ICF

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/14 16:34:21」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Unilateral cortical hyperexcitability in congenital hydrocephalus: a TMS study.
  • Guerra A1, Curcio G, Pasqualetti P, Bressi F, Petrichella S, Scrascia F, Ponzo D, Ferilli M, Vernieri F, Rossini PM, Ferreri F.
  • Neurocase.Neurocase.2014 Aug;20(4):456-65. doi: 10.1080/13554794.2013.791866. Epub 2013 May 17.
  • Introduction: Changes in cortical excitability are considered to play an important role in promoting brain plasticity both in healthy people and in neurological diseases. Hydrocephalus is a brain development disorder related to an excessive accumulation of cerebrospinal fluid (CSF) in the ventricula
  • PMID 23682715
  • An ethnobotanical study of medicinal plants used by traditional healers in silent valley of Kerala, India.
  • Morvin Yabesh JE1, Prabhu S1, Vijayakumar S2.
  • Journal of ethnopharmacology.J Ethnopharmacol.2014 Jul 3;154(3):774-89. doi: 10.1016/j.jep.2014.05.004. Epub 2014 May 14.
  • ETHNOPHARMACOLOGICAL RELEVANCE: Medicinal plants are treating and preventing a variety disease. There is urgency in recording such data. This is the first ethno botanical study in which statistical calculations about plants are done by ICF method. The present study was aimed to identify plants colle
  • PMID 24832113
  • Frequency, severity and determinants of functional limitations in older adults with joint pain and comorbidity: Results of a cross-sectional study.
  • Hermsen LA1, Leone SS2, Smalbrugge M3, Dekker J4, van der Horst HE3.
  • Archives of gerontology and geriatrics.Arch Gerontol Geriatr.2014 Jul-Aug;59(1):98-106. doi: 10.1016/j.archger.2014.02.006. Epub 2014 Feb 28.
  • Older adults with joint pain and comorbidity are especially at risk of becoming functionally impaired. Therefore, we studied the frequency and severity of functional limitations and identified potential modifiable determinants that may reduce functional limitations. A prospective cohort study of old
  • PMID 24726180

和文文献

  • 訪問リハビリテーションで役立つ評価の考え方 : 『ICFについて(2)』ICFに基づいた評価票
  • 野尻 亜希,大越 満
  • 訪問リハビリテーション 2(5), 315-319, 2013-12-00
  • NAID 40019528384
  • 生活をデザインする:生活機能構成学のアプローチ:7. 国際生活機能分類(ICF)を用いた社会参加支援 -高齢者の元気とうれしさにICFはどう役立つか-
  • 佐藤 知正
  • 情報処理 54(8), 805-810, 2013-07-15
  • ICFを用いた社会参加支援関の姿とそれを可能にする科学技術の紹介とプロジェクトを展望する.具体的には,まず,社会参加のあるくらしが,これからの新しいライフスタイルであると位置づけ,社会参加支援のあるくらしの具体例を,ICFを体験レベルにまで拡張した"拡張ICF"による分析結果として示す.次に,このような支援を可能とする科学技術の現状を,"日常生活の計測,予測"と"人間行 …
  • NAID 110009585658
  • 生活をデザインする:生活機能構成学のアプローチ:6. 国際生活機能分類(ICF)を用いた生活支援ロボットの開発
  • 松本 吉央,田中 秀幸,吉川 雅博,脇田 優仁
  • 情報処理 54(8), 799-804, 2013-07-15
  • … や生活支援ロボットを開発することは容易ではなく,特にロボット分野においては数多くの生活支援ロボットのほとんどが研究・試作段階で終わってしまい,実用化・事業化につながらない状態が続いている.本稿では,支援機器や支援ロボットをどうしたら使えるものにできるかについて考察し,ICF(WHO国際生活機能分類)を活用して,ニーズに基づいた生活支援ロボットを開発し導入を促進するための方法論について解説する. …
  • NAID 110009585657

関連リンク

障害や疾病を持った人やその家族、保健・医療・福祉等の幅広い分野の従事者が、ICFを用いることにより、障害や疾病の状態についての共通理解を持つことができる。 様々な障害者に向けたサービスを提供する施設や機関 ...
ICFとは、2001年にWHO(世界保健機関)が提唱した、国際生活機能分類(International Classification of Functioning, Disability and Health)の略称です。 1981年の国際障害者年以降、障害を個人の問題とするのではなく、環境との ...

関連画像

さて、こうしたICFの考え方 Functioning, Disability, and Health (ICF 特別支援教育におけるICF及びICF ICFの構成要素間の相互作用ICF 應用在健康資訊與身心障礙 and Youth (ICF-CY): New international


★リンクテーブル★
国試過去問104G048」「106B062」「105G001」「103B003
リンク元国際生活機能分類」「細胞内液」「リハビリテーション
拡張検索ICF症候群」「ICF syndrome
関連記事I」「IC

104G048」

  [★]

  • 53歳の男性。全社員。連日深夜まで働いていたが、1か月前に脳出血をきたし片麻痺を生じた。歩行が困難である。一時は気が滅入りがちであったが、妻の励ましもあり現在は意欲的にリハビリテーションに取り組んでいる。仕事は休職している。
  • この患者の状態と対応する国際生活機能分類 ICFの項目の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G047]←[国試_104]→[104G049

106B062」

  [★]

  • 48歳の女性。 28歳で筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症し、 35歳で人工呼吸器を装着した。眼瞼・眼球運動機能が残存しているため開閉眼で意思疎通を行うことができ、コンピュータやインターネットを駆使して地域の患者会の会長をしている。
  • 国際生活機能分類(ICF)によるこの患者の評価で正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B061]←[国試_106]→[106C001

105G001」

  [★]

  • 生活機能分類(ICF)で誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105F031]←[国試_105]→[105G002

103B003」

  [★]

  • a. 障害を健康状態の構成要素とする。
  • b. 障害を「実行状況」と「能力」とでとらえる。
  • c. 障害への環境因子の影響を考慮する。
  • d. 心身の構造の異常を「能力低下」と呼ぶ。
  • e. 人生および社会生活場面での制限を「参加制約」と呼ぶ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103B002]←[国試_103]→[103B004

国際生活機能分類」

  [★]

International Classification of Functioning, Disability and Health, ICF

目的と意義

  • 医学モデルと社会モデルを統合した生きることそのもののモデル
  • プラス面によるマイナス面の克服
  • 相互作用の重視
  • 専門家(医療人)と当事者、家族の共通言語
  • 専門家(医療・教育・福祉など)の共通言語
  • 生活行為向上訓練を中心としたリハビリテーションによる潜在的な生活能力の開発
機能回復訓練ではなく生活行為向上訓練

ICFモデル

  • 健康である状態を前提として、問題が生じた状態を見る。
  • 生活機能背景因子を評価。
  • 生活機能心身機能・身体構造(生物レベル)活動(個人レベル)参加(社会レベル)でとらえている。
  • 1. 心身機能・身体構造  →  機能障害 :精神・身体機能の障害(ex. 脳血管障害後遺症による下肢麻痺)
  • 2. 活動  →  活動制限        :活動における能力の制約(ex. 麻痺で歩くことができない)
  • 3. 参加  →  参加制約      :社会的な参加における制約(ex. 歩くことができないのでイベントに参加できない、片麻痺により歩行困難で休職中)
  • 背景因子(環境因子、個人因子)は個人の健康状態に影響を与えている。
  • 環境因子(人々が生活する上での物的・社会的環境)
  • 個人因子(性別、人種、年齢、体力、ライフスタイル、習慣など、個人の生活や生活の特別な背景)
  • 健康状態、生活機能、および背景因子に含まれる諸因子が相互に影響している

参考

  • 1. 「国際生活機能分類-国際障害分類改訂版-」(日本語版)の厚生労働省ホームページ掲載について
[display]http://www.mhlw.go.jp/houdou/2002/08/h0805-1.html
  • 2. 国際生活機能分類/国際障害分類
[display]http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/glossary/ICF.html
  • 3. 英文PDF ICIDH-2 International Classification of Functioning, Disability and Health FINAL DRAFT Full Version
[display]http://www.sustainable-design.ie/arch/ICIDH-2Final.pdf

国試


細胞内液」

  [★]

intracellular fluid ICF
細胞外液

体液量

  新生児 乳児 幼児 成人 高齢者
全体液量 80 70 65 60 50
 細胞内液40 40 40 40 35
 細胞外液40 30 25 20 15
  組織間液 35 25 20 15 10
  血漿 5 5 5 5 5

性差、年齢

  • 女性、肥満者は脂肪細胞(水分を保持しない)のために体液量が男性より少ない
  • 新生児には組織間液が多い

細胞内液の組成

  • 細胞内液の陰イオンはリン酸イオンが大半を占め、次いで蛋白質、であり重炭酸イオンや塩素イオンはわずかである。(SP.761)。リン酸イオンが多いのは細胞内のATPの合成に使われる他、pH緩衝にも用いられるため、と思う。



リハビリテーション」

  [★]

habilitation
rehabilitation
社会復帰更生更生指導、回律指導、回律訓練

ICFモデルに基づく介入

  • 機能障害
  • 機能障害の改善
  • 合併症の予防と治療
  • 活動制限
  • 残存機能の強化
  • 日常生活動作の訓練(残存能力の応用による機能障害の克服)
  • 補助具の仕様(義肢、装具、杖、車椅子)
  • 参加制約
  • 家屋の改造
  • 周囲の人間の意識の変化
  • 教育の機会の確保
  • 職業的自立の援助
  • 経済的自立の保証
  • 社会参加、レクリエーションへの援助
  • 生活環境の整備

国試

  • 急性期のリハビリは肺葉症候群を避け、なるべく早く離礁させるためのリハビリを行う。また、脳血管障害に合併することが多い嚥下障害に対して、誤嚥性肺炎や脱水を避けるために摂食・嚥下の評価を行う。(QB.J-36)



ICF症候群」

  [★]

ICF syndrome
DNAメチル化異常症


ICF syndrome」

  [★]

ICF症候群DNAメチル化異常症


I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」

IC」

  [★]


"http://meddic.jp/ICF" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡