M波

出典: meddic

M wave
H波F波

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • C-4-18 1.3μm波長色素添加プラスチックレーザ(C-4.レーザ・量子エレクトロニクス,一般セッション)
  • 尾江 邦重
  • 電子情報通信学会総合大会講演論文集 2011年_エレクトロニクス(1), 275, 2011-02-28
  • NAID 110008508541
  • 内側広筋斜頭および長頭の誘発筋電図H波とM波の振幅比
  • 谷埜 予士次,鈴木 俊明
  • 関西医療大学紀要 4, 136-138, 2010
  • NAID 40017350755

関連リンク

さらに刺激強度を高めていくとα運動神経線維も閾値に達し、刺激点から下行した興奮がM波として記録され、同時にGIa線維を上向する興奮も弱刺激と同じ経路をたどりH波が記録されます。刺激強度の増加に伴いH波の振幅は増加します ...
A)単発刺激による誘発筋電図:1)H波と出現とその刺激電圧、2)M波の出現とその刺激電圧、3)M波とH波の振幅がほぼ等しいときの刺激電圧、4)H波の最大振幅の応答とその刺激電圧、5)H波が消失した時点の応答波形とその刺激電圧。
誘発筋電図(evoked action potential) 末梢神経の電気刺激によって誘発される筋電図を用いる検査を誘発筋電図という。運動神経 を刺激して興奮が順行性に神経筋接合部に達して、筋を興奮させて生じる活動電位はM波(M wave)という。

関連画像

ドル円ポコンと入ってくるミドルの波 CANON EOS 1Ds 70-200mm]2発刺激による誘発筋電図 (M 波頭を飛ばされる波の写真波


★リンクテーブル★
先読みF波」「H波
国試過去問108B060
関連記事M」「Md」「Ms」「

F波」

  [★]


心電図

f波心房粗動

H波」

  [★]

H wave
  • 脛骨神経を電気刺激し、下腿三頭筋に誘発される反射。ホフマン反射,H反射
  • 神経の弱い刺激で、太くて閾値の低いIa群線維の興奮を興奮させ、脊髄における単シナプス反射を経て末梢の筋で観察される誘導筋電図における波である (PT.100)



108B060」

  [★]

  • 次の文を読み、 59~ 61の問いに答えよ。
  • 22歳の男性。全身の筋力低下のため搬入された。
  • 現病歴: 5日前に下痢と悪心とがあった。昨日の起床時に歯ブラシをしっかり握れず、朝食時には箸を使えなかった。昼には両腕を持ち上げることができなくなり、夕食時には舌がもつれて話しにくく、むせるようになった。今朝は起き上がれず、母親が救急車を要請し、即日入院となった。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 生活歴:大学 4年生。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長 168 cm、体重 63 kg。体温 36.8℃。脈拍 64/分、整。血圧 150/96 mmHg。呼吸数 18/分。 SpO2 96% ( room air)。認知機能に異常を認めない。両眼の睫毛徴候を認め、鼻唇溝は浅く、口笛を吹くまねができない。構音はやや不明瞭で、軽度の嚥下障害を認める。顔面の感覚には異常を認めない。臥位での頭部挙上ができない。徒手筋力テストで上肢は 1~ 2に低下し、下肢も 3に低下している。握力は両側 0 kgである。上下肢とも筋萎縮と感覚障害とを認めない。腱反射は上下肢とも消失し、病的反射を認めない。自力歩行はできない。排尿と排便とに異常を認めない。
  • 検査所見:尿所見と血液所見とに異常を認めない。血液生化学所見:総蛋白 7.0g/dl、アルブミン 3.9 g/dl、総ビリルビン 0.9 mg/dl、AST 33 IU/l、ALT 26 IU/l、CK 86 IU/l(基準 30~140)、尿素窒素 18 mg/dl、クレアチニン 0.8 mg/dl、血糖 86 mg/dl、Na 138 mEq/l、K 4.4 mEq/l、Cl 97 mEq/l。CRP 0.8 mg/dl。動脈血ガス分析 ( room air)に異常を認めない。呼吸機能検査:% VC 73.1%、 FEV1% 94.5%。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。脳脊髄液所見:初圧 155 mmH2O(基準 70~170)、細胞数 2 /mm3(基準 0~ 2)(単核球 100% )、蛋白 83 mg/dl(基準 15~45)、糖 69 mg/dl(基準 50~75)。
  • この患者の確定診断のために入院日と 2週後に神経伝導検査を行った。誘発筋電図では waningと waxingとを認めなかった。 2週後の尺骨神経の運動神経伝導検査所見 (別冊 No. 8)を別に示す。なお、尺骨神経の運動神経伝導速度の正常値は 45 m/秒以上である。
  • この神経伝導検査でみられる所見はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108B059]←[国試_108]→[108B061

M」

  [★] メチオニン methionine

WordNet   license wordnet

「the 13th letter of the Roman alphabet」
m

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Mach number / mark[s] / Monsieur」


Md」

  [★] メンデレビウム mendelevium

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「mendeleviumの化学記号」

Ms」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a form of address for a woman」
Ms.

波」

  [★]

wave
波動




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡