IL-4

出典: meddic

interleukin-4, interleukin 4
インターロイキン4インターロイキン-4
サイトカインインターロイキン

概念

  • B細胞のIgのクラススイッチを促進(SP.251) ← IgEへのクラススイッチ

産生細胞

機能

  • B細胞活性化、IgEスイッチ、Th2細胞への分化誘導

受容体



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/27 13:26:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Lack of CC chemokine ligand 2 differentially affects inflammation and fibrosis according to the genetic background in a murine model of steatohepatitis.
  • Galastri S, Zamara E, Milani S, Novo E, Provenzano A, Delogu W, Vizzutti F, Sutti S, Locatelli I, Navari N, Vivoli E, Caligiuri A, Pinzani M, Albano E, Parola M, Marra F.Source*Dipartimento di Medicina Interna, University of Florence, Florence, Italy.
  • Clinical science (London, England : 1979).Clin Sci (Lond).2012 Oct 1;123(7):459-71.
  • Expression of CCL2 (CC chemokine ligand 2) (or monocyte chemoattractant protein-1) regulates inflammatory cell infiltration in the liver and adipose tissue, favouring steatosis. However, its role in the pathogenesis of steatohepatitis is still uncertain. In the present study, we investigated the dev
  • PMID 22545719
  • Functional ionic liquids induced the formation of mitochondria targeted fluorescent core-shell ellipsoidal nanoparticles with anticancer properties.
  • Yang X, Chen QY, Li X, Gao J.SourceSchool of Chemistry and Chemical Engineer, Jiangsu University, Zhenjiang, 212013, PR China.
  • Colloids and surfaces. B, Biointerfaces.Colloids Surf B Biointerfaces.2012 Oct 1;98:91-6. Epub 2012 May 14.
  • A functional ionic liquid (IL) (IL=4-acetyl-N-butyl pyridinium hexafluorophosphate) was synthesized and conjugated with low toxicity of nanospheres (RBITC@SiO(2)), forming a new kind of fluorescent core-shell ellipsoidal RBITC@SiO(2)-IL nanoparticle. In vitro assay results indicate that particle sha
  • PMID 22659209

和文文献

  • Langerhans cells are critical in epicutaneous sensitization with protein antigen via thymic stromal lymphopoietin receptor signaling.
  • Nakajima Saeko,Igyártó Botond Z,Honda Tetsuya,Egawa Gyohei,Otsuka Atsushi,Hara-Chikuma Mariko,Watanabe Norihiko,Ziegler Steven F,Tomura Michio,Inaba Kayo,Miyachi Yoshiki,Kaplan Daniel H,Kabashima Kenji
  • The Journal of allergy and clinical immunology 129(4), 1048-1055.e6, 2012-04
  • … Results: Upon the epicutaneous application of OVA, conditional LC depletion attenuated the development of clinical manifestations as well as serum OVA-specific IgE increase, OVA-specific T-cell proliferation, and IL-4 mRNA expression in the draining lymph nodes. …
  • NAID 120004025593
  • 2)流産における免疫学的機序の解明 : 免疫グロブリン治療は流産抑止に有効か(シンポジウム1「流産の原因と対策」,第63回日本産科婦人科学会・学術講演会)
  • 島田 茂樹
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(12), 2153-2166, 2011-12-01
  • … However, in RSA women, the CD4+IL-4+cell and CD8+IL-4+cell percentages were significantly higher, and the Th1/Th2 and Tc1/Tc2 cell ratios were significantly lower, than those in the control. … In RSA women compared with control women, however, the percentages of CD3+cells, CD4+IFN-g+cells and CD4+TNF-a+cells were significantly lower. …
  • NAID 110008799035

関連リンク

インターロイキン-4(Interleukin-4,IL-4)とはサイトカインの一種であり、インターロイキン の中でも造血などに関与するヘマトポエチンファミリーというサブファミリーに分類される。 IL-4は129個のアミノ酸から構成される可溶性タンパク質であり、活性化CD4+T細胞を ...
Il-4(イリューシン4)は、ソ連のイリューシン設計局が開発した双発爆撃機である。量産 初期型名称はDB-3(DBは長距離爆撃機の略号)だが、その後航空機命名規則の変更 に伴い、設計局の頭文字を冠したIl-4に変更された。

関連画像

il_4_01.jpgIl-4, 1/72 scale ( Václav Lomitzki il_4_03.jpgDe Iljoesjin Il-4 Russisch (Sovjet  153 p il 2 il 2m il 4 il 10 la 5fn la 7 liProfile Ilyushin IL 4 4GMTAP 2M87 White


★リンクテーブル★
国試過去問105G038」「107E012」「106B022」「103E025
リンク元サイトカイン」「ヘルパーT細胞」「T細胞」「免疫」「母乳
拡張検索IL-4 receptor」「IL-4受容体」「IL-4レセプター
関連記事I」「IL

105G038」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 105G037]←[国試_105]→[105G039

107E012」

  [★]

  • Th2(ヘルパーT細胞のサブセット)について誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107E011]←[国試_107]→[107E013

106B022」

  [★]

  • IgE産生に関連が深いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B021]←[国試_106]→[106B023

103E025」

  [★]

  • IgE抗体の産生を促進させるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E024]←[国試_103]→[103E026

サイトカイン」

  [★]

cyto=cell kin(e)=small substance
ex. manikine
細胞が分泌する糖タンパク質で、生物活性(増殖・分化・タンパク産生誘導などを)を有するもの
cytokine, cytokines
サイトカイン受容体インターロイキンリンホカイン

生態情報伝達方式

  • 傍分泌系、自己分泌系により情報を伝達する。局所ホルモンともいえる(ホルモンは血流を介して他臓器に働く)

産生細胞・機能による分類名

機能

機能 サブグループ サイトカイン 標的 機能
炎症性サイトカイン TNFファミリー TNF-α 白血球上皮細胞 活性化
インターロイキン IL-1 上皮細胞リンパ球 活性化
IL-6 種々の細胞 活性化
IL-8 白血球 炎症部位遊走
T細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 T細胞 活性化。増殖
IL-4 T細胞 増殖
Th2細胞 分化誘導
IL-12 Th1細胞 分化誘導
インターフェロン IFN-γ Th2細胞 分化抑制
B細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 B細胞 活性化
IL-4 B細胞 活性化、増殖、分化
IL-5 B細胞 活性化、増殖
IL-6 B細胞 増殖、分化
  TGF-β B細胞 分化(IgA分泌)
アレルギー調節サイトカイン インターロイキン IL-3 肥満細胞 増殖、分化促進
IL-4 B細胞 IgEクラススイッチ促進
IL-5 好酸球 増殖、分化促進
IL-13 B細胞 IgEクラススイッチ促進
インターフェロン IFN-γ B細胞 IgEクラススイッチ抑制
走化性サイトカイン(ケモカイン) CCケモカイン MIP-1 好中球 遊走
MIP-2
RANTES 単球
CXCケモカイン IL-8 好中球リンパ球好塩基球
SDF-1
造血系サイトカイン   SCF    
インターロイキン IL-7    
  erythropoietin    
コロニー刺激因子 GM-CSF    
G-CSF    
M-CSF    

サイトカインのシグナル伝達 JAK/STAT pathway (IMM.245-246)

組み換えサイトカインと臨床利用 first aid step1 2006 p.327

agent clinical uses
aldesleukin interleukin-2 renal cell carcinoma, metastatic melanoma
erythropoietin epoetin anemias (especially in renal failure)
filgrastim granulocyte colony-stimulating factor recovery of bone marrow
sargramostim granulocyte-macrophage colony stimulating factor recovery of bone marrow
α-interferon   hepatitis B and C, Kaposi's sarcoma, leukemias, malignant melanoma
β-interferon   multiple sclerosis
γ-interferon   chronic granulomatous disease
oprelvekin interleukin-11 thrombocytopenia
thrombopoietin   thrombocytopenia




ヘルパーT細胞」

  [★]

helper T cellThTH
ヘルパーTリンパ球Th細胞
T細胞キラーT細胞抗原提示細胞Th1Th2



  • T細胞の中で最も多い
  • (CD4陽性T細胞)CD4 + T cellとも呼ばれる
  • Th17もあるらしい。IL-17を分泌しアレルギー反応、自己免疫疾患に関与する。

機能

  • B細胞の形質細胞への分化誘導
B細胞の項を参照

抗原認識

  • 抗原提示細胞のみがMHC class IIを持つが、異物を貪食すると抗原をここに提示する (PT.249)
  • ヘルパーT細胞のTCRが抗原とMHC class IIを認識する (PT.249)
  • このときヘルパーT細胞上に発現しているCD4MHC class IIとの結合を強める (PT.249)
  • ヘルパーT細胞はIL-2を放出し、キラーK細胞やB細胞の増殖をもたらす (PT.249)
  Th0からの分化誘導 機能
Th1 IL-12 細胞性免疫、液性免疫
Th2 IL-4 液性免疫

サイトカイン

  分化誘導 サイトカイン
Th1細胞 IL-12 IL-2,IFN-γTNF-β
Th2細胞 IL-4 IL-4,IL-5,IL-6,IL-10,IL-13

Th1とTh2 (SMB.46)

機能 Th1 Th2
サイトカインの産生 INF-γ +  - 
IL-2
IL-3
IL-4
IL-5
IL-6
B細胞のヘルパー機能 IgM,IgG,IgA ± ++
IgE
遅延性過敏反応発現能
感染防御免疫反応能

T細胞」

  [★]

T cell
Tリンパ球T lymphocyte
TCRB細胞MHC
  • 図:IMM.315(T細胞の成熟)
  • 胸腺で成熟したT細胞は血流によって移動し、リンパ節の傍皮質白脾髄のリンパ性動脈周囲鞘、パイエル板の傍濾胞域に集まる(人間の正常構造と機能 VIIA血管・免疫 p.28)

種類

  1. ヘルパーT細胞(Th細胞)
  2. キラーT細胞(Tc細胞)
  3. サプレッサーT細胞(Treg細胞)

T細胞の抗原認識 (SP.248)

  CD TCRが抗原と共に認識する分子 認識する細胞
Tc細胞 CD8 MHCクラスI 感染細胞
Th細胞 CD4 MHCクラスII 抗原提示細胞

CD4+ T細胞のサイトカイン放出とその原因

DCが認識する外来異物 DCが分泌する物質 DCに反応する細胞 この細胞が分泌する
サイトカイン
NK系の細胞が放出した
サイトカインに反応するTh細胞
Th細胞が分泌するサイトカイン
ウイルス、一部の細菌 IL-12 NK細胞(IL-12による) INF-γ Th1 IL-2, IFN-γ, TNF-β
原虫など   NKT細胞 IL-4 Th2 IL-4, IL-13, IL-5

Th細胞活性化と接着分子

  抗原提示細胞 Th細胞
主シグナル MHC classII TCR, CD3
CD4
副シグナル B7{B7-1(CD80)/B7-2(CD86)} CD28
VCAM-1(CD106) VLA-4
ICAM-1 LFA-1
LFA-3(CD58) CD2


免疫」

  [★]

immunity, immune
免疫系

免疫の種類 (PT.246-251)

  主に関与するリンパ球 働き リンパ節での局在
細胞免疫 T細胞 (1)免疫の活性化 傍皮質
(2)抗原を有する細胞への攻撃
液性免疫 B細胞 抗体産生 皮質

T細胞の種類

細胞の種類 補レセプター 抗原を提示する細胞 MHC抗原
キラーT細胞(Tc) CD8 抗原提示細胞 MHCクラスI
ヘルパーT細胞(Th) CD4 全ての細胞 MHCクラスII

ヘルパーT細胞の種類

T細胞 関連する因子 産生する物質 機能
Th1 IL-12

 増殖

IL-2,IFN-γなど 細胞性免疫を促進'

 (1)キラーT細胞NK細胞マクロファージを活性化  (2)遅延型過敏反応により自己免疫疾患に関与

Th2 IL-4

 Th→Th2

IL-4,IL-5,IL-6,IL-10など 液性免疫を促進'

 (1)B細胞好酸球肥満細胞に作用。  (2)即時型アレルギーに関与



母乳」

  [★]

breast milkbreastmilk
人乳母子感染

分類

母乳を介して感染しうるウイルス

成分

  • ミネラル:初乳 > 成乳
  • IgA:初乳 > 成乳
  • タンパク質:初乳 > 成乳
  • 熱量:成乳 > 初乳
  • 脂肪:成乳 > 初乳
  • 乳糖:成乳 > 初乳
  • 防御因子:ラクトフェリン、リゾチーム、分泌型IgA、マクロファージ、リンパ球
  • 成乳の浸透圧は血漿と同程度

アレルギー促進因子、防御因子

参考1
物質の種類 促進因子 防御因子
食物抗原 感作抗原 寛容誘導抗原
免疫グロブリン   IgA
サイトカインなど IL-4IL-5IL-13 TGF-βIL-10、sCD14
ケモカイン RANTESIL-8  
好酸球由来顆粒 ECP  
不飽和脂肪酸 n-6系 n-3系
ポリアミン   スペルミンスペルミジン


母乳と人工乳との比較

  • 母乳は消化されやすく、胃内停滞時間が長い。
  • 母乳はビタミンKが少ない。
  • 人工乳は蛋白顔奥、蛋白代謝負担が大きい
  • 児の成長に連れ母乳のみの栄養ではビタミンD、鉄が不足してくる。 → 母乳栄養のみでは水様便となってくる。離乳食開始を考慮。
  • 母乳栄養時では軟便傾向となる。

母乳と牛乳との比較

  • 母乳は乳糖のみ多い。
  • グロブリン、不飽和脂肪酸、糖質は牛乳より多い。 → ビフィズス菌の増殖に不可欠なオリゴ糖も母乳の方が多い。
  • エネルギーや脂質はほぼ同じ。
  • その他の成分は牛乳の方が多い。

参考

  • 1.
[display]http://www.aiiku.or.jp/aiiku/jigyo/contents/kaisetsu/ks0809/ks0809_3.pdf

国試



IL-4 receptor」

  [★]

IL4 receptor、interleukin-4 receptor

IL-4受容体」

  [★]

IL-4 receptor
インターロイキン4受容体インターロイキン4レセプターIL-4レセプター


IL-4レセプター」

  [★]

IL-4 receptor
インターロイキン4受容体インターロイキン4レセプターIL-4受容体

I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」

IL」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Illinois」


"http://meddic.jp/IL-4" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡