IPEX

出典: meddic

immunodysregulation, polyendocrinopathy and enteropathy, X-linked
IPEX症候群 IPEX syndrome


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/22 17:59:03」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Novel pathogenic variants in FOXP3 in fetuses with echogenic bowel and skin desquamation identified by ultrasound.
  • Louie RJ1, Tan QK2, Gilner JB2, Rogers RC1, Younge N2, Wechsler SB2, McDonald MT2, Gordon B1, Saski CA3, Jones JR1, Chapman SJ4, Stevenson RE1, Sleasman JW2, Friez MJ1.
  • American journal of medical genetics. Part A.Am J Med Genet A.2017 May;173(5):1219-1225. doi: 10.1002/ajmg.a.38144. Epub 2017 Mar 20.
  • PMID 28317311
  • Influence of instrument size and varying electrical resistance of root canal instruments on accuracy of three electronic root canal length measurement devices.
  • Aggarwal V1, Singla M2, Bhasin SS3.
  • International endodontic journal.Int Endod J.2017 May;50(5):506-511. doi: 10.1111/iej.12649. Epub 2016 May 5.
  • PMID 27079789
  • Persistent Enteropathy in a Toddler with a Novel FOXP3 Mutation and Normal FOXP3 Protein Expression.
  • Seghezzo S1, Bleesing JJ2, Kucuk ZY3.
  • The Journal of pediatrics.J Pediatr.2017 Apr 27. pii: S0022-3476(17)30463-8. doi: 10.1016/j.jpeds.2017.03.051. [Epub ahead of print]
  • PMID 28457527

和文文献

  • 国際印刷機材展「IPEX 2010」視察記--新聞デジタル印刷の商用化に向けて
  • デジタルがオフセットを追い越したIPEX2010

関連リンク

アイペックスは、第一精工株式会社のコネクタブランドです、高速伝送、高周波特性に優れたコネクタを開発しています。 ... タイプで探す 超小型RF同軸コネクタ Micro RF Coax Connector FPC/FFCコネクタ FPC/FFC Connector 細線同軸 ...
I-PEX(アイペックス)のコネクタ製品検索サイトです。第一精工のコネクタブランドとして、細線同軸・FPC/FFC・超小型RF同軸・ドッキング・基板対基板・基板対ケーブルコネクタの開発・製造・販売をしています。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元免疫不全症候群
拡張検索IPEX syndrome
関連記事IP

免疫不全症候群」

  [★]

immunodeficiency syndrome, immunodeficiency
免疫不全症免疫不全 immune deficiencyimmunodeficiency disease immunodeficiency disorder ID
先天性免疫不全症原発性免疫不全症免疫不全患者

先天性免疫不全症候群

  • 抗体欠乏を主徴とする免疫不全症:B細胞の内因性欠陥またはT-B細胞相互間の異常により,抗体産生が障害された疾患群で,最も頻度が高い(原発性免疫不全症の約45%)
  • その他
  • 1. Wiskott-Aldrich症候群 WAS:血小板減少、免疫低下、湿疹。X連鎖劣性遺伝。WASpをコードする遺伝子の変異による。T細胞における免疫シナプス形成不全が本態。IgG,IgMは正常~低下、IgE, IgAは増加。リンパ球数は漸減。
  • 2. DNA修復の欠陥
  • 毛細血管拡張性運動失調症 ataxia telangiectasia AT:毛細血管拡張、小脳失調症、。常染色体劣性遺伝。ATM蛋白は細胞周期制御、DNA調節に関与していると考えられ、遺伝子異常により(in vitroで?)放射線高感受性、細胞周期の異常、染色体脆弱性が認められる。T細胞減少、IgA,IgE減少。IgG2,IgG4も減少。
  • 3. 胸腺の欠損
  • 4. immuno-osseous dysplasia
  • 5. 高IgE症候群 HIES
  • 6. 皮膚粘膜カンジダ症
  • 7. 免疫不全を伴う肝静脈閉鎖症
  • 8. Hoyerall-Hreidarsson症候群
  • 免疫調節異常
  • 1. 白子症を伴う免疫不全
  • Chediak-Higashi症候群 CHS:好中球機能低下、NK細胞機能低下、白子症。常染色体劣性遺伝。細胞内輸送蛋白(CHS1)の調節の異常により巨大顆粒の形成、殺菌性蛋白・溶菌性酵素の食胞内放出が障害される。
  • 貪食細胞の数、機能、もしくは両方の異常
  • ADA欠損症
  • RAG-1/2欠損症:TCR,BCRの遺伝子再構成において、RSSの認識と切断に関わるリコンビナーゼを欠損
  • Artemis欠損症:TCR,BCRの遺伝子再構成において、RAGによる切断末端の修復に関わる酵素Artemisの欠損
  • LIG IV欠損症
  • TREC定量
  • CVID/IgA欠損症

免疫不全症に伴う反復感染の病原体

  • 細菌性       → 抗体、補体、貪食細胞の欠損・障害
  • 真菌性、ウイルス性 → T細胞の欠損・障害

免疫不全症に伴う感染症

  • 1. 体液性免疫不全:B細胞欠損、Ig欠損・機能不全
重症感染症
侵襲性の強いグラム陽性菌による肺炎敗血症、髄膜炎、中耳炎
Stapylococcus pneumonia, Stapylococcus pyrogens, Haemophilis influenzae
  • 2. 細胞性免疫不全:T細胞欠損・機能不全
日和見感染を起こす
1) 重症感染症
侵襲性の弱いグラム陰性菌による肺炎、敗血症、皮膚感染症
Psudomonas, Escherichia coli, Seratia
2) ウイルス感染
cytomegalovirus, helpes simplex virus, varicela zoaster virus
3) 真菌感染
Candida albicans, cryptococcus, aspergillus
4) 原虫
  • 3. 複合型免疫不全症(体液性免疫と細胞性免疫の両方の異常)
SCID
①+②
  • 4. 食細胞機能異常
細菌感染症による肺炎、皮膚炎、化膿性リンパ節炎 → 重症ではない

参考

  • 1. 先天性免疫不全症候群 - MyMed
[display]http://mymed.jp/di/d42.html




IPEX syndrome」

  [★]

immune-dysregulation, polylendocrinopathy, enteropathy, X-linked


IP」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(野球で)innings pitched」


"http://meddic.jp/IPEX" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡