ICAM-1

出典: meddic

intercellular adhesion molecule 1
ICAM、ICAM-1:CD54


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/17 21:29:08」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • High-intensity exercise attenuates postprandial lipaemia and markers of oxidative stress.
  • Gabriel B, Ratkevicius A, Gray P, Frenneaux MP, Gray SR.SourceInstitute of Medical Sciences, University of Aberdeen, Aberdeen AB25 2ZD, UK.
  • Clinical science (London, England : 1979).Clin Sci (Lond).2012 Sep;123(5):313-21.
  • Regular exercise can reduce the risk of CVD (cardiovascular disease). Although moderate-intensity exercise can attenuate postprandial TAG (triacylglycerol), high-intensity intermittent exercise might be a more effective method to improve health. We compared the effects of high-intensity intermittent
  • PMID 22435779
  • Depletion of protein kinase N3 (PKN3) impairs actin and adherens junctions dynamics and attenuates endothelial cell activation.
  • Möpert K, Löffler K, Röder N, Kaufmann J, Santel A.SourceSilence Therapeutics AG, 13125 Berlin, Germany.
  • European journal of cell biology.Eur J Cell Biol.2012 Sep;91(9):694-705. Epub 2012 May 19.
  • Several pathways are involved in the control of endothelial cell morphology, endothelial permeability and function in order to maintain vascular homeostasis. Here we report that protein kinase N3 (PKN3) appears to play a pivotal role in maintaining endothelial cell morphology, cell-cell junctions an
  • PMID 22609186
  • TNFα affects energy metabolism and stimulates biogenesis of mitochondria in EA.hy926 endothelial cells.
  • Drabarek B, Dymkowska D, Szczepanowska J, Zabłocki K.SourceNencki Institute of Experimental Biology PAS, 3 Pasteur Str., 02-093 Warsaw, Poland.
  • The international journal of biochemistry & cell biology.Int J Biochem Cell Biol.2012 Sep;44(9):1390-7. Epub 2012 Jun 9.
  • Mitochondrial response of EA.hy926 endothelial cells to tumour necrosis factor alpha (TNFα) was investigated. It was confirmed that TNFα stimulates reactive oxygen species (ROS) generation and increases intercellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) level. These changes were paralleled by elevated oxy
  • PMID 22687752

和文文献

  • Atherosclerotic plaques induced by marble-burying behavior are stabilized by exercise training in experimental atherosclerosis.
  • Shimada Kana,Mikami Yu,Murayama Toshinori,Yokode Masayuki,Fujita Masatoshi,Kita Toru,Kishimoto Chiharu
  • International journal of cardiology 151(3), 284-289, 2011-09-15
  • … The plaques containing macrophage accumulation with intercellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) expression associated with reduced collagen contents were induced in the mice treated with marble-burying. … However, ICAM-1 expression was suppressed and collagen contents were reversed in the mice that received marble-burying behavior plus exercise training. …
  • NAID 120003405530
  • Involvement of MAPKs in ICAM-1 Expression in Glomerular Endothelial Cells in Diabetic Nephropathy
  • Watanabe Naomi,Shikata Kenichi,Shikata Yasushi,Sarai Kei,Omori Kazuyoshi,Kodera Ryo,Sato Chikage,Wada Jun,Makino Hirofumi
  • Acta Medica Okayama 65(4), 247-257, 2011-08
  • … The aim of this study was to clarify the role of mitogen-activated protein kinase (MAPK) pathways for induction of intercellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) expression in glomerular endothelial cells under diabetic conditions. … We examined the expression of ICAM-1 in the kidneys of experimental diabetic rats. …
  • NAID 80021895207
  • Radiation-induced ICAM-1 Expression via TGF-β1 Pathway on Human Umbilical Vein Endothelial Cells ; Comparison between X-ray and Carbon-ion Beam Irradiation
  • KIYOHARA Hiroki,ISHIZAKI Yasuki,SUZUKI Yoshiyuki,KATOH Hiroyuki,HAMADA Nobuyuki,OHNO Tatsuya,TAKAHASHI Takeo,KOBAYASHI Yasuhiko,NAKANO Takashi
  • Journal of radiation research 52(3), 287-292, 2011-05-16
  • … Intercellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) and transforming growth factor-beta1 (TGF-β1) are thought to play important roles in this process. … In this study, radiation-induced ICAM-1 expression on endothelial cells was investigated with the use of an inhibitor of TGF-β1 receptor kinase (SB431542) and the effects of X-ray and carbon-ion beam were compared. …
  • NAID 10028111131

関連リンク

ICAM-1 (Inter-Cellular Adhesion Molecule 1) also known as CD54 (Cluster of Differentiation 54) is a protein that in humans is encoded by the ICAM1 gene. This gene encodes a cell surface glycoprotein which is typically expressed on ...
なお、ICAM-1は、ライノウイルス受容体(注2)。ライノウイルスは、小児気管支喘息の 発作の約8割に関与している。 .... ライノウイルスの90%以上は、major type ライノ ウイルスで、接着分子ICAM-1を感染受容体(ウイルス受容体)とし、細胞に感染・ ...

関連画像

ICAM-1(细胞间粘附分子 Check more concept images of iCam below.Fig. 3.Posted by @pedrosalma250px-PBB_Protein_ICAM1_image.jpg


★リンクテーブル★
リンク元接着分子」「白血球」「T細胞」「キラーT細胞」「インテグリン
関連記事IC」「ICAM」「ICA

接着分子」

  [★]

adhesion molecule
接着因子

接着分子のファミリー

白血球の相互作用に関与している接着分子 (IMM.87)

グループ名 機能 名称 別名 組織分布 リガンド
セレクチン 炭化水素鎖に結合。
白血球-内皮細胞の反応を開始
P-selectin PADGEN CD62P 活性化した内皮細胞、活性化した血小板 PSGL-1, sialyl-Lewisx
E-selectin ELAM-1 CD62E 活性化した内皮細胞 sialyl-Lewisx
インテグリン CAMや細胞外マトリックスに結合。
強い結合
LFA-1 αL:β2 CD11a:CD18 単球、T細胞、マクロファージ、好中球、樹状細胞 ICAMs
CR3, Mac-1 αM:β2 CD11b:CD18 好中球、単球、マクロファージ ICAM-1, iC3b, fibrinogen
CR4, p150.95 αX:β2 CD11c:CD18 樹状細胞、マクロファージ、好中球 iC3b
VLA-5 α5:β1 CD49d:CD29 単球、マクロファージ fibronectin
免疫グロブリンスーパーファミリー 細胞結合で様々に働く。
インテグリンの基質
ICAM-1   CD54 活性化した内皮細胞 LFA-1, MAC1
ICAM-2   CD102 非活性化状態の内皮細胞、樹状細胞 LFA-1
VCAM-1   CD106 活性化した内皮細胞 VLA-4
PECAM   CD31 活性化した白血球、内皮細胞間の結合 CD31

白血球の相互作用に関与している免疫グロブリンスーパーファミリーの接着分子 (IMM.329)

名称 分布組織 リガンド
CD2 LFA-2 T細胞 LFA-1 CD53
ICAM-1 CD54 活性化した血管、リンパ球、樹状細胞 LFA-1, Mac-1  
ICAM-2 CD102 非活性化状態の血管 LFA-1  
ICAM-3 CD50 Naive T cells DC-SIGN, LFA-1  
LFA-3 CD58 リンパ球、APC CD2  
VCAM-1 CD106 活性化した内皮細胞 VLA-4  
-接着分子
-細胞接着分子
-カドヘリン


白血球」

  [★]

leukocyte, leucocyte (Z), white blood cell (Z), WBC, white corpuscle, white cell
赤血球血球血液

白血球

基準値

  • 4000-9000 (/μl) (2007前期解剖学授業プリント)
異常値の出るメカニズム第5版
  • 5000- 8400 (/μl) (健常者の2/3)
  • 4500-11000 (/μl) (95%範囲)

年齢との関連

生理的な変動

  • 精神的ストレス↑  → 交感神経の刺激により好中球の血管壁遊離が促進されるため
  • 午前↓、午後↑

基準値

  07解 異メ 流マ HIM.A-1
顆粒球 好中球 桿状核球 40~70 44~66 40~60 4~14 0~5
分葉核球 43~59 40~70
好酸球 2~4 0~ 4 2~4 0~6
好塩基球 0~2 0~0.5 0~2 0~2
無顆粒球 リンパ球 25~40 30~38 26~40 20~50
単球 3~6 0~ 5 3~6 4~8
  • 07解: 2007前期解剖学授業プリント
  • 異メ: 異常値の出るメカニズム第5版 p.91
  • 流マ: 流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.10

血管外滲出 extravasation (SMB.37 BPT.37)

(margination)

  • 1. 赤血球は軽く早く流れるので血管の中央をながれ、白血球は血管のへりを流れている

(rolling)

  • 2. IL-1, TNFで血管内皮細胞が活性化し、血管内腔にE-selectinを発現する
  • 3. P-selectinヒスタミントロンビンの働きにより、血管内腔に発現する
  • 4. 白血球と血管内皮細胞の接着分子で接着することで、白血球がrollingを始める
  • 3. 次第にselectinによる接着はdown regulateされる

(adheresion & arrested)

(transmigration)

  • 6. 白血球と血管内皮細胞に発現しているPECAM-1(CD31)がお互い接着し、白血球が血管内皮細胞の間隙を通って細胞外マトリックスに入る
血管内皮細胞   白血球
Rolling
E-selectin 糖鎖(SLex)
P-selectin 糖鎖
糖鎖(GlyCAM-1)(=CD34) L-selectin
Adhestion
ICAM-1 LFA-1 integlin(CD11a/CD18), Mac-1 integlin(CD11b/CD18)
VCAM-1 VLA-1 integlin
transmigration
PECAM-1(CD31) PECAM-1(CD31)

白血球の染色

  • 好酸性:赤く染まる→ヘモグロビン
  • 好塩基性:青く染まる→リボソーム、核内のヒストン蛋白
  • 好酸性でも好塩基性でもない:淡いピンクに染まる
  • MPOをもつ:顆粒球(前骨髄球~分葉核球)、単球(前単球~単球)
  • MPOをもたない:リンパ球系細胞
  • 好中球:長鎖エステルを分解
  • 単球:短鎖エステルを分解

関節液

  •   炎症 感染
  • 200 2000 20000
  • 500 5000 50000

臨床関連

白血球のインテグリンが欠損または減少する先天性疾患
反復性の細菌皮膚感染
  • SIRSの診断基準:<4,000/ul or >12,000/ul




T細胞」

  [★]

T cell
Tリンパ球T lymphocyte
TCRB細胞MHC
  • 図:IMM.315(T細胞の成熟)
  • 胸腺で成熟したT細胞は血流によって移動し、リンパ節の傍皮質白脾髄のリンパ性動脈周囲鞘、パイエル板の傍濾胞域に集まる(人間の正常構造と機能 VIIA血管・免疫 p.28)

種類

  1. ヘルパーT細胞(Th細胞)
  2. キラーT細胞(Tc細胞)
  3. サプレッサーT細胞(Treg細胞)

T細胞の抗原認識 (SP.248)

  CD TCRが抗原と共に認識する分子 認識する細胞
Tc細胞 CD8 MHCクラスI 感染細胞
Th細胞 CD4 MHCクラスII 抗原提示細胞

CD4+ T細胞のサイトカイン放出とその原因

DCが認識する外来異物 DCが分泌する物質 DCに反応する細胞 この細胞が分泌する
サイトカイン
NK系の細胞が放出した
サイトカインに反応するTh細胞
Th細胞が分泌するサイトカイン
ウイルス、一部の細菌 IL-12 NK細胞(IL-12による) INF-γ Th1 IL-2, IFN-γ, TNF-β
原虫など   NKT細胞 IL-4 Th2 IL-4, IL-13, IL-5

Th細胞活性化と接着分子

  抗原提示細胞 Th細胞
主シグナル MHC classII TCR, CD3
CD4
副シグナル B7{B7-1(CD80)/B7-2(CD86)} CD28
VCAM-1(CD106) VLA-4
ICAM-1 LFA-1
LFA-3(CD58) CD2



キラーT細胞」

  [★]

killer T cell
細胞傷害性T細胞 cytotoxic T cell 、細胞溶解性T細胞 cytolytic T cell、細胞傷害性Tリンパ球 cytotoxic T lymphocyte CTL、細胞溶解性Tリンパ球 cytolytic T lymphocyte CTL
ヘルパーT細胞T細胞ラック細胞 LAK細胞
KT


  • 偏性細胞内寄生体であるウイルス感染において特に誘導されやすい (SMB.47)

機能

  • キラーT細胞のTCRが、抗原を提示しているMHC class Iを認識し、キラーT細胞のCD8がMHC class Iとの結合を増強して、細胞傷害を行う (SP.250)
  • 攻撃の方法は2つあり、リソソームから酵素を注入する方法と、パーフォリン(perforin)を注入する方法とがある (SP.250)

抗原認識と細胞傷害 (SMB.48)

  • 1. キラーT細胞のTCRがが抗原を提示したMHC class Iを認識
  • 2. CD8がMHC class Iに結合
  • 3. キラーT細胞で発現しているLFA-1が標的細胞のICAM-1と結合
  • 4. キラーT細胞がFasリガンドを発現し、標的細胞のFasに結合
  • 5. パーフォリンが放出される
  • 6. グランザイムが注入される

新しいトピック

結核菌の殺傷に関与


-細胞傷害性T細胞


インテグリン」

  [★]

integrin, integrins

インテグリン IMM.87

name tissue distribution ligand
単球 T細胞 マクロファージ 好中球 樹状細胞
αL:β2 LFA-1 CD11a:CD18 ICAMs
αM:β2 CR3, Mac-1 CD11b:CD18     ICAM-1, iC3b, fibrinogen
αx:β2 CR4, p150.90 CD11c:CD18     iC3b
α5:β1 VLA-5 CD49d:CD29       fibronectin


IC」

  [★]



ICAM」

  [★]

intercellular adhesion molecule

種類

adhesion molecules, intercellular


ICA」

  [★]


"http://meddic.jp/ICAM-1" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡