K-ras

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Involvement of mitophagy in oncogenic K-Ras-induced transformation: Overcoming a cellular energy deficit from glucose deficiency.
  • Kim JH, Kim HY, Lee YK, Yoon YS, Xu WG, Yoon JK, Choi SE, Ko YG, Kim MJ, Lee SJ, Wang HJ, Yoon G.SourceDepartment of Biochemistry and Molecular Biology; Department of Molecular Science & Technology; The Graduate School; Ajou University; Suwon, South Korea.
  • Autophagy.Autophagy.2011 Oct 1;7(10). [Epub ahead of print]
  • Although mitochondrial impairment has often been implicated in carcinogenesis, the mechanisms of its development in cancer remain unknown. We report here that autophagy triggered by oncogenic K-Ras mediates functional loss of mitochondria during cell transformation to overcome an energy deficit resu
  • PMID 21738012
  • Arginine vasopressin controls p27(Kip1) protein expression by PKC activation and irreversibly inhibits the proliferation of K-Ras-dependent mouse Y1 adrenocortical malignant cells.
  • Forti FL, Armelin HA.SourceDepartamento de Bioquimica, Instituto de Quimica, Universidade de Sao Paulo, Av. Prof. Lineu Prestes, 748-Bl 09 Inf., Sl 922, Cidade Universitaria, Cep 05508-900, Sao Paulo-SP, Brazil.
  • Biochimica et biophysica acta.Biochim Biophys Acta.2011 Aug;1813(8):1438-45. Epub 2011 May 5.
  • The neurohypophyseal hormone arginine vasopressin (AVP) is a classic mitogen in many cells. In K-Ras-dependent mouse Y1 adrenocortical malignant cells, AVP elicits antagonistic responses such as the activation of the PKC and the ERK1/2 mitogenic pathways to down-regulate cyclin D1 gene expression, w
  • PMID 21571010

和文文献

  • 遺伝子プロファイルからみた非小細胞肺がん治療選択 (特集 パラダイムシフトを迎えた肺がん治療)
  • 平井 文彦,瀬戸 貴司
  • 呼吸器内科 19(4), 300-305, 2011-04
  • NAID 40018869212
  • Colon Cancer Arising in an Ulcer Scar due to Intestinal Behçets Disease
  • Yamada Masayoshi,Shiroeda Hisakazu,Nomura Tomoe,Hayashi Ranji,Sato Katsuaki,Tsutsumi Mikihiro,Arisawa Tomiyasu
  • Internal Medicine 50(5), 429-432, 2011
  • Neoplasms rarely arise in the intestinal lesion of Behçets disease. We present a 77-year-old man with Behçets disease who developed colon cancer in the ileocecal region. Ileocecal resection …
  • NAID 130000649853

関連リンク

ヒト遺伝子検査の基礎知識や遺伝子に関連する話題等をご紹介するとともに、 遺伝子という究極の個人情報の持つ独特の性質について、 できる限り多くの情報を提供していきたいと思います。
359-1757 進行大腸癌における K-ras の変異とセツキシマブの有益性 K-ras Mutations and Benefit from Cetuximab in Advanced Colorectal Cancer ... 背 景 化学療法が奏効しなかった大腸癌患者では,上皮成長因子受容体に対する ...
K-ras遺伝子とは,膵臓(すい臓)についての情報サイト。膵臓の働き、膵臓がん、膵炎などの病気や症状など。 ... 膵臓がん(すい臓がん)と病気 膵臓(すい臓)についての情報サイト。膵臓の働き、膵臓がん、膵炎などの病気や症状など。

関連画像

Figure 5. mit mutiertem und nicht mutiertem K-RASThe Role of Biomarkers in Targeted Therapy Immunohistochemistry with anti-K-Ras  miller looked at egfr and k ras mutationsRAS CITADINAS DISCOS


★リンクテーブル★
国試過去問105G032」「098G062」「100G060
リンク元子宮体癌」「胆嚢癌」「癌遺伝子
関連記事King」「K」「RAS」「k」「Kd

105G032」

  [★]

  • 機能の不活性化がヒトでの発癌につながる遺伝子はどれか。 2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 105G031]←[国試_105]→[105G033

098G062」

  [★]

  • がん抑制遺伝子はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G061]←[国試_098]→[098G063

100G060」

  [★]

  • がん抑制遺伝子はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G059]←[国試_100]→[100G061

子宮体癌」

  [★]

uterine corpus cancer, carcinoma of uterine corpus, cancer of the uterine body
carcinoma corporis uteri
子宮内膜癌 endometrial carcinoma endometrial cancer
子宮腫瘍産婦人科学子宮内膜増殖症(前癌病変)
  • G9M.157(進行期分類)

定義

  • 子宮体部内膜に発生する上皮性悪性腫瘍。

疫学

  • 発生頻度は欧米に多く、日本では少ない(女性人口10万当たり4)→高齢化、生活習慣との関連
  • 発症年齢は50歳代が最も多く、閉経後が7割を占める。40歳以下の婦人は5%程度。
  • 妊娠中および分娩後5年以内に体癌が発見されることはほとんどない。
  • 日本では近年増加傾向。子宮癌全体の30%を占める(みえる9.150)

リスクファクター

プロゲステロンに拮抗されずに、エストロゲンに長期暴露されることによる
  • 典型像:60歳くらいの太った未産の女性
  • 未婚不妊、閉経後、高い初婚・初妊年齢、少ない妊娠・出産回数、卵胞ホルモン服用歴、肥満
  • 卵巣機能異常(無排卵周期症PCOSなどの既往) → 正常量のエストロゲンが存在するものの、これに拮抗するプロゲステロンが欠乏する
出典不明

症状

  • ほとんどの場合に症状がある。
  • 9割で不正性器出血がみられる。そのほか過多月経、異常帯下、下腹部痛など。

子宮体癌の組織的分類

()内の頻度はG9M.155
  • 子宮内膜癌
  • 腺癌:ほとんどが腺癌

G9M.155

  • 腺癌(95%以上)
  • 類内膜癌(80-90%) → 類内膜腺癌(60-70%)、扁平上皮への分化を伴う類内膜腺癌(20-30%)
細胞異型が強い場合にはGradeを上げる。
  • Grade1(高分化型)充実増殖の占める割合が腺癌成分の5%以下。プロゲステロン受容体陽性率高。予後良好
  • Grade2(中分化型)充実増殖の占める割合が腺癌成分の6-50%。プロゲステロン受容体陽性率中。予後中等度
  • Grade3(低分化型)充実増殖の占める割合が腺癌成分の50%超。プロゲステロン受容体陽性率低。予後不良
  • その他(扁平上皮癌など(5%以下))

発生機序による分類

  • type I:エストロゲン依存性。発症は遺伝子変異とエストロゲンの長期持続刺激による子宮内膜細胞の異常増殖
  • type II:エストロゲン非依存性。子宮内膜異型増殖症を介さないで癌化する
  I型子宮体癌 II型子宮体癌
発生機序 エストロゲンへの長期暴露 de novo癌
好発年齢 閉経前-閉経早期  
頻度 80-90% 10-20%
病巣周辺の
子宮内膜異型増殖症
あり なし
組織型 類内膜腺癌 漿液性腺癌
明細胞腺癌
分化度 高分化型 低分化型
筋層浸潤 軽度 高度
予後 比較的良好 不良
遺伝子変異 K-ras, PTEN p53

検査

超音波エコー(経膣超音波)

腫瘍マーカー

MRI

  • T2画像が有用。
  • junctional zoneの菲薄化・欠損
  • 子宮内膜>腫瘍>筋層>junctional zone

診断

  • スクリーニング:細胞診
  • 子宮腔内の吸引あるいは擦過細胞診による検出率:90%以上
  • 子宮頚・腟部からの細胞採取による検出率:50%以下
  • 確定診断:子宮内膜の試験掻爬組織診

手術進行期分類 (日産婦 1995,FIGO1998)

原則として手術進行期分類を用い、手術を行っていない例では臨床進行期分類を用いる
体 → 頚 → 骨盤内 → 骨盤外
0期: 子宮内膜異型増殖症
I期: 子宮体部に限局
Ia期: 子宮内膜に限局
Ib期: 浸潤が子宮筋層1/2以内
Ic期: 浸潤が子宮筋層1/2を越える
II期: 子宮頸部に及ぶ
IIa期: 頸管腺のみ
IIb期: 頸部間質浸潤
III期: 子宮外に広がるが小骨盤腔を越えない、または所属リンパ節転移
IIIa期: 漿膜浸潤、付属器浸潤、腹膜細胞診陽性
IIIb期: 膣転移
IIIc期: 所属リンパ節転移(骨盤リンパ節傍大動脈リンパ節)
IV期: 小骨盤腔を越える、または明らかな膀胱または腸粘膜を侵す
IVa期: 膀胱、腸粘膜へ浸潤
IVb期: 遠隔転移(腹腔内リンパ節、鼠径リンパ節転移を含む)


転移

  • 直接浸潤
  • リンパ行性転移

症状

  • 不正性器出血、腹痛

治療

  • 手術療法、放射線療法、薬物療法(抗ガン剤、ホルモン療法)
  • 治療法の基本は手術療法(単純子宮全摘術、準広汎子宮全摘術、広汎子宮全摘術)。
  • 補助的に摘出術を追加することがある:両側付属器切除術、リンパ節郭清、部分大網切除術
  • 薬物療法・放射線療法:手術不能例、再発例、術後の補助療法

薬物療法

抗悪性腫瘍薬

  • シスプラチン、アドリアマイシン、タキサン系の多剤併用療法
化学療法のレジメン
参考:http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/nmk/cr/report/200702/502818.htm

ガイドライン的には「アンスラサイクリン系とプラチナ製剤を含む薬剤の選択が薦められている(グレードB)。タキサン系製剤も併用さているが、その十分な根拠は得られていない(グレードC)。(子宮体癌の治療ガイドライン2006年)

一般的な抗腫瘍薬による副作用

ホルモン療法

  • ホルモン療法単体:挙児希望のGrade1のIa期:高用量MPA
  • 術後補助療法:再発リスクの低い場合、高用量黄体ホルモン療法は非推奨(グレードD)(参考2)

手術療法

  • 1. 子宮摘出術
  • 単純子宮全摘術
  • 子宮体部に限局しているとき
  • 準広汎子宮全摘術
  • 子宮体部に限局しているとき
  • 広汎子宮全摘術
  • MRIや肉眼で明らかな頸部間質浸潤が認められるとき。
  • 2. 両側付属器切除術
  • 3. リンパ節郭清
  • 骨盤リンパ節郭清:基本的に施行。省略するのは、類内膜癌Grade1で、画像診断で病変が子宮内膜に限局すると推定される場合のみ。
  • 傍大動脈リンパ節郭清
  • 鼠径リンパ節郭清
  • 4. 部分大網切除術

傍大動脈リンパ節郭清術と部分大網切除術の適応

転移リスクが高いため
  • 1. 骨盤リンパ節転移例
  • 2. 付属器転移例
  • 3. 筋層浸潤が1/2を超す例
  • 4. 予後不良例(組織型が類内膜癌Grade3、漿液性腺癌明細胞腺癌、癌肉腫など)。太字の物は特に大網転移率が高い。

放射線療法

  • 子宮頚癌(扁平上皮癌)より放射線は有効ではない。 → 放射線療法は腺癌に奏効しづらい!!!

子宮温存を希望する若年性子宮体癌

  • 根治治療ではなく、いずれは子宮全摘が必要。
  • 再発例では子宮全摘

適応

  • 画像診断上Ia期(内膜限局)
  • G1の類内膜腺癌

治療

  • 子宮内膜全面掻爬
  • 高用量黄体ホルモン療法

予後

予後規定因子

  • 筋層浸潤の深さ、頚部浸潤、子宮外進展、リンパ節転移、病理組織型、組織学的分化度、血管・リンパ管侵襲

5年生存率

臨床進行期 5年生存率(%)
出典不明(相対) NGY.229
I 86 79
II 68 66.8
III 42 37.5
IV 16 8.5

国試


症例

  • 55歳の女性。不正性器出血を主訴に来院した。未経妊、閉経51歳。不妊治療をした経験がある。子宮は鶏卵大で卵巣は両側とも触知しない。経膣超音波で子宮内膜の肥厚が見られる。

子宮体癌治療ガイドライン(2006年)

  • FIGOは子宮体癌の手術進行期分類を採用。
  • 1)進行期決定のために手術術式の選択が必要である。
  • 2)子宮体癌は放射線感受性が低く、抗ガン剤の標準治療の確立が遅れている。
  • このことから子宮体癌では手術療法が第一選択。高齢や内科的合併症などの理由で、放射線療法が選択される場合もある。

参考

  • 1.
[display]http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/2006/10/post_d2b6.html
  • 2. 子宮体がん治療ガイドライン2009年版:(金原出版)
http://www.jsgo.gr.jp/guideline/taigan.html
  • 3. ガイドライン
http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0050/1/0050_G0000135_GL.html



胆嚢癌」

  [★]

gallbladder cancer, carcinoma of the gallbladder
胆道癌胆管癌

疫学

  • 高齢者女性。
  • 60歳代。男女比=1:2

リスクファクター(ガイドラインより)

  • 1. 膵・胆管合流異常
  • 胆管拡張をともなわない膵・胆管合流異常は胆嚢癌のハイリスクファクターである。
  • 膵・胆管合流異常の胆嚢において粘膜過形成,K-ras遺伝子変異,p53蛋白過剰発現が高頻度に認められる
  • 胆嚢癌の発生母地病変として腺腫や異型上皮,腸上皮化生が関与する可能性が報告されている
  • 胆嚢ポリープが10mm以上で,かつ増大傾向を認める場合,または大きさにかかわらず広基性病変では胆嚢癌の頻度が高いと考えられる。

不明

  • 現時点では胆嚢結石と胆嚢癌との直接的因果関係は証明されておらず,無症候性胆嚢結石の場合,長期間経過観察しても胆嚢癌が発生する危険は少ないといえる。
  • 胆嚢壁の石灰化や陶器様胆嚢と胆嚢癌との因果関係は現段階では統一見解がない。
  • 2. 胆嚢腺筋腫症
  • 現時点で胆嚢腺筋腫症が胆嚢癌のリスクファクターであるか否かの結論は得られていない。


早期癌

  • 早期胆嚢癌:組織学的深達度が粘膜(m)・固有筋層(mp)にとどまるもの。リンパ節転移の有無は問わない。癌の先端部がRokitansky-Aschoff sinusに限局していれば、深達度に寄らず粘膜内癌 (YN.B-74)

症状

  • 初期には無症状
  • 腹痛(72%)、黄疸(58%)、体重減少(47%)
  • 黄疸が出現した頃にはかなり進行している

検査

  • CT
[show details]

予後

  • 早期癌:op後の累積5年生存率は80%。
  • 進行癌:漿膜下層限局で5年生存率は50%。漿膜波及で10%。

ガイドライン

国試



癌遺伝子」

  [★]

oncogene
オンコジーン、腫瘍遺伝子、発癌遺伝子がん遺伝子発がん遺伝子
癌抑制遺伝子
  • 原癌遺伝子に変異が導入されて原癌遺伝子の働きが異常になった場合、この状態の遺伝子を癌遺伝子という。
  • K-rasc-erbB2N-mycc-mycc-abl/bcrBcl-2



King」

  [★]

WordNet   license wordnet

「United States guitar player and singer of the blues (born in 1925)」
B. B. King, Riley B King

WordNet   license wordnet

「United States woman tennis player (born in 1943)」
Billie Jean King, Billie Jean Moffitt King

WordNet   license wordnet

「United States charismatic civil rights leader and Baptist minister who campaigned against the segregation of Blacks (1929-1968)」
Martin Luther King, Martin Luther King Jr.


K」

  [★]

WordNet   license wordnet

「street names for ketamine」
jet, super acid, special K, honey oil, green, cat valium, super C

WordNet   license wordnet

「the 11th letter of the Roman alphabet」
k

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Kelvin / Kindergarten / (チェスの)King / kalium(ラテン語)(=potassium)の化学記号」


RAS」

  [★]



k」

  [★]


Kd」

  [★]

binding dissociation constantdissociation constant


"http://meddic.jp/K-ras" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡