Klebsiella oxytoca

出典: meddic

Klebsiella oxytoca
細菌クレブシエラ属


  • 腸内細菌科クレブシエラ属
  • 運動能なし
  • ペニシリン系抗菌薬に対して自然抵抗性
  • 腸内常在菌とされる(SMB.179)。クレブシエラ属は腸炎(下痢性)を示す可能性があると言われており、Klebsiella oxytocaで特に多く、時にKlebsiella pneumoniaeが原因となる(SMB.179)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/04/21 11:33:04」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • New definitions of extended-spectrum β-lactamase conferring worldwide emerging antibiotic resistance.
  • Lee JH, Bae IK, Hee Lee S.SourceDrug Resistance Proteomics Laboratory, Department of Biological Sciences, Myongji University, San 38-2 Namdong, Yongin, Gyeonggido 449-728, Republic of Korea.
  • Medicinal research reviews.Med Res Rev.2012 Jan;32(1):216-32. doi: 10.1002/med.20210. Epub 2010 Jun 23.
  • Although there is no consensus of the precise definition of ESBL, three kinds of ESBL definitions have been proposed. First, the classical definition includes variants derived from TEM-1, TEM-2, or SHV-1; K1 (KOXY) of Klebsiella oxytoca. Second, the broadened definition has stretched the classical d
  • PMID 20577973
  • In vitro activity of tigecycline and comparators against Gram-negative pathogens isolated from blood in Europe (2004-2009).
  • Andrasevic AT, Dowzicky MJ.SourceDepartment of Clinical Microbiology, University Hospital for Infectious Diseases, Mirogojska 8, 10000 Zagreb, Croatia.
  • International journal of antimicrobial agents.Int J Antimicrob Agents.2011 Dec 19. [Epub ahead of print]
  • Here we report on the antimicrobial resistance amongst Gram-negative isolates (excluding Acinetobacter spp.) collected from blood culture sources at European study sites as part of the global Tigecycline Evaluation and Surveillance Trial (T.E.S.T.) from the study start in 2004 until August 2009. All
  • PMID 22189391
  • Bio-generated metal binding polysaccharides as catalysts for synthetic applications and organic pollutant transformations.
  • Baldi F, Marchetto D, Paganelli S, Piccolo O.SourceDipartimento di Scienze Molecolari e Nanosistemi, Università Ca' Foscari Venezia, Calle Larga Santa Marta 2137, 30123 Venezia, Italy. baldi@unive.it
  • New biotechnology.N Biotechnol.2011 Dec 15;29(1):74-8. Epub 2011 May 17.
  • Iron and palladium binding an exopolysaccharide (EPS) were obtained and purified from cultures of bacterial cells of Klebsiella oxytoca BAS-10. The strain BAS-10 was able to grow under anaerobic conditions with Fe(III)-citrate as energy and carbon source, producing Fe(III)-EPS that was extracted and
  • PMID 21616180

和文文献

  • OP-009 カルバペネム耐性Klebsiella oxytocaの耐性機序に関する検討(感染症1,一般演題口演,第98回日本泌尿器科学会総会)
  • 庄 武彦,村谷 哲郎,濱砂 良一,藤本 直浩,松本 哲朗
  • 日本泌尿器科學會雜誌 101(2), 235, 2010-02-20
  • NAID 110007867927
  • 胆汁由来Klebsiella oxytoca, Klebsiella pneumoniaeの分離頻度とこれらの菌の胆汁耐性に関する検討
  • 石原 由華,八木 哲也,太田 美智男
  • 日本環境感染学会誌 25(3), 135-144, 2010
  • …   JANISサーベランスによればKlebsiella pneumoniaeとKlebsiella oxytocaは4:1の割合でよく分離される.今回,3総合病院(総ベッド数2,603)の2008年8月?2009年7月の分離頻度を比較し,A病院の胆汁からK. … oxytocaが高頻度に分離されることを見いだした.生化学性状およびantibiogramによる疫学解析によれば,A病院胆汁由来のK. …
  • NAID 130000304140
  • EP-P6 Hydrolytic resolution of (R, S)-3-hydroxy-3-phenylpropionates via Klebsiella oxytoca esterase : Effects of leaving alcohol, enzyme immobilization and aqueous pH(Section VII Enzyme and Protein Engineering)
  • Wang Pei-Yun,Tsai Shau-Wei
  • Journal of bioscience and bioengineering 108(S1), S101, 2009-11
  • NAID 110007520005

関連リンク

2004年7月20日 ... 先日, 入院患者の便培養からKlebsiella oxytocaが検出されました。純培養状に検出 されたわけではなく, 他にE. coliやK. pneumoniaeも同程度の菌量で検出されていたの ですが, 腸炎を疑っているようだったので『入院患者だから, 抗菌薬 ...
Klebsiella. クレブシエラ属. Klebsiella spp.クレブシエラ ... Klebsiella oxytoca クレブシエラ・オキシトカ. グラム陰性桿菌. インドール陽性,肺炎,腸炎などKlebsiella pneumoniaeと同様な感染症をおこす.

関連画像

Klebsiella oxytocaKlebsiella Oxytoca Colony RetroscopeKlebsiella oxytoca Conkey ensemencé avec Klebsiella oxytocaKlebsiella oxytoca ferroDescription Klebsiella oxytoca.jpg Conkey ensemencé avec Klebsiella oxytoca


★リンクテーブル★
先読み細菌
国試過去問091B094
リンク元腸内細菌科」「クレブシエラ属」「K. oxytoca」「クレブシエラ・オキシトカ
関連記事klebsiella

細菌」

  [★]

bacterium,(pl.) bacteria
バクテリア
特殊な細菌 細菌の鑑別細菌の同定?、細菌の分類

細菌の命名

  • ラテン語であり、イタリックで表す。
  • 「属名 + 種名」で表現される。

グラム染色性と形状による分類と疾患

形状 グラム陽性菌 グラム陰性菌
球菌   スタフィロコッカス属 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus 多様     ナイセリア属 淋菌 Neisseria gonorrhoeae 淋病  
ストレプトコッカス属 化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes 多様 莢膜 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis 多様  
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae     ベイヨネラ属   Veillonella    
エンテロコッカス属 (総称)腸球菌 Enterococcus faecalis     モラクセラ属/
ブランハメラ亜属
  Moraxella catarrhalis 肺炎  
Enterococcus faecium      
桿菌   バシラス属 炭疽菌 Bacillus anthracis 炭疽 好気性菌、有芽胞菌、莢膜 腸内細菌科 エンテロバクター属     肺炎、尿路感染  
  セレウス菌 Bacillus cereus 細菌性食中毒 好気性菌、有芽胞菌 エシェリキア属 大腸菌 Escherichia coli パラチフス 通性嫌気性
  クロストリジウム属 破傷風菌 Clostridium tetani 破傷風 嫌気性菌、有芽胞菌 クレブシエラ属     下痢、肺炎、尿路感染  
  ボツリヌス菌 Clostridium botulinum ボツリヌス中毒 プロテウス属     尿路感染  
  ウェルシュ菌 Clostridium perfringens 多様 サルモネラ属 パラチフス菌 Sallmonella serovar Paratyphi 腸チフス 通性嫌気性
  ディフィシル菌 Clostridium difficile 多様 チフス菌 Sallmonella serovar Typhi   通性嫌気性
    ガス壊疸菌群       セラチア属   Serratia 日和見感染 通性嫌気性
マイコバクテリウム科 マイコバクテリウム属 結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 無芽胞菌 シゲラ属 赤痢菌 Shigella 赤痢 通性嫌気性
ライ菌 Mycobacterium leprae ライ病 エルシニア属 ペスト菌 Yersinia pestis ペスト 通性嫌気性
コリネバクテリウム科 コリネバクテリウム属 ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア   Yersinia enterocolitica 多様 通性嫌気性
ノカルジア科 ノカルジア属 ノカルジア     ビブリオ科 ビブリオ属 コレラ菌 Vibrio cholerae コレラ 通性嫌気性
アクチノマイセス科 アクチノマイセス属(放線菌属) (総称)放線菌 Actinomyces   腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ感染症 通性嫌気性
  リステリア属   Listeria monocytogenes リステリア症 嫌気性菌、無芽胞菌、人獣共通感染症、通性細胞内寄生菌 パスツレラ科 ヘモフィルス属 インフルエンザ菌 Haemophilis influenzae 多様  
  パスツレラ属 パスツレラ属菌 Pasteurella multocida 人獣共通感染症  
ストレプトバシラス属 ストレプトバシラス属菌 Streptobacillus moniliformis 鼠咬症  
  シュードモナス属 緑膿菌 Psudomonas aeruginosa 緑膿菌感染症 好気性、院内感染症
ボルデテラ属 百日咳菌 Bordetela pertussis 百日咳 好気性、短桿菌
ブルセラ属 ブルセラ Brucella ブルセラ症 好気性、細胞内増殖菌、短桿菌
フランシセラ属 野兎病菌 Francisella tularensis 野兎病 好気性、球桿菌
レジオネラ属   Legionella pneumophila ポンティアック熱/レジオネラ肺炎 好気性
バクテロイデス属   Bacteroides fragilis 嫌気性感染症 偏性嫌気性菌
らせん菌   スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒  
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
スピリルム 鼠咬症スピリルム   鼠咬症
カンピロバクター属 カンピロバクター属菌   カンピロバクター腸炎
ヘリコバクター属   Helicobacter pylori  



091B094」

  [★]

  • 78歳の女性。2週間前から急性気管支炎でアンピシリンを内服していた。昨日から発熱、腹痛および粘血便が出現し来院した。大腸内視鏡検査で上行結腸にびまん性出血性病変を認める。
  • 便培養検査で最も予想されるのはどれか

腸内細菌科」

  [★]

Enterobacteriaceae
細菌
  • 代表的なもの8つを覚ておく!
エンテロバクター属 Enterobacter
エシェリキア属  Escherichia
クレブシエラ属 Klebsiella
プロテウス属 Proteus
サルモネラ属 Salmonella
セラチア属 Serratia
シゲラ属 Shigella
エルシニア属 Yersinia

腸内細菌科 (SMB.163)

菌種 日和見
感染菌
感染症
Citrobacter Citrobacter freundii   尿路感染、骨髄炎、下痢
Edwardsiella Edwardsiella tarda 腸管外感染症
Enterobacter Enterobacter aerogenes 肺炎、尿路感染
Enterobacter cloacae
Enterobacter gergoviae
Enterobacter sakazakii   新生児敗血症、髄膜炎
Escherichia Escherichia coli   下痢、腸炎、腸管外感染症(尿路感染症、骨髄炎)
Hafnia Hafnia alvei   腸管外感染症
Klebsiella Klebsiella oxytoca   下痢
Klebsiella pneumoniae 肺炎、尿路感染
Kluyvera Kluyvera ascorbata  
Kluyvera cryocrescens  
Morganella Morganella morganii   尿路感染症
Proteus Proteus mirabilis 尿路感染症
Proteus vulgaris
Providencia Providencia alcalifaciens   尿路感染症、下痢
Providencia rettgeri   尿路感染症、下痢
Providencia stuartii   尿路感染症
Salmonella Salmonella enterica   腸チフス、急性胃腸炎(食中毒)
Serratia Serratia liquefaciens  
Serratia marcescens  
Shigella Shigella boydii   細菌性赤痢
Shigella dysenteriae  
Shigella flexneri  
Shigella sonnei  
Yersinia Yersinia enterocolitica   急性胃腸炎(食中毒)、回腸末端炎、結節性紅斑
Yersinia pestis   ペスト
Yersinia pseudotuberculosis   腸間膜リンパ節炎、関節炎



クレブシエラ属」

  [★]

Klebsiella
肺炎桿菌属Klebsiella属クレブシエラ
細菌莢膜


概念

  • グラム陰性桿菌
  • 腸内細菌科
  • 通性嫌気性
  • 厚い莢膜を有する
  • 腸内常在菌。気道、消化管、泌尿生殖器などにも生息。
  • 鞭毛を持たず、線毛を持つ → 運動能なし(腸内細菌群の中で運動能を持たないのは、原則クレブシエラ属とシゲラ属のみ) (SMB.179)
  • βラクタマーゼを有し、セファロスポリン、アミノグリコシド、テトラサイクリンなどに耐性を獲得しやすい。
  • 全てのKebsiellaはアミノベンジルペニシリンに抵抗性を有する → 菌交代症が起こりやすい。Klebsiella oxytocaはアミノベンジルペニシリンやアモキシシリンの投与後に菌交代症による下痢を起こす

クレブシエラ属

  • Klebsiella pneumoniae subspecies
  • Klebsiella pneumoniae:肺炎。日和見感染菌。院内感染を起こしやすい。Streptococcus pneumoniaeより劇症。ペニシリン系抗菌薬に自然耐性。
  • Klebsiella rhinoscleromatis鼻硬化症
  • Klebsiella ozaenae臭鼻症を起こす。
  • Klebsiella oxytoca:肺炎、腸炎(下痢原性)
-Klebsiella


K. oxytoca」

  [★]

Klebsiella oxytoca

クレブシエラ・オキシトカ」

  [★]

Klebsiella oxytocaK. oxytoca


klebsiella」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a genus of nonmotile rod-shaped Gram-negative enterobacteria; some cause respiratory and other infections」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡