Haemophilus influenzae

出典: meddic

Haemophilus influenzae
インフルエンザ菌
細菌髄膜炎Haemophilus influenzae type b

生物的特徴

  • グラム陰性桿菌
  • パスツレラ科ヘモフィルス属
  • 莢膜を有し、血清型はb型である。
  • 発育因子として、X因子(プロトポルフィリンIX or プロトヘム) and/or V因子(NAD or NADP)が必要
  • 病原因子は莢膜(抗貪食作用)とIgAプロテアーゼ(IgAを分解)が特徴的である。
  • PBPの変異による耐性菌(BLNAR, β-lactamase negative ampicillin-resistant Haemophilus)が出現している

感染症

続いて敗血症や閉塞性喉頭炎も引き起こす。

血清型と疾患(SMB.191)

  • 莢膜型を有するS型菌(b型)
  • 髄膜炎菌、結膜炎、喉頭炎、関節炎
  • 非莢膜型を有しないR型菌
  • 中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎

疫学

潜伏期間

感染経路

  • 飛沫感染

症状

合併症

経過

治療

検査

培養

予防

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/06 21:51:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Moraxella catarrhalis Outer Membrane Vesicles Carry {beta}-Lactamase and Promote Survival of Streptococcus pneumoniae and Haemophilus influenzae by Inactivating Amoxicillin.
  • Schaar V, Nordstrom T, Morgelin M, Riesbeck K.SourceMedical Microbiology, Department of Laboratory Medicine Malmo, Lund University, Skane University Hospital, SE-205 02 Malmo, Sweden. kristian.riesbeck@med.lu.se.
  • Antimicrobial agents and chemotherapy.Antimicrob Agents Chemother.2011 Aug;55(8):3845-53. Epub 2011 May 16.
  • Moraxella catarrhalis is a common pathogen found in children with upper respiratory tract infections and in patients with chronic obstructive pulmonary disease during exacerbations. The bacterial species is often isolated together with Streptococcus pneumoniae and Haemophilus influenzae. Outer membr
  • PMID 21576428
  • Identification and characterization of a heme periplasmic-binding protein in Haemophilus ducreyi.
  • St Denis M, Sonier B, Robinson R, Scott FW, Cameron DW, Lee BC.SourceDepartment of Biochemistry, Microbiology, and Immunology, Faculty of Medicine, University of Ottawa, 451 Smyth Road, Ottawa, ON, K1H 8M5, Canada.
  • Biometals : an international journal on the role of metal ions in biology, biochemistry, and medicine.Biometals.2011 Aug;24(4):709-22. Epub 2011 Feb 24.
  • Haemophilus ducreyi, a gram-negative and heme-dependent bacterium, is the causative agent of chancroid, a genital ulcer sexually transmitted infection. Heme acquisition in H. ducreyi proceeds via a receptor mediated process in which the initial event involves binding of hemoglobin and heme to their
  • PMID 21347851
  • Update on childhood and adolescent immunizations: selected review of US recommendations and literature: part 1.
  • Fay KE, Lai J, Bocchini JA Jr.Sourcea Department of Pediatrics, Children's Hospital at Dartmouth, Lebanon, New Hampshire b Division of General Pediatrics, Cohen Children's Medical Center, North Shore-Long Island Jewish Health System, New Hyde Park, New York c Department of Pediatrics, Louisiana State University Health Sciences Center, Shreveport, Louisiana, USA.
  • Current opinion in pediatrics.Curr Opin Pediatr.2011 Aug;23(4):460-9.
  • PURPOSE OF REVIEW: To provide a clinically relevant synopsis of research findings regarding childhood and adolescent vaccines.RECENT FINDINGS: Much research confirms the safety, immunogenicity, and efficacy of specific vaccines as well as the positive impact on overall morbidity and mortality. Preve
  • PMID 21750429

和文文献

  • Effects of Simultaneous Immunization of Haemophilus influenzae Type b Conjugate Vaccine and Diphtheria-Tetanus-Acellular Pertussis Vaccine on Anti-Tetanus Potencies in Mice, Guinea Pigs, and Rats
  • Fukuda Tadashi,Iwaki Masaaki,Komiya Takako [他]
  • Japanese Journal of Infectious Diseases 66(1), 41-45, 2013-01-00
  • NAID 40019557053
  • β-ラクタム系薬耐性肺炎球菌およびインフルエンザ菌に対する経口抗菌薬作用後の形態変化
  • 千葉 菜穂子,諸角 美由紀,生方 公子
  • The Japanese journal of antibiotics 65(5), 323-334, 2012-10-00
  • NAID 40019472621
  • 岐阜及び愛知県下で分離された小児由来Haemophilus influenzaeの感受性サーベイランス(2009~2010)
  • ?倉 真理子,福田 淑子,野村 伸彦 [他]
  • The Japanese journal of antibiotics 65(5), 305-321, 2012-10-00
  • NAID 40019472597
  • 本邦における小児細菌性髄膜炎の動向(2009-2010)
  • 新庄 正宜,岩田 敏,佐藤 吉壮 [他]
  • 感染症学雑誌 = The journal of Japanese the Association for Infectious Diseases 86(5), 582-591, 2012-09-00
  • NAID 40019436935

関連リンク

インフルエンザ菌(インフルエンザきん、Haemophilus influenzae)とは、主に呼吸器や 中耳に感染する細菌の1種である。インフルエンザという名称が付けられてはいるが、 インフルエンザの病原体ではない。
ヘモフィルス-インフルエンザb型菌(Hib : Haemophilus influenzae Type b )は、「 インフルエンザ」という言葉を含んでいるので紛らわしいですが、冬にインフルエンザの 大きな流行を起こすインフルエンザウイルスとは関係ありません。ヘモフィルス- ...
Todar's Online Textbook of Bacteriology chapter on Haemophilus influenzae and the Hib meningitis vaccine.

関連画像

Haemophilus influenzae satelliting around Haemophilus influenzae cultivated on 5279773437_7c61c5a40b_z.jpgHaemophilus influenzae cultivated on Haemophilus influenzae on Chocolate Horse Description Haemophilus influenzae 01.jpg Haemophilus influenzae Gram.JPGHaemophilus influenzae


★リンクテーブル★
先読み細菌」「髄膜炎
国試過去問105A051」「107A014
リンク元多発性骨髄腫」「耳前リンパ節」「莢膜」「ウォーターハウス・フリーデリクセン症候群」「ヘモフィルス属
拡張検索Haemophilus influenzae type b」「Haemophilus influenzae vaccine」「Haemophilus influenzae meningitis
関連記事influenza」「influenzae」「Haemophilus

細菌」

  [★]

bacterium,(pl.) bacteria
バクテリア
特殊な細菌 細菌の鑑別細菌の同定?、細菌の分類

細菌の命名

  • ラテン語であり、イタリックで表す。
  • 「属名 + 種名」で表現される。

グラム染色性と形状による分類と疾患

形状 グラム陽性菌 グラム陰性菌
球菌   スタフィロコッカス属 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus 多様     ナイセリア属 淋菌 Neisseria gonorrhoeae 淋病  
ストレプトコッカス属 化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes 多様 莢膜 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis 多様  
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae     ベイヨネラ属   Veillonella    
エンテロコッカス属 (総称)腸球菌 Enterococcus faecalis     モラクセラ属/
ブランハメラ亜属
  Moraxella catarrhalis 肺炎  
Enterococcus faecium      
桿菌   バシラス属 炭疽菌 Bacillus anthracis 炭疽 好気性菌、有芽胞菌、莢膜 腸内細菌科 エンテロバクター属     肺炎、尿路感染  
  セレウス菌 Bacillus cereus 細菌性食中毒 好気性菌、有芽胞菌 エシェリキア属 大腸菌 Escherichia coli パラチフス 通性嫌気性
  クロストリジウム属 破傷風菌 Clostridium tetani 破傷風 嫌気性菌、有芽胞菌 クレブシエラ属     下痢、肺炎、尿路感染  
  ボツリヌス菌 Clostridium botulinum ボツリヌス中毒 プロテウス属     尿路感染  
  ウェルシュ菌 Clostridium perfringens 多様 サルモネラ属 パラチフス菌 Sallmonella serovar Paratyphi 腸チフス 通性嫌気性
  ディフィシル菌 Clostridium difficile 多様 チフス菌 Sallmonella serovar Typhi   通性嫌気性
    ガス壊疸菌群       セラチア属   Serratia 日和見感染 通性嫌気性
マイコバクテリウム科 マイコバクテリウム属 結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 無芽胞菌 シゲラ属 赤痢菌 Shigella 赤痢 通性嫌気性
ライ菌 Mycobacterium leprae ライ病 エルシニア属 ペスト菌 Yersinia pestis ペスト 通性嫌気性
コリネバクテリウム科 コリネバクテリウム属 ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア   Yersinia enterocolitica 多様 通性嫌気性
ノカルジア科 ノカルジア属 ノカルジア     ビブリオ科 ビブリオ属 コレラ菌 Vibrio cholerae コレラ 通性嫌気性
アクチノマイセス科 アクチノマイセス属(放線菌属) (総称)放線菌 Actinomyces   腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ感染症 通性嫌気性
  リステリア属   Listeria monocytogenes リステリア症 嫌気性菌、無芽胞菌、人獣共通感染症、通性細胞内寄生菌 パスツレラ科 ヘモフィルス属 インフルエンザ菌 Haemophilis influenzae 多様  
  パスツレラ属 パスツレラ属菌 Pasteurella multocida 人獣共通感染症  
ストレプトバシラス属 ストレプトバシラス属菌 Streptobacillus moniliformis 鼠咬症  
  シュードモナス属 緑膿菌 Psudomonas aeruginosa 緑膿菌感染症 好気性、院内感染症
ボルデテラ属 百日咳菌 Bordetela pertussis 百日咳 好気性、短桿菌
ブルセラ属 ブルセラ Brucella ブルセラ症 好気性、細胞内増殖菌、短桿菌
フランシセラ属 野兎病菌 Francisella tularensis 野兎病 好気性、球桿菌
レジオネラ属   Legionella pneumophila ポンティアック熱/レジオネラ肺炎 好気性
バクテロイデス属   Bacteroides fragilis 嫌気性感染症 偏性嫌気性菌
らせん菌   スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒  
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
スピリルム 鼠咬症スピリルム   鼠咬症
カンピロバクター属 カンピロバクター属菌   カンピロバクター腸炎
ヘリコバクター属   Helicobacter pylori  



髄膜炎」

  [★]

meningitis
脳脊髄膜炎
蛋白細胞解離


病因

  • 感染症(細菌、ウイルス、真菌など)、悪性腫瘍の浸潤 → 髄膜の炎症

分類

病原体

  • 菌血症→脳脈絡叢→髄腔
  • 菌体成分(LPSなど)→BBB, 上衣細胞、脳細胞の障害。神経膠細胞による炎症サイトカインの分泌
  • 血行性、あるいは神経軸索によりウイルスが髄腔に波及。

臨床経過

宿主要因と髄膜炎に関わる病原体

頻度・年齢階層が資料によって異なるため混乱しないように注意。

YN.J-137改変

4ヶ月未満 B群溶連菌(50%) 大腸菌(25%) インフルエンザ菌(20%) リステリア菌(1%)  
4ヶ月~6歳未満 インフルエンザ菌(70%) 肺炎球菌(25%)      
6歳~50歳未満 肺炎球菌(65%) インフルエンザ菌(10%) 髄膜炎菌  
50歳以上 肺炎球菌(80%) 黄色ブドウ球菌      
免疫不全者 クレブシエラ 連鎖球菌 緑膿菌 黄色ブドウ球菌 真菌

first aid step1 2006 p.161

Newborn (0–6 mos) Children (6 mos–6 yrs) 6–60 yrs 60 yrs +
Streptococcus agalactiae Streptococcus pneumoniae Neisseria meningitidis Streptococcus pneumoniae
Escherichia coli Neisseria meningitidis Enteroviruses Gram-negative rods
Listeria Haemophilus influenzae type B Streptococcus pneumoniae Listeria
  Enteroviruses HSV  
incidence of H. influenzae meningitis has ↓ greatly with introduction of H. influenzae vaccine in last 10–15 years.

CBT QB vol2 p.562

  1位 2位 3位
新生児 大腸菌 B群溶連菌 リステリア菌
小児期(6歳以下) インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  

IMD.1042

年齢 病原体
3ヶ月未満 B群溶連菌 大腸菌 リステリア菌
3ヶ月以上の乳小児 インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  
高齢者 肺炎球菌 グラム陰性桿菌 リステリア菌

小児細菌性髄膜炎起炎菌(PED.606)

<3か月 3か月≦
グラム陽性 球菌 Streptococcus agalactiae
Streptococcus pneumoniae
Staphylococcus
Enterococcus faecalis
Streptococcus pneumoniae(PSSP/PISP/PRSP)
桿菌 Listeria monocytogenes Listeria monocytogenes
グラム陰性 球菌 Neisseria meningitidis Neisseria meningitidis
桿菌 Escherichia coli
Enterobacter cloacae
Serratia marcescens
Haemophilus influenzae type b

新生児

  • Streptococcus agalactiaeは産道感染
  • Escherichia coliもおそらく産道感染

新生児と老人

  • Listeria monocytogenesは産道感染するので新生児に多い。新生児と老人に多いのは通性細胞内寄生菌で細胞性免疫の弱い宿主に感染やすいため?

乳児~幼児

  • Haemophilus influenzae type B

乳児~大人

  • Enteroviruses
  • Neisseria meningitidis

小児~大人

  • Herpes simplex virus

乳児~老人

  • Streptococcus pneumoniae

老人

  • グラム陰性桿菌は老人

髄膜炎の鑑別

  細菌性髄膜炎 ウイルス性髄膜炎 結核性髄膜炎 真菌性髄膜炎 癌性髄膜炎
外観 混濁 clear 水様~
キサントクロミー
日光微塵
clear~
日光微塵
clear~
キサントクロミー

70-180
(mmH2O)
↑↑
200~800以上

200~300

200~800

200~800

200~300
細胞
0-5
(/mm3)
500~数百万 10~1,000 25~1,000 25~1,000 25~500
好中球 リンパ球 リンパ球 リンパ球 好中球
タンパク
15-45
mg/dl
↑↑
50~1,500

正常~100

50~500

100~500

50~500

50-80
mg/dl
↓↓
0~40

正常
↓↓
~40
↓↓
~40

~40

予後不良因子

  • 入院時の状態に依存する:痙攣、意識レベルの変化、低血圧 (IRE.407)

国試




105A051」

  [★]

  • 56歳の男性。発熱と膿性痰とを主訴に来院した。 3日前から38℃台の発熱と膿性痰とを認めている。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。胸部エックス線写真にて右下肺野に浸潤影を認める。喀痰のGram染色で好中球と菌体とを多数認める。
  • 考えられる起炎菌はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 105A050]←[国試_105]→[105A052

107A014」

  [★]

  • 肺炎の原因菌で尿中抗原検査が診断に有用なのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 107A013]←[国試_107]→[107A015

多発性骨髄腫」

  [★]

multiple myeloma, MM
形質細胞性骨髄腫plasma cell myelomaカーラー病 Kahler diseaseカーラー-ボゾーロ症候群 Kahler-Bozzolo syndrome
単クローン性免疫グロブリン血症
  • first aid step1 2006 p.219,296

概念

  • 免疫グロブリン産生細胞である形質細胞が腫瘍化し、骨髄を主体として増殖する疾患

病因

  • 腫瘍細胞の増殖と生存:形質細胞と骨髄間質細胞の産生するIL-6の作用による (APT.77)
  • 遺伝子、染色体:t(4;15), which jyxtaposes the IgH locus with fibroblast growth factor receptor 3(FGFR3) gene

疫学

  • 罹患率:10万人に対して約2人
  • 60歳以上の高齢者に多い。50-60歳でピーク

病変形成&病理

  • 骨融解:骨髄腫細胞がosteoclast-activating factor(OAF)を分泌することによる → punched out defect
  • 骨髄:異常形質細胞の増加

症候

  • 全身倦怠、貧血 ← 貧血による症状
  • 腰痛
  • (進行した例)
  • 病的骨折や骨融解(骨融解像)などの骨病変 →腰痛・背部痛、高カルシウム血症
  • 腎機能障害:蛋白尿
  • 易感染性

骨病変 (WCH.2561)

  • 骨病変は少なくとも70%の患者に見られ、精度の高い検査方法では殆どの患者で発病変が見いだされる。四肢が冒されるかもしれないが、もっとも頻度が高いのは脊柱である。動きや体重の加重により痛みが増悪するのが特徴である。
  • 椎体圧迫骨折や腫瘤により脊椎圧迫症状をきたしうる → 対麻痺、膀胱直腸症状

腰痛 (WCH.2561)

  • 5-10%の患者で背中痛を訴える。この痛みは動きと関連しており、咳、くしゃみ、体重の加重によって悪化する。患者は堅苦しく歩き、検査台やx線の台の乗り降りをするのが非常に困難である。

合併症

検査

血算

  • 赤血球:中程度の正球性赤血球貧血
  • ときに、白血球減少・血小板減少

血液生化学

  • 血清総蛋白量:増加
  • アルブミン:減少
  • γグロブリン(=免疫グロブリン)↑
  • 血清蛋白分画Mスパイク出現
  • 腫瘍化した形質細胞(骨髄腫細胞)がIgG、IgA、IgD、IgEを産生 (IgMを単クローン性に産生する場合は別の病名がつく。)
  • CRP:陰性

血液塗沫標本

  • 赤血球の連銭形成:M蛋白(γグロブリンは正に帯電。Mタンパクもおそらく正に帯電)
  • 骨髄腫細胞は稀 → 多数なら形質細胞性白血病

免疫グロブリン

骨髄検査

  • 細胞表面抗原
  • CD38(+), CD56(+), CD19(-)。(⇔正常な形質細胞:CD56(-), CD19(+)
  • 多発性骨髄腫においてCD56(+)は70%、CD56(-)は30%

骨髄穿刺

  • 異型性の形質細胞が有核細胞の10%以上認められ,細胞表面抗原検査にて単クローン性形質細胞と同定されることによりなされる。
  • 骨髄内で形質細胞が単クローン性に増加
→血清中に単クローン性免疫グロブリン↑(=M蛋白)
尿中に免疫グロブリンのL鎖(κ,λ鎖)出現
ベンス・ジョーンズタンパク質

血清蛋白電気泳動

  • ガンマグロブリン分画に急峻なピーク(M-peak)
[show details]

尿検査

単純X写真

  • 頭部:頭蓋骨の打ち抜き像 punched-out lesion
  • 腰部:脊椎の圧迫骨折
[show details]

骨シンチグラム

  • 陰性(骨形成反応がないため)

診断

診断基準(2003年)

  • Mタンパク + (高カルシウム血症 + 腎機能障害 + 貧血 + 骨病変) CRAB(calcium, renal insufficiency, anemia, bone lesion)

病期

参考3 YN.G-68
β2ミクログロブリン
(mg/L)
5.5 Stage III
  Stage II
3.5   Stage I
0
  0 3.5  
アルブミン(g/dL)
  • Stage I:アルブミン3.5g/dl以上、β2ミクログロブリン3.5mg/L未満
  • Stage II: Stage I ~ Stage III
  • Stage III: β2ミクログロブリン5.5以上
  • Stage別平均余命:I 62ヶ月、II 44ヶ月、III 29ヶ月

治療

(参考1)
  • 治療方針:初期治療、維持療法、再発・難反応期治療がある。
  • 初期治療:
  • 化学療法:MP療法と多剤併用療法があるが、後者は奏効率は高いが生存期間延長効果がないため、一般的にはMP療法を行う。化学療法のみで治癒は困難であり、プラトー(臓器障害を認めない状態が3ヶ月以上持続)に達した後に維持療法を行う。
  • 骨髄移植適応無し
  • 骨髄移植適応有り
  • 自己末梢血幹細胞移植
  • 維持療法:
  • インターフェロン:無事象生存期間、全生存期間の中央値はそれぞれ6ヶ月、7ヶ月の延長効果があったが、副作用を考慮し必ずしも推奨されない。
  • プレドニゾロン:50mg投与隔日投与でで有効性が認められたが、副作用の発現リスクが高くなるため日本ではあまり行われていない。
  • 再発・難反応例:
  • サリドマイド(認可??):単剤で30%、デキサメタゾンとの併用で40-50%、化学療法との併用では50-60%の奏効率が報告されている。
  • ボルテゾミブ(認可??):デキサメタゾンとの併用が推奨されている。副作用は末梢神経障害、血小板減少。
  • レナリドマイド(認可??):サリドマイド誘導体。サリドマイドに比べて効果は高く、末梢神経障害、消化器症状、神経症状、DVT等の副作用が軽い。
  • 支持療法
  • 骨病変:
  • 高カルシウム血症:
  • 口渇・意識障害など明らかな臨床症状:生理食塩水+ビスホスホネート点滴静注。ステロイドやカルシトニンを併用すると有効な場合もある。
  • 腎障害:M蛋白による尿細管の障害、高カルシウム血症、高尿酸血症、アミロイドーシス、尿路感染症、骨髄腫細胞浸潤などで腎障害をきたす。輸液、アシドーシス補正、電解質補正、血液透析。腎障害がある場合の化学療法には腎障害の少ないVAD療法()かデキサメタゾン大量療法が推奨される。
  • 過粘稠度症候群:
  • 血漿交換療法、ダブル濾過法、段階濾過法
  • アミロイドーシス:
  • 心臓、腎臓、消化管、舌等の臓器に沈着し、臓器障害をきたす。約30%の症例にみられるが、有償状は10%未満。予後を規定する心機能をモニターするため、心エコーでフォローする。アミロイドーシス自体に対する有効な治療はなく、原疾患の治療を早くすることが必要である。

参考

  • 1. 多発性骨髄腫の治療 - がん情報サービス
http://ganjoho.jp/public/cancer/data/myeloma_therapy.html
  • 2. [charged] 多発性骨髄腫の臨床的特徴、検査所見、および診断 - uptodate [1]
  • 3. [charged] 多発性骨髄腫における病期分類および予後研究 - uptodate [2]

国試



耳前リンパ節」

  [★]

anterior auricular lymph node, preauricular lymph node, preauricular node
耳介前リンパ節耳介前部リンパ節
[show details]

解剖

参考.1
  • 耳介前リンパ節(通常1-3個)は耳介の前方に位置する。耳介後リンパ節と耳介前リンパ節、浅耳介リンパ節には、外耳、涙腺や周辺の頭皮や顔面からのリンパが流入し、深頸リンパ節に注ぐ。

腫脹

IRE.383

参考

  • 1. 解剖 シェーマ
[display]http://www.oralstudio.net/stepup/jisho//1.img/words/img153.gif


莢膜」

  [★]

capsule

機能

  • 食細胞による貪食をのがれる
抗体を介した貪食による (SMB.43)
抗体の産生には1週間ていどかかるらしい
補体無効
補体が莢膜に接着しない
膜攻撃複合体が細胞膜に達しない

莢膜を有する病原体

莢膜を有する病原体(First Aid 2006 p.137)

SHNK

検査

  • if encapsulated bug is present, capsule swells when specific anticapsular antisera are added.



ウォーターハウス・フリーデリクセン症候群」

  [★]

Waterhouse-Friderichsen syndrome
ウォーターハウス-フリーデリクセン症候群Waterhouse-Friderichsen症候群ウォーターハウス・フリードリクセン症候群Waterhause Friderichsen症候群


概念

  • 髄膜炎菌敗血症など播種性血管内凝固症候群、全身の皮膚・粘膜出血、副腎出血を来たす。24時間以内に死亡しうる。




ヘモフィルス属」

  [★]

Haemophilus
hemophilus
Haemophilusヘモフィラス
細菌

生物的特徴

ヘモフィルス感染症



Haemophilus influenzae type b」

  [★]

ヘモフィルスインフルエンザb菌Hib
インフルエンザ菌 Haemophilus influenzae


Haemophilus influenzae vaccine」

  [★] ヒブワクチンヘモフィルスワクチン


Haemophilus influenzae meningitis」

  [★] インフルエンザ菌性髄膜炎


influenza」

  [★] インフルエンザ

WordNet   license wordnet

「an acute febrile highly contagious viral disease」
flu, grippe

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「インフルエンザ,流行性感冒」


influenzae」

  [★]


  • Haemophilus influenzae


Haemophilus」

  [★] ヘモフィルス属





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡