IgD

出典: meddic

免疫グロブリンD immunoglobulin D IgD
  • immature B細胞でIgMと共に発現




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/11/26 17:03:34」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Manipulating mIgD-expressing B cells with anti-migis-δ monoclonal antibodies.
  • Chen NY, Hung AF, Lin CJ, Chen JB, Chu HM, Yu HM, Chang HY, Chang TW.SourceGenomics Research Center, Academia Sinica, Taipei, Taiwan; Institute of Molecular Medicine, National Tsing Hua University, Hsinchu, Taiwan.
  • Molecular immunology.Mol Immunol.2013 Mar;53(3):187-97. doi: 10.1016/j.molimm.2012.08.010. Epub 2012 Sep 1.
  • Surface IgD and IgM doubly positive cells comprise the major population of B cells in the human immune system. The heavy chain of membrane-bound IgD (mδ) differs from that of IgD (δ) in that mδ contains a C-terminal membrane-anchor peptide. Our group previously proposed that the N-terminal extrac
  • PMID 22944457
  • Induction of immunological memory response by vaccination with TM4SF5 epitope-CpG-DNA-liposome complex in a mouse hepatocellular carcinoma model.
  • Kwon S, Kim D, Park BK, Wu G, Park MC, Ha YW, Kwon HJ, Lee Y.SourceCenter for Medical Science Research, College of Medicine, Hallym University, Gangwon, Republic of Korea.
  • Oncology reports.Oncol Rep.2013 Feb;29(2):735-40. doi: 10.3892/or.2012.2130. Epub 2012 Nov 9.
  • The innovation of a peptide vaccine strategy may contribute to the development of efficacious and convenient cancer vaccines. Recently, we formulated an efficacious peptide vaccine without carriers using the natural phosphodiester bond CpG-DNA and a special liposo
  • PMID 23138455
  • Impact of anti-interleukin-6 receptor blockade on circulating T and B cell subsets in patients with systemic lupus erythematosus.
  • Shirota Y, Yarboro C, Fischer R, Pham TH, Lipsky P, Illei GG.SourceCorrespondence to Dr Gabor G Illei, Sjögren's Syndrome Clinic, National Institute of Dental and Craniofacial Research, National Institutes of Health, 10 Center Drive, Room 1N 110, Bethesda, Maryland 20892, USA; illeig@mail.nih.gov.
  • Annals of the rheumatic diseases.Ann Rheum Dis.2013 Jan;72(1):118-28. doi: 10.1136/annrheumdis-2012-201310. Epub 2012 Aug 2.
  • BACKGROUND: Circulating plasmablasts/plasma cells and activated B and T cells are increased in systemic lupus erythematosus (SLE). Interleukin (IL)-6 induces differentiation of B cells into antibody-forming cells and of T cells into effector cells.OBJECTIVE: To examine the hypothesis that blocking I
  • PMID 22858586

和文文献

  • PFAPA症候群20例の臨床的検討
  • 渡邊 愛可,足立 昌夫,小林 光郎 [他]
  • 日本小児科学会雑誌 116(5), 835-841, 2012-05
  • NAID 40019330513
  • 症例報告 全身性アミロイドーシスを合併したIgDλ型多発性骨髄腫
  • 長町 康弘,山内 尚文,村松 博士 [他]
  • 臨床血液 52(12), 1888-1892, 2011-12
  • NAID 40019139720

関連リンク

IGD is a research and training charity that helps the food and consumer goods industry deliver the needs of the public. ... Supply Chain Summit 2014 IGD’s Supply Chain Summit is the leading FMCG event for supply chain ...
IgD (免疫グロブリンD):血清IgDの測定は、特にIgD型骨髄腫(形質細胞腫)と原因不明の周期性発熱を伴う高IgD血症の場合に重要になります。

関連画像

figure 13 igd structure igd structure the Structure of IgDIGD Academy (@IGDacademy) | Twitter IgG, IgA, IgD, IgE, and IgM - stock photoImmunoglobulin D - WikiVet EnglishMCQ on Immunology - Antibodies or


★リンクテーブル★
国試過去問104E053」「105I055」「098G044」「100G051」「107D010」「108E032」「106B030」「096E028」「097E032」「105B021」「105G006」「101B047」「102E011
リンク元免疫グロブリン」「IgE」「IgM」「免疫グロブリンD
関連記事I」「Ig

104E053」

  [★]

  • 36歳の女性. 2日前から出現した呼吸困難と茶褐色の喀痰とを主訴に来院した。半年前から時々喘鳴を伴う呼吸困難咳嗽とが発作性に出現し、自宅近くの診療所気管支拡張薬副腎皮質ステロイド吸入薬とを処方されていた。意識は清明。体温37.0℃。脈拍96/分、整。血圧114/68mmHg。全肺野にwheezesを聴取する。赤沈30mm/1時間。血液所見: 赤血球 390万、Hb 11.2g/dl、Ht 37%、白血球 11,000(桿状核好中球3%、分葉核好中球41%、好酸球28%、好塩基球1%、単球2%、リンパ球25%)、血小板 32万。血液生化学所見に異常を認めない。胸部エックス線写真(別冊No.10A)と経気管支肺生検組織のH-E染色標本(別冊No.10B)とを別に示す。
  • この病態に関与する免疫グロブリンはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 104E052]←[国試_104]→[104E054

105I055」

  [★]

  • 27歳の男性。腹痛発疹とを主訴に来院した。3日前から腹痛と両下肢の赤い発疹とを生じた。両下腿から足背に浸潤を触れ、硝子圧試験で消退しない発疹が多発している。皮膚の病理組織学的検索で真皮上層に血管周囲性の炎症性細胞浸潤を認める。同時に蛍光抗体直接法を施行したところ免疫グロブリンの沈着を認める。下腿の写真(別冊No.12A)と皮膚生検組織の蛍光抗体直接法の写真(別冊No.12B)とを別に示す。
  • 沈着している免疫グロブリンはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I054]←[国試_105]→[105I056

098G044」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 098G043]←[国試_098]→[098G045

100G051」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100G050]←[国試_100]→[100G052

107D010」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107D009]←[国試_107]→[107D011

108E032」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 108E031]←[国試_108]→[108E033

106B030」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106B029]←[国試_106]→[106B031

096E028」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 096E027]←[国試_096]→[096E029

097E032」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 097E031]←[国試_097]→[097E033

105B021」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105B020]←[国試_105]→[105B022

105G006」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105G005]←[国試_105]→[105G007

101B047」

  [★]

  • 5量体の免疫グロブリンはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B046]←[国試_101]→[101B048

102E011」

  [★]

  • 腸管免疫で重要なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E010]←[国試_102]→[102E012

免疫グロブリン」

  [★]

immunoglobulin, Ig
抗体
HBグロブリンヴェノグロブリンガンマーグロブリンガンマガードガンマグロブリングロブリングロベニン-IサイモグロブリンサングロポールゼットブリンテタノセーラテタノブリンテタノブリンIHはぶ抗毒素ヒスタグロビンベニロン-IヘパトセーラヘブスブリンヘブスブリンIHポリグロビンまむし抗毒素抗Dグロブリン抗D人免疫グロブリン抗HBs人免疫グロブリン破傷風グロブリン
免疫T細胞受容体リンパ球抗原受容体
IgMIgDIgGIgAIgE

構造

  • H鎖とL鎖からなり、Igドメインをそれぞれ4つ(IgMIgEは5つ)、2つもつ。

胎児の免疫グロブリン

  • 胎児は母胎より免疫グロブリンをもらうが、生後六ヶ月で消失する (標準予防策実践マニュアル 南江堂 第2刷 p.12)
  • 自分で抗体を作る能力は3-6歳で完成する (標準予防策実践マニュアル 南江堂 第2刷 p.12)

免疫グロブリンの特性 (IMM.161)

抗体 IgG1 IgG2 IgG3 IgG4 IgM IgA1 IgA2 IgD IgE
重鎖 γ1 γ2 γ3 γ4 μ α1 α2 δ ε
分子量 146 146 165 146 970 160 160 184 188
補体活性化(古典的経路) ++ + +++ - ++++ - - - -
補体活性化(代替経路) - - - - - + - - -
胎盤通過 +++ + ++ ± - - - - -
食細胞FcRへの結合 + - + ± - + + - +
肥満細胞好塩基球への結合 - - - - - - - - +++
staphylococcal Protein Aとの反応性 + + ± + - - - - -

免疫グロブリンの遺伝子再構成 (IMM.144)

多様性の獲得機構

  • 多数のV遺伝子
  • VJとJDV遺伝子の組み換え
  • 組み換え時の不正確性(塩基欠損、付加、N塩基)(CDR3)
  • 体細胞突然変異(CDR1,CDR2)
  • H鎖とL鎖の組み合わせ

シグナル伝達

基準値

小児基準値研究班(編):日本人小児の臨床検査基準値。日本公衆衛生協会、1997
SPE.704
  IgG IgA IgM
1ヶ月 400 ~ 1030 ー ~ 24 21 ~ 96
6ヶ月 290 ~ 950 8 ~ 50 46 ~ 176
1歳 460 ~ 1220 470 ~ 1210 16 ~ 128 14 ~ 98 57 ~ 260 81 ~ 314
3歳 530 ~ 1340 540 ~ 1340 25 ~ 174 22 ~ 150 63 ~ 279 86 ~ 332
6歳 630 ~ 1490 650 ~ 1530 45 ~ 258 38 ~ 238 72 ~ 305 92 ~ 353
12歳 750 ~ 1660 790 ~ 1740 71 ~ 352 63 ~ 373 72 ~ 306 100 ~ 380
成人 680 ~ 1620 84 ~ 438 380 ~ 1620

臨床関連

免疫グロブリンの量的変化による疾患




IgE」

  [★]

免疫グロブリンE immunoglobulin E IgE、γE、gamma E
免疫グロブリンI型アレルギー高IgE血症低IgE血症
IgMIgDIgGIgA
レアギン皮膚感作抗体同種細胞親和性抗体


IgE産生の調節

IgEの性質

  IgE IgG1
H鎖のIgドメイン数 5 4
分子量(kDa) 188 146
炭化水素の比率(%) 12 2-3
血液(血清)中の半減期(days) 2.5 21
  • IgEは組織移行性が高い。FcεRIの結合部位はN末端から2,3番目のC領域である。

IgEが異常値を呈する病態 OLM.390 LAB.853

  • 肺塞栓、心筋梗塞、脳梗塞(CBT QB vol3 p.320)

高値


IgM」

  [★]

免疫グロブリン
IgD, IgG, IgE, IgA
  • 五量体を形成
  • 凝集能が高い

臨床関連

免疫グロブリンD」

  [★]

immunoglobulin DIgD


I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」

Ig」

  [★] 免疫グロブリン immunoglobulin


"http://meddic.jp/IgD" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡