Lt

出典: meddic

胸部下部食道
tumor necrosis factor-β, TNF-β, lymphotoxin-α, LT-α


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/24 06:15:56」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • In vivo effects of Maillard reaction products derived from biscuits.
  • Patrignani M1, Rinaldi GJ2, Lupano CE3.
  • Food chemistry.Food Chem.2016 Apr 1;196:204-10. doi: 10.1016/j.foodchem.2015.09.038. Epub 2015 Sep 11.
  • The antioxidant activity, antihypertensive effect and prebiotic activity of Maillard reaction products (MRPs) derived from biscuits were investigated in Wistar rats. Animals were fed the following diets for 6weeks: control (AIN-93 diet); Asc-diet (AIN-93 diet with ascorbic acid in the drinking water
  • PMID 26593484
  • Selection for increased muscling in Angus cattle did not increase the glycolytic potential or negatively impact pH decline, retail colour stability or mineral content.
  • McGilchrist P1, Greenwood PL2, Pethick DW3, Gardner GE3.
  • Meat science.Meat Sci.2016 Apr;114:8-17. doi: 10.1016/j.meatsci.2015.12.007. Epub 2015 Dec 18.
  • This study determined the impact of selection for greater muscling in Angus cattle on myofibre characteristics, muscle enzymatics, retail colour stability, pH decline and mineral content of the semimembranosus (SM), semitendinosus (ST) and longissimus thoracis (LT). Muscle from 10 low muscled (low)
  • PMID 26720886
  • Autoimmune epilepsy.
  • Greco A1, Rizzo MI2, De Virgilio A3, Conte M1, Gallo A4, Attanasio G1, Ruoppolo G1, de Vincentiis M1.
  • Autoimmunity reviews.Autoimmun Rev.2016 Mar;15(3):221-5. doi: 10.1016/j.autrev.2015.11.007. Epub 2015 Nov 25.
  • Despite the fact that epilepsy is the third most common chronic brain disorder, relatively little is known about the processes leading to the generation of seizures. Accumulating data support an autoimmune basis in patients with antiepileptic drug-resistant seizures. Besides, recent studies show tha
  • PMID 26626229

和文文献

  • Oxidation Rate Reduction of Ge with O2 Pressure Increase
  • Lee Choong Hyun,Tabata Toshiyuki,Nishimura Tomonori,Nagashio Kosuke,Toriumi Akira
  • Applied Physics Express 5(11), 114001-114001-3, 2012-11-25
  • … We report that the oxidation rate of Ge is reduced as the oxygen pressure increases below 520 °C, which is regarded as low-temperature high-pressure oxidation (LT-HPO). …
  • NAID 150000106095
  • 異常発酵焼酎もろみから分離したLactobacillus fermentum LT23の特性
  • 高山 清子,水谷 政美,山田 和史 [他]
  • 日本醸造協会誌 107(11), 861-867, 2012-11
  • NAID 40019491000
  • LT Report 単なる安売りではない「メガネ・コンタクト369+」

関連リンク

LTマガジン 製品プレスリリース 全ての技術資料を見る © 2014 リニアテクノロジー サイトマップ ご意見 利用条件 個人情報ポリシー MYLINEAR ログイン カート SAMPLES ( 0 ) PURCHASE 共有 FACEBOOK TWITTER EMAIL MORE ...
LT LOTTO AND TRESはカリモク60などの60VISIONを中心としたジャパンデザインや北欧デザイン、ステーショナリー等、新旧問わないいろいろなスタンダードなアイテムが揃うお店です

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元食道
拡張検索Lt.Comdr.」「Lt.Col.」「Lt.Gen.」「Lt.」「Ltd.,ltd.
関連記事L」「LT

食道」

  [★]

esophagus (Z)
消化器系



解剖

  • 正中面付近を下行してくるが、横隔膜近傍で左側に寄り、背面で胸大動脈と交叉する。
  • L10椎体の高さで、食道裂孔を食道神経叢と共に通過して腹腔に入る

部位区分

SSUR.456
    O:食道入口部 esophageal orifice
Ce: 頚部食道 cervical esophagus    
  S: 胸骨上縁 margin of the sternum
Te: 胸部食道 thoracic esophagus Ut: 胸部上部食道 upper thoracic esophagus    
   
Mt: 胸部中部食道 middle thoracic esophagus B: 気管分岐部下縁 tracheal bifurcation
 
Lt: 胸部下部食道 lower thoracic esophagus  
  D: 横隔膜 diaphragm
  H: 食道裂孔 esophageal hiatus
Ae: 腹部食道 abdominal esophagus  
    EGJ: 食道胃接合部 esophagogastric junction

生理的狭窄部 (KL.283, KH. 139)

  • 第1狭窄部位:輪状軟骨狭窄部:cricopharyngeal constriction
    • 切歯から15cm
    • 食道の上端で、咽頭に連なる部位
    • 下咽頭収縮筋が食道を囲み、輪状軟骨に付き、この筋の緊張によると考えられる
  • 第2狭窄部位:大動脈狭窄部:bronchoaortic constriction
    • 切歯から25cm
    • 食道の中部で、大動脈弓と左気管支が交叉し、それによって圧される。つまり大動脈弓の
  • 第3狭窄部位:横隔膜狭窄部:diaphragmatic constriction
    • 切歯から38-40cm
    • 下部で横隔膜を貫く部位

運動 (SP.720)

部位 名称 筋肉 神経 運動性 シナプスする構造 最終的な伝達物質 運動
上部1/3 上食道括約部 UES 横紋筋 舌咽神経迷走神経(疑核) 随意性 運動終板のアセチルコリン受容体 アセチルコリン 弛緩
平滑筋 迷走神経 不随意性 壁内コリン作動性運動神経
下端部 下食道括約部 LES 平滑筋 迷走神経 不随意性 壁内非アドレナリン作動性抑制運動神経 NO, VIP 弛緩
交感神経 平滑筋α受容体 アドレナリン 収縮

組織

  • 食道腺は粘膜筋板の下に存在する。 ← 粘膜下組織に腺があるのは食道の固有食道腺と十二指腸のブルンネル腺だけ
  • 食道は横隔膜より上位では漿膜がなく、癌が周囲に浸潤しやすい

食道の上皮と上皮下の組織

      層構造 1 2 3 4 5 6
      器官 単層扁平上皮 単層立方上皮 単層円柱上皮 角化重層扁平上皮 非角化重層扁平上皮 上皮表層の構成細胞 粘膜固有層 腺の構成細胞 粘膜筋板 粘膜下組織
(大抵、粗結合組織)
筋層 漿膜(結合組織+単層扁平上皮)
外膜(結合組織のみ)
      食道           食道噴門腺
(咽頭付近と胃付近に局在)、粘液腺
粘液細胞
(スムーズに食べ物を流す)
縱層
(縦走筋のみ)
固有食道腺(粘液腺、管状胞状、ペプシノーゲン、リゾチーム) 内輪筋層
外縱筋層
(食道上1/3:骨格筋、食道中1/3:骨格筋、平滑筋、食道下1/3:平滑筋)
外膜(横隔膜まで)
漿膜

臨床関連

  • 食事の通過障害は生理的狭窄部でおこりやすい。特に第1狭窄部で異物が見られる (KH.141)
  • 生理的狭窄部は癌の好発部位であり、第2,第3狭窄部位に多い (KH.141)



Lt.Comdr.」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「lieutenant Commander」


Lt.Col.」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「lieutenant colonel」

Lt.Gen.」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「lieutenant general」

Lt.」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「lieutenant」


Ltd.,ltd.」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「limited」

L」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 12th letter of the Roman alphabet」
l

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「lira(イタリアの貨幣単位リラ)」

LT」

  [★]



"http://meddic.jp/Lt" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡