M蛋白質

出典: meddic

M蛋白

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ブラジル野外狂犬病ウイルスのPおよびM遺伝子の特徴(ウイルス学)
  • 小林 由紀,奥田 裕美,中村 香菜,佐藤 豪,伊藤 琢也,CARVALHO Adolorata A. B.,SILVA Marlon V.,MOTA Carla S.,ITO Fumio H.,酒井 健夫
  • The journal of veterinary medical science 69(11), 1145-1154, 2007-11-25
  • … 食虫コウモリ,吸血コウモリ,イヌおよびキツネが関与する6つの遺伝子系統が明らかになった.PおよびM蛋白質のアミノ酸置換は遺伝子系統を反映しており,ブラジルの翼種目および食肉目由来RVに特有のアミノ酸置換がP蛋白質のAsp_<42>およびGlu_<62>において明らかになった.一方,PおよびM蛋白質において機能的に重要であることが推測されているアミノ酸モチーフは,ブラジル野外株の間で保存さ …
  • NAID 110006452651
  • 赤血球沈降速度(以下,血沈)に関する研究 : 赤血球数減少,M蛋白質及びノイラミニダーゼ処理の血沈に及ぼす影響
  • 伊藤 晶子,永島 成晃
  • 東京家政学院大学紀要 33, 57-59, 1993-07-31
  • NAID 110000195973

関連リンク

蛋白分画でMピークといわれる鋭く尖った山を認めたら、M蛋白が疑われます。 感染症などで増加する抗体は、抗原と特異的に反応する免疫グロブリンの総称で、リンパ球のうちB細胞や形質細胞から産生されます。 人の体には無数の ...
「M蛋白の疑い」とは何ですか?検査の進め方を教えてください。 総蛋白は血液中に含まれる蛋白の総量で、そのほとんどをあるぶみんと免疫ぐろぶりん( 抗体)という蛋白が占めています。多発性骨髄腫では多くの場合、異常な免疫 ...

関連画像

蛋白血症を伴う代表的疾患タンパク機能解析研究分野 タンパク質 発現・抽出・精製 その同定には、免疫電気泳動 図3: G蛋白質共役型受容体 蛋白和 E 蛋白结构模式


★リンクテーブル★
リンク元M蛋白」「単クローン性蛋白質
関連記事蛋白質」「白質」「M」「Md」「Ms

M蛋白」

  [★]

M protein
Mタンパク質MタンパクM蛋白質M成分 M component単クローン性蛋白質 monoclonal protein、単クローン性免疫グロブリン monoclonal immunoglobulin
[[]]
[show details]


概念

LAB.486
  • 正常では存在しない。抗体産生細胞の異常により産生される単クローン性免疫グロブリン

原因

臨床関連



単クローン性蛋白質」

  [★]

monoclonal protein
M蛋白質


蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html








白質」

  [★]

white matter
substantia alba
灰白質


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。
  • 髄鞘をもった有髄神経線維が密に集合している。
  • 画像:
  • CTでは低吸収にみえる → やはり脂質にとむ髄鞘が多いからでしょう
  • MRIでは高吸収にみえる。見え方としてはCTの逆と覚えればよい。


M」

  [★] メチオニン methionine

WordNet   license wordnet

「the 13th letter of the Roman alphabet」
m

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Mach number / mark[s] / Monsieur」


Md」

  [★] メンデレビウム mendelevium

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「mendeleviumの化学記号」


Ms」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a form of address for a woman」
Ms.




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡