II型アレルギー

出典: meddic

type II hypersensitivitiy
アレルギー


  • 標的:組織や細胞マトリックス
  • 一次的な反応:IgG抗体、IgM抗体
  • 二次的な反応:補体系活性化、好中球・NK細胞による貪食
  • antibody-mediated cytotoxicity

関連疾患

  • 輸血関連、自己免疫性溶血性貧血、グッドパスチャー症候群、新生児溶血性貧血

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/12 23:23:45」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 2 II型アレルギー研究の進歩と問題点 (<パネルディスカッション>3 Coombs のアレルギー4型はどこまで解明されたか)
  • II型アレルギー反応の機序

関連リンク

はじめに アレルギーと一言で言いましても、作用機序の違いでⅠ型からⅣ型(Ⅴ型もあるみたいだけど・・・)に分類されています。 有名なのは花粉症、蕁麻疹で代表されるⅠ型アレルギーでしょうか。アトピーはⅠ型とⅣ型 ...
II型アレルギー IgGという免疫グロブリン細胞が、抗原を持っている自分の細胞と結びつくと、今度は白血球がその細胞を破壊する生体反応です。中にはウイルス性肝炎(B・C型肝炎)も代表疾患として挙げられていて、ウイルス ...
アレルギー反応は現在のところ次の4型に分類されています(1、2、3、4型)。生体ではこれら4つの反応が互いに独立して起こるのではなく、いくつかの型が同時に起こっていることもあります。この分類は20年前から行われて ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問104B017
リンク元リウマチ熱」「ナチュラルキラー細胞」「細胞融解型アレルギー
拡張検索III型アレルギー反応」「III型アレルギー
関連記事アレルギー」「I」「」「II」「アレル

104B017」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 104B016]←[国試_104]→[104B018

リウマチ熱」

  [★]

rheumatic fever, RF
急性関節リウマチ
[[]]
http://mymed.jp/di/ucm.html?PHPSESSID=2cc03d17984266cc113974b772d3934f

概念

  • 自己免疫性炎症性疾患
  • A群β溶連菌
  • 関節と心臓を冒す

病因

  • A群β溶連菌の急性咽頭炎後 → (3-4週潜伏期) → A群β溶連菌との交差抗原性(M蛋白、多糖体 VS 心内膜、血管内皮細胞、脳細胞)  ← II型アレルギーの機序によると考えられている

疫学

  • 日本:著しく減少したが。開発途上国:主なリウマチ性疾患
  • 5-15歳に好発。学童期に多い

病理

症状

Jonesは森(心炎)林(輪状紅斑)で大きな(四肢の大関節から始まる)ブ(舞踏病)タ(多発性関節炎)に引っかけ(皮下結節)られた
pancarditis, arthritis, chorea minor, erythema marginatum, subcutaneous nodule: PACES
  • 心筋炎 :房室伝導障害
  • 心内膜炎:僧帽弁閉鎖不全症、三尖弁閉鎖不全症
  • 心膜炎 :→心膜摩擦音(friction rub)聴取、心嚢液貯留
  • 視床下部/尾状核ニューロンの障害

シデナム舞踏病、皮下結節、有縁性紅斑を認める。

http://www.aafp.org/afp//AFPprinter/20050515/1949.html

症候スペクトル

病態 レイノー現象 抗核抗体 リウマトイド因子 抗好中球細胞質抗体 皮疹 皮下結節 関節炎 筋炎 漿膜炎 自己抗体
                   
 
病理 壊死性血管炎 糸球体腎炎 間質性肺炎 心炎 唾液腺炎 オニオンスキン病変 ワイヤーループ病変 ヘマトキシリン体 LE細胞  
                 

診断

  1 2 3 4 5
主症状 心炎 多関節炎 小舞踏病 輪状紅斑 皮下結節
副症状 臨床症状 関節痛 発熟 リウマチ熱
あるいはリウマチ性疾患の既往
 
検査査所見 急性期反応
ESR↑、CRP↑、WBC↑
PR時間↑  
先行するA群レンサ球菌感染の証拠 (関連抗体の高値または上昇、咽頭培養陽性または迅速反応陽性)
  • 診断:先行するレンサ球薗感染が証明され、かつ主症状2項目以上または主症状1項目+副症状2項目以上

検査

治療

  • 溶連菌治療にペニシリン、リウマチ性炎症抑制にサリチル酸剤ないし副腎皮質ステロイド剤、心炎抑制に副腎皮質ステロイド剤を用いる。
  • 〔治療〕 急性期は安静臥床としサリチル酸剤を用い、心炎合併時には副腎皮質ホルモン剤を併用する。
  • また、A群溶連菌に対し十分量のペニシリンを用い、治癒後も再発を防ぐために長期間予防的化学療法を行う。

予後

  • 良好
  • 急性の心炎(弁膜症)が生じると心不全につながる

予防

一次予防

  • 抗菌薬による溶連菌性扁桃炎の治療(10日間のペニシリン内服)
  • 心炎合併例ではステロイド

二次予防

  • 再発予防、弁膜症重症化の予防
  • 再発から5年間経口ペニシリンの内服




ナチュラルキラー細胞」

  [★]

natural killer cell, NK cell
NK細胞
単球自然免疫LAK細胞ナチュラルキラー細胞活性natural killer


概念

  • 自然免疫
  • リンパ球の5-10%を占めるらしい。
Large granular lymphocytes(LGLs) or NK cells account for 5-10% of periphral blood plymphocytes.(HAR.2024)
  • 大型のアズール好性顆粒を有する(SMB.41)
  • 単球と共に自然免疫に関与
  • ウイルス感染細胞やガン細胞を傷害する細胞で、T細胞に特異的なマーカをもたずに直接標的細胞を攻撃する (人間の正常構造と機能 VIIA血管・免疫 p.29)
  • 抗体依存性細胞毒性(ADCC)
II型アレルギーにかかわる

分子細胞学的な定義

機能

自然免疫

ADCC

  • IgGのFc部を結合し、顆粒を放出する(IMM.96)

分子マーカー

~

  • CD8:IL-2に反応してNK細胞が増殖
  • CD57:多くの細胞表面で発現

ケモカイン

リガンド 作用 産生
IL-12 NK細胞活性化 INF-γ
IL-18 Th1分化促進
  • IL-12,IL-18により活性化され、IFN-γを産生
  • IL-2により活性化し、細胞障害能が高まる (SPU.65)

受容体

  • NIR
MHC class Iを認識して攻撃を抑制。MHC class Iが少ないと抑制が外れる(IMM.96)


細胞融解型アレルギー」

  [★]

II型アレルギー


III型アレルギー反応」

  [★]

type III allergic reaction
免疫複合体型アレルギー反応 immune complex type allergic reaction
アルサス反応



III型アレルギー」

  [★]

[[]]
FcγRIII肥満細胞アレルギーIII型アレルギー反応


アレルギー」

  [★]

allergy
アレルギー反応 allergic reaction
過敏症 hypersensitivity

クームス分類

クームス分類

  I型アレルギー II型アレルギー III型アレルギー IV型アレルギー V型アレルギー
免疫反応の主体 IgE IgM, IgG 免疫複合体 Th1細胞 Th2細胞 Tc細胞 IgG
抗原 水溶性抗原 細胞や マトリックスに
結合している抗原
水溶性抗原 水溶性抗原 水溶性抗原 細胞関連の抗原 細胞表面レセプター
エフェクター機構 肥満細胞の活性化 補体 (CDC)|NK細胞好中球 (ADCC) 補体好中球 マクロファージの活性化 IgE産生、好酸球肥満細胞活性化 細胞障害 抗体の結合
アレルギー疾患の例 気管支喘息
アレルギー性鼻炎
花粉症
喘息
蕁麻疹
アトピー性皮膚炎
ラテックスアレルギー
ABO不適合輸血
新生児溶血性貧血
グッドパスチャー症候群
自己免疫性溶血貧血 AIHA
特発性血小板減少性紫斑病 ITP
橋本病
超急性移植片拒絶反応
アルツス反応
アニサキス症
トリ飼い病
農夫肺
血清病
急性糸球体腎炎
ループス腎炎(SLE)
関節リウマチ
過敏性肺臓炎
アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
接触性皮膚炎
ツベルクリン反応
慢性肉芽腫症
慢性喘息
慢性アレルギー鼻炎
移植片拒絶 慢性蕁麻疹
バセドー病
重症筋無力症
検査方法 RAST法
RIST法
皮内反応
プリックテスト
スクラッチテスト
負荷試験
免疫組織染色
凝集反応(完全抗体)
凝集反応(不完全抗体, クームステスト)
  皮内反応      


診療ガイドライン

http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/index.html

検査



I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」

型」

  [★]

機序形式形成形態種類パターンパターン形成品種編成方法モード様式タイプ標本タイプフォーム成立形づくる
原型


II」

  [★]

アレル」

  [★]

allele
アリル対立遺伝子アレレ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡