IMV

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/22 15:10:16」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Structural studies of the O-polysaccharide of Pragia fontium 97U124 containing 2-acetamido-2,4,6-trideoxy-4-(d-glyceroyl)amino-d-glucose.
  • Valueva OA, Zdorovenko EL, Varbanets LD, Shubchinskiy VV, Shashkov AS, Knirel YA.SourceN.D. Zelinsky Institute of Organic Chemistry, Russian Academy of Sciences, 119991 Moscow, Russia.
  • Carbohydrate research.Carbohydr Res.2012 Jul 1;355:96-9. Epub 2012 Apr 24.
  • The O-polysaccharide was obtained by acid hydrolysis of the lipopolysaccharide of Pragia fontium 97U124 and studied by sugar analysis and 1D and 2D NMR spectroscopy. A new bacillosamine derivative, 2-acetamido-2,4,6-trideoxy-4-(d-glyceroyl)amino-d-glucose (d-QuiNAc4NAcyl), was identified as a polysa
  • PMID 22591556
  • The adaptor protein FHL2 enhances the cellular innate immune response to influenza A virus infection.
  • Nordhoff C, Hillesheim A, Walter BM, Haasbach E, Planz O, Ehrhardt C, Ludwig S, Wixler V.SourceInstitute of Molecular Virology (IMV), Centre of Molecular Biology of Inflammation (ZMBE), University of Muenster, Von-Esmarch-Str. 56, D-48149 Muenster, Germany Interfaculty Institute for Cell Biology, Department of Immunology, Auf der Morgenstelle 15, 72076 Tuebingen, Germany.
  • Cellular microbiology.Cell Microbiol.2012 Jul;14(7):1135-47. doi: 10.1111/j.1462-5822.2012.01787.x. Epub 2012 Apr 12.
  • The innate immune response of influenza A virus-infected cells is predominantly mediated by type I interferon-induced proteins. Expression of the interferon β (IFNβ) itself is initiated by accumulating viral RNA and is transmitted by different signalling cascades that feed into activation of the t
  • PMID 22417706

和文文献

  • 人工呼吸器の設定モード (特集 人工呼吸器を装着している小児の看護) -- (知っておきたい知識)
  • ビジネスレポート IMVがタイに進出 : 「テストラボ」としてBOIから8年間の法人税の免税

関連リンク

IMVは1957年の設立以来、振動問題のソリューションパートナーとしてさまざまな分野と携わってきました。 ... 2013.09.12 2013年9月9日TV大阪の番組「アジアに勝機あり」に当社が出演いたしました。 2013.09.05 カードバイブロAir2のアプリを ...
2009年よりIMVの標準システムとして提供しております省エネ型振動シミュレーションシステム/エコシェーカーは導入戴いたお客様から期待通りの省エネ効果を発揮していると好評です。今回導入後約5カ月が経過されたお客様をご紹介します。 ...

関連画像

トヨタIMV、ハイラックス BMC B-serija, 4 cilindrični, 1622 ccm The various models in the IMV projectImv 1600New Toyota FortunerトヨタIMV、キジャン・イノーバ


★リンクテーブル★
国試過去問097A013」「108A060」「102G040
リンク元人工呼吸」「人工呼吸器」「間欠的強制換気」「下腰静脈
拡張検索SIMV
関連記事I」「IM

097A013」

  [★]

  • 65歳の男性。腹部外傷のため、全身麻酔下に開腹脾摘術を受け、気管内挿管のままICUに収容された。生来健康で、喫煙歴は30歳から1日20本程度であった。術前の胸部エックス線写真と心電図とに異常はなかった。ICU入室時、人工呼吸下の血行動態は安定し、呼吸音に異常はなく、動脈血ガス分析(調節呼吸、FIO2 0.4)はpH7.41、PaO2 135Torr、PaCO2 35Torr、BE -1mEq/lであった。入室の翌朝、左肺の呼吸音が消失し、動脈血ガス分析(間欠的強制換気(IMV)、FIO2 0.4)はpH7.35、PaO2 68Torr、PaCO2 42Torr、BE -3mEq/lであった。血行動態に変化はみられない。このときの胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 適切な対応はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)


[正答]
※国試ナビ4※ 097A012]←[国試_097]→[097A014

108A060」

  [★]

  • 58歳の男性。頑固な不眠と日中の眠気とを主訴に妻に伴われて来院した。 2年前から熟睡感がないと訴えるようになり、日中の疲労感が強く、よく居眠りをするようになった。職場では上司から仕事の能率低下を指摘されている。妻によると、 2年前から夜間のいびきがひどく、時々呼吸が止まったようになるとのことであった。意識は清明。抑うつ気分や不安を認めない。身長 165 cm、体重 90 kg。体温 36.7℃。脈拍 88/分、整。血圧 140/88 mmHg。呼吸数 14/分。 SpO2 96% ( room air)。咽喉頭に異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。ポリソムノグラフィにて無呼吸指数 48(基準 5未満 )。
  • この患者に行うべき対応として適切なのはどれか。3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 108A059]←[国試_108]→[108B001

102G040」

  [★]

  • 自発呼吸を残さない人工呼吸はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G039]←[国試_102]→[102G041

人工呼吸」

  [★]

artificial respiration, artificial ventilation

概念

  • 1. 人工的に呼吸を行わせること。このため、伝統的なmouth to mouthからバックアンドバルブマスク、あるいは人工呼吸器を用いて行う。
  • 2. 一次救命処置の中における処置 → 人工呼吸#一次救命処置

人工呼吸適応

SAN.422
  • 肺活量 < 10ml/kg, PaO2 < 55 mmHg(50%以上の酸素投与下), 呼吸回数 > 35/min, 努力呼吸, 吸引圧 < -25cmH2O

人工呼吸のモード

送気制御パターンによる分類

  • 量規定換気 volume controlled ventilation VCV
  • 圧規定換気 [[]] PCV

換気モード

人工呼吸を補助するモード

  • 呼気終末陽圧 positive end-inspiratory pressure
  • 吸気プラトー → 吸気ガス不均等分布の改善 EID

人工呼吸の合併症

  • 1. 血圧低下(静脈還流の低下、心機能低下)
  • 2. 圧外傷(気胸・縦隔腫瘍)
  • 3. 酸素中毒による無気肺、肺浮腫
  • 4. 気管潰瘍、穿孔、狭窄
  • 5. 尿量減少(ADH増加、心拍出量減少)
  • 6. 脳圧亢進(PEEPによる静脈還流↓)
  • 7. 消化管出血(ストレス)
  • 8. 精神的苦痛(気管挿入)
  • 9. 感染(人工呼吸器関連肺炎)

一次救命処置

ISBN 978-4892695667 p.100
  • 口腔内の異物を除去
  • 脈拍があり、呼吸がない場合の人工呼吸:成人では10/分、小児では12-20回/分のペースで息を吹き込む。
  • 小児の場合、呼吸数が10/分未満の場合、人工呼吸が考慮される。

BLS

  • 1秒かけて息を吹き込む。
  • 1人法の場合は30回の胸骨圧迫の後に2回人工呼吸を行う。
  • 2人法の場合も原則同様。ただし、幼小児の場合のみ15回の胸骨圧迫の後に2回人工呼吸を行う。
  • 成人の場合は5-6秒に1回、小児に対しては3-5秒に1回の人工呼吸を行う(AHA BLSヘルスケアプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2005年準拠)


人工呼吸器」

  [★]

ventilator, mechanical ventilator, artificial ventilator
ベンチレーター ベンチレータレスピレータ respirator artificial respirator
手動人工呼吸器
[show details]

モード

初期設定

PALS AHAガイドライン2010年準拠 p.176
酸素 94-99%
1回換気量(従量式換気) 6-8ml/kg
吸気時間 0.5-1秒
最大吸気圧(従圧式換気) 20-30cmH2O
呼吸数 乳児 20-30回/分
小児 16-20回/分
青少年 8-12回/分
PEEP 3-5cmH2O



間欠的強制換気」

  [★]

intermittent mandatory ventilation IMV
間欠的陽圧人工換気
呼吸同期性間欠的強制換気人工呼吸器
  • 用途:人工呼吸器からの離脱
  • 換気様式:自発呼吸 +(間欠的に)強制換気



下腰静脈」

  [★]

inferior lumbar vein IMV


SIMV」

  [★] 呼吸同期性間欠的強制換気 synchronized intermittent mandatory ventilation


I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」


IM」

  [★]


"http://meddic.jp/IMV" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡