ICD-10

出典: meddic

疾病および関連保健問題の国際統計分類第10回修正 International Statistical Classification of Diseasesand Related Health Problems, 10th Revision ICD-10
ICD-10(精神と行動の障害)




参考

[display]http://www.dis.h.u-tokyo.ac.jp/scripts/ICD10Categories/default2_ICD.asp?CategoryID=1
[display]http://s2001.medic.mie-u.ac.jp/icd/A00-B99.html

  • 厚労省  「疾病、傷害及び死因分類」 ICD-10の分類の構成
http://www.mhlw.go.jp/toukei/sippei/index.html

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/13 22:34:26」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Unbiased estimates of long-term net survival of hematological malignancy patients detailed by major subtypes in France.
  • Monnereau A, Troussard X, Belot A, Guizard AV, Woronoff AS, Bara S, Lapôtre-Ledoux B, Iwaz J, Tretarre B, Maynadié M; French Network of Cancer Registries (FRANCIM).SourceRegistre des Hémopathies Malignes de la Gironde, Institut Bergonié, Bordeaux, France; Centre INSERM U897, CIC-EC7, Centre d'Investigation Clinique-Epidémiologie Clinique, Bordeaux, France. A.Monnereau@bordeaux.unicancer.fr.
  • International journal of cancer. Journal international du cancer.Int J Cancer.2013 May 15;132(10):2378-87. doi: 10.1002/ijc.27889. Epub 2012 Oct 30.
  • Long-term population-based survival data detailed by cancer subtype are important to measure the overall outcomes of malignancy managements. We provide net survival estimates at 1, 3, 5 and 10-year postdiagnosis on 37,549 hematological malignancy (HM) patients whose ages were >15 years, diagnosed
  • PMID 23034773
  • The Young Adults' Cigarette Dependence (YACD) score: An improved tool for cigarette dependence assessment in university students.
  • Salameh P, Jomaa L, Farhat G, Zeghondi H, Gerges N, Issa C, Sabbagh MT, Chaaya M, Barbour B, Waked M, Salamé J, Saadallah-Zeidan N, Baldi I; Lebanese National Conference for Health in Universities study group.SourceLebanese University, Faculties of Pharmacy & of Public Health, Laboratory of Clinical and Epidemiological Research (LCER), Beirut, Lebanon. Electronic address: psalameh@ul.edu.lb.
  • Addictive behaviors.Addict Behav.2013 May;38(5):2174-9. doi: 10.1016/j.addbeh.2013.01.009. Epub 2013 Jan 18.
  • BACKGROUND: Cigarette smoking induces dependence in young smokers.PURPOSE: The primary objective of this work was to validate the use of the Fagerström Test for Nicotine Dependence (FTND) in young Lebanese university students, and to improve it eventually by adding new items covering DSM-IV and ICD
  • PMID 23454882
  • Suicide rates in Shandong, China, 1991-2010: Rapid decrease in rural rates and steady increase in male-female ratio.
  • Sun J, Guo X, Zhang J, Jia C, Xu A.SourceSchool of Public Health, Queensland University of Technology, QLD, Australia; Shandong Provincial Centre for Disease Control and Prevention (CDC), 16992# Jingshi Rd., Jinan, Shandong 250014, PR China.
  • Journal of affective disorders.J Affect Disord.2013 Apr 25;146(3):361-8. doi: 10.1016/j.jad.2012.09.020. Epub 2012 Oct 12.
  • BACKGROUND: China has one of the highest suicide rates in the world; however, the recent trends in suicide have not been adequately studied. This study aimed to examine the potential changes in the rates and characteristics in a Chinese population.METHODS: Data on suicide deaths in 1991-2010 were ex
  • PMID 23068020

和文文献

  • Concordance Rates of Birth Defects After Assisted Reproductive Technology Among 17 258 Japanese Twin Pregnancies: A Nationwide Survey, 2004–2009
  • Ooki Syuichi
  • Journal of Epidemiology, 2013
  • … Birth defects were then reclassified according to the ICD-10 categories corresponding to codes Q00–Q99. … Regarding major organ systems, high probandwise concordance rates were observed for congenital malformations of eye, ear, face, and neck (11.8%), cleft lip and cleft palate (10.5%), congenital malformations of the nervous system (9.8%), and other congenital malformations of the digestive system (9.5%). …
  • NAID 130001913532
  • DCDにおける発達と障害
  • 森 栄美子
  • 障害者問題研究 40(1), 26-33, 2012-05-00
  • … 発達性協調運動障害(developmental coordination disorder: DCD)の概念と定義について,医学的側面からDSM-IV-TRおよびICD-10の二つの国際的診断基準に基づいて整理し,さらにTouwenらのSoft Neurological Sign等に基づいた臨床における診断・評価手法を具体的に提示した.DCD児への治療的介入としては,国内で従来から主流であった感覚統合療法が代表するような,運動の基底となるプロセスでの欠陥に働きかけるアプローチに …
  • NAID 110009140312
  • DPCコーディング点検が病院経営に及ぼす収益的効果とDPCコーディングの問題点
  • 柏倉 夏枝,片桐 茂,西塔 拓也
  • 診療情報管理 : 日本診療情報管理学会誌 = Health information management 23(3), 46-49, 2012-02-20
  • NAID 10030338570

関連リンク

ICD10 国際疾病分類第10版(2003年改訂)
F30 躁病エピソード F30.0 軽躁病 F30.1 精神病症状を伴わない躁病 F30.2 精神病症状を伴う躁病 F30.8 その他の躁病エピソード F30.9 躁病エピソード,詳細不明 F31 双極性感情障害躁うつ病> F31.0 双極性感情障害,現在軽 ...
検索語を入力して下さい (病名の一部でもかまいません) 検索語の文字数は、漢字・カナともスペースを含め20 ... 検索結果で次候補のICD-10コードがあるものは、そのコードを表示しています

関連画像

ICD-10 Preparation Conversion EHR HOME OF INSOMNIAC: ICD-10 Diagnostic ICD-10 Chapter XI is the chapter that ICD-10 di Indonesia dikenal dengan nama ICD-10 Codes Coming in October, 2014 | Eye ICD-10-CM 2014: The Complete Official 25 Resources to Get You Ready for ICD-10icd-10


★リンクテーブル★
先読みInternational Statistical Classification of Diseasesand Related Health Problems, 10th Revision
国試過去問105G068
リンク元毒作用」「神経症性障害」「International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems
拡張検索ICD-10(精神と行動の障害)
関連記事I」「IC」「ICD

International Statistical Classification of Diseasesand Related Health Problems, 10th Revision」

  [★] 疾病および関連保健問題の国際統計分類第10回修正


105G068」

  [★]

  • 我が国の平成18年度の呼吸器系、循環器系および消化器系の疾患の一般診療医療費を年齢階級別に推計した図を示す。ただし、疾患分類は第10回修正国際疾病、傷害及び死因分類<ICD-10>による。


  • 3つの疾患の組合せで正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G067]←[国試_105]→[105G069

毒作用」

  [★]

toxic action
ICD-10

薬用を主としない物質の毒作用 ICD-10

T51 アルコールの毒作用
T52 有機溶剤の毒作用
T53 脂肪族及び芳香族炭化水素のハロゲン誘導体の毒作用
T54 腐食性物質の毒作用
T55 石鹸及び洗浄剤の毒作用
T56 金属の毒作用
T57 その他の無機物質の毒作用
T58 一酸化炭素の毒作用
T59 その他の気体,フューム及び蒸気の毒作用
T60 農薬の毒作用
T61 海産食品として摂取された有害物質の毒作用
T62 食物として摂取されたその他の有害物質による毒作用
T63 有毒動物との接触による毒作用
T64 アフラトキシン及びその他の真菌毒素<マイコトキシン>による食物汚染物質の毒作用
T65 その他及び詳細不明の物質の毒作用

T63 有毒動物との接触による毒作用

T63.0 有毒動物との接触による毒作用,ヘビ毒 ヘビ毒、海ヘビ毒、ヘビ咬傷、ハブ咬傷、マムシ咬傷
T63.1 有毒動物との接触による毒作用,その他の爬虫類の毒 トカゲ毒
T63.2 有毒動物との接触による毒作用,サソリ毒 サソリ毒
T63.3 有毒動物との接触による毒作用,クモ毒 クモ毒
T63.4 有毒動物との接触による毒作用,その他の節足動物の毒 チャドクガ皮膚炎、ムカデ咬創、昆虫毒、刺虫アレルギー、刺虫症、四肢虫刺症、節足動物毒、体幹虫刺症、虫刺性皮膚炎、蜂刺症
T63.5 有毒動物との接触による毒作用,魚類との接触による毒作用  
T63.6 有毒動物との接触による毒作用,その他の海生動物との接触による毒作用 イソギンチャク毒、クラゲ毒、ヒトデ毒、甲殻動物毒
T63.8 有毒動物との接触による毒作用,その他の有毒動物との接触による毒作用  
T63.9 有毒動物との接触による毒作用,詳細不明の有毒動物との接触による毒作用 顔面昆虫螫、胸部昆虫螫、頚部虫刺症、前額部虫刺症


神経症性障害」

  [★]

neurotic disorder, neurotic disorders

分類

ICD-10

  • F40 - F48 Neurotic, stress-related and somatoform disorders

比較

PSY.197
古典的分類 ICD-10 DSM-IV
恐怖症 恐怖症性不安障害   不安障害 広場恐怖症
パニック障害
社会恐怖
不安神経症 他の不安障害 パニック障害
全般性不安障害
不安障害 パニック発作
全般性不安障害
強迫神経症 強迫性障害   不安障害 強迫性障害
ヒステリー神経症 解離性障害, 転換性障害   解離性障害  
身体表現性障害 転換性障害
身体表現性障害 身体化障害 身体表現性障害 身体化障害
心気神経症 身体表現性障害 心気障害
身体表現性自律神経機能不全
持続性身体表現性疼痛障害
身体表現性障害 転換性障害
心気症
疼痛性障害
離人神経症 他の神経症性障害 離人・現実感喪失症候群 解離性障害 離人症性障害

教科書的分類


International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems」

  [★]

ICD
ICD-10


ICD-10(精神と行動の障害)」

  [★]

the ICD-10 classification of mental and behavioural disorders
国際疾病分類 International Classification of Disease
ICD-10


I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」


IC」

  [★]



ICD」

  [★]



"http://meddic.jp/ICD-10" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3