HTLV-1

出典: meddic

ヒトT細胞白血病ウイルス1型

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/11/17 17:34:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • The combination of IκB kinase β inhibitor and everolimus modulates expression of interleukin-10 in human T-cell lymphotropic virus type-1-infected T cells.
  • Nishioka C, Ikezoe T, Yang J, Udaka K, Yokoyama A.SourceDepartment of Immunology, Kochi Medical School, Kochi University, Nankoku, Kochi, Japan; Japanese Society for the Promotion of Science (JSPS), Chiyoda-ku, Tokyo, Japan.
  • Immunology.Immunology.2013 Mar;138(3):216-27. doi: 10.1111/imm.12035.
  • Adult T-cell leukaemia-lymphoma (ATLL) is an aggressive malignancy of CD4(+)  CD25(+) T lymphocytes, characterized by a severely compromised immunosystem, in which the human T-cell lymphotropic virus type 1 (HTLV-1) has been recognized as the aetiological agent. This study found that an IκB kinas
  • PMID 23278479
  • Clinicoepidemiologic Status of Mother-to-Child Infections: A Nationwide Survey in Japan.
  • Torii Y, Kimura H, Ito Y, Hayakawa M, Tanaka T, Tajiri H, Yoto Y, Tanaka-Taya K, Kanegane H, Nariai A, Sakata H, Tsutsumi H, Oda M, Yokota S, Morishima T, Moriuchi H; for the Japanese Society for Pediatric Infectious Diseases.SourceDepartments of 1Pediatrics and 2Virology, Nagoya University Graduate School of Medicine, 3Center for Maternal-Neonatal Care, Nagoya University Hospital, Nagoya. 4Department of Pediatrics, Shizuoka Kosei Hospital, Shizuoka 5Department of Pediatrics, Osaka General Medical Center, Osaka 6Department of Pediatrics, Sapporo Medical University School of Medicine, Sapporo 7Infectious Disease Surveillance Center, National Institute of Infectious Diseases, Tokyo 8Department of Pediatrics, Graduate School of Medicine and Pharmaceutical Science, University of Toyama, Toyama, 9Department of Pediatrics, Yokohama Minami Kyosai Hospital, Yokohama 10Department of Pediatrics, Asahikawa Kosei Hospital, Asahikawa 11Graduate Schools of Health Sciences and 12Department of Pediatrics, Graduate School of Medicine and Dentistry, Okayama University, Okayama 13Department of Pediatrics, Yokohama City University School of Medicine, Yokohama, 14Department of Pediatrics, Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki University, Nagasaki, Japan.
  • The Pediatric infectious disease journal.Pediatr Infect Dis J.2013 Feb 20. [Epub ahead of print]
  • We conducted a nationwide survey of the present status of 10 representative mother-to-child infections in Japan. Congenital syphilis, vertical HTLV-1 infection, congenital rubella, and vertical HIV infection, for which effective preventative strategies have been established, were rare. CMV was the m
  • PMID 23429560

和文文献

  • ATLLについて(前編)HTLV-1の特性,感染様式
  • 尾本 大輔,中村 元信
  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology : 日本皮膚科学会西部支部機関誌 77(4), 385-389, 2015-08
  • NAID 40020562410
  • HTLV-1母子感染防止の実績と将来展望 (AYUMI 母子感染Update)
  • 増崎 英明
  • 医学のあゆみ 253(13), 1221-1225, 2015-06-27
  • NAID 40020501418
  • Abacavir, an anti-HIV-1 drug, targets TDP1-deficient adult T cell leukemia
  • Tada K.,Kobayashi M.,Takiuchi Y.,Iwai F.,Sakamoto T.,Nagata K.,Shinohara M.,Io K.,Shirakawa K.,Hishizawa M.,Shindo K.,Kadowaki N.,Hirota K.,Yamamoto J.,Iwai S.,Sasanuma H.,Takeda S.,Takaori-Kondo A.
  • Science Advances 1(3), 2015-04-24
  • … 抗HIV-1薬の新規抗癌作用の解明に成功 -難治性血液がんである成人T細胞白血病の新規治療に期待-. … 2015-04-27.Adult T cell leukemia (ATL) is an aggressive T cell malignancy caused by human T cell leukemia virus type 1 (HTLV-1) and has a poor prognosis. …
  • NAID 120005601014

関連リンク

HTLV-1について紹介しています。 ... PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。
ー2ー 1. HTLV-1の基礎 Q1 HTLV-1とは? HTLV-1とは、ヒトT細胞白血病ウイルス(Human…T-cell…Leukemia… Virus…Type…1)の略です。このウイルスは、血液中の白血球の1つで あるTリンパ球に感染して白血病を起こすウイルスと ...

関連画像

HTLV-1 persistenceVírus HTLV-1 na Bahia chama atenção de Figure 7.htlv-1htlv-1%20geopgraphic%20diversity.gifHTLV-1感染後のATLL発症モデル


★リンクテーブル★
国試過去問104E005
リンク元成人T細胞白血病」「ヒトT細胞白血病ウイルス」「ヒトT細胞白血病ウイルス1型」「human T-cell leukemia virus-1」「成人T細胞白血病ウイルス1型
拡張検索HTLV-1関連脊髄症」「HTLV-1抗体」「HTLV-1関連ぶどう膜
関連記事HT」「HTLV

104E005」

  [★]

  • 母体感染の病原体と対応の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104E004]←[国試_104]→[104E006

成人T細胞白血病」

  [★]

adult T cell leukemia, adult T-cell leukemia ATL
成人T細胞白血病リンパ腫 adult T-cell leukemia/lymphoma ATLL
ヒトTリンパ球向性ウイルス

特徴

  • CD4陽性Tリンパ球に感染して白血病/リンパ腫を起こす  →  成熟したT細胞に感染し、それが腫瘍性に増殖
(CD2+, CD3+, CD4+, CD25+, HLA-DR+, CD8-)

病型

  • 急性型、慢性型、くすぶり型、リンパ腫型
  急性型 リンパ腫型 慢性型 くすぶり型
典型的な症状 腫瘍随伴症状(腫瘍熱、高カルシウム血症(意識障害・脱水・腎機能障害)
(50%で認められる))が初発症状であることが多い。
臓器浸潤による症状(消化管浸潤(下痢・腹痛)、肝臓浸潤(黄疸)、
肺浸潤(呼吸困難)、中枢神経浸潤(脳神経症状))
リンパ節腫大は全例で認められる。
腫瘍熱、高カルシウム血症を初発症状とする場合もある。
末梢血中の形態的異常細胞は1%以下
多くの場合、自覚症状を欠き、健康診断などで偶然診断される。
日和見感染症や腫瘍の浸潤に伴う皮膚症状(皮疹、皮膚腫瘤)、
肺病変(労作時息切れ、咳嗽)が診断の発端となる場合もある。
リンパ球増多を伴わないため、血液検査では診断に至らない。
無症候キャリアーと同様、多くの患者では症状を欠く。
PS>1 67.6% 45.4% 27.2% 22.7%
感染性併発症 26.9% 10.9% 35.5% 35.6%
皮膚病変 40.2% 25% 46.1% 48.9%
肺病変 20.2% 10.9% 15.1% 15.6%
肝腫大 35.9% 16% 13.8% 0%
脾腫大 29.9% 15.4% 11.2% 0%
4個以上の腫大リンパ節 80.7% 62.2% 54% 6.7%
高カルシウム血症 50.3% 16.7% 0% 0%
貧血(Hb<10g/dl) 10.1% 4.5% 4% 0%
血小板減少(10万/ul) 19.4% 4.5% 2% 6.7%

疫学

  • 日本に約120万人の感染者
  • 男性に多い。
  • 1000-2000人に1。50歳以上で発症(平均58歳)。

病原体

潜伏期間

感染経路

  • 母乳感染 ← 哺乳の停止・人工乳による感染防止
  • 輸血
  • 性交

病理

参考1
  • 末梢血、骨髄:花弁状、脳回転状に分葉した異型細胞 → ATL細胞:CD4陽性、CD8陰性
[show details]
  • リンパ節
  • その他:(皮膚)皮膚T細胞リンパ腫のように表皮向性をもち、ポートリエ微小膿瘍を伴って皮膚に浸潤することがある。このばあい、緩徐進行型の経過をたどる
  • 免疫表現型
  • 遺伝子:決まった核型異常や遺伝子異常はない。

病態

  • ATL細胞はPTHrP、IL-1α、TNF-βを産生 → 高カルシウム血症、全身症状?(発熱、全身倦怠感など)
  • 正常T細胞の減少 → 易感染性

症状

  • 初発症状は皮膚症状、リンパ節腫脹、肝脾腫、高カルシウム血症など。貧血や出血症状の頻度は少ない。
  • 皮膚症状
  • リンパ節腫脹
  • 肝脾腫
  • 高カルシウム血症:ATL細胞の産生する副甲状腺ホルモン関連蛋白質(PTHrP)により破骨細胞の活性化が起こるため。

検査

  • 血液塗沫
  • 花弁状の腫瘍細胞

合併症

  • HTLV-1 associated myelopath(HAM) = tropical spastic paraparesis(TSP) →まとめて「HAM/TSP」と呼ばれることがある。

検査

治療

  • 慢性(進行型を除く)・くすぶり型
  • 経過観察
  • 急性・リンパ腫型・慢性進行型

予後

  • 急性型とリンパ腫型は予後不良
  • LDH、血清Ca濃度が予後と関連(PMID 16122659)

参考

  • 1. [charged] Clinical manifestations, pathologic features, and diagnosis of adult T cell leukemia-lymphoma - uptodate [1]

国試






ヒトT細胞白血病ウイルス」

  [★]

human T-lymphotropic virus, human T-cell leukemia virus, human T cell leukemia virus, HTLV
ヒトTリンパ球好性ウイルス ヒトTリンパ好性ウイルス human T-lymphotropic virusヒトTリンパ球向性ウイルス
[show details]

ウイルス学

種類

成人T細胞白血病(ATL)やHTLV-I関連脊髄症(HTLV-I-associated myelopathy;HAM)の原因

感染症

  • 1. 白血病/リンパ腫
  • 2. 自己免疫病


ヒトT細胞白血病ウイルス1型」

  [★]

human T-cell leukemia virus type 1, human T-cell leukemia virus-1, HTLV-1
成人Tリンパ球向性ウイルス1、ヒトTリンパ好性ウイルス1、成人T細胞白血病ウイルス1型ヒトTリンパ好性ウイルス1型ヒトTリンパ球向性ウイルス1型、human T lymphotropic virus-1 human T-lymphotropic virus-1, human T-cell lymphotropic virus type 1, human T-cell lymphotropic viruses type I, human T lymphotropic virus type 1
成人T細胞白血病ヒトT細胞白血病ウイルス
[show details]

ウイルス学

感染症



human T-cell leukemia virus-1」

  [★] ヒトT細胞白血病ウイルス1型, HTLV-1


成人T細胞白血病ウイルス1型」

  [★] ヒトT細胞白血病ウイルス1型, HTLV-1


HTLV-1関連脊髄症」

  [★]

HTLV-1-associated myelopathy HTLV-1 associated myelopaty, HTLV-I-associated myelopathy HTLV-I associated myelopathyhuman T-lymphotropic virus type I-associated myelopathy, HAM
HTLV-I脊髄症ヒトTリンパ好性ウイルスI型関連脊髄症HTLV-I型関連ミエロパシーヒトTリンパ球向性ウイルスI型関連脊髄症
熱帯性痙性不全対麻痺症 TSP tropical spastic paraparesisHAM/TSPヒトTリンパ球向性ウイルス
[show details]

概念

  • HTLV-1感染者で見られる慢性の脊髄炎

疫学

  • 世界の患者数は3000人、日本は約1400人である。
  • 男女比=1:2~2.5
  • 年齢:11~80歳(平均41.2歳)/6-78歳(発症は平均で40歳代後半~50歳代前半)(IMD)
  • HTLV-Iキャリアの1300人中1人の割合で発症。

潜伏期

  • 感染経路により異なり、母子感染では発症まで数十年、輸血では半年~数年かかる。

病態

  • 主に胸髄を障害する。障害部位では萎縮・白質変性が認められる。特に側索の錐体路で顕著である(錐体路症状を来す)。同部位では脊髄髄膜は肥厚し、慢性脊髄炎の所見が認められる。

症候

  • 歩行障害(100%)、排尿障害(93%)、感覚障害(56%)。初発症状はこのいずれでもあり売る
  • 歩行障害は痙性対麻痺をきたす。
  • 脊髄髄膜は肥厚し、慢性脊髄炎の所見を認める。

治療


HTLV-1抗体」

  [★]

human T-lymphotropic virus antibody


HTLV-1関連ぶどう膜」

  [★]

HTLV-1 associated uveitis, HAU


HT」

  [★]

HTLV」

  [★] ヒトTリンパ球向性ウイルス


"http://meddic.jp/HTLV-1" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡