LH-RH

出典: meddic

黄体形成ホルモン放出ホルモン

LH-RH

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/10 06:52:42」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

英文文献

  • Effects of Nandrolone Stimulation on Testosterone Biosynthesis in Leydig Cells.
  • Pomara C1,2, Barone R3,4, Marino Gammazza A3,4, Sangiorgi C4, Barone F1,5, Pitruzzella A3,6, Locorotondo N7, Di Gaudio F8, Salerno M1, Maglietta F9, Sarni AL1, Di Felice V4, Cappello F3,4, Turillazzi E1.
  • Journal of cellular physiology.J Cell Physiol.2016 Jun;231(6):1385-91. doi: 10.1002/jcp.25272. Epub 2015 Dec 28.
  • Anabolic androgenic steroids (AAS) are among the drugs most used by athletes for improving physical performance, as well as for aesthetic purposes. A number of papers have showed the side effects of AAS in different organs and tissues. For example, AAS are known to suppress gonadotropin-releasing ho
  • PMID 26626779
  • Persistent GnRH receptor activation in pituitary αT3-1 cells analyzed with a label-free technology.
  • Nederpelt I1, Vergroesen RD1, IJzerman AP2, Heitman LH1.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2016 May 15;79:721-7. doi: 10.1016/j.bios.2015.12.066. Epub 2015 Dec 21.
  • The gonadotropin-releasing hormone (GnRH) receptor is a drug target for certain hormone-dependent diseases such as prostate cancer. In this study, we examined the activation profiles of the endogenous ligand, GnRH and a well-known marketed analog, buserelin using a label-free assay in pituitary αT3
  • PMID 26774084
  • Comparative proteomic analysis of longissimus dorsi muscle in immuno- and surgically castrated male pigs.
  • Shi X1, Li C1, Cao M1, Xu X1, Zhou G2, Xiong YL1.
  • Food chemistry.Food Chem.2016 May 15;199:885-92. doi: 10.1016/j.foodchem.2015.11.059. Epub 2015 Nov 14.
  • We compared proteomic profiles of male pig muscles after active immunization against gonadotropin releasing hormone (GnRH) and surgical castration. Longissimus dorsi samples were collected from immunocastration (IC) and surgical castration (SC) groups (n=15 each). Muscle proteins were extracted and
  • PMID 26776048

和文文献

  • 第142回東邦医学会例会:特別講演:前立腺癌に対するホルモン療法のパラダイム・シフト
  • 鈴木 啓悦
  • 東邦医学会雑誌 60(4), 204-212, 2013-07-00
  • … 賞した.以来70年にわたり,前立腺癌に対するホルモン療法の基本的な概念は変わっていない.しかしながら,外科的精巣摘除術のみであったホルモン療法も,徐放性luteinizing hormone-releasing hormone(LH-RH)アゴニストやアンチアンドロゲン剤などの開発などが進み,間欠的ホルモン療法やcombined androgen blockade(CAB)療法など多様な選択肢が用意されてきた.ホルモン療法が多様化したこともあり,再燃 …
  • NAID 120005318030
  • パクリタキセル・カルボプラチン抵抗性前立腺癌に対してドセタキセル・プレドニンが著効した1例
  • 楠川 直也,石田 泰一,棚瀬 和弥,伊藤 秀明,青木 芳隆,大山 伸幸,秋野 裕信,横山 修
  • 泌尿器科紀要 59(5), 301-304, 2013-05-00
  • … Lutenizing hormone-releasing hormone (LH-RH) analogue treatment was initiated in April 1999, and 9 months later the PSA level had decreased to 4.3 ng/ml. …
  • NAID 120005245083
  • 成長率低下により診断された抗TSH受容体阻害抗体陽性の甲状腺機能低下症の1例
  • 永木 茂,谷 諭美,松丸 重人,吉井 啓介,平澤 恭子,大澤 眞木子
  • 東京女子医科大学雑誌 83(E1), E381-E384, 2013-01-31
  • … そのために、性腺抑制療法(LH-RHアナログ投与)、成長ホルモン治療などの併用がなされる場合がある。 …
  • NAID 110009559424

関連リンク

LH-RH(Gn-RH)は視床下部から分泌されるホルモンで、下垂体に作用し、ゴナドトロピン(LHやFSH)の放出を促します。 LH-RH を利用して体の中のゴナドトロピンの分泌状態を知り、排卵障害の部位を特定するのがLH-RH テストです。
精巣でつくられる男性ホルモンは、視床下部、下垂体でつくられるLH-RH(GnRH:性腺刺激ホルモン放出ホルモン)・LH(Gn:性腺刺激ホルモン)といったホルモンによってコントロールされています。 視床下部から分泌されるLH-RHは、下垂体 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みLH-RH
国試過去問089A084
リンク元先端巨大症」「黄体形成ホルモン放出ホルモン」「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」「gonadorelin
拡張検索LH-RH療法」「LH-RH stimulation test」「LH-RH負荷試験
関連記事R」「L」「rh」「LH」「RH

LH-RH」

  [★] 黄体形成ホルモン放出ホルモン


089A084」

  [★]

  • 負荷試験における診断薬と反応するホルモンの組み合わせ。正しい物3つ

先端巨大症」

  [★]

acromegaly
先端肥大症 末端肥大症マリー症候群 Marie syndrome
成長ホルモン難病
[show details]

概念

  • 下垂体前葉より成長ホルモンが長期間、過剰に分泌されるために骨、結合組織、内臓の過剰発育をきたす疾患。
  • 特定疾患治療研究事業の対象となる難病

病因

  • GH産生下垂体腺腫

診断基準

(参考1)
  • 1.主要項目
(1)主症候(注1)
①手足の容積の増大
②先端巨大症様顔貌(眉弓部の膨隆、鼻・口唇の肥大、下顎の突出など)
③巨大舌
(2)検査所見
①成長ホルモン(GH)分泌の過剰:血中GH値がブドウ糖75g経口投与で正常域まで抑制されない。(注2)
②血中IGF-1(ソマトメジンC)の高値(年齢・性別基準値の2SD以上)。(注3)
③CTまたはMRIで下垂体腺腫の所見を認める。(注4)
  • 2.参考事項
副症候および検査所見
(1)発汗過多
(2)頭痛
(3)視野障害
(4)女性における月経異常
(5)睡眠時無呼吸症候群
(6)耐糖能異常
(7)高血圧
(8)咬合不全
(9)頭蓋骨および手足の単純X線の異常(注5)
  • 3.診断基準
確実例:1(1)①から③の1項目以上を満たし、かつ1(2)①から③すべての項目を満たすもの。
可能性を考慮:ブドウ糖負荷でGHが正常域に抑制されたり、臨床症候が軽微な場合でも、IGF-1が高値で、1(2)③を満たすもの。
(注1)発病初期例や非典型例では症候が顕著でない場合がある。
(注2)正常域とは血中GH底値1ng/ml(リコンビナントGHを標準品とするGH測定法)未満である。糖尿病、肝疾患、腎疾患、青年では血中GH値が正常域まで抑制されないことがある。また、本症では血中GH値がTRHやLH-RH刺激で増加(奇異性上昇)することや、ブロモクリプチンなどのドパミン作動薬で血中GH値が増加しないことがある。さらに、腎機能が正常の場合に採取した尿中GH濃度が正常値に比べ高値である。
(注3)健常者の年齢・性別基準値を参照する。栄養障害、肝疾患、腎疾患、甲状腺機能低下症、コントロール不良の糖尿病などが合併すると血中IGF-Iが高値を示さないことがある。IGF-Ⅰの基準値としては別添の資料を参考のこと。
(注4)明らかな下垂体腺腫所見を認めない時や、ごく稀にGHRH産生腫瘍の場合がある。
(注5)頭蓋骨単純X線でトルコ鞍の拡大および破壊、副鼻腔の拡大と突出、外後頭隆起の突出、下顎角の開大と下顎の突出など、手X線で手指末節骨の花キャベツ様肥大変形、足X線で足底部軟部組織厚heelpadの増大=22mm以上を認める。

負荷試験のまとめ

検査 先端巨大症 正常 備考
グルコース負荷試験 高値を維持 低下  
TRH負荷試験 上昇 不変 奇異性上昇
LHRH負荷試験
ドパミン作動薬(ブロモクリプチン) 低下 上昇  
日内変動 なし あり 調節を失う

病態

参考2
  • 甲状繊維状:甲状腺は肥大するが、甲状腺ホルモンの量は正常である事が多い。一方で、下垂体腫瘍により中枢性の甲状腺機能低下症をきたす患者が少数存在する。
  • 心血管系:高血圧(43%の症例に存在)、心肥大(高血圧、およびGHの直接的効果)、心筋症( → 拡張障害 + 不整脈 )、心不全(3-10%の症例)、弁膜症(心エコー上、30%の症例でAR, 5%の症例でMRが見いだされた)
  • 睡眠時無呼吸
  • 代謝:インスリン抵抗性を伴う高インスリン血症による糖尿病は10-20%の症例で見られ、耐糖能異常は50%の患者で見られる。
  • 結腸の腫瘍:結腸粘膜上皮細胞の増殖におけるIGF-Iの関与、PPAR(peroxisome proliferator-activated receptor)遺伝子の発現低下が腫瘍発生のメカニズム?
  • 腺腫の頻度は2.5倍
  • 結腸癌の頻度は4倍

検査

負荷試験の結果の見方

QB-D253
  成長ホルモン GH プロラクチン PRL
先端巨大症 正常 PRL産生腫瘍 正常
グルコース負荷試験
L-ドーパ負荷試験 ↓/→(1)
TRH      
LH-RH
(1) QB.D-254 参考1 → 増加しない

QB.D-254

  • ブドウ糖負荷試験:GH→ (正常:↓)  ← コントロール不能?
  • TRHLH-RH:GH↑ (正常:→?)
  • インスリン、低血糖、L-dopa負荷:GH→ (正常:↑)  ← 十分にGHが分泌されているから、これ以上反応できない?

治療

方針:手術療法(腺腫摘出術)が第1選択となり、手術が不可能な例や拒否例、残存腺腫により高GHである例などで薬物療法を行う
  • 手術療法:
  • 経蝶形骨洞下垂体腺腫摘除術(ハーディ手術):トルコ鞍内に限局している例
  • 経前頭骨下垂体腺腫摘除術:トルコ鞍上に進展している例
  • 薬物療法
  • 放射線療法
  • 定位的放射線照射:従来の外部照射に比べ良好な治療成績が得られているが、放射線障害による下垂体機能低下が問題となっている。

治療効果の判定

  • 足底部軟部組織厚heelpadは治療によって減少し、治療効果の判定に用いられる。(QB.D-253)
  • IGF-1は治療効果の判定に有用、らしい。

参考

  • 1. 先端巨大症 - 難病情報センター
[display]http://www.nanbyou.or.jp/entry/287
  • 2. [charged] Causes and clinical manifestations of acromegaly - uptodate [1]



黄体形成ホルモン放出ホルモン」

  [★]

luteinizing hormone-releasing hormone luteinizing hormone releasing hormone, LH-releasing hormone LH releasing hormone, LHRH, LH-RH
黄体化ホルモン放出ホルモン性腺刺激ホルモン放出ホルモンGn-RHGnRH
ホルモン黄体形成ホルモン放出ホルモン負荷試験 LHRH試験
[show details]




性腺刺激ホルモン放出ホルモン」

  [★]

gonadotropin-releasing hormone gonadotropin releasing hormone GnRH
ゴナドトロピン放出ホルモンLH-releasing hormoneLH-RHLHRHluteinizing hormone-releasing hormone
ホルモン
gonadorelin
  • Gonadotropin-Releasing Hormone
  • pGlu-His-Trp-Ser-Tyr-Gly-Leu-Arg-Pro-Gly-NH2 (MW = 1182.39)



gonadorelin」

  [★]

ゴナドレリン

Gn-RHGnRHgonadorelin diacetategonadorelin hydrochloridegonadotropin-releasing hormoneLH-releasing hormoneLH-RHLHRHluteinizing hormone-releasing hormone
Factrel, Lutrepulse


LH-RH療法」

  [★]

luteinizing-hormone releasing hormone therapy
LH-RH


LH-RH stimulation test」

  [★] 黄体形成ホルモン放出ホルモン負荷試験


LH-RH負荷試験」

  [★] 黄体化ホルモン放出ホルモン負荷試験


R」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 18th letter of the Roman alphabet」
r

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「resistance / 17歳以下父兄同伴映画の表示 / rook」


L」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 12th letter of the Roman alphabet」
l

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「lira(イタリアの貨幣単位リラ)」


rh」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「right hand」


LH」

  [★] 黄体形成ホルモン luteinizing hormone


RH」

  [★]


"http://meddic.jp/LH-RH" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡