IL-2

出典: meddic

interleukin-2, interleukin 2
インターロイキン2T細胞増殖因子 T-cell growth factor TCGF
インターロイキン



産生細胞

機能

文献によりまちまち

受容体


参考

  • 1.
[display]http://www.i-l-fitness-jp.com/comment/img/killer-t-cell-7.JPG
  • 2.
[display]http://www.medicalfood.org/disease-management/listerv.html
  • 3.
[display]http://www.j-tajiri.or.jp/source/translation/b/03/01.html


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/24 22:36:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Severe adverse events from the treatment of advanced melanoma: a systematic review of severe side effects associated with ipilimumab, vemurafenib, interferon alfa-2b, dacarbazine and interleukin-2.
  • Ma C1, Armstrong AW.
  • The Journal of dermatological treatment.J Dermatolog Treat.2014 Oct;25(5):401-8. doi: 10.3109/09546634.2013.813897. Epub 2013 Jul 3.
  • BACKGROUND: Current immunomodulatory agents for stage III and IV melanoma exert different mechanisms of action that manifest in distinct adverse events.OBJECTIVE: This systematic review aims to synthesize safety data from clinical trials on ipilimumab, vemurafenib, interferon (IFN) alfa-2b, dacarbaz
  • PMID 23763243
  • Comparison between taxane-based chemotherapy with conventional surgery-based therapy for cutaneous angiosarcoma: a single-center experience.
  • Fujisawa Y1, Nakamura Y, Kawachi Y, Otsuka F.
  • The Journal of dermatological treatment.J Dermatolog Treat.2014 Oct;25(5):419-23. doi: 10.3109/09546634.2012.754839. Epub 2013 Jun 6.
  • OBJECTIVE: To show the efficacy of taxane-based chemotherapy for the treatment of cutaneous angiosarcoma.METHODS: A case-control study comparing patients who received taxanes without wide local excision (group A, n = 5) and patients who received conventional surgery-based therapy (group B, n = 8) in
  • PMID 23210914
  • Decreased c-rel activation contributes to aberrant interleukin-2 expression in CD4(+)T cells of aged rats.
  • Gong Z1, Liu T2, Wan Y3, Hang Z1, Tong X4, Zhang B5, Yang H6, Zhang X1, Zhang L1, Jin G7.
  • Molecular immunology.Mol Immunol.2014 Sep;61(1):1-6. doi: 10.1016/j.molimm.2014.04.010. Epub 2014 May 20.
  • Studies indicated significantly decreased expression of interleukin-2 (IL-2) with age. This decrease could be a major contributory factor to the increased frequency of morbidity and mortality among the elderly. C-rel is a key coregulator of IL-2 expression. However, it is unknown whether aging inhib
  • PMID 24853588
  • Adjuvant effect of polysaccharide from fruits of Physalis alkekengi L. in DNA vaccine against systemic candidiasis.
  • Yang H1, Han S1, Zhao D1, Wang G2.
  • Carbohydrate polymers.Carbohydr Polym.2014 Aug 30;109:77-84. doi: 10.1016/j.carbpol.2014.03.054. Epub 2014 Mar 28.
  • Adjuvant effect mediated by polysaccharide (PPSB) isolated from the fruits of Physalis alkekengi L. in DNA vaccine was evaluated in mice. Recombinant plasmid containing epitope C (LKVIRK) from heat shock protein 90 (HSP90) of Candida albicans (C. albican) was used as DNA vaccine (pD-HSP90C). The res
  • PMID 24815404

和文文献

  • Interferon regulatory factor-4 activates IL-2 and IL-4 promoters in cooperation with c-Rel.
  • Shindo Hisakazu,Yasui Kiyoshi,Yamamoto Kazuo,Honma Kiri,Yui Katsuyuki,Kohno Tomoko,Ma Yuhua,Chua Koon Jiew,Kubo Yoshinao,Aihara Hitoshi,Ito Takashi,Nagayasu Takeshi,Matsuyama Toshifumi,Hayashi Hideki
  • Cytokine 56(3), 564-572, 2011-12
  • … The specific association of IRF-4 with c-Rel was confirmed by immunoprecipitation experiments, and IRF-4 was shown to enhance the c-Rel-dependent binding and activation of the interleukin-4 (IL-4) promoter region. …
  • NAID 120003659758
  • 経気管支肺生検にて確定診断を得た血管内リンパ腫の2
  • 岡地 祥太郎,松本 修一,小島 英嗣,高田 和外,岩田 晋
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(6), 469-474, 2011-11-25
  • … 生検(TBLB)にて確定診断された血管内リンパ腫の2例を経験したので報告する.症例1.64歳女性.2005年5月下旬より咳嗽,微熱が続き6月当科受診.胸部CT上両肺びまん性すりガラス影,肝脾腫を認め,低酸素血症,LDH,可溶性IL-2受容体価(sIL-2R)の上昇を認めた.TBLBを施行し,血管内リンパ腫の診断を得た.症例2.77歳女性.1か月ほど続く咳嗽,発熱にて2009年8月当 …
  • NAID 110008896965
  • Low-dose Gamma-rays and Simulated Solar Particle Event Protons Modify Splenocyte Gene and Cytokine Expression Patterns
  • RIZVI Asma,PECAUT Michael J.,GRIDLEY Daila S.
  • Journal of radiation research 52(6), 701-711, 2011-11-16
  • … C57BL/6 mice were exposed to LDR γ-radiation (57Co) to a total dose of 0.05 Gray (Gy) at 0.024 cGy/h, either with or without subsequent exposure to 2 Gy sSPE protons. … 0.05): Ccl11, Ccr5, Cd80, Inha, and Il9. … 0.05), but there was no difference in IL-2 and TNF-α. …
  • NAID 10029652766

関連リンク

イリューシン Il-2(露:Ил-2イール・ドヴァー)は、ソ連のイリューシン設計局が開発した 攻撃機。第二次世界大戦において、ソ連軍の主力対地攻撃機として使用された。各形式 を合わせての総生産機数は36,163機で、これは軍用機としては史上最多である。 乗組 員 ...
IL-2 Sturmovik(IL-2 シュトルモヴィク)は、Oleg Maddoxを中心とするロシアの1C Maddox Gamesを開発元(後述のBirds of Preyは除く)、Ubisoft Entertainment SAを 販売元とする第二次世界大戦が舞台のコンバットフライトシミュレーションゲーム シリーズの ...

関連画像

 of the Ilyushin Il-2 Shturmovik aircraftIL-2 Sturmovik: Birds of Prey Screenshotsgreatly with the introduction of the IL-2 Ilyushin Il-2 StormovikIL-2 Sturmovik 1946, Screenshot 1 of 6Ilyushin Il-2 Stormovik IL 2 Sturmovik Birds of PreyTAMIYA ILYUSHIN IL-2 STURMOVIK - RUSSIA


★リンクテーブル★
先読みTCGF」「T-cell growth factor
国試過去問105G038」「106B022」「103E025
リンク元サイトカイン」「側頭動脈炎」「インターフェロン」「ヘルパーT細胞」「重症複合型免疫不全症
拡張検索sIL-2R」「可溶性IL-2受容体
関連記事I」「IL

TCGF」

  [★] T細胞増殖因子 T cell growth factor

T-cell growth factor」

  [★] T細胞増殖因子 TCGF

105G038」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 105G037]←[国試_105]→[105G039

106B022」

  [★]

  • IgE産生に関連が深いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B021]←[国試_106]→[106B023

103E025」

  [★]

  • IgE抗体の産生を促進させるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E024]←[国試_103]→[103E026

サイトカイン」

  [★]

cyto=cell kin(e)=small substance
ex. manikine
細胞が分泌する糖タンパク質で、生物活性(増殖・分化・タンパク産生誘導などを)を有するもの
cytokine, cytokines
サイトカイン受容体インターロイキンリンホカイン

生態情報伝達方式

  • 傍分泌系、自己分泌系により情報を伝達する。局所ホルモンともいえる(ホルモンは血流を介して他臓器に働く)

産生細胞・機能による分類名

機能

機能 サブグループ サイトカイン 標的 機能
炎症性サイトカイン TNFファミリー TNF-α 白血球上皮細胞 活性化
インターロイキン IL-1 上皮細胞リンパ球 活性化
IL-6 種々の細胞 活性化
IL-8 白血球 炎症部位遊走
T細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 T細胞 活性化。増殖
IL-4 T細胞 増殖
Th2細胞 分化誘導
IL-12 Th1細胞 分化誘導
インターフェロン IFN-γ Th2細胞 分化抑制
B細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 B細胞 活性化
IL-4 B細胞 活性化、増殖、分化
IL-5 B細胞 活性化、増殖
IL-6 B細胞 増殖、分化
  TGF-β B細胞 分化(IgA分泌)
アレルギー調節サイトカイン インターロイキン IL-3 肥満細胞 増殖、分化促進
IL-4 B細胞 IgEクラススイッチ促進
IL-5 好酸球 増殖、分化促進
IL-13 B細胞 IgEクラススイッチ促進
インターフェロン IFN-γ B細胞 IgEクラススイッチ抑制
走化性サイトカイン(ケモカイン) CCケモカイン MIP-1 好中球 遊走
MIP-2
RANTES 単球
CXCケモカイン IL-8 好中球リンパ球好塩基球
SDF-1
造血系サイトカイン   SCF    
インターロイキン IL-7    
  erythropoietin    
コロニー刺激因子 GM-CSF    
G-CSF    
M-CSF    

サイトカインのシグナル伝達 JAK/STAT pathway (IMM.245-246)

組み換えサイトカインと臨床利用 first aid step1 2006 p.327

agent clinical uses
aldesleukin interleukin-2 renal cell carcinoma, metastatic melanoma
erythropoietin epoetin anemias (especially in renal failure)
filgrastim granulocyte colony-stimulating factor recovery of bone marrow
sargramostim granulocyte-macrophage colony stimulating factor recovery of bone marrow
α-interferon   hepatitis B and C, Kaposi's sarcoma, leukemias, malignant melanoma
β-interferon   multiple sclerosis
γ-interferon   chronic granulomatous disease
oprelvekin interleukin-11 thrombocytopenia
thrombopoietin   thrombocytopenia




側頭動脈炎」

  [★]

temporal arteritis, TA
巨細胞性動脈炎 giant-cell arteritis giant cell arteritis GCA頭蓋動脈炎 cranial arteritisホートン症候群 Horton syndromeホートン動脈炎 Horton arteritis
虚血性視神経症


概念

病因

疫学

  • 年齢:65歳以上(CASES)。50歳以上にほぼ特異的(exclusively)(HIM.2126)
  • 性別:女性>男性
  • 人種:黒人には稀。南ヨーロッパでは少ないが、スカンジナビア(半島?)の人に多い。
  • 50歳以上の発症率(annual incidence rates):6.9-32.8/10万人
  • 合併:リウマチ性多発筋痛症側頭動脈炎は合併しやすい
  • 遺伝(HIM.2126)
  • HLA-DR4:家族内集積が見られた
  • 側頭動脈炎とHLA-DRB1 locusが関連(特にHLA-DRB1*04)

病態生理

  • 冒される血管:中程度から大きい動脈(全身の血管を冒すが、大動脈弓とその枝に多い)。例えば頚動脈の1~多枝(特に側頭動脈)。
  • 側頭動脈が冒されるが、全身の中~大型の血管も冒されている。ただし症状は見られないことがある。(HIM.2126)
  • 単核球が血管壁に浸入し巨細胞を形成 → 内膜が増殖、内弾性板の破壊 → 狭窄・閉塞&末梢組織の虚血
  • (実験データに基づくと)側頭動脈炎は抗原の存在が原因 → Tリンパ球・マクロファージ、樹状細胞の活動により発症
  • 血管壁に浸入したT細胞のTCRを遺伝的に解析すると、多様性が失われていたらしい → 血管壁になんらかの抗原が存在することを示唆(HIM.2126)
  • 血管の外膜(CD4+ T細胞が活性化して一斉にマクロファージに分化するばしょ)が本疾患の発症機序の始まりである? (HIM.2126)
  • 病変部に移動してきたT細胞は主にIL-2IFN-γ(overt arteritisへの進展を伴うことを示唆)を産生する (HIM.2126)

症状

  • 典型的な臨床像:50歳以上の患者で発熱、貧血、高ESR、頭痛(HIM.2126)
  • その他:不定愁訴(malaise)、全身倦怠感(fatigue)、食欲不振、体重減少、多汗?(sweats)、関節痛、およびリウマチ性多発筋痛症の関連症状(HIM.2126)
  • 頭痛:側頭動脈を冒されている患者では主要な症状。動脈の圧痛・結節を伴っていることがあり、病初期では拍動を触れるが後期には閉塞する。(HIM.2126)
  • 頭皮痛・顎跛行・舌跛行も起こることがある。(HIM.2126)
  • 眼 :未治療では虚血性視神経症により失明。ほとんどの患者では失明に先行して頭部の症状や眼に関連した症状が出現する。 (HIM.2126)
  • その他(まれな?)の合併症:四肢の跛行、脳梗塞、心筋梗塞、内臓臓器の梗塞 (HIM.2126)
  • 血管:大動脈瘤のリスク↑。病後期において大動脈解離とそれによる死亡につながる。
  • リウマチ性多発筋痛症:近位筋の痛みと凝り(stiffness)。特に朝に著明。筋脱力のような症状が出るかもしれない(may simulate muscle weakness)(CASES)
  • 側頭動脈炎     :冒された血管領域の激しい頭痛
  • 全身症状:不定愁訴、体重減少、夜汗(CASE)

REU.212

  • 全身症状 50%
  • 発熱(15%で高熱39-40℃)
  • 倦怠
  • 体重減少
  • 頭痛 60-75%
  • 側頭部、後頭部
  • 顎跛行 35-50%
  • 眼症状 25-50%
  • かすみ
  • 一過性黒内障 amaurosis fugax
  • 複視
  • 失明

検査

血液

一般

  • 貧血(中等度)(CASES)。低色素~正色素の貧血(HIM.2126)
  • 白血球:減少

生化学

  • クレアチンキナーゼ:正常 ← 筋炎だったら上昇。筋逸脱酵素の上昇はみられない(HIM.2126)。
  • 肝酵素:わずかに上昇(CASES)。肝機能の異常は通常みられ、特にALPが上昇(HIM.2126)。

免疫

  • IgG、補体上昇例が報告されている。

炎症

  • ESR:亢進(少なくとも40 mm/h)(CASES)

診断

  • 症状と検査所見で疑う
  • ESRの上昇やリウマチ性多発筋痛症様の症状の出現で側頭動脈炎を疑う(CASES)。
  • 発熱 + 貧血 + 高ESR + 頭痛 + 50歳以上 + その他の症状(不定愁訴、疲労、食欲不振、体重減少、多汗、関節痛、±リウマチ性多発筋痛症の関連症状) (HIM.2126)
  • 確定診断は側頭動脈生検 (HIM.2126)
  • 確定診断のための生検は、「頭痛 + 側頭動脈炎疑い」で施行。
  • →側頭動脈の生検(側頭動脈炎の病変は斑状(patchy)なので見つからないことも(CASES)。だけど確定診断になって治療方針が決まるから良いではないか)
  • 病変は斑状に存在するので、3-5cmをまとめて生検した方が感度が上がる。
  • 眼に症状が徴候が出ていたらすぐに生検をし、治療を遅らせるべきではない。糖質コルチコイド投与後14日後でも血管炎の存在を証明できる。糖質コルチコイドに対する反応性が良いことも診断のたすけとなる

鑑別診断「近位筋の筋力低下とこわばり」(CASES p.208)

  • 多発筋炎、全身性血管炎、SLE、パーキンソン症候群、甲状腺機能低下症・甲状腺機能亢進症、骨軟化症

治療

  • できるだけすぐに。生検の結果が来る前にでも(CASES)
  • ESRを指標としてtaperingさせる。2年程度の継続が必要。

合併症

  • 失明:毛様体動脈への障害(→視神経炎)、中心網膜動脈の閉塞による

予後

  • 生命予後は良好で、疾患がない人と変わりがない(REU.215)。

予防

参考

  • 1. HIM.2126
  • 2. [charged] Clinical manifestations of giant cell (temporal) arteritis - uptodate [1]


インターフェロン」

  [★]

interferon interferons IFN
オーアイエフIFNβモチダアドバフェロンアボネックスイムノマックス-γ、イントロンA、スミフェロンフエロンベタフェロンペガシスペグイントロン

概念

  • サイトカインの一種で抗ウイルス作用、免疫修飾作用、抗増殖活性を有する。(GOO.1261)

種類

  • I型インターフェロン
ウイルスに感染して誘導され、強い抗ウイルス作用を有する
  • II型インターフェロン
非ウイルス誘導性

表(SMB.426)

    産生細胞 種類 誘発因子 作用
I型インターフェロン IFN-α 好中球マクロファージなど 14種類以上 ウイルス細菌内毒素 抗ウイルス効果、抗腫瘍効果
IFN-β 線維芽細胞、上皮細胞など 1種類 ウイルス、2本鎖RNA 抗ウイルス効果、抗腫瘍効果
II型インターフェロン IFN-γ T細胞NK細胞など 1種類 抗原刺激、サイトカイン 免疫細胞の活性化、免疫系の制御

各インターフェロンについて

GOO.1261
  • ウイルス感染に対する非特異的な初期防御に関わる
  • 意義:ウイルス感染に対する非特異的な初期防御に関わる
  • 産生細胞:ほとんど全ての細胞
  • 産生のトリガー:二本鎖RNA、ある種のサイトカイン(IL-1, IL-2, TNF)
  • 作用:抗ウイルス作用、抗増殖作用:(1) リンパ球、NK細胞、およびマクロファージの細胞障害作用の亢進、(2) MHC class Iの発現の亢進作用  ← 抗ウイルス活性
  • 意義:マクロファージの活性化
  • 産生細胞:T細胞、NK細胞、マクロファージのみ!
  • 産生のトリガー:抗原刺激、mitogen、特定のサイトカイン
  • 作用:抗ウイルス作用は弱い。強力な免疫調整作用:(1) マクロファージの強力な活性化、(2) MHC class IIの発現の亢進、(3) 局所炎症反応の仲介(madiation)

インターフェロンの抗ウイルス作用

  • インターフェロンをシグナルとして受け取った細胞は以下の物質を産生して抗ウイルス作用を発揮する。

適応

副作用

発熱 ほぼ必発
甲状腺機能異常 約10%
間質性肺炎 非常に稀
精神症状 約10%
白血球減少 ほぼ必発
血小板減少 ほぼ必発
蛋白尿 約10%
糖尿病 0.1-5%
口腔内病変 約20%
脱毛 約5%
眼底出血 約20%


ヘルパーT細胞」

  [★]

helper T cellThTH
ヘルパーTリンパ球Th細胞
T細胞キラーT細胞抗原提示細胞Th1Th2



  • T細胞の中で最も多い
  • (CD4陽性T細胞)CD4 + T cellとも呼ばれる
  • Th17もあるらしい。IL-17を分泌しアレルギー反応、自己免疫疾患に関与する。

機能

  • B細胞の形質細胞への分化誘導
B細胞の項を参照

抗原認識

  • 抗原提示細胞のみがMHC class IIを持つが、異物を貪食すると抗原をここに提示する (PT.249)
  • ヘルパーT細胞のTCRが抗原とMHC class IIを認識する (PT.249)
  • このときヘルパーT細胞上に発現しているCD4MHC class IIとの結合を強める (PT.249)
  • ヘルパーT細胞はIL-2を放出し、キラーK細胞やB細胞の増殖をもたらす (PT.249)
  Th0からの分化誘導 機能
Th1 IL-12 細胞性免疫、液性免疫
Th2 IL-4 液性免疫

サイトカイン

  分化誘導 サイトカイン
Th1細胞 IL-12 IL-2,IFN-γTNF-β
Th2細胞 IL-4 IL-4,IL-5,IL-6,IL-10,IL-13

Th1とTh2 (SMB.46)

機能 Th1 Th2
サイトカインの産生 INF-γ +  - 
IL-2
IL-3
IL-4
IL-5
IL-6
B細胞のヘルパー機能 IgM,IgG,IgA ± ++
IgE
遅延性過敏反応発現能
感染防御免疫反応能

重症複合型免疫不全症」

  [★]

severe combined immunodeficiency SCID severe combined immune deficiency severe combined immunodeficiency disease
リンパ球減少性低γグロブリン血症 lymphopenic hypogammaglobulinemia
免疫不全症候群
[show details]

定義

  • T細胞の発生障害によるT細胞数の減少(CD4, CD8共に)と免疫グロブリン産生不全。
  • SCID(すきっど)
  • T細胞・B細胞の欠損・不全による免疫不全症の総称

SCIDに分類される疾患 (出典不明)

SCID (IMM.518)

Disease Gene defect Mechanism affected Phenotype
T cell B cell NK cell
XSCID IL-2 receptor γ chain(common gamma chain,) Cytokine signaling - + -
JAK3 - + -
IL-7 receptor - + +
RAG deficiency
Omenn syndrome
RAG1 Antigen receptor recombination - - +
RAG2 - - +
Artemis - - +
ADA deficiency ADA Metabolism - - -
  • autosomal SCID
  • DNA-PKの欠損
  • 電離放射線に感受性↑
  • B細胞↓、T細胞↓
  • Artemisの欠損


sIL-2R」

  [★] 可溶性インターロイキン2受容体


可溶性IL-2受容体」

  [★] 可溶性インターロイキン2受容体

I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」

IL」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Illinois」


"http://meddic.jp/IL-2" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡