LC

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/12 21:44:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Studies on structures and activities of initial Maillard reaction products by electrospray ionisation mass spectrometry combined with liquid chromatography in processing of red ginseng.
  • Du QQ, Liu SY, Xu RF, Li M, Song FR, Liu ZQ.SourceChangchun Center of Mass Spectrometry, Changchun Institute of Applied Chemistry, Chinese Academy of Sciences, Changchun 130022, PR China; Graduate University of Chinese Academy of Sciences, Beijing 100039, PR China.
  • Food chemistry.Food Chem.2012 Nov 15;135(2):832-8. Epub 2012 May 8.
  • Electrospray ionisation-mass spectrometry (ESI-MS) was applied to analyse the water-soluble extract of red ginseng (RG). Several new compounds were produced from the Maillard reaction during the steaming and drying process for preparing RG. Both the tandem electrospray ionisation (ESI-MS(n)) and Fou
  • PMID 22868166
  • Determination of fungicide residues in baby food by liquid chromatography-ion trap tandem mass spectrometry.
  • Gilbert-López B, García-Reyes JF, Molina-Díaz A.SourceAnalytical Chemistry Research Group (FQM-323), Department of Physical and Analytical Chemistry, University of Jaén, 23071 Jaén, Spain.
  • Food chemistry.Food Chem.2012 Nov 15;135(2):780-6. Epub 2012 May 2.
  • Current European Commission Directives on foods for infants and young children places emphasis on the control of pesticide residues at levels below 10μgkg(-1). In the present work, a liquid chromatography electrospray ionisation ion trap tandem mass spectrometry (LC-Ion Trap-MS/MS) has been develop
  • PMID 22868159

和文文献

  • Involvement of autophagy in the pharmacological effects of the mTOR inhibitor everolimus in acute kidney injury.
  • Nakagawa Shunsaku,Nishihara Kumiko,Inui Ken-Ichi,Masuda Satohiro
  • European journal of pharmacology 696(1-3), 143-154, 2012-12-05
  • … Using cells from normal kidney epithelial cell lines, we found that the antiproliferative effects of mTOR inhibitor everolimus accompanied the accumulation of a marker for cellular autophagic activity, the phosphatidylethanolamine-conjugated form of microtubule-associated protein 1 light chain 3 (LC3-II) in cells. … Levels of LC3-II decreased in the kidneys of rats treated with ischemia-reperfusion or cisplatin; …
  • NAID 120004996384
  • 線形-非線形曲線融合近似に基づいたNi基超合金のクリープき裂発生寿命予測
  • 南雲 佳子,横堀 壽光,杉浦 隆次 [他]
  • 日本材料強度学会誌 46(2), 19-26, 2012-11
  • NAID 40019499249
  • Monitoring of the multiple bacteriocin production by Enterococcus faecium NKR-5-3 through a developed liquid chromatography and mass spectrometry-based quantification system
  • Perez Rodney H.,Himeno Kohei,Ishibashi Naoki [他]
  • Journal of bioscience and bioengineering 114(5), 490496, 2012-11
  • NAID 40019498521

関連リンク

LC LOVE 11周年創業祭。いま、フルティーバニラ祭りが行われています。 人気のヌレヌレ、ペロペロ、ナデテ、リビドーがバニラで登場。 既に残り僅かになっているものもありますので、お早めに。 特別セットは完売となりました。
LCラブソラマメ・バイブは高性能IC制御のバイブです。 豆の凹凸がおとこのこのキノコのカリみたいでとっても気持ちいいんです。 たくさんの凹凸を感じながら、びっくりしちゃう振動を感じてみてください。 IC制御のバイブです ...

関連画像

Lexus Canada Red Cars Wallpapers ~ Cars LC-25U3-Becrux: LC - POWERLC DESIGN (@lcdesign56) | Twitterレクサス LF-LC GT “Vision Gran Item No: CAB-MMF-LC-LCLC ENGINEERS & CONSULTANTS


★リンクテーブル★
先読みLangerhans cell」「Langerhans cells
リンク元肝硬変」「壁細胞」「腹腔鏡下胆嚢摘出術」「laparoscopic cholecystectomy」「液体クロマトグラフィ
拡張検索TLC」「LCS」「LCHAD」「LCAD欠損症
関連記事L

Langerhans cell」

  [★] ランゲルハンス細胞


Langerhans cells」

  [★] ランゲルハンス細胞


肝硬変」

  [★]

cirrhosis of liver (M), liver cirrhosis LC, cirrhosis
肝臓

定義

(アトラス肝臓病 金原出版 谷川久一、阿部弘彦 昭和62年1月30日 p.57)

  • 次の1. 2.を満たす
  • 1. 肝細胞死が原因で、びまん性の結合組織増生が肝臓全域に見られる
  • 2. 肝実質の結節性再生と小葉構造の改築が認められるもの

概念

  • 肝硬変はびまん性に線維化した肝病変の終末像であり、慢性肝炎とともにもっともしばしばみられる肝の病態である。臨床的には様々な程度の肝細胞機能不全状態と門脈圧亢進症による症状がみられる慢性疾患である。

疫学

  • 人口10万人あたりの死亡率12.5人
  • 45-59歳の男性では死亡順位第4位
  • 西日本に多い

病因

病理

  • 炎症による細胞の破壊と再生を繰り返す結果、再生した肝細胞と新たに形成された線維性の隔壁を有する結節が形成され(再生結節)、肝硬変となる。(BPT.647)
  • ウイルス性肝炎の慢性化による肝硬変では、3mm以上の結節がみられる(macronodular cirrhosis)。
  • アルコール性肝炎の慢性化による肝硬変では、平均3mmの結節がみられる(micronodular cirrhosis)。


病態生理

  • 肝機能低下により(1)エストロゲンの肝臓における異化が低下、(2)アルブミン合成能が低下、(3)門脈圧亢進が起こる。(1)によるエストロゲンなどの血管拡張因子により血管が拡張し循環血漿量が減少する。(2)による膠質浸透圧の低下はサードスペースへの体液移動を引き起こしさらに循環血漿量を低下させる。これには(3)も相加的に作用すると思われる。循環血漿量の低下はRAA系の亢進をきたし、アルドステロンによるNa、水の貯留引き起こす。
  • 非代償性肝硬変では、肝網内系(クッパー細胞など)の機能低下、白血球減少による易感染性を呈する。

症状

  • 門脈圧亢進症 →肝脾腫、食道静脈瘤、痔核
  • 代償性
  • 非代償性

合併症

参考2

身体所見

[show details]
  • 腹部:脾腫 ← 門脈圧と脾腫の程度は相関しない (QB.B-315)

検査

血算

  • 汎血球減少 pancytopenia
  • 血小板減少が門脈圧亢進の最初の徴候(HIM.1978)
  • 白血球減少 ← 門脈圧亢進によるうっ血性の脾腫に伴う脾機能亢進。 骨髄での産生低下も原因らしい(出典不明)

血液生化学

  • 肝細胞機能不全と肝細胞障害を反映
  • 蛋白合成能低下:
  • 解毒能低下
  • 総ビリルビン T-Bil:上昇
  • アンモニア NH3:上昇
  • Fischer比:低下
  • 肝臓の線維化
  • 線維化マーカー (ヒアルロン酸、IV型コラ-ゲン):上昇
  • 膠質反応(TTT,ZTT):上昇
  • γグロブリン:上昇  ← ?
  • 肝細胞障害
  • 排泄能低下
  • 糖代謝異常
  • 糖の処理障害により食後高血糖を来しやすく、糖尿病を発症しやすい。
  • 低アルブミン血症に続発
  • 低ナトリウム血症、血漿浸透圧低下 ← 血液中の水が間質に移動する結果、電解質も共に移動する。血液中には水が過剰となり、低ナトリウム血症、血症浸透圧低下となる。volume depletionに対してADHが主に作用するからか、あるいはH2Oが移動しやすいからなのかは不明。

免疫血清検査

多クローン性γグロブリン血症
  • IgG:増加する傾向あり。 ← 門脈血が肝臓を通過せずにリンパ組織に流れ込む結果。著しく高値であったら自己免疫性肝炎。(参考1)
  • IgM:高値であったら90-95%はPBCである。(参考1)
  • 壊死、炎症が持続的に起きているから上がると解釈することもできる、みたい。

画像

  • (US,CT, MRI,Angio,肝シンチ、上部消化管内視鏡)

腹腔鏡、肝生検

  • 診断のgolden standard

Fisher比

  • 分枝鎖アミノ酸(branched chain amino acids, BCAA)と芳香族アミノ酸(aromatic amino acids; AAA)の分子比(モル比)
肝臓、末梢(筋肉など)でよく代謝される
ほぼ肝臓で代謝される
  • BCAA/AAA
  • 健常者     :3.0以上
  • 非代償性の肝硬変:低下

診断

治療

IMD 参考2 YN.B-47
  • 治療のゴールは、(1)肝疾患の進展を遅らせたり治癒させること、(2)他の原因による肝臓障害を予防すること、(3)合併症の予防、(4)肝移植の時期を決定することである。
  • 方針:原疾患の治療を行い、肝硬変の進展を抑えるように食事、生活療法を行う、非代償期には合併症の治療を行う。
  • (1)肝疾患の進展を遅らせたり治癒させる:原疾患の治療を行う(自己免疫性肝炎であればステロイドや免疫抑制薬、アルコール性肝障害であれば禁酒、ウイルス性肝炎であれば病原体に応じた治療)。
  • (2)他の原因による肝臓障害を予防する:肝臓に障害を与えないようにする(アルコール摂取、アセトアミノフェンの過剰服用)。予防接種を受ける(肝予備能がほとんど無ければA型肝炎、B型肝炎。肺炎球菌、インフルエンザウイルスに対する予防接種も考慮される。
  • (3)合併症の予防:肝細胞癌、静脈瘤出血、特発性細菌性腹膜炎、肝腎症候群、肝性脳症、肝肺症候群
  • (4)肝移植の時期を決定:

代償期

  • 食後の安静、適切な熱量で適切な蛋白質(1.2-1.5g/kg)の食事を摂取、ビタミンB、ビタミンK補充
  • 肝庇護薬(グリチルリチンなど)

非代償期

  • 腹水に対する治療
  • 食事療法:
  • 食塩制限(3-5g以下)、飲水制限(1L/day) ← 腹水貯留予防
  • 蛋白質の補充:分枝鎖アミノ酸の多い食事、分枝鎖アミノ酸製剤の点滴。NH3が上昇するなど肝性脳症の危険があれば低蛋白食とする。
  • 膠質浸透圧の維持:アルブミン製剤 ← たしか、蛋白質の補充としてではないよね
  • 早朝低血糖に対し、夜食を勧める(肝機能低下により糖新生↓のはず)。(出典不明)
  • 利尿薬:抗アルドステロン薬(スピロノラクトン)、フロセミド、サイアザイド  →  後2者はhypokalemiaからmetabolic alkalosisを惹起、アンモニアのNH4+ ⇔ NH3 + H+の平衡を左に移行させてアンモニアの排泄を阻害、高アンモニア血症を増悪しうる(非イオン化状態では尿細管で再吸収されやすいはず)(出典不明)。
  • 腹水濃縮再注入法
  • 肝内門脈大循環シャント、腹膜静脈短絡術
  • 食道静脈瘤の治療:内視鏡的食道静脈瘤硬化術・結紮術、外科的治療
  • 肝性脳症の治療:腹水の食事療法に準じるが、NH3再吸収につながる便秘の予防に気をつける。
  • 肝移植

予後

  • 死因:(1)肝性脳症、(2)静脈瘤破綻、(3)肝癌合併
  • (1),(2)の治療が発達したことにより、(3)での死亡が増加している。

参考

  • 1. [charged] Diagnostic approach to the patient with cirrhosis - uptodate [1]
  • 2. [charged] Overview of the complications, prognosis, and management of cirrhosis - uptodate [2]

国試



壁細胞」

  [★]

parietal cell (Z)
exocrinocytus parietalis
酸分泌細胞傍細胞 oxyntic cell塩酸分泌細胞lining cell LCmural cell
胃腺胃酸固有胃腺


概念

  • 胃底腺が分布する胃体部に多い → see 胃腺
  • 塩酸、内因子分泌(ビタミンB12の吸収に必要なタンパク質)
  • 細胞内分泌細管(分泌活発な時に↑)
  • 小管小胞構造(分泌時には細胞内分泌細管と融合)


腹腔鏡下胆嚢摘出術」

  [★]

laparoscopic cholecystectomy LC, LAP-C



laparoscopic cholecystectomy」

  [★] 腹腔鏡下胆嚢摘出術 LC


液体クロマトグラフィ」

  [★]

liquid chromatography LC


TLC」

  [★]


LCS」

  [★] 超音波凝固切開装置 laparoscopic coagulating shear


LCHAD」

  [★] 長鎖3-ヒドロキシアシルCoA脱水素酵素欠損症


LCAD欠損症」

  [★] 長鎖アシルCoA脱水素酵素欠損症


L」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 12th letter of the Roman alphabet」
l

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「lira(イタリアの貨幣単位リラ)」


"http://meddic.jp/LC" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡