IMP

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/20 13:39:45」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • On-line blood viscosity monitoring in vivo with a central venous catheter, using electrical impedance technique.
  • Pop GA, Bisschops LL, Iliev B, Struijk PC, Hoeven JG, Hoedemaekers CW.SourceDepartment of Cardiology, Radboud University Nijmegen Medical Centre, P.O Box 9101, 6500 HB Nijmegen, The Netherlands. Electronic address: G.Pop@cardio.umcn.nl.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2013 Mar 15;41:595-601. doi: 10.1016/j.bios.2012.09.033. Epub 2012 Oct 4.
  • Blood viscosity is an important determinant of microvascular hemodynamics and also reflects systemic inflammation. Viscosity of blood strongly depends on the shear rate and can be characterized by a two parameter power-law model. Other major determinants of blood viscosity are hematocrit, level of i
  • PMID 23089327
  • Lipid-protein nanodiscs promote in vitro folding of transmembrane domains of multi-helical and multimeric membrane proteins.
  • Shenkarev ZO, Lyukmanova EN, Butenko IO, Petrovskaya LE, Paramonov AS, Shulepko MA, Nekrasova OV, Kirpichnikov MP, Arseniev AS.SourceShemyakin-Ovchinnikov Institute of Bioorganic Chemistry, Russian Academy of Sciences, str. Miklukho-Maklaya 16/10, Moscow, 117997 Russian Federation. Electronic address: zh@nmr.ru.
  • Biochimica et biophysica acta.Biochim Biophys Acta.2013 Feb;1828(2):776-84. doi: 10.1016/j.bbamem.2012.11.005. Epub 2012 Nov 13.
  • Production of helical integral membrane proteins (IMPs) in a folded state is a necessary prerequisite for their functional and structural studies. In many cases large-scale expression of IMPs in cell-based and cell-free systems results in misfolded proteins, which should be refolded in vitro. Here u
  • PMID 23159810
  • Discontinuous and continuous purification of single-chain antibody fragments using immobilized metal ion affinity chromatography.
  • Martínez Cristancho CA, David F, Franco-Lara E, Seidel-Morgenstern A.SourceMax Planck Institute for Dynamics of Complex Technical Systems, Sandtorstr. 1, 39106 Magdeburg, Germany.
  • Journal of biotechnology.J Biotechnol.2013 Jan 20;163(2):233-42. doi: 10.1016/j.jbiotec.2012.08.022. Epub 2012 Sep 14.
  • This work describes the adsorption-desorption behavior of a histidine-tagged single-chain Fragment variable antibody (D1.3 scFv) on a commercial immobilized metal ion affinity chromatography (IMAC) column. A clarified cell culture supernatant originating from Bacillus megaterium was characterized us
  • PMID 22985797

和文文献

関連リンク

おサイフケイタイiDとPiTaPaがご利用可能です。 ※但し、除外店舗もございますので、ご利用の際はご確認ください。 ... 1F Gloria Jean's レモンと苺の酸味がベストマッチ。暑い夏にぴったりな喉越し爽やかなフローズンドリンク。 1F Mister ...
Loading... · logo · about us · detail · promotion movie · store · 次へ

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みN-isopropyl-p-iodoamphetamine」「idiopathic mesenteric phlebosclerosis
リンク元ヒポキサンチン・グアニンホスホリボシルトランスフェラーゼ」「特発性腸間膜静脈硬化症」「テトラヒドロ葉酸」「5-ホスホリボシル1α-二リン酸」「イノシトール一リン酸
拡張検索123I-IMP」「IMP dehydrogenase」「TIMP-2」「BLIMP-1
関連記事I」「imp」「IM

N-isopropyl-p-iodoamphetamine」

  [★] N-イソプロピルパラヨードアンフェタミン


idiopathic mesenteric phlebosclerosis」

  [★] 特発性腸間膜静脈硬化症

ヒポキサンチン・グアニンホスホリボシルトランスフェラーゼ」

  [★]

hypoxanthine-guanine phosphoribosyltransferase HGPRT
ヒポキサンチングアニンホスホリボシルトランスフェラーゼ,ヒポキサンチン-グアニンホスホリボシルトランスフェラーゼ
ヒポキサンチンホスホリボシルトランスフェラーゼ hypoxanthine phosphoribosyltransferase, HPRT
アデニンホスホリボシルトランスフェラーゼ APRT
  • プリンヌクレオチド合成系路におけるサルベージ経路で機能する ⇔ de novo経路(リボース5-リン酸から始まるプリン合成系路)
  • 以下の反応を触媒。
ヒポキサンチン + PRPP ←(HGPRT)→ IMP + PPi
グアニン    + PRPP ←(HGPRT)→ GMP + PPi
アデニン    + PRPP ←(APRT)→ AMP + PPi

臨床関連


特発性腸間膜静脈硬化症」

  [★]

idiopathic mesenteric phlebosclerosis, IMP
山梔子 サンシシ、間膜静脈、腸間膜静脈硬化症

漢方薬

  • サンシシに含まれるゲニポシドが腸間膜静脈の石灰化と関連していると考えられている。

山梔子を含む方剤


参考

[display]http://ci.nii.ac.jp/naid/10030293861
[display]https://www.jstage.jst.go.jp/article/gee/54/3/54_3_455/_pdf

テトラヒドロ葉酸」

  [★]

tetrahydrofolate THF, tetrahydrofolic acid THFA H4FA
メチルTHF、活性C1単位葉酸プテリジン


dUMPdTMP
  • IMPの合成
IMPの合成(IMPからはAMP, GMPができる)



5-ホスホリボシル1α-二リン酸」

  [★]

phosphoribosylpyrophosphate,5-phosphoribosyl 1-pyrophosphate ,PRPP
5-ホスホリボシル1-ピロリン酸ホスホリボシルピロリン酸 phosphoribosyl pyrophosphate5-ホスホリボシル1-二リン酸 5-phosphoribosyl 1-diphosphate


イノシトール一リン酸」

  [★]

inositol monophosphate, IMP
イノシトールリン酸, イノシトール1リン酸

IMPの生合成

123I-IMP」

  [★]

塩化N-イソプロピル-p-ヨードアンフェタミン(123I)
N-isopropyl-p-[123I]iodoamphetamine
N-イソプロピルパラヨードアンフェタミン
  • 高い脂溶性により血流に比例して脳組織に取り込まれ、血流にしたがってゆっくりと洗い流される。
  • 特徴:
  • 123I-IMPの集積は高潔流域でも脳血流と比較的直線に近い関係を持つ。
  • 特に早期の集積(5-30分)における集積量と血流量が良い相関を示すので、投与後5-15分の画像を得ることが重要


IMP dehydrogenase」

  [★]

イノシン一リン酸デヒドロゲナーゼイノシン酸デヒドロゲナーゼイノシン酸脱水素酵素


TIMP-2」

  [★]

tissue inhibitor of metalloproteinase-2

BLIMP-1」

  [★]

B-lymphocyte-induced maturation protein 1&B-cell development

I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」

imp」

  [★]

WordNet   license wordnet

「one who is playfully mischievous」
scamp, monkey, rascal, rapscallion, scalawag, scallywag

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「小悪魔;悪魔の子 / わんばく」


IM」

  [★]


"http://meddic.jp/IMP" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡