Legionella pneumophila

出典: meddic

Legionella pneumophila
L. pneumophila在郷軍人病菌
レジオネラ属細菌


特徴

  • グラム陰性
  • 短桿菌

感染症

抗菌薬


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/29 19:39:41」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Automobile windshield washer fluid: A potential source of transmission for Legionella.
  • Schwake DO1, Alum A2, Abbaszadegan M3.
  • The Science of the total environment.Sci Total Environ.2015 Sep 1;526:271-7. doi: 10.1016/j.scitotenv.2015.03.122.
  • Epidemiological evidence suggesting driving cars to be a risk factor for legionellosis has prompted public health studies to investigate vehicle windshield washer fluid as a novel transmission source of this disease. The goal of the current study was to investigate whether or not windshield washer f
  • PMID 25955695
  • Correction for Hervet et al., Protein Kinase LegK2 Is a Type IV Secretion System Effector Involved in Endoplasmic Reticulum Recruitment and Intracellular Replication of Legionella pneumophila.
  • Hervet E1, Charpentier X2, Vianney A1, Lazzaroni JC1, Gilbert C1, Atlan D1, Doublet P1.
  • Infection and immunity.Infect Immun.2015 Aug;83(8):3338. doi: 10.1128/IAI.00587-15.
  • PMID 26157087
  • Erratum to: Viable but not Culturable Forms of Legionella pneumophila Generated After Heat Shock Treatment are Infectious for Macrophage-like and Alveolar Epithelial cells after Resuscitation on Acanthamoeba polyphaga.
  • Epalle T1, Girardot F, Allegra S, Maurice-Blanc C, Garraud O, Riffard S.
  • Microbial ecology.Microb Ecol.2015 Aug;70(2):576-8. doi: 10.1007/s00248-015-0580-0.
  • PMID 25721725
  • Assessment of Legionella pneumophila in recreational spring water with quantitative PCR (Taqman) assay.
  • Shen SM, Chou MY, Hsu BM, Ji WT, Hsu TK, Tsai HF, Huang YL, Chiu YC, Kao ES, Kao PM, Fan CW.
  • Pathogens and global health.Pathog Glob Health.2015 Jul 16:2047773215Y0000000023. [Epub ahead of print]
  • Legionella spp. are common in various natural and man-made aquatic environments. Recreational hot spring is frequently reported as an infection hotspot because of various factors such as temperature and humidity. Although polymerase chain reaction (PCR) had been used for detecting Legionella, severa
  • PMID 26184706

和文文献

  • マイクロ流路チップ中でのレジオネラの運動制限による蛍光観測 (シリコン材料・デバイス)
  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(65), 97-100, 2015-05-28
  • NAID 40020492107
  • マイクロ流路チップ中でのレジオネラの運動制限による蛍光観測 (電子部品・材料)
  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(64), 97-100, 2015-05-28
  • NAID 40020491904
  • マイクロ流路チップ中でのレジオネラの運動制限による蛍光観測 (電子デバイス)
  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(63), 97-100, 2015-05-28
  • NAID 40020491566
  • Diagnostic Utility of Splenial Lesions in a Case of Legionnaires' Disease due to Legionella pneumophila Serogroup 2

関連リンク

Legionella pneumophila is a thin, arobic, pleomorphic, flagellated, non-spore forming, Gram-negative bacterium of the genus Legionella. L. pneumophila is the primary human pathogenic bacterium in this group and is the causative agent of ...
Legionella is a pathogenic Gram negative bacterium, including species that ...

関連画像

Legionella PneumophilaFile:Legionella pneumophila (SEM) 2.jpgFile:Legionella pneumophila 01.jpgLegionella_pneumophila_57173980File:Legionella pneumophila (SEM).jpglegionella pneumophilaLegionella PneumophilaLegionella Pneumophila


★リンクテーブル★
国試過去問107A014」「097H017
リンク元細菌」「新興感染症」「レジオネラ属
拡張検索Legionella pneumophila infection

107A014」

  [★]

  • 肺炎の原因菌で尿中抗原検査が診断に有用なのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 107A013]←[国試_107]→[107A015

097H017」

  [★]

  • 市中肺炎の原因として最も考えにくいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097H016]←[国試_097]→[097H018

細菌」

  [★]

bacterium,(pl.) bacteria
バクテリア
特殊な細菌 細菌の鑑別細菌の同定?、細菌の分類

細菌の命名

  • ラテン語であり、イタリックで表す。
  • 「属名 + 種名」で表現される。

グラム染色性と形状による分類と疾患

形状 グラム陽性菌 グラム陰性菌
球菌   スタフィロコッカス属 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus 多様     ナイセリア属 淋菌 Neisseria gonorrhoeae 淋病  
ストレプトコッカス属 化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes 多様 莢膜 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis 多様  
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae     ベイヨネラ属   Veillonella    
エンテロコッカス属 (総称)腸球菌 Enterococcus faecalis     モラクセラ属/
ブランハメラ亜属
  Moraxella catarrhalis 肺炎  
Enterococcus faecium      
桿菌   バシラス属 炭疽菌 Bacillus anthracis 炭疽 好気性菌、有芽胞菌、莢膜 腸内細菌科 エンテロバクター属     肺炎、尿路感染  
  セレウス菌 Bacillus cereus 細菌性食中毒 好気性菌、有芽胞菌 エシェリキア属 大腸菌 Escherichia coli パラチフス 通性嫌気性
  クロストリジウム属 破傷風菌 Clostridium tetani 破傷風 嫌気性菌、有芽胞菌 クレブシエラ属     下痢、肺炎、尿路感染  
  ボツリヌス菌 Clostridium botulinum ボツリヌス中毒 プロテウス属     尿路感染  
  ウェルシュ菌 Clostridium perfringens 多様 サルモネラ属 パラチフス菌 Sallmonella serovar Paratyphi 腸チフス 通性嫌気性
  ディフィシル菌 Clostridium difficile 多様 チフス菌 Sallmonella serovar Typhi   通性嫌気性
    ガス壊疸菌群       セラチア属   Serratia 日和見感染 通性嫌気性
マイコバクテリウム科 マイコバクテリウム属 結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 無芽胞菌 シゲラ属 赤痢菌 Shigella 赤痢 通性嫌気性
ライ菌 Mycobacterium leprae ライ病 エルシニア属 ペスト菌 Yersinia pestis ペスト 通性嫌気性
コリネバクテリウム科 コリネバクテリウム属 ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア   Yersinia enterocolitica 多様 通性嫌気性
ノカルジア科 ノカルジア属 ノカルジア     ビブリオ科 ビブリオ属 コレラ菌 Vibrio cholerae コレラ 通性嫌気性
アクチノマイセス科 アクチノマイセス属(放線菌属) (総称)放線菌 Actinomyces   腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ感染症 通性嫌気性
  リステリア属   Listeria monocytogenes リステリア症 嫌気性菌、無芽胞菌、人獣共通感染症、通性細胞内寄生菌 パスツレラ科 ヘモフィルス属 インフルエンザ菌 Haemophilis influenzae 多様  
  パスツレラ属 パスツレラ属菌 Pasteurella multocida 人獣共通感染症  
ストレプトバシラス属 ストレプトバシラス属菌 Streptobacillus moniliformis 鼠咬症  
  シュードモナス属 緑膿菌 Psudomonas aeruginosa 緑膿菌感染症 好気性、院内感染症
ボルデテラ属 百日咳菌 Bordetela pertussis 百日咳 好気性、短桿菌
ブルセラ属 ブルセラ Brucella ブルセラ症 好気性、細胞内増殖菌、短桿菌
フランシセラ属 野兎病菌 Francisella tularensis 野兎病 好気性、球桿菌
レジオネラ属   Legionella pneumophila ポンティアック熱/レジオネラ肺炎 好気性
バクテロイデス属   Bacteroides fragilis 嫌気性感染症 偏性嫌気性菌
らせん菌   スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒  
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
スピリルム 鼠咬症スピリルム   鼠咬症
カンピロバクター属 カンピロバクター属菌   カンピロバクター腸炎
ヘリコバクター属   Helicobacter pylori  



新興感染症」

  [★]

emerging infectious disease
感染症再興感染症
新たにヒトでの感染が証明された疾患、あるいはそれまでその土地では存在しなかったが新たにそこでヒトの病気として現れてきたものなどとされています。原因が不明であった疾患のうち病原物質が明らかとなり、地域あるいは国際的に多くの人の健康に対して問題となるものも新興感染症の概念の中に含まれます。

一覧

病原微生物 種類 疾患
1973 Rotavirus ウイルス 小児下痢症
1975 Parvovirus B19 ウイルス 伝染性紅班
1976 Cryptosporidium parvum 寄生虫 下痢症
1977 Eboravirus ウイルス エボラ出血熱
Legionella pneumophila 細菌 レジオネラ症
Hantaanvirus ウイルス 腎症候性出血熱
Campylobacter jejuni 細菌 下痢症
1980 Human T-lymphotropic virus-1 ウイルス 成人T細胞白血病
Hepatitis D virus ウイルス D型ウイルス肝炎
1981 TSST-1-producing Staphylococcus aureus 細菌 毒素性ショック症候群
1982 Escherichia coli 0157:H7 細菌 腸管出血性大腸炎、溶血性尿毒症症候群
Human T-lymphotropic virus-2(1) ウイルス 白血病
Borrelia burgobrferi 細菌 ライム病
Rickttsia japonica 細菌 日本紅斑熱
1983 Human immunodeficiency virus ウイルス 後天性免疫不全症候群
Helicobacter pylori 細菌 胃炎(胃潰瘍十二指腸潰瘍胃癌MALTリンパ腫)
1985 Enterocytozoon bieneusi 寄生虫 持続性下痢症
1986 Cyclospora cayetanensis 寄生虫 持続性下痢症
Prion(2) プリオン 牛海綿状脳症
1988 Human herpesvirus-6 ウイルス 突発性発疹症
Hepatitis E virus ウイルス E型肝炎
1989 Ehriichia chaffeensis 細菌 エールリキア症
Hepatitis C virus ウイルス C型肝炎
Clamydia pneumoniae 細菌 肺炎気管支炎
1991 Guanarito virus ウイルス ベネズエラ出血熱
Encephalitozoon heilem 寄生虫 結膜炎
Newspecis of Babesia 寄生虫 非定型性バベシア症
1992 Vibrio choerae 0139 細菌 新型コレラ
Bartoneiia henselae 細菌 猫ひっかき病
1993 Sin Nombre virus ウイルス ハンタウイルス肺症候群(成人呼吸窮迫症候群)
Encephalitozoon cuniculi 真菌 ミクロスポリドーシス
1994 Sabia virus ウイルス ブラジル出血熱
Hendra virus ウイルス ウイルス性脳炎
1995 Human herpesvirus-8 ウイルス カポジ肉腫
Hepatitis G virus ウイルス G型肝炎
1996 TSE causing agent プリオン 新型クロイツフェルト・ヤコブ病
Australian bat lyssavirus ウイルス ウイルス性脳炎
1997 Influenza A/H5N1 ウイルス トリ型インフルエンザのヒト感染
1999 Nipa hvirus ウイルス 急性脳炎
2003 SARS coronavirus ウイルス 重症急性呼吸器症候群(SAR)
  • (1)1983年か?
  • (2)1982年か?
-感染症



レジオネラ属」

  [★]

Legionella
Legionellaレジオネラ
レジオネラ科 Legionellaceaeグラム陰性桿菌

特徴

レジオネラ症の代表的菌種 レジオネラ属菌

培養

レジオネラ属による感染症

治療


Legionella pneumophila infection」

  [★] レジオネラ・ニューモフィラ感染




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1PVC波形板 82
2多毛 54
3content 37
4日常生活自立度 32
5日本多毛 23
6開散麻痺 17
7cepharexin antibiotic 17
8中隔子宮 17
9てんかん(パーソナリティ変化) 17
10ずり足 16
11ジセチアミン フルスルチアミン 16
12左室流失路狭窄症 16
13中心脳性てんかん 症状 15
140 HTTP/1.1 14
15大腿骨骨折 12
16津守式発達検査 内容 12
17難病 一覧 10
18深部脳波 9
19日本多毛视频 9
20スクシニル 9

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛 16
2ジフェニルピラリン塩酸塩 8
3S. Ahmed,M. Dhar G. Mittal, N. K. Bhat N. Shirazi V. Kalra H. C. Sati V. Gupta A comparative hospital-based observational study of mono- and co-infections of malaria, dengue virus and scrub typhus causing acute undifferentiated fever European Journal of Clinical Microbiology & Infectious DiseasesApril 2016, Volume 35, Issue 4, pp 705–71 6
4肺血管抵抗 単位 6
5ゴーシェ細胞 6
6content 6
7アシュネル試験 6
8セルロースアセテート ニプロ 5
9日本多毛 5
10日常生活自立度 4
11腎杯拡張とは 4
12ソルメルコート 4
13多形癌とは 4
14段階別看護ケア 4
15無核卵子 4
16spike状の発熱 4
17牙龈图片 4
18菌体抗原 4
19じょうしょうのうどうみゃく 3
20陳旧性肺結核とは 3