IL-5

出典: meddic

interleukin-5, interleukin 5
インターロイキン

産生細胞

機能

受容体




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/07 14:39:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Prognostic factors for recurrence after endoscopic sinus surgery for chronic rhinosinusitis with nasal polyps.
  • Nakayama T1, Asaka D2, Kanaya H3, Kuboki A4, Haruna S3.
  • Auris, nasus, larynx.Auris Nasus Larynx.2016 Dec;43(6):641-7. doi: 10.1016/j.anl.2016.02.015. Epub 2016 Mar 14.
  • OBJECTIVE: In this study, we aimed to clarify the prognostic factors affecting the ethmoid condition during a long-term follow-up after endoscopic sinus surgery in patients with chronic rhinosinusitis with nasal polyps (CRSwNP).METHODS: Thirty-six patients with CRSwNP underwent surgery from December
  • PMID 26987817
  • Spent coffee grounds, an innovative source of colonic fermentable compounds, inhibit inflammatory mediators in vitro.
  • López-Barrera DM1, Vázquez-Sánchez K1, Loarca-Piña MG1, Campos-Vega R2.
  • Food chemistry.Food Chem.2016 Dec 1;212:282-90. doi: 10.1016/j.foodchem.2016.05.175. Epub 2016 May 30.
  • Spent coffee grounds (SCG), rich in dietary fiber can be fermented by colon microbiota producing short-chain fatty acids (SCFAs) with the ability to prevent inflammation. We investigated SCG anti-inflammatory effects by evaluating its composition, phenolic compounds, and fermentability by the human
  • PMID 27374534
  • Emerging therapeutics for ocular surface disease.
  • Bielory BP1, Shah SP, O'Brien TP, Perez VL, Bielory L.
  • Current opinion in allergy and clinical immunology.Curr Opin Allergy Clin Immunol.2016 Oct;16(5):477-486.
  • PURPOSE OF REVIEW: The present review provides an overview on the potential of different systemic and topical treatments in chronic forms of ocular allergy and dry eye disorder (DED). The impact on anterior surface of ocular inflammatory disorder encompasses an array of conditions, which are frequen
  • PMID 27585059

和文文献

  • 好酸球性副鼻腔炎における好酸球浸潤の機序
  • 大堀 純一郎,黒野 祐一
  • 耳鼻咽喉科臨床 104(7), 465-473, 2011-07-01
  • … Tumor necrosis factor (TNF)-a or interleukin (IL)-4 stimulation increases VCAM-1 expression in vascular endothelial cells, multiplying nasal polyp fibroblasts. … Eotaxin, a chemokine involved in eosinophil chemotaxis, is expressed significantly more highly in nasal polyp fibroblasts from those with ECRS in TNF-α and IL-4 costimulation than in those without ECRS. …
  • NAID 10029062670
  • 消化管炎症マーカーと過敏性腸症候群(シンポジウム:脳腸相関と腸管炎症,2010年,第51回日本心身医学会総会ならびに学術講演会(仙台))
  • 千葉 俊美,佐藤 邦彦,松田 望,鳥谷 洋右,遠藤 啓,織笠 俊輔,小坂 崇,斎藤 慎二,安孫子 幸人,春日井 聡,小穴 修平,遠藤 昌樹,鈴木 一幸
  • 心身医学 51(4), 312-316, 2011-04-01
  • … した.血清17種類のサイトカイン(IL-1β,2,4,5,6,7,8,10,12,13,17,TNF-α,INF-γ,G-CSF,GM-CSF,MIP-1β,MCP-1)をBio-Plex Suspension Array Basic Systemを用いて測定した.結果:IBS全体において,血清サイトカインのIL-5において有意に低下を認めた.下痢型のMCP-1が便秘型と比較して有意に高値であった.結論:IBSの治療によるIL-5の低下や下痢型のMCP-1の高値はIB …
  • NAID 110008593579
  • Influence of Lactobacillus pentosus S-PT84 Ingestion on the Mucosal Immunity of Healthy and Salmonella Typhimurium-Infected Mice
  • IZUMO Takayuki,IZUMI Fumi,NAKAGAWA Ichiro,KITAGAWA Yoshinori,SHIBATA Hiroshi,KISO Yoshinobu
  • Bioscience and microflora 30(2), 27-35, 2011-04-01
  • … Oral administration of S-PT84 enhanced IL-5 and IL-6 production from Peyers patch cells in vitro, with a concomitant significant increase in IgA production from Peyers patch cells, which may explain the mechanism of enhanced IgA production in the small intestine in vivo. …
  • NAID 10028222240

関連リンク

インターロイキン-5(Interleukin-5:IL-5) インターロイキン-5(IL-5)は、主として活性化T細胞および肥満細胞より産生され、B細胞や好酸球の活性化、増殖・分化に重要な役割を演じるサイトカインである。また、IL-2共存下の細胞傷害性T ...
... IL4 and IL5 expression levels are elevated in T cells from allergic rhinitis patients. IL-5 and IL-8 are the key cytokines in the formation of nasal polyps. Suggest that IL-5 responses in cord blood samples were strongly related to ...

関連画像

Frei Otto - IL 5IL-5 Signaling Pathway funkcje il 5 przedstawiono na ryc 2Frei Otto - IL 5Data for Anti-Human/Mouse IL-5 Purified.FIGURE 1 | A central role for inflammatory


★リンクテーブル★
国試過去問106B022」「103E025
リンク元サイトカイン」「ホジキンリンパ腫」「ヘルパーT細胞」「T細胞」「免疫
拡張検索IL-5 receptor」「IL-5受容体」「IL-5レセプター
関連記事I」「IL

106B022」

  [★]

  • IgE産生に関連が深いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B021]←[国試_106]→[106B023

103E025」

  [★]

  • IgE抗体の産生を促進させるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E024]←[国試_103]→[103E026

サイトカイン」

  [★]

cyto=cell kin(e)=small substance
ex. manikine
細胞が分泌する糖タンパク質で、生物活性(増殖・分化・タンパク産生誘導などを)を有するもの
cytokine, cytokines
サイトカイン受容体インターロイキンリンホカイン

生態情報伝達方式

  • 傍分泌系、自己分泌系により情報を伝達する。局所ホルモンともいえる(ホルモンは血流を介して他臓器に働く)

産生細胞・機能による分類名

機能

機能 サブグループ サイトカイン 標的 機能
炎症性サイトカイン TNFファミリー TNF-α 白血球上皮細胞 活性化
インターロイキン IL-1 上皮細胞リンパ球 活性化
IL-6 種々の細胞 活性化
IL-8 白血球 炎症部位遊走
T細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 T細胞 活性化。増殖
IL-4 T細胞 増殖
Th2細胞 分化誘導
IL-12 Th1細胞 分化誘導
インターフェロン IFN-γ Th2細胞 分化抑制
B細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 B細胞 活性化
IL-4 B細胞 活性化、増殖、分化
IL-5 B細胞 活性化、増殖
IL-6 B細胞 増殖、分化
  TGF-β B細胞 分化(IgA分泌)
アレルギー調節サイトカイン インターロイキン IL-3 肥満細胞 増殖、分化促進
IL-4 B細胞 IgEクラススイッチ促進
IL-5 好酸球 増殖、分化促進
IL-13 B細胞 IgEクラススイッチ促進
インターフェロン IFN-γ B細胞 IgEクラススイッチ抑制
走化性サイトカイン(ケモカイン) CCケモカイン MIP-1 好中球 遊走
MIP-2
RANTES 単球
CXCケモカイン IL-8 好中球リンパ球好塩基球
SDF-1
造血系サイトカイン   SCF    
インターロイキン IL-7    
  erythropoietin    
コロニー刺激因子 GM-CSF    
G-CSF    
M-CSF    

サイトカインのシグナル伝達 JAK/STAT pathway (IMM.245-246)

組み換えサイトカインと臨床利用 first aid step1 2006 p.327

agent clinical uses
aldesleukin interleukin-2 renal cell carcinoma, metastatic melanoma
erythropoietin epoetin anemias (especially in renal failure)
filgrastim granulocyte colony-stimulating factor recovery of bone marrow
sargramostim granulocyte-macrophage colony stimulating factor recovery of bone marrow
α-interferon   hepatitis B and C, Kaposi's sarcoma, leukemias, malignant melanoma
β-interferon   multiple sclerosis
γ-interferon   chronic granulomatous disease
oprelvekin interleukin-11 thrombocytopenia
thrombopoietin   thrombocytopenia




ホジキンリンパ腫」

  [★]

Hodgkin's lymphoma Hodgkin lymphoma HL
Hodgkinリンパ腫ホジキン病 (国試)Hodgkin病 Hodgkin disease Hodgkin's disease HD
悪性リンパ腫
[show details]

概念

疫学

  • 日本では悪性リンパ腫の約10%を占める ⇔ 欧米では30%程度。
  • 好発年齢:若年者、中・高年者

病因

  • 不明

病型

  • 病理組織的な特徴から分類。
  • A. 結節性リンパ球優勢型
  • B. 古典型:ホジキン細胞の表面抗原(CD15+, CD20-, CD30+, CD45-)
  • 1) 結節硬化型:高頻度
  • 2) 混合細胞型:1)に次ぐが少ない。
  • 3) リンパ球豊富型
  • 4) リンパ球減少型
  • リンパ球減少型と混合細胞型はHIV感染患者によくみられる(HIM.699)

病期分類

参考2 YN.G-59
Ann Arbor 分類(Cotswolds 改訂)
I期 一リンパ節領域、またはリンパ組織(扁桃腺、脾臓、胸腺など)に病変が限局している場合。リンパ節以外の臓器の限局的なリンパ腫の病変がある場合。
II期 横隔膜を境界として、その上・下いずれか一方に限局した、二つ以上のリンパ節領域・リンパ組織の病変、もしくは一つのリンパ節領域・リンパ組織の病変と一つの非リンパ性臓器の浸潤
III期 横隔膜の両側に及ぶ、リンパ節領域・リンパ組織の病変
IV期 広汎な、リンパ節以外の臓器への浸潤
継続または繰り返す38度以上の原因不明の発熱、盗汗、6ヶ月以内での10%以上の体重減少、などのどれかの症状があるときB。無い場合はA。

病理

  • 背景となる細胞は、リード・シュテルンベルグ細胞がサイトカイン(IL-5IL-6IL-13TNFGM-CSF)を放出したために遊走してきた細胞である。(APT.83)

病態

  • 炎症症状+免疫不全症状
  • リンパ節に原発、とりわけ頚部のリンパ節に原発して、リンパ節に沿って連続的に進展する。
  • ホジキン細胞が各種のサイトカインを放出する結果、炎症に伴う症状・検査値の異常を呈する。(WCH.2527)
  • 免疫不全はリンパ球の減少に伴うものと考えられる。 →  ツベルクリン反応陰性 ← 細胞性免疫能の低下

症状

  • 発熱、リンパ節腫脹
  • 皮膚症状、遠隔部の症状(中枢神経、ネフローゼ症候群、免疫性溶血性貧血、血小板減少症、高カリウム血症、アルコール摂取時のリンパ節の疼痛)

HIM.699

  • (ほとんどの患者)圧痛を伴わないリンパ節の腫脹:頚部、鎖骨上部、腋窩
  • (半数以上の患者)(診断時に)縦隔リンパ節腫脹
  • (1/3の患者)発熱、寝汗(night sweat)、and/or 体重減少 → B症状(予後の悪さと関連)

発熱

  • 不明熱の原因としてホジキンリンパ腫が存在することがある。このような症状は腹部に混合細胞型のホジキンリンパ腫が存在するときによく見られる。(HIM.699)
  • Pel-Ebstein fever:まれ(HIM.699)。発熱は2-3週間ごとに3-7日の高熱をくり返す。

リンパ節腫脹

  • 無痛性。頚部リンパ節・鎖骨上窩リンパ節が多く、次いで鼡径部リンパ節、腋窩リンパ節が多い。
  • 半分の患者では診断時に縦隔リンパ節腫脹が認められる(HIM.699)。縦隔原発もありうる。

皮膚症状

  • 皮膚掻痒感、アルコール飲酒後のリンパ節の痛み

全身症状

  • 食欲不振、倦怠感

検査

血液検査

  • 血算、赤沈、生化学、CRP、銅、鉄、可溶性IL-2レセプター
  • 赤血球:正球性正色素性貧血 (診断時40%で程度は軽い。Hb10-12(WCH.2530))。自己免疫性溶血性貧血もみられるが診断時にはまれ。
  • 白血球:中等度増加
  • 単球増多、リンパ球減少(WCH.2530)。好酸球増加(YN.G-60)
  • 血沈:亢進 → 病勢を良く反映する。
  • LDH:↑
  • CRP:陽性
  • 銅:↑
  • 鉄:↓  ←  慢性疾患に伴う貧血ではないとすれば・・・何?
  • 可溶性IL-2レセプター:↑

診断

  • リンパ節生検、CTスキャン、ガリウムシンチ、PETより。

鑑別診断

  • 炎症性、単核球症、非ホジキンリンパ腫、phenytoin-induced adenopathy、非リンパ腫性の悪性腫瘍

病期分類

  • Ann Arbor分類による

治療

  • 治療方法の選択肢:化学療法、化学療法+放射線療法、放射線療法
  • 病期別の治療法 (参考1)
  • I~IIA期:化学療法+放射線療法の併用療法。
  • IIB期以降:進行期の治療をおこなう。すなわち化学療法の適応となる。  → IIB期の治療は化学療法+放射線療法の併用療法とかもありうる??(要調査)
放射線療法単独は、予後不良因子がない臨床病期I期に対して選択されることがある

予後

  • 良好。
  • 白血病化の頻度は少ない(YN.G-60)
  • 5年生存率:I/II期=90%以上、III/IV期=50-80% (YN.G-60)
  • 病型(次の順で良好):リンパ球豊富型>結節硬化型>混合細胞型>リンパ球減少型 (YN.G-60)

予後因子

  • 腫瘍の大きさ、高齢、男性、高ESR、B症状

(参考2)

国試

参考

  • 1. 癌情報サービス
[display]http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/Hodgkin_lymphoma.html
  • 2. ホジキンリンパ腫 Ann Arbor分類 - 癌情報サービス
[display]http://ganjoho.jp/public/cancer/data/Hodgkin_lymphoma_a.html
  • 3. ホジキンリンパ腫 Ann Arbor分類
http://lymphoma.kmpm1b.com/L-basis/L-aboutlymphoma/stage.htm




ヘルパーT細胞」

  [★]

helper T cellThTH
ヘルパーTリンパ球Th細胞
T細胞キラーT細胞抗原提示細胞Th1Th2



  • T細胞の中で最も多い
  • (CD4陽性T細胞)CD4 + T cellとも呼ばれる
  • Th17もあるらしい。IL-17を分泌しアレルギー反応、自己免疫疾患に関与する。

機能

  • B細胞の形質細胞への分化誘導
B細胞の項を参照

抗原認識

  • 抗原提示細胞のみがMHC class IIを持つが、異物を貪食すると抗原をここに提示する (PT.249)
  • ヘルパーT細胞のTCRが抗原とMHC class IIを認識する (PT.249)
  • このときヘルパーT細胞上に発現しているCD4MHC class IIとの結合を強める (PT.249)
  • ヘルパーT細胞はIL-2を放出し、キラーK細胞やB細胞の増殖をもたらす (PT.249)
  Th0からの分化誘導 機能
Th1 IL-12 細胞性免疫、液性免疫
Th2 IL-4 液性免疫

サイトカイン

  分化誘導 サイトカイン
Th1細胞 IL-12 IL-2,IFN-γTNF-β
Th2細胞 IL-4 IL-4,IL-5,IL-6,IL-10,IL-13

Th1とTh2 (SMB.46)

機能 Th1 Th2
サイトカインの産生 INF-γ +  - 
IL-2
IL-3
IL-4
IL-5
IL-6
B細胞のヘルパー機能 IgM,IgG,IgA ± ++
IgE
遅延性過敏反応発現能
感染防御免疫反応能


T細胞」

  [★]

T cell
Tリンパ球T lymphocyte
TCRB細胞MHC
  • 図:IMM.315(T細胞の成熟)
  • 胸腺で成熟したT細胞は血流によって移動し、リンパ節の傍皮質白脾髄のリンパ性動脈周囲鞘、パイエル板の傍濾胞域に集まる(人間の正常構造と機能 VIIA血管・免疫 p.28)

種類

  1. ヘルパーT細胞(Th細胞)
  2. キラーT細胞(Tc細胞)
  3. サプレッサーT細胞(Treg細胞)

T細胞の抗原認識 (SP.248)

  CD TCRが抗原と共に認識する分子 認識する細胞
Tc細胞 CD8 MHCクラスI 感染細胞
Th細胞 CD4 MHCクラスII 抗原提示細胞

CD4+ T細胞のサイトカイン放出とその原因

DCが認識する外来異物 DCが分泌する物質 DCに反応する細胞 この細胞が分泌する
サイトカイン
NK系の細胞が放出した
サイトカインに反応するTh細胞
Th細胞が分泌するサイトカイン
ウイルス、一部の細菌 IL-12 NK細胞(IL-12による) INF-γ Th1 IL-2, IFN-γ, TNF-β
原虫など   NKT細胞 IL-4 Th2 IL-4, IL-13, IL-5

Th細胞活性化と接着分子

  抗原提示細胞 Th細胞
主シグナル MHC classII TCR, CD3
CD4
副シグナル B7{B7-1(CD80)/B7-2(CD86)} CD28
VCAM-1(CD106) VLA-4
ICAM-1 LFA-1
LFA-3(CD58) CD2



免疫」

  [★]

immunity, immune
免疫系

免疫の種類 (PT.246-251)

  主に関与するリンパ球 働き リンパ節での局在
細胞免疫 T細胞 (1)免疫の活性化 傍皮質
(2)抗原を有する細胞への攻撃
液性免疫 B細胞 抗体産生 皮質

T細胞の種類

細胞の種類 補レセプター 抗原を提示する細胞 MHC抗原
キラーT細胞(Tc) CD8 抗原提示細胞 MHCクラスI
ヘルパーT細胞(Th) CD4 全ての細胞 MHCクラスII

ヘルパーT細胞の種類

T細胞 関連する因子 産生する物質 機能
Th1 IL-12

 増殖

IL-2,IFN-γなど 細胞性免疫を促進'

 (1)キラーT細胞NK細胞マクロファージを活性化  (2)遅延型過敏反応により自己免疫疾患に関与

Th2 IL-4

 Th→Th2

IL-4,IL-5,IL-6,IL-10など 液性免疫を促進'

 (1)B細胞好酸球肥満細胞に作用。  (2)即時型アレルギーに関与



IL-5 receptor」

  [★]

IL5 receptor、interleukin-5 receptor

IL-5受容体」

  [★]

IL-5 receptor
インターロイキン5受容体インターロイキン5レセプターIL-5レセプター


IL-5レセプター」

  [★]

IL-5 receptor
IL-5受容体インターロイキン5受容体インターロイキン5レセプター


I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」


IL」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Illinois」


"http://meddic.jp/IL-5" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡