IL-1

出典: meddic

interleukin-1 interleukin 1
インターロイキン1
サイトカインインターロイキン

産生細胞

機能

  • 発熱
視床下部に作用

受容体

  • CD121a, CD121b

情報伝達系路

  • IL-1Rより下流の経路はTLRの経路と共通
IL-1RのTIR→MyD88IRAKTRAF6NF-κB→炎症性サイトカインの転写↑





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/03/19 09:03:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Therapeutic human monoclonal antibodies in inflammatory diseases.
  • Kotsovilis S, Andreakos E.SourceLaboratory of Immunogenetics, Center of Immunology and Transplantation, Immunobiology Division, Biomedical Research Foundation of the Academy of Athens, Athens, Hellas, Greece.
  • Methods in molecular biology (Clifton, N.J.).Methods Mol Biol.2014;1060:37-59. doi: 10.1007/978-1-62703-586-6_3.
  • Monoclonal antibodies (mAbs) are antibodies of a single antigen specificity produced by identical immune cells, i.e., clones of a common germ cell. They offer unprecedented opportunities to drug development because of their ability to target almost any cell surface or secreted molecule with remarkab
  • PMID 24037835
  • Inflammatory pathways in spondyloarthritis.
  • Hreggvidsdottir HS, Noordenbos T, Baeten DL.SourceDepartment of Clinical Immunology and Rheumatology, Academic Medical Center/University of Amsterdam, Meibergdreef 9, 1105 AZ Amsterdam, The Netherlands; Tytgat Institute for Liver and Intestinal Research, Academic Medical Center/University of Amsterdam, Meibergdreef 9, 1105 AZ Amsterdam, The Netherlands. Electronic address: h.s.hreggvidsdottir@amc.uva.nl.
  • Molecular immunology.Mol Immunol.2014 Jan;57(1):28-37. doi: 10.1016/j.molimm.2013.07.016. Epub 2013 Aug 19.
  • Spondyloarthritis is the second most common form of chronic inflammatory arthritis and a unique hallmark of the disease is pathologic new bone formation. Several cytokine pathways have been genetically associated with ankylosing spondylitis (AS), the prototypic subtype of SpA, and additional evidenc
  • PMID 23969080
  • Novel power MOSFET-based expander for high frequency ultrasound systems.
  • Choi H, Shung KK.SourceNIH Transducer Resource Center and Department of Biomedical Engineering, University of Southern California, Los Angeles, CA, USA. Electronic address: hojongch@usc.edu.
  • Ultrasonics.Ultrasonics.2014 Jan;54(1):121-30. doi: 10.1016/j.ultras.2013.04.018. Epub 2013 Jun 20.
  • The function of an expander is to obstruct the noise signal transmitted by the pulser so that it does not pass into the transducer or receive electronics, where it can produce undesirable ring-down in an ultrasound imaging application. The most common type is a diode-based expander, which is essenti
  • PMID 23835308
  • IL-33 accelerates cutaneous wound healing involved in upregulation of alternatively activated macrophages.
  • Yin H, Li X, Hu S, Liu T, Yuan B, Gu H, Ni Q, Zhang X, Zheng F.SourceDepartment of Microbiology and Immunology, Guangdong Pharmaceutical University, Guangzhou 510006, China; Guangdong Key Laboratory of Pharmaceutical Bioactive Substances, Guangdong Pharmaceutical University, Guangzhou 510006, China. Electronic address: huiyin0103@yahoo.com.cn.
  • Molecular immunology.Mol Immunol.2013 Dec 31;56(4):347-53. doi: 10.1016/j.molimm.2013.05.225. Epub 2013 Aug 1.
  • IL-33 is a recently recognized member of the IL-1 family and has been best identified as a potent inducer of Th2-type immune responses. Increasing evidence, however, indicates that IL-33 also represents an important mediator of mucosal healing and epithelial restoration and repair. In this study, we
  • PMID 23911389

和文文献

  • The Water-Extracted Ampelopsis brevipedunculata Downregulates IL-1β, CCL5, and COX-2 Expression via Inhibition of PKC-Mediated JNK/NF-κB Signaling Pathways in Human Monocytic Cells
  • Le Minh Quan,Kim Man Sub,Song Yong Seok [他]
  • Journal of pharmacological sciences 126(4), 359-369, 2014-12
  • NAID 40020313658
  • Role of tumor necrosis factor-α and interleukin-1β in anorexia induction following oral exposure to the trichothecene deoxynivalenol (vomitoxin) in the mouse
  • Wu Wenda,Zhang Haibin
  • The Journal of toxicological sciences : an official journal of the Japanese Society of Toxicology 39(6), 875-886, 2014-12
  • NAID 40020288399
  • Suppression of experimental arthritis with self-assembling glycol-split heparin nanoparticles via inhibition of TLR4-NF-κB signaling.
  • Babazada Hasan,Yamashita Fumiyoshi,Hashida Mitsuru
  • Journal of controlled release 194, 295-300, 2014-11-28
  • … NAHNP significantly inhibited the production of pro-inflammatory cytokines such as TNF-α, IL-6 and IL-1β in lipopolysaccharide (LPS)-induced primary mouse macrophages and DC2.4 dendritic cell line. … The animals treated with NAHNP significantly reduced levels of IgG1 and IgG2a antibodies against bovine type II collagen. …
  • NAID 120005512274
  • 妊娠維持における免疫脂質メディエーターの役割 : 妊娠高血圧症候群・早産の病理機序との関連(シンポジウム1(周産期) 妊娠後半期における妊娠維持機構とその破綻,第66回日本産科婦人科学会学術講演会講演要旨)
  • 永松 健
  • 日本産科婦人科學會雜誌 66(10), 2522-2533, 2014-10-01
  • … Methods and Results: 1) Impact of LPA-LPAR3 signaling on trophoblast cell function and its relevance to the pathology of pregnancy induced hypertension. … We applied fat-1 transgenic mouse in which C. … elegans-derived fat-1 gene converts ω6FA to ω3FA creating ω3FA-rich tissue environment. … The rate of preterm birth was significantly reduced in fat-1 pregnant mice compared with wild type pregnant mice. …
  • NAID 110009863277

関連リンク

Designed and developed by Codify Design Studio - codifydesign.com ... IL-1 岩倉洋一郎 キーワード:IL-1レセプターアンタゴニスト、ノックアウトマウス、関節リウマチ、自己免疫、炎症性サイトカイン
インターロイキン-1(Interleukin-1:IL-1) インターロイキン-1(IL-1)は、主としてマクロファージ系の細胞から産生される17kDaの糖蛋白で、等電点の違いによりαとβに分類される。生体におけるヒトIL-1の約90%はβであり、且つ両者の一次 ...
サイトカイン IL-2、IFN-γ、TNF-βは、細胞性免疫を制御する。 IL-4、IL-5、IL-6などは、液性免疫を制御する。 1.サイトカインとは 血液中から単核球(リンパ球と単球)を分離し、単球を除去し、リンパ球を試験管内で、PHAなどの ...

関連画像

 soluble modulators of IL-1 moleculesHEK-Blue IL1-beta pathwayIL-1 pathways in inflammation and human Targeting IL-1 in inflammatory disease IL-1TRANSPATH objectives and contentil18_and_il1_beta.pngimage removal request use the form below


★リンクテーブル★
国試過去問106B022」「103E025
リンク元サイトカイン」「発熱」「白血球」「尿蛋白」「インターフェロン
拡張検索IL-1 receptor」「IL-12受容体」「IL-18受容体」「IL-13」「IL-18
関連記事I」「IL

106B022」

  [★]

  • IgE産生に関連が深いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B021]←[国試_106]→[106B023

103E025」

  [★]

  • IgE抗体の産生を促進させるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E024]←[国試_103]→[103E026

サイトカイン」

  [★]

cyto=cell kin(e)=small substance
ex. manikine
細胞が分泌する糖タンパク質で、生物活性(増殖・分化・タンパク産生誘導などを)を有するもの
cytokine, cytokines
サイトカイン受容体インターロイキンリンホカイン

生態情報伝達方式

  • 傍分泌系、自己分泌系により情報を伝達する。局所ホルモンともいえる(ホルモンは血流を介して他臓器に働く)

産生細胞・機能による分類名

機能

機能 サブグループ サイトカイン 標的 機能
炎症性サイトカイン TNFファミリー TNF-α 白血球上皮細胞 活性化
インターロイキン IL-1 上皮細胞リンパ球 活性化
IL-6 種々の細胞 活性化
IL-8 白血球 炎症部位遊走
T細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 T細胞 活性化。増殖
IL-4 T細胞 増殖
Th2細胞 分化誘導
IL-12 Th1細胞 分化誘導
インターフェロン IFN-γ Th2細胞 分化抑制
B細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 B細胞 活性化
IL-4 B細胞 活性化、増殖、分化
IL-5 B細胞 活性化、増殖
IL-6 B細胞 増殖、分化
  TGF-β B細胞 分化(IgA分泌)
アレルギー調節サイトカイン インターロイキン IL-3 肥満細胞 増殖、分化促進
IL-4 B細胞 IgEクラススイッチ促進
IL-5 好酸球 増殖、分化促進
IL-13 B細胞 IgEクラススイッチ促進
インターフェロン IFN-γ B細胞 IgEクラススイッチ抑制
走化性サイトカイン(ケモカイン) CCケモカイン MIP-1 好中球 遊走
MIP-2
RANTES 単球
CXCケモカイン IL-8 好中球リンパ球好塩基球
SDF-1
造血系サイトカイン   SCF    
インターロイキン IL-7    
  erythropoietin    
コロニー刺激因子 GM-CSF    
G-CSF    
M-CSF    

サイトカインのシグナル伝達 JAK/STAT pathway (IMM.245-246)

組み換えサイトカインと臨床利用 first aid step1 2006 p.327

agent clinical uses
aldesleukin interleukin-2 renal cell carcinoma, metastatic melanoma
erythropoietin epoetin anemias (especially in renal failure)
filgrastim granulocyte colony-stimulating factor recovery of bone marrow
sargramostim granulocyte-macrophage colony stimulating factor recovery of bone marrow
α-interferon   hepatitis B and C, Kaposi's sarcoma, leukemias, malignant melanoma
β-interferon   multiple sclerosis
γ-interferon   chronic granulomatous disease
oprelvekin interleukin-11 thrombocytopenia
thrombopoietin   thrombocytopenia




発熱」

  [★]

pyrexia
fever, thermogenesis
熱型、≠高体温(体温調節機構の破綻による)、不明熱
ジェネラリスト診療が上手になる本 p.9

概念

  • 体温中枢のセットポイント上昇による

分類

  • 微熱:37.5℃以上 37.0~37.9℃(YN.)
  • 発熱:38.0℃以上
ジェネラリスト診療が上手になる本 p.9


小児

  • 37.5℃以上

病態生理

  • 発熱サイトカイン(IL-1, TNF)が視床下部に作用してPGE2の産生を亢進し、PGE2により体温調節中枢を司る細胞内のcAMP濃度が上昇することでの体温セットポイントがあがる。

熱源の精査

  • 咽頭、肺、胆道系、泌尿器系、皮膚・軟部組織(蜂窩織炎、褥瘡)

疾患と発熱

膠原病と発熱

発熱40℃(PMID 8107744)

発熱の後に関節炎(PMID 8107744)

原因不明の熱の鑑別

  • 感染症
  • 腫瘍
  • 膠原病
  • 薬剤熱 → 比較的元気、比較的徐脈、比較的CRP

発熱と心拍数の関係

  • 体温1℃上昇に付き心拍数20上がる。これ以上の上昇が見られる場合、敗血症を疑う。  ←  1℃に付き10上がるという資料もあり(比較的徐脈)

発熱を伴う内科的緊急疾患

内科レジデントの鉄則 第2版 p.6

院内における発熱の鑑別疾患

  • 感染性 :肺、泌尿器、褥瘡、クロストリジウム・ディフィシル感染症、カテーテル関連感染症
  • 非感染性:薬剤熱、偽痛風、深部静脈血栓症

小児科における発熱の原因

年齢 原因
乳児(生後3ヶ月未満) 敗血症、細菌性髄膜炎、尿路感染症、肺炎、B群溶連菌感染、グラム陰性桿菌
乳児(生後3ヶ月以降) ウィルス感染(突発性発疹などの発疹性疾患)、中耳炎尿路感染症、消化器・呼吸器疾患、川崎病
幼児、学童期 溶連菌感染症、伝染性単核球症、膠原病、factitious fever(詐病)、学校での感染症の流行
  • 乳児における中耳炎、尿路感染症は症状が発熱であることが多く原因が追及しづらい。鼓膜を観察したり、尿の培養をすることが重要かもしれない。

小児における発熱

SPE.63

新生児・乳児における発熱

see also step beyond resident 2 救急で必ず出会う疾患編 p.20
3ヶ月未満は免疫力が弱く重症細菌感染症にかかりやすい。
生後   :対処
0-1ヶ月 :入院。血液検査・各種培養検査を。
2-3ヶ月 :外来で小児科医が診察し、血液検査で細菌感染が疑われれば入院
4-6ヶ月 :外来で小児科医が診察し、発熱以外に所見がなければ、十分な水分摂取を指示し、翌日再診を。
6ヶ月以降:食欲・機嫌がよければ、翌日再診を。

漢方医学

[show details]




白血球」

  [★]

leukocyte, leucocyte (Z), white blood cell (Z), WBC, white corpuscle, white cell
赤血球血球血液

白血球

基準値

  • 4000-9000 (/μl) (2007前期解剖学授業プリント)
異常値の出るメカニズム第5版
  • 5000- 8400 (/μl) (健常者の2/3)
  • 4500-11000 (/μl) (95%範囲)

年齢との関連

生理的な変動

  • 精神的ストレス↑  → 交感神経の刺激により好中球の血管壁遊離が促進されるため
  • 午前↓、午後↑

基準値

  07解 異メ 流マ HIM.A-1
顆粒球 好中球 桿状核球 40~70 44~66 40~60 4~14 0~5
分葉核球 43~59 40~70
好酸球 2~4 0~ 4 2~4 0~6
好塩基球 0~2 0~0.5 0~2 0~2
無顆粒球 リンパ球 25~40 30~38 26~40 20~50
単球 3~6 0~ 5 3~6 4~8
  • 07解: 2007前期解剖学授業プリント
  • 異メ: 異常値の出るメカニズム第5版 p.91
  • 流マ: 流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.10

血管外滲出 extravasation (SMB.37 BPT.37)

(margination)

  • 1. 赤血球は軽く早く流れるので血管の中央をながれ、白血球は血管のへりを流れている

(rolling)

  • 2. IL-1, TNFで血管内皮細胞が活性化し、血管内腔にE-selectinを発現する
  • 3. P-selectinヒスタミントロンビンの働きにより、血管内腔に発現する
  • 4. 白血球と血管内皮細胞の接着分子で接着することで、白血球がrollingを始める
  • 3. 次第にselectinによる接着はdown regulateされる

(adheresion & arrested)

(transmigration)

  • 6. 白血球と血管内皮細胞に発現しているPECAM-1(CD31)がお互い接着し、白血球が血管内皮細胞の間隙を通って細胞外マトリックスに入る
血管内皮細胞   白血球
Rolling
E-selectin 糖鎖(SLex)
P-selectin 糖鎖
糖鎖(GlyCAM-1)(=CD34) L-selectin
Adhestion
ICAM-1 LFA-1 integlin(CD11a/CD18), Mac-1 integlin(CD11b/CD18)
VCAM-1 VLA-1 integlin
transmigration
PECAM-1(CD31) PECAM-1(CD31)

白血球の染色

  • 好酸性:赤く染まる→ヘモグロビン
  • 好塩基性:青く染まる→リボソーム、核内のヒストン蛋白
  • 好酸性でも好塩基性でもない:淡いピンクに染まる
  • MPOをもつ:顆粒球(前骨髄球~分葉核球)、単球(前単球~単球)
  • MPOをもたない:リンパ球系細胞
  • 好中球:長鎖エステルを分解
  • 単球:短鎖エステルを分解

関節液

  •   炎症 感染
  • 200 2000 20000
  • 500 5000 50000

臨床関連

白血球のインテグリンが欠損または減少する先天性疾患
反復性の細菌皮膚感染
  • SIRSの診断基準:<4,000/ul or >12,000/ul




尿蛋白」

  [★]

urine protein, urinary protein, protein in urine
尿中タンパク質、尿タンパク
蛋白尿尿蛋白/クレアチニン比


尿蛋白の生化学

  • 1/3は血清アルブミン
  • 1/3はアルブミン以外の小分子蛋白質
  • 1/3は尿細管上皮細胞中のタム-ホースフォール蛋白質(ムコ蛋白質)

基準値

24時間蓄尿

  • 40-100 mg/day
運動、体位、精神的ストレスによって変動しうる
  • 20-120 mg/day (臨床検査法提要第32版 p.1806)
  • <150 mg/day (HIM.A-11)

生理的な尿蛋白

  • 起立性蛋白尿:体位による。糸球体濾過圧が高まる?
  • 機能性蛋白尿:運動、発熱、ストレス

診断

  • 24時間蓄尿:150 mg/日以上で異常。1 g/day以上で糸球体疾患疑い。 ネフローゼ症候群の診断基準は3.5g/day以上
  • 随時尿:30 mg/dl以上で異常

尿蛋白量と診断の目安

内科診断リファレンス.350
尿蛋白  
150mg/日未満 健常者の基準(15mg/dL 10dL)
300mg/日 糖尿病性腎症の顕性タンパク尿の定義
1000mg/日 起立性タンパク尿熱性タンパク尿などの良性タンパク尿の上限
(血尿があるときは500mg/日のタンパク尿で腎疾患を考慮)
1500-3000mg/日 尿細管障害によるタンパク尿の限界で、これ以上は糸球体疾患と考える。

腎前性

  • 低分子タンパク質の過剰産生

腎性(腎実質性)

  • 糸球体毛細血管の障害、内圧亢進、尿細管障害

腎後性

  • 下部尿路系の炎症、結石、腫瘍
  • 下部尿路系の尿路結石
  • 腎盂腫瘍
  • 尿管腫瘍
  • 膀胱腫瘍

尿蛋白による尿細管の障害

  • 尿蛋白→尿細管での過剰吸収・蓄積→尿細管間質へのマクロファージ・T細胞の浸潤→(in vitroでは尿細管細胞をアルブミンと共存させるとMCP-1・炎症性サイトカイン(TNF, IL-1, LPS, 変性IgG)を分泌→間質炎症反応→間質線維化→腎瘢痕

臨床関連

異常値の出るメカニズム第5版 p.177改

  分子量
(kDa)
糖質
(%)
機能
β2ミクログロブリン 11 0 構造タンパク・HLAのL鎖
リゾチーム 15 0 消化殺菌酵素
レチノール結合蛋白 20 0 ビタミンA担体
免疫グロブリンL鎖 22 0 構造タンパク質
α1ミクログロブリン 30 20 輸送担体
α1酸性糖タンパク 44 38 急性相蛋白
アルブミン 67 0 膠質浸透圧維持、輸送担体

検査

試験紙法

  • 随時尿で施行可能。感度が低い。
  • 強アルカリ性で偽陽性   ←  アルカリ性で青変する試薬を使用
  • X線造影剤で偽陽性はでない。
  • Bence Jones蛋白に対しては偽陰性

24時間蓄尿

  • 尿の生化学的な分析を行う。

検査法の比較(QB E-134)

  煮沸法 スルフォサリチル酸法 試験紙法
原理 蛋白質の熱変性による混濁
(特異性が高い)
蛋白と酢酸の不溶性塩による混濁 指示薬の蛋白誤差を利用
感度 5mg/dl 1.5-2mg/dl
(鋭敏)
5-20 mg/dl
偽陽性 ヨード造影剤
トルブタミド
ペニシリン系抗菌薬
セフェム系抗菌薬
リン酸塩を含むアルカリ性尿
第4級アンモニウム化合物
(防腐剤、洗浄剤)EDTAのことか?
偽陰性 リン酸塩を含むアルカリ性尿 低分子タンパク尿(BJP等)

試験紙法による蛋白尿の評価

参考1
  • 尿蛋白:± = 15 mg/dL。1+ = 30 mg/dL2+ = 100 mg/dL。3+ = 300mg/dL  ← 赤字はメーカー間で差が少ないらしい。
1+では蛋白尿が存在すると考えて良い水準。

参考

  • 1. CKD診察ガイド2009
[display]http://www.jsn.or.jp/jsn_new/iryou/kaiin/free/primers/pdf/CKDguide2009.pdf



インターフェロン」

  [★]

interferon interferons IFN
オーアイエフIFNβモチダアドバフェロンアボネックスイムノマックス-γ、イントロンA、スミフェロンフエロンベタフェロンペガシスペグイントロン

概念

  • サイトカインの一種で抗ウイルス作用、免疫修飾作用、抗増殖活性を有する。(GOO.1261)

種類

  • I型インターフェロン
ウイルスに感染して誘導され、強い抗ウイルス作用を有する
  • II型インターフェロン
非ウイルス誘導性

表(SMB.426)

    産生細胞 種類 誘発因子 作用
I型インターフェロン IFN-α 好中球マクロファージなど 14種類以上 ウイルス細菌内毒素 抗ウイルス効果、抗腫瘍効果
IFN-β 線維芽細胞、上皮細胞など 1種類 ウイルス、2本鎖RNA 抗ウイルス効果、抗腫瘍効果
II型インターフェロン IFN-γ T細胞NK細胞など 1種類 抗原刺激、サイトカイン 免疫細胞の活性化、免疫系の制御

各インターフェロンについて

GOO.1261
  • ウイルス感染に対する非特異的な初期防御に関わる
  • 意義:ウイルス感染に対する非特異的な初期防御に関わる
  • 産生細胞:ほとんど全ての細胞
  • 産生のトリガー:二本鎖RNA、ある種のサイトカイン(IL-1, IL-2, TNF)
  • 作用:抗ウイルス作用、抗増殖作用:(1) リンパ球、NK細胞、およびマクロファージの細胞障害作用の亢進、(2) MHC class Iの発現の亢進作用  ← 抗ウイルス活性
  • 意義:マクロファージの活性化
  • 産生細胞:T細胞、NK細胞、マクロファージのみ!
  • 産生のトリガー:抗原刺激、mitogen、特定のサイトカイン
  • 作用:抗ウイルス作用は弱い。強力な免疫調整作用:(1) マクロファージの強力な活性化、(2) MHC class IIの発現の亢進、(3) 局所炎症反応の仲介(madiation)

インターフェロンの抗ウイルス作用

  • インターフェロンをシグナルとして受け取った細胞は以下の物質を産生して抗ウイルス作用を発揮する。

適応

副作用

発熱 ほぼ必発
甲状腺機能異常 約10%
間質性肺炎 非常に稀
精神症状 約10%
白血球減少 ほぼ必発
血小板減少 ほぼ必発
蛋白尿 約10%
糖尿病 0.1-5%
口腔内病変 約20%
脱毛 約5%
眼底出血 約20%


IL-1 receptor」

  [★]

IL1 receptor、interleukin-1 receptor

IL-12受容体」

  [★]

IL-12 receptor
インターロイキン12受容体IL-12レセプター


IL-18受容体」

  [★]

IL-18 receptor
インターロイキン18受容体IL-18レセプター


IL-13」

  [★]

IL13、interleukin-13


IL-18」

  [★]

IL18、interleukin-18


I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」

IL」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Illinois」


"http://meddic.jp/IL-1" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡