LD

出典: meddic

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「lethal dose(薬の)最小致死量」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/08 15:10:44」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • The importance of chill rate when characterising colour change of lamb meat during retail display.
  • Jacob RH, Thomson KL.SourceDepartment of Food and Agriculture WA, Baron Hay Court, South Perth WA 6151, Australia. robin.jacob@agric.wa.gov.au
  • Meat science.Meat Sci.2012 Feb;90(2):478-84. Epub 2011 Sep 22.
  • An experiment was conducted to compare the effect of two chilling rates (Con and Fast) on colour change of lamb meat during simulated retail display. Measurements were made on 3 muscles; LD (m. longisimuss dorsi), SM (m semimembranosus) and ST (m. semitendinous). Meat samples from 32 Merino crossbre
  • PMID 21985893
  • Study of variability in antioxidant composition and fatty acids profile of Longissimus dorsi and Serratus ventralis muscles from Iberian pigs reared in two different Montanera seasons.
  • Tejerina D, García-Torres S, de Vaca MC, Vázquez FM, Cava R.SourceCentro de Investigación Agraria Finca La Orden, Valdesequera, Finca La Orden, Junta de Extremadura, Ctra. N-V Km 372. 06187 Guadajira, Badajoz, Spain. david.tejerina@juntaextremadura.net
  • Meat science.Meat Sci.2012 Feb;90(2):414-9. Epub 2011 Aug 24.
  • This investigation was designed to evaluate the effects of variations in antioxidant and fatty acids composition of acorns and grass from two Montanera (free-range system and feeding based on acorns and grass) seasons (2006/07 and 2007/08) on the antioxidant composition and fatty acids profile of m.
  • PMID 21924560

和文文献

  • Brain pathology of Lafora disease : localization of polyglucosan aggregations (Lafora bodies) within neuronal networks of the cerebral cortex
  • Yoshimura Noriaki
  • 4(1), 13-24, 2013-03-29
  • … Lafora disease (LD) is an autosomal recessively inheritable metabolic disorder of carbohydrate, characterized clinically by myoclonus, epileptic convulsions and mental deterioration, and pathologically by widespread presence of polyglucosan bodies (Lafora bodies; … A male patient with LD who died at 30 years of age was autopsied. …
  • NAID 120005286874
  • 米国の学習障害児指導におけるプロセス・アプローチ後の展開 -1970年代後半から80年代の諸論に着目して-
  • 羽山 裕子
  • 京都大学大学院教育学研究科紀要 59, 569-581, 2013-03-28
  • … The purpose of this study is to clarify the characteristics of instruction for students with Learning Disabilities (LD) in the USA, especially after the decline of the process approach. …
  • NAID 120005244320
  • Successful Treatment with Tacrolimus in a Case of Lung-dominant Connective Tissue Disease
  • Okamoto Masaki,Fujimoto Kiminori,Nakamura Masayuki,Yoshida Tsukasa,Idemoto Akiko,Kitasato Yasuhiko,Kawayama Tomotaka,Fukuoka Junya,Ichiki Masao,Hoshino Tomoaki
  • Internal Medicine 52(5), 605-609, 2013-03-01
  • … The patient met the criteria for lungdominant connective tissue disease (LD-CTD) and histopathologically exhibited a chronic fibrotic interstitial pneumonia illustrating framework of a usual interstitial pneumonia-like pattern. … Our experience in this case suggests that treatment with tacrolimus might be useful for treating refractory LD-CTD even when histopathologically chronic fibrotic interstitial pneumonia is evident. …
  • NAID 120005231036

関連リンク

初期のLDはメインとなった映画ソフトが7000円 - 1万円前後の価格設定で発売され ていたが、1980年代終盤からパイオニアLDCが中心となって「エバーグリーンシリーズ」 「ブロックバスター」等と称して5000円を切る価格帯で次々と人気ソフトを発売。 ...

関連画像

LDLogo LD gratis, descargar logo LD gratisLDour logo but not our actual logoJAM-LD コーナー3点セット ジャム-LD カウチ、ジャム-LD


★リンクテーブル★
国試過去問103G063」「106E062」「104I080」「103A048」「103D058」「104I022」「103I015」「104H013」「104I021
リンク元乳酸脱水素酵素」「レボドパ」「学習障害」「致死量」「視床背外側核
拡張検索LDL-receptor related protein-associated protein」「VLDLコレステロール
関連記事L

103G063」

  [★]

  • 以下の文を読み、62~64の問いに答えよ。
  • 56歳の男性。心窩部痛を主訴に妻に伴われて来院した。
  • 現病歴:昨晩、夕食後に心窩部痛と悪心とを自覚した。心窩部痛は次第に増強し、背部痛も伴うようになった。
  • 既往歴:30歳代から肝機能障害を指摘されている。
  • 生活歴:飲酒は日本酒3合/日を30年間。喫煙は20本/日を36年間。
  • 家族歴:父親が胃癌、母親が高血圧。
  • 現症:意識はやや混濁。身長168cm、体重58kg。体温37.8℃。呼吸数40/分、脈拍120/分、整。血圧100/56mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部はやや膨隆して、上腹部に圧痛と抵抗とを認める。肝・脾を触知しない。下肢に浮腫を認めない。
  • 検査所見: 尿所見:蛋白(-)、糖1+。血液所見:赤血球450万、Hb12.6g/dl、Ht39%、白血球18,800(杆状核好中球61%、分葉核好中球10%、好酸球2%、好塩基球2%、単球5%、リンパ球20%)、血小板6.9万。血液生化学所見:HbA1c7.6%、総蛋白6.0g/dl、アルブミン3.2g/dl、クレアチニン2.8mg/dl、尿酸7.8mg/dl、総コレステロール180mg/dl、トリグリセリド140mg/dl、総ビリルビン1.2mg/dl、直接ビリルビン0.3mg/dl、AST130IU/l、ALT150IU/l、ALP380IU/l(基準115~359)、γ-GTP130IU/l(基準8~50)、アミラーゼ2,400IU/l(基準37~160)、Na142mEq/l、K4.0mEq/l、Cl 112mEq/l、P3.0mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.41、HCO3- 26mEq/l。免疫学所見:CRP3.2mg/dl、CEA2.5ng//ml(基準5以下)、CA19-918U/ml(基準37以下)、CA125 120U/ml(基準35以下)。
  • 血液検査所見で考えにくいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103G062]←[国試_103]→[103G064

106E062」

  [★]

  • 次の文を読み、 61-63の問いに答えよ。
  • 45歳の男性。爆発事故現場で受傷したため搬入された。
  • 現病歴:爆発によって崩落した建物の下敷きになり、 4時間後に救出された。
  • 現 症:意識は清明。体温37.6℃。脈拍108/分、整。血圧98/62mmHg。呼吸数24/分。 SpO2 100%(4L/分酸素投与下)。両下肢と殿部とを中心に広範囲に点状出血を認める。右下肢に運動麻痺と知覚障害とを認める。救急室の看護師から、尿が赤いとの報告を受けた。
  • 引き続き行われた検査の結果を示す。
  • 血液所見:赤血球402万、 Hb12.0g/dL、 Ht35%、白血球18,000、血小板18万。血液生化学所見:総蛋白5.6g/dL、アルブミン3.0g/dL、尿素窒素12mg/dL、クレアチニン1.0mg/dL、 AST335IU/L、 ALT102IU/L、 LD 1,099IU/L(基準176-353)、 CK36,000IU/L(基準30-140)、 Na130mEq/L、 K 7.5 mEq/L、 Cl94mEq/L、Ca7.2mg/dL。動脈血ガス分析(自発呼吸、 4L/分酸素投与下) : pH7.30、 PaCO2 25Torr、 PaO2 120Torr、 HCO3- 12mEq/L。
  • 緊急に対応する必要がある項目はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E061]←[国試_106]→[106E063

104I080」

  [★]

  • 2歳の女児。4日前から続く発熱下痢および血便を主訴に来院した。前日から尿回数が減少しており、今朝から排尿を認めない。意識は清明。顔色は不良で活気がない。眼瞼結膜貧血を認める。眼球結膜に軽度の黄染を認める。眼瞼と下腿前面とに浮腫を認める。顔面と前胸部とに出血斑を認める。呼吸音に異常を認めない。腹部はやや膨隆し全体に圧痛を認める。腸雑音は減弱している。右肋骨弓下に肝を1cm触知する。脾を触知しない。
  • この患児の血液検査所見として考えにくいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104I079]←[国試_104]→[104A001

103A048」

  [★]

  • 14歳の女子。呼吸困難のため搬入された。母親と口論した後に胸内苦悶を訴え、次第に呼吸が荒くなった。不安様顔貌を示している。両手足のしびれを訴え、両手の手指は硬直している。
  • この患者でみられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103A047]←[国試_103]→[103A049

103D058」

  [★]

  • 60歳の男性。1時間以上持続する胸痛を主訴に来院した。10年前から高血圧症にて内服治療中である。胸部エックス線写真で異常を認めない。心電図を以下に示す。
  • 障害を起こしている臓器に最も特異性の高い血液検査はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 103D057]←[国試_103]→[103D059

104I022」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104I021]←[国試_104]→[104I023

103I015」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103I014]←[国試_103]→[103I016

104H013」

  [★]

  • 全血検体を室温放置することで低下するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104H012]←[国試_104]→[104H014

104I021」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104I020]←[国試_104]→[104I022

乳酸脱水素酵素」

  [★]

lactate dehydrogenase LD, LDH
乳酸デヒドロゲナーゼL-乳酸脱水素酵素 L-乳酸デヒドロゲナーゼ L-lactate dehydrogenase
乳酸ピルビン酸腟分泌液中乳酸脱水素酵素
[show details]


概要

 乳酸をピルビン酸に酸化しまた逆にピルビン酸を乳酸に還元する化学反応の触媒となる酵素
 肝臓では、乳酸からピルビン酸を精製する反応を引き受けている。
  ・乳酸の再生
   乳酸  →   ピルビン酸
   COOH            COOH
    |               |
   CHOH            C=0
    |               |
   CH3             CH3
   CH3CH(OH)COOH + NAD+ ⇔ CH3COCOOH + NADH + H+

 4量体を形成する。
 M型とH型のアイソザイム(isozyme)を有する。
 M型は骨格筋、肝臓などの嫌気条件で働く。
  M型は ピルビン酸+NADH→乳酸+NAD+ の反応を進めることが多い
 H型は脳などの好気条件で働く。
  H型は 乳酸+NAD+→ピルビン酸+NADH の反応を進めることが多い

反応

CH3-CO-COOH + NADH + H+ → NAD+  + CH3-CH(OH)-COOH

サブユニット

  • H:34kDa, 333 aa, pI=4.8
  • M:37kDa, 331 aa, pI=8.8

アイソザイム

  • LD1:H4: :
  • LD2:H3:M1:
  • LD3:H2:M2:
  • LD4:H1:M3:
  • LD5: :M4:


組織分布

  • 腎臓・骨格筋>>肝臓>心臓>(悪性腫瘍)>膵臓≒脾臓≒脳>赤血球>肺>>血清

血清LDH

L-乳酸 + NAD+ ⇔ ピルビン酸 + NADH
  • 測定方法:JSCC勧告LP法(左行反応)

生理的な変動要因

  • 10℃保存下、アルカリ側でLD5が不安定
  • 10℃で数日で安定だが、-80℃凍結保存がよい
  • 高値:出生直後(成人の2倍。14歳で成人値)、過激な運動(軽度上昇)、溶血(明らかな上昇)

基準値

  • 115-221 U/L (HIM.A-6)

増加

  • ASTとの比較によって診断価値がある。
  • 肝炎、心筋梗塞、悪性腫瘍、白血病

減少

  • LD-H、LD-Mの欠損



レボドパ」

  [★]

levodopa
L-dopaL-DOPALDLドーパL-ドーパL-ドパドパドーパ3,4-ジヒドロキシフェニルアラニン 3,4-dihydroxyphenylalanineジヒドロキシフェニルアラニン dihydroxyphenylalanine
ドパストンドパゾールドパール
[show details]



学習障害」

  [★]

learning disability LD, learning disorder
多動多動児


  • 動作性IQと言語性IQに15異常の乖離がある。
  • 算数障害、書字、読書障害
  • 知的障害ないが、文字や数字の処理に障害を持つこと



致死量」

  [★]

lethal dose, fatal dose, LD
致死用量
用量反応関係


  • 有効治療量を超えた薬物投与により、ヒトまたは動物が死に至るときの薬物量。



視床背外側核」

  [★]

laterodorsal thalamic nucleus LD
nucleus lateralis dorsalis thalami
視床背側外側核


LDL-receptor related protein-associated protein」

  [★]

LDL受容体関連タンパク質関連タンパク質


VLDLコレステロール」

  [★] 超低比重リポ蛋白コレステロール


L」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 12th letter of the Roman alphabet」
l

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「lira(イタリアの貨幣単位リラ)」


"http://meddic.jp/LD" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡