LT

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/27 15:31:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • In vivo effects of Maillard reaction products derived from biscuits.
  • Patrignani M1, Rinaldi GJ2, Lupano CE3.
  • Food chemistry.Food Chem.2016 Apr 1;196:204-10. doi: 10.1016/j.foodchem.2015.09.038. Epub 2015 Sep 11.
  • The antioxidant activity, antihypertensive effect and prebiotic activity of Maillard reaction products (MRPs) derived from biscuits were investigated in Wistar rats. Animals were fed the following diets for 6weeks: control (AIN-93 diet); Asc-diet (AIN-93 diet with ascorbic acid in the drinking water
  • PMID 26593484
  • Volatile compounds and sensory characteristics of various instant teas produced from black tea.
  • Kraujalytė V1, Pelvan E2, Alasalvar C3.
  • Food chemistry.Food Chem.2016 Mar 1;194:864-72. doi: 10.1016/j.foodchem.2015.08.051. Epub 2015 Aug 18.
  • Various instant teas produced differently from black tea [freeze-dried instant tea (FDIT), spray-dried instant tea (SDIT), and decaffeinated instant tea (DCIT)], were compared for their differences in volatile compounds as well as descriptive sensory analysis (DSA). A total of 63 volatile compounds
  • PMID 26471629
  • Mediated amperometry reveals different modes of yeast responses to sugars.
  • Garjonyte R1, Melvydas V2, Malinauskas A3.
  • Bioelectrochemistry (Amsterdam, Netherlands).Bioelectrochemistry.2016 Feb;107:45-9. doi: 10.1016/j.bioelechem.2015.10.006. Epub 2015 Oct 25.
  • Menadione-mediated amperometry at carbon paste electrodes modified with various yeasts (Saccharomyces cerevisiae, Candida pulcherrima, Pichia guilliermondii and Debaryomyces hansenii) was employed to monitor redox activity inside the yeast cells induced by glucose, fructose, sucrose, maltose or gala
  • PMID 26523505

和文文献

  • 次世代を担う病院事務職員の取り組み(高梁中央病院編)(第1回)職員の能力開発とコミュニケーション力向上を目的としたLT活動
  • 招待講演 大粒径薄膜poly-Siを利用したガラス上低温poly-Si TFTの高性能化 (有機エレクトロニクス)
  • 原 明人,加茂 慎哉,佐々木 駿 [他]
  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(2), 39-44, 2014-04-10
  • NAID 40020059714
  • 招待講演 大粒径薄膜poly-Siを利用したガラス上低温poly-Si TFTの高性能化 (シリコン材料・デバイス)
  • 原 明人,加茂 慎哉,佐々木 駿 [他]
  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(1), 39-44, 2014-04-10
  • NAID 40020059596

関連リンク

LT Spice Users Club 技術的質問フォーム 製品リリース LTM2987 LTM2987 - 16チャネルのμModule PMBusパワーシステム・マネージャ LTC2975 LTC2975 - 入力電流とエネルギーの正確な測定を特長とする4チャネルPMBus LT4320 ...
HTMLの「&gt;」・「&lt;」 佐藤和美 HTMLでは「<」、「>」などはタグの記号なので、文字として表示する場合はそのまま使えない。「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」としなければならない。それではこの「lt」、「gt」には ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みlymphotoxin
リンク元ロイコトリエン」「毒素原性大腸菌」「易熱性エンテロトキシン」「無酸素性閾値」「リンホトキシン
拡張検索MALTリンパ腫」「SALT II」「SALT I」「SALT」「LTL
関連記事L」「LTs

lymphotoxin」

  [★]

tumor necrosis factor-β, TNF-β, lymphotoxin-α, LT-α


ロイコトリエン」

  [★]

leukotriene, LT
アラキドン酸5-リポキシゲナーゼ


合成

白血球遊走
気管支平滑筋収縮、細動脈収縮、血管透過性亢進

構造

  • 二重結合を複数持つ不飽和脂肪酸。トリエン構造

種類

ロイコトリエンA4 ロイコトリエンB4とロイコトリエンC4の前駆物質
ロイコトリエンB4 chemotaxis
ロイコトリエンC4 気管支収縮、血管拡張、血管透過性亢進、ロイコトリエンD4の前駆物質
ロイコトリエンD4 気管支収縮、血管拡張、血管透過性亢進、ロイコトリエンE4の前駆物質
ロイコトリエンE4 気管支収縮、血管拡張、血管透過性亢進


毒素原性大腸菌」

  [★]

enterotoxigenic Escherichia coli enterotoxigenic E. coli ETEC
腸管毒素原性大腸菌
大腸菌大腸菌エンテロトキシン


  • 毒素
  • LT ← コレラ菌のコレラ毒素(CT)とほぼ同じ構造で、生物作用もほぼ同一と考えて良い


易熱性エンテロトキシン」

  [★]

heat-labile enterotoxin LT
heat-labileエンテロトキシン
大腸菌エンテロトキシン毒素原性大腸菌エンテロトキシン



無酸素性閾値」

  [★]

anaerobic threshold AT
無気的閾値乳酸閾値 lactic threshold LT


リンホトキシン」

  [★]

lymphotoxin
リンフォトキシン


-ロイコトリエン
LT


MALTリンパ腫」

  [★]

mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma MALToma
粘膜関連リンパ組織リンパ腫
胃MALTリンパ腫悪性リンパ腫

概念

  • 比較的緩徐な経過をたどる低悪性度リンパ腫
リンパ濾胞(リンパ小節)の胚中心:{被膜側}頂部明調域(生存を許された分化したB細胞がとどまる。記憶細胞か形質細胞になってリンパ小節を去る)~基底側明調域(sIgを発現しクラススイッチを起こして中心細胞となる。中心細胞は濾胞樹状細胞から抗原提示をうける。)~暗調域(sIgを持たないB細胞(中心芽細胞)が密集。増殖盛ん)~帽状域{中心側})
  • リンパ濾胞外側領域(おそらく胚中心の頂部明調領域であろう)のB細胞層にある記憶B細胞に由来する。
  • 形態は小型胚中心細胞に似ており、広く明調な細胞質と切れ込みを認める。

原因

  • 胃MALTリンパ腫

病理

  • 胃MALTリンパ腫の場合、胃癌0-IIc型(表面感凹型)に似ている。
  • 胃炎型の粘膜は萎縮性胃炎像、多発びらん、顆粒状、敷石状粘膜

細胞表面マーカー

特徴 YN.A-46

  • 胚中心細胞に類似したcentrocyte-like cellの浸潤
  • 粘膜上皮の破壊像
  • 単クローン性免疫グロブリンを有する形質細胞の浸潤
  • リンパ濾胞の残存

検査

染色体

  • t(11;18)(q21;q21)
API2(11q21)、MALT1(18q21)

診断

  • 胃生検

治療

ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌により消失することがある
  • 薬物療法:
  • 抗菌薬:ヘリコバクターの除菌 → 第一選択とすることが推奨されている(参考1)
  • 除菌治療の有効性予測因子: H. pylori感染の有無、臨床病期、深達度、API2-MALT1 染色体転座 (参考1)
  • 抗悪性腫瘍薬:(病変が広範囲に及んでいる場合 more extensive disease)chlorambucil単剤。rituximabを加えて使用するレジメンもある。(HIM.694)
  • 放射線療法
  • リツキシマブ
  • 手術療法:
  • (病変が限局している場合)有効

up2date

Management of gastrointestinal lymphomas (This topic last updated: 6月 2, 2010)
  • (Lugano I/II)
  • H. pylori陽性:H.pylori除菌を行う
  • H. pylori陰性 or t(11;18)転座:局所放射線療法
  • (Lugano IV)
  • H. pylori陽性:H.pylori除菌を行う。免疫療法や化学療法が必要になるまで症状が進むまで経過観察。
  • 消化管の切除は消化管穿孔や消化管閉塞を合併するまでreserveされる。


予後

  • リンパ節転移は少なく、臨床的進行は遅い。
  • 中間~良好 (LAB.1219)

参考

  • 1. Helicobacter pylori 感染の診断と治療のガイドライン2009改訂版 - 日本ヘリコバクター学会
http://www.jshr.jp/pdf/journal/guideline2009-2.pdf
  • 2. 写真
[display]http://pathol.ncc.go.jp/matsuno/images/matsuno-43.htm
  • 3. 写真
[display]http://user.shikoku.ne.jp/hirata/geca/sub48.html




SALT II」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the second treaty between the United States and the Union of Soviet Socialist Republics resulting from the Strategic Arms Limitation Talks」

SALT I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the first treaty between the United States and the Union of Soviet Socialist Republics resulting from the Strategic Arms Limitation Talks」

SALT」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Strategic Arms Limitation Talks戦略兵器制限交渉」

LTL」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「less than truckload 積載量以下の」


L」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 12th letter of the Roman alphabet」
l

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「lira(イタリアの貨幣単位リラ)」

LTs」

  [★] ロイコトリエン leukotrienes


"http://meddic.jp/LT" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡