_4の価数選択強磁場磁化測定(9aBA フラストレーション(三角格子),領域3(磁性))
  • 鳴海 康雄,野尻 浩之,中村 哲也,広野 等子,木下 豊彦,深田 幸正,永田 知子,神戸 高志,池田 直,金道 浩一
  • 日本物理学会講演概要集 69(2-3), 299, 2014-08-22
  • NAID 110009887269
  • 7pPSA-89 軟X線磁気円二色性のための極性反転型パルス磁場電源の開発(7pPSA 領域3ポスターセッション(スピントロニクス,表面・界面磁性,実験技術,磁性一般),領域3(磁性))
  • 安村 光正,野尻 浩之,鳴海 康雄
  • 日本物理学会講演概要集 69(2-3), 282, 2014-08-22
  • NAID 110009887215
  • 7aAD-8 軟X線内殻吸収線二色性による強相関CeAgSb_2, CeNi_2Ge_2の4f基底状態の決定(7aAD 放射光(X線発光,吸収,MCD),領域5(光物性))
  • 矢野 昴平,山口 貴司,森 健雄,中谷 泰博,藤原 秀紀,木須 孝幸,室 隆桂之,保井 晃,山上 浩志,齋藤 祐児,田中 新,海老原 孝雄,関山 明
  • 日本物理学会講演概要集 69(2-4), 500, 2014-08-22
  • NAID 110009875782

関連リンク

日本マクドナルド公式ウェブサイトはお得な情報が満載!期間限定商品など「旬」な 情報の他に、原料から製品に至るまでの品質管理や衛生管理、また食育や社会貢献 活動に対する取り組みなどお役立ち情報いっぱいです!
曖昧さ回避, この項目では、Mini CDについて説明しています。 光度のSI基本単位 カンデラ (cd) の1000分の1、ミリカンデラ (mcd) については「カンデラ」をご覧ください。 McDを略称とする飲食チェーン店またはその商標については「マクドナルド」をご覧 ください。

関連画像

contohnya logo mcd visual ini sudah  27 shares of MCD at $93.97 per shareMCD LogoRedesign para marca MCD, More Core  Airil Sametok: BOIKOT McD: AKU TAK SETUJUsuka makan, lepak dan dating di McD


★リンクテーブル★
先読み微小変化群」「異染性白質ジストロフィー」「metachromatic leukodystrophy
リンク元大脳皮質形成異常」「malformations of cortical development
関連記事M」「MC

微小変化群」

  [★]

minimal change disease
微少変化群微小糸球体変化 minor glomerularabnormalityリポイドネフローゼ lipoid nephrosis
微小変化型ネフローゼ症候群 minimal change nephrotic syndrome, MCNS
一次性ネフローゼ症候群原発性ネフローゼ症候群


概念

  • 光学顕微鏡で糸球体に変化が認められないが電子顕微鏡で異常が認められる。
  • 小児に多い。
  • 小児のネフローゼ症候群の約80%を微小変化群がしめる。
  • 成人のネフローゼ症候群の約20%を微小変化群がしめる。

疫学

  • 小児に多い(2-6歳)。蛋白尿で発見(学校検尿で)

治療

  • ステロイドによく反応するが、再発も多い

予後

  • 予後は良好→消失(治療する必要もなし) ← ????
  • 小児例
  • 90%の症例でステロイドに反応して寛解。寛解例の2/3で再発し、いくらかはステロイド依存状態となる。25年後に5%の例で慢性腎不全となる。この群の殆どの人が巣状分節状糸球体硬化症をともなうネフローゼ症候群を呈している。(BPT.550)
  • 成人例
  • ステロイド療法に反応するが、治療への反応は小児例より遅く、また再発しやすい。(BPT.550)

病理

  • 光学顕微鏡、蛍光で異常な変化(-)、電子顕微鏡で観察できる(+)
[show details]

国試



異染性白質ジストロフィー」

  [★]

metachromatic leukodystrophy MLD
leukodystrophia metachromatica
異染性脳白質ジストロフィーグリーンフィールド病 Greenfield disease、スルファチド脂質症 sulfatide lipidosis、成人型異染性白質ジストロフィー

概念

遺伝形式

病型

  • 先天性、乳児型(最も多い)、若年型、成人型。 (SPE.181)

徴候

  • (乳児型)1歳以降に歩行の不安定で気づかれ、腱反射減弱、筋緊張低下を認める。数ヶ月の経過で座位困難となり、知的退行、視力障害が認められる。(SPE.181)

検査

  • 末梢神経伝導速度:伝導速度低下
  • 髄液:蛋白質増加
  • 尿:スルファチド増加
  • 眼底:視神経萎縮
  • MRI:

治療法

  • なし

予後

  • 不良

参考

  • 1. OMIM
[display]http://www.ncbi.nlm.nih.gov/omim/250100
  • 2. MRI
[display]http://www.uiowa.edu/~c064s01/nr287.htm
[display]http://radiographics.rsna.org/content/22/3/461/F1.medium.gif
[display]http://radiographics.rsna.org/content/22/3/461/F2.medium.gif


metachromatic leukodystrophy」

  [★] 異染性白質ジストロフィー

大脳皮質形成異常」

  [★]

malformations of cortical developmentMCD
多小脳回


malformations of cortical development」

  [★]

大脳皮質形成異常

MCDpolymicrogyria


M」

  [★] メチオニン methionine

WordNet   license wordnet

「the 13th letter of the Roman alphabet」
m

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Mach number / mark[s] / Monsieur」


MC」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Marine Corps海兵隊 / Medical Corps医療隊 / Member of Congress(米国の)国会議員」


"http://meddic.jp/MCD" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡