HSV

出典: meddic

単純ヘルペスウイルス herpes simplex virus

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/30 16:22:03」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • CD44 antibody-targeted liposomal nanoparticles for molecular imaging and therapy of hepatocellular carcinoma.
  • Wang L, Su W, Liu Z, Zhou M, Chen S, Chen Y, Lu D, Liu Y, Fan Y, Zheng Y, Han Z, Kong D, Wu JC, Xiang R, Li Z.SourceDepartment of Immunology, Nankai University School of Medicine, 94 Weijin Road, Tianjin 300071, China; Department of Pathophysiology, Nankai University School of Medicine, 94 Weijin Road, Tianjin 300071, China.
  • Biomaterials.Biomaterials.2012 Jul;33(20):5107-14. Epub 2012 Apr 10.
  • Most hepatocellular carcinoma (HCC) therapies fail to target cancer stem cells (CSCs) and monitor cancer progression or regression. The purpose of this study was to evaluate the possibility of cancer imaging and simultaneously monitoring targeted therapy in a single animal by anti-CD44 antibody-medi
  • PMID 22494888
  • Monitoring HSV-TK/ganciclovir cancer suicide gene therapy using CdTe/CdS core/shell quantum dots.
  • Shao D, Zeng Q, Fan Z, Li J, Zhang M, Zhang Y, Li O, Chen L, Kong X, Zhang H.SourceDepartment of Pharmacology, School of Basic Medical Sciences, Jilin University, Changchun 130021, China.
  • Biomaterials.Biomaterials.2012 Jun;33(17):4336-44. Epub 2012 Mar 21.
  • To be able to label a gene and monitor its migration are key important approaches for the clinical application of cancer suicide gene therapy. Photonic nanomaterials are introduced in this work. One of the most promised suicide genes - herpes simplex virus thymidine kinase (HSV-TK) gene - is success
  • PMID 22440046

和文文献

  • ビデオフレームからの口唇領域および目領域の特定ならびにその抽出
  • 石田 貴正,中川 優樹,平野 晃昭,中村 納
  • 工学院大学研究報告 (112), 29-36, 2012-04-30
  • … In order to identify the mouth and eyes, Q-element in a YIQ colorsystem and Qc-element in a modified HSV color model were used, respectively. …
  • NAID 110009001927
  • Membrane-bound form of monocyte chemoattractant protein-1 enhances antitumor effects of suicide gene therapy in a model of hepatocellular carcinoma
  • Marukawa Yohei,Nakamoto Yasunari,Kakinoki Kaheita,Tsuchiyama Tomoya,Iida Noriho,Kagaya Takashi,Sakai Yoshio,Naito Makoto,Mukaida Naofumi,Kaneko Shuichi
  • Cancer Gene Therapy xx(xx), xxxx-xxxx, 2012
  • … Suicide gene therapy using the herpes simplex virus thymidine kinase/ganciclovir (HSV-tk/GCV) system combined with monocyte chemoattractant protein-1 (MCP-1) provides significant antitumor efficacy. … The growth of subcutaneous tumors was markedly suppressed when tumors were treated with mMCP-1, as compared with soluble MCP-1, in combination with the HSV-tk/GCV system (P<0.01). …
  • NAID 120003989046

関連リンク

HSVモデル(HSV model)は色相(Hue)、彩度(Saturation・Chroma)、明度(Value・ Lightness・Brightness)の三つの成分からなる色空間。HSL色空間(Hue、Saturation、 Lightness)とも、HSB色空間(Hue、Saturation、Brightness)とも言われる。 環状の HSV ...
HSV-010(エイチエスブイ-ゼロイチゼロ)は、本田技研工業が開発していたNSXの後継 車種である。 試作車のみで量産されず、発売されることは無かったが、後にSUPER GT GT500クラスに参戦するレースカー HSV-010 GTのベース車両となった。Honda ...

関連画像

Honda | RAYBRIG HSV-010 : SGTセパンの High Speed Vessel (HSV) / Theater Support HSV ClubSport - HSV outs 2015 range HSV Gen F Maloo, Clubsport, Senator and 2014-HSV-Gen-F-Maloo-R8-SV-for-the-outback hamburger sv verified account hsv tweets


★リンクテーブル★
リンク元髄膜炎」「母子感染」「アシクロビル」「単純ヘルペスウイルス」「新生児ヘルペス
拡張検索HSV感染」「HSV感染症」「HSV-1」「HSV-2」「AHSV
関連記事H」「HS

髄膜炎」

  [★]

meningitis
脳脊髄膜炎
蛋白細胞解離


病因

  • 感染症(細菌、ウイルス、真菌など)、悪性腫瘍の浸潤 → 髄膜の炎症

分類

病原体

  • 菌血症→脳脈絡叢→髄腔
  • 菌体成分(LPSなど)→BBB, 上衣細胞、脳細胞の障害。神経膠細胞による炎症サイトカインの分泌
  • 血行性、あるいは神経軸索によりウイルスが髄腔に波及。

臨床経過

宿主要因と髄膜炎に関わる病原体

頻度・年齢階層が資料によって異なるため混乱しないように注意。

YN.J-137改変

4ヶ月未満 B群溶連菌(50%) 大腸菌(25%) インフルエンザ菌(20%) リステリア菌(1%)  
4ヶ月~6歳未満 インフルエンザ菌(70%) 肺炎球菌(25%)      
6歳~50歳未満 肺炎球菌(65%) インフルエンザ菌(10%) 髄膜炎菌  
50歳以上 肺炎球菌(80%) 黄色ブドウ球菌      
免疫不全者 クレブシエラ 連鎖球菌 緑膿菌 黄色ブドウ球菌 真菌

first aid step1 2006 p.161

Newborn (0–6 mos) Children (6 mos–6 yrs) 6–60 yrs 60 yrs +
Streptococcus agalactiae Streptococcus pneumoniae Neisseria meningitidis Streptococcus pneumoniae
Escherichia coli Neisseria meningitidis Enteroviruses Gram-negative rods
Listeria Haemophilus influenzae type B Streptococcus pneumoniae Listeria
  Enteroviruses HSV  
incidence of H. influenzae meningitis has ↓ greatly with introduction of H. influenzae vaccine in last 10–15 years.

CBT QB vol2 p.562

  1位 2位 3位
新生児 大腸菌 B群溶連菌 リステリア菌
小児期(6歳以下) インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  

IMD.1042

年齢 病原体
3ヶ月未満 B群溶連菌 大腸菌 リステリア菌
3ヶ月以上の乳小児 インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  
高齢者 肺炎球菌 グラム陰性桿菌 リステリア菌

小児細菌性髄膜炎起炎菌(PED.606)

<3か月 3か月≦
グラム陽性 球菌 Streptococcus agalactiae
Streptococcus pneumoniae
Staphylococcus
Enterococcus faecalis
Streptococcus pneumoniae(PSSP/PISP/PRSP)
桿菌 Listeria monocytogenes Listeria monocytogenes
グラム陰性 球菌 Neisseria meningitidis Neisseria meningitidis
桿菌 Escherichia coli
Enterobacter cloacae
Serratia marcescens
Haemophilus influenzae type b

新生児

  • Streptococcus agalactiaeは産道感染
  • Escherichia coliもおそらく産道感染

新生児と老人

  • Listeria monocytogenesは産道感染するので新生児に多い。新生児と老人に多いのは通性細胞内寄生菌で細胞性免疫の弱い宿主に感染やすいため?

乳児~幼児

  • Haemophilus influenzae type B

乳児~大人

  • Enteroviruses
  • Neisseria meningitidis

小児~大人

  • Herpes simplex virus

乳児~老人

  • Streptococcus pneumoniae

老人

  • グラム陰性桿菌は老人

髄膜炎の鑑別

  細菌性髄膜炎 ウイルス性髄膜炎 結核性髄膜炎 真菌性髄膜炎 癌性髄膜炎
外観 混濁 clear 水様~
キサントクロミー
日光微塵
clear~
日光微塵
clear~
キサントクロミー

70-180
(mmH2O)
↑↑
200~800以上

200~300

200~800

200~800

200~300
細胞
0-5
(/mm3)
500~数百万 10~1,000 25~1,000 25~1,000 25~500
好中球 リンパ球 リンパ球 リンパ球 好中球
タンパク
15-45
mg/dl
↑↑
50~1,500

正常~100

50~500

100~500

50~500

50-80
mg/dl
↓↓
0~40

正常
↓↓
~40
↓↓
~40

~40

予後不良因子

  • 入院時の状態に依存する:痙攣、意識レベルの変化、低血圧 (IRE.407)

国試




母子感染」

  [★]

mother-to-child transmission MTCT
垂直感染, vertical disease transmission, vertical transmission周産期感染症


母子感染において重要なウイルス

資料より(http://www.jsog.or.jp/PDF/56/5609-541.pdf)

RV風疹ウイルス先天性風疹症候群
CMVサイトメガロウイルス巨細胞封入体症
HSV単純ヘルペスウイルス新生児ヘルペス
VZV水痘・帯状疱疹ウイルス先天性水痘帯状疱疹症候群
B19V:パルボウイルス非免疫性胎児水腫
HPVヒトパピローマウイルス:咽頭乳頭症

その他

HBV :B型肝炎ウイルス感染症
HCV :C型肝炎ウイルス感染症
HIV :ヒト免疫不全ウイルス感染
HTLV:ヒトT細胞白血病ウイルス感染症

TORCHS症候群

  • 古典的な母子感染
TO:トキソプラズマ
R :風疹ウイルス
C :サイトメガロウイルス
H :ヘルペスウイルス(単純ヘルペス水痘・帯状疱疹ウイルス
S :梅毒

母子感染の経路

資料2

1. 胎内感染

1. 母体が感染した場合,あるいは持続感染した微生物が再活性化した場合に,母体血を介し胎盤から臍帯を通じ児に感染
2. 胎盤に感染した微生物が増殖し児に感染
3. 子宮頸部や腟から上行性に羊膜や羊水を介し感染

2. 分娩時感染

1. 産道感染:
1. 子宮頸部,腟,外陰部などに感染している微生物が分娩時に産道内で児の粘膜などから感染
2. 産道内の母体血中の微生物が児の粘膜などから感染
2. placental leakage : B 型肝炎ウイルスやHIV の胎内感染率が切迫早産既往群に多いことから推定された.母体血の新生児血中への混入量を胎盤性アルカリフォスファターゼを指標として測定した場合,予定帝切群で0.8ml/kg(新生児体重)、経腟分娩群で1.2ml/kg と有意差があるという報告もある

3. 経母乳感染

母乳中の微生物や感染リンパ球が経口的に児に感染。
サイトメガロウイルスは経母乳感染をするが、成熟児はこの感染により自然免疫を得て,成人してから初感染することは防げる。
1,500g 未満の極低出生体重児では経母乳感染により,肝炎などを発症する可能性がある。

母子感染症

G10M.168
  胎内感染 分娩時感染 母乳時感染
経胎盤感染 上行性感染 経胎盤感染 産道感染 母乳感染
ウイルス 風疹ウイルス × × × ×
サイトメガロウイルス × ×
ヒトパルボウイルスB19 × × × ×
水痘・帯状疱疹ウイルス × × ×
単純ヘルペスウイルス × ×
B型肝炎ウイルス × ×
C型肝炎ウイルス × ×
成人T細胞白血病ウイルス1型 × × ×
ヒト免疫不全ウイルス
細菌 梅毒トレポネーマ × × ×
淋菌 × × × ×
B群連鎖球菌 × × × ×
真菌 カンジダ・アルビカンス × × × ×
原虫 トキソプラズマ × × × ×
クラミジア クラミジア・トラコマチス × × × ×
G10M.182改変
病原体 疾患 感染経路 問題となる感染時期 母体 胎児
ウイルス 風疹ウイルス 先天性風疹症候群 経胎盤感染 妊娠12週未満。18週未満は軽微 初感染妊婦  
サイトメガロウイルス 巨細胞封入体症 経胎盤感染 妊娠前半 初感染妊婦。感冒様症状 小頭症、脳内石灰化、精神遅滞、網脈絡膜炎、感音性難聴、貧血、黄疸、出血斑、低体重児、肝脾腫
ヒトパルボウイルスB19   経胎盤感染 妊娠20週未満 伝染性紅斑 非免疫性胎児水腫、胎児死亡
水痘・帯状疱疹ウイルス 先天性水痘症候群 産道感染 妊娠20週未満 初感染妊婦 精神遅滞、網脈絡膜炎、皮膚瘢痕、四肢低形成、低出生体重児
単純ヘルペスウイルス 新生児ヘルペス 産道感染   中枢神経:小頭症、眼:脈絡網膜炎角結膜炎、皮膚:水疱疹
B型肝炎ウイルス   産道感染   無症候キャリアー化
C型肝炎ウイルス   産道感染    
成人T細胞白血病ウイルス1型   母乳感染    
ヒト免疫不全ウイルス HIV感染症 産道感染 HIV感染症 HIV感染症
細菌 梅毒トレポネーマ 先天梅毒 経胎盤感染 妊娠14週以降 梅毒 水頭症、難聴、老人様顔貌、鼻炎、粘膜斑(梅毒性天疱瘡)、黄疸、貧血、点状出血、パロー仮性麻痺、肝脾腫、骨軟骨炎
晩発性梅毒ハッチンソン三徴
淋菌 淋疾 産道感染 産科合併症(流産・早産、前期破水、絨毛膜羊膜炎、子宮内膜炎) 化膿性結膜炎(膿漏眼)
B群連鎖球菌 B群連鎖球菌感染症 産道感染 常在菌 髄膜炎
真菌 カンジダ・アルビカンス   産道感染 常在菌。カンジダ膣炎 口腔内カンジダ症
原虫 トキソプラズマ 先天性トキソプラズマ症 経胎盤感染 妊娠中後期 初感染妊婦。無症状 脳室拡大、小頭症、脳内石灰化、髄膜炎、精神遅滞、脳性麻痺、けいれん、網脈絡膜炎、黄疸、発疹、貧血、リンパ節腫脹、肝脾腫、低出生体重児
クラミジア クラミジア・トラコマチス   産道感染 無症状。早産・流産 新生児結膜炎、新生児肺炎

感染時期と胎児影響

  • 妊娠初期:早産、先天性胎児奇形:風疹ウイルス、水痘ウイルス、麻疹ウイルス、HHV-6、パルボウイルスB19
  • 妊娠中期~末期:新生児ウイルス感染:単純ヘルペスウイルス、水痘ウイルス、サイトメガロウイルス、梅毒トレポネーマ(妊娠13週までは胎児感染しにくい)

資料

  • 1. 各種感染症の母子感染予防
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/58/5809-416.pdf
  • 2. 母子感染の経路と主な病原微生物
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/56/5609-535.pdf


アシクロビル」

  [★]

acyclovir, ACV
アシクログアノシン acycloguanosine
アイラックスアクチオスアクチダスアシクリルアシクロビンアシビルアシロミンアストリックエアーナースグロスパールクロベートゾビクロビルゾビラックスナタジールビクロックスビゾクロスビルヘキサルビルレクスファルラックスベルクスロン
抗ウイルス薬ウイルス
  • 抗ヘルペス薬
  • グアノシンの誘導体で、糖の2'と3'を欠き、非環状となっている。

作用機序

  • アシクロビルはHSVやVZVがコードするチミジンキナーゼによりアシクロビル一リン酸となる。次に宿主由来のチミジンキナーゼによりアシクロビル二リン酸、アシクロビル三リン酸となる。ウイルスDNAポリメラーゼによりアシクロビル三リン酸が取り込まれると、3'-OHを欠くためにDNA合成反応が停止する。これによりウイルスの増殖を抑制する。
  • 宿主細胞のチミジンキナーゼはACVを一リン酸化できないので、非感染細胞ではDNA合成阻害は起こらない。

適応

  • 単純ヘルペスウイルス感染症
  • 水痘・帯状疱疹ウイルス感染症
予防のためには投与は適応外である。
サイトメガロウイルスには無効である

注意

副作用




単純ヘルペスウイルス」

  [★]

herpes simplex virus, HSV
ヒトヘルペスウイルス
ウイルスヘルペスウイルス科アルファヘルペス亜属
単純ヘルペスウイルス感染症ウイルス

ウイルス学

  • ヘルペスウイルス科アルファヘルペスウイルス属に属する
  • エンベロープ有り
  • 二本鎖DNA
  • 三叉神経節(1型)、仙骨神経節(2型)に潜伏感染。
  • 時折、再活性化される。

病原体

  • 血清型により2種類に分かれる
  • 単純ヘルペスウイルスI型(ヒトヘルペスウイルス1型 human herpes virus-1 HHV-1)
  • 単純ヘルペスウイルスII型(ヒトヘルペスウイルス2型 human herpes virus-2 HHV-2)

潜伏期間

  • 1-26日(中央値 6-8日)
  • 単純ヘルペスウイルスI型(ヒトヘルペスウイルス1型)
口唇、目などに病巣を形成
  • 単純ヘルペスウイルスII型(ヒトヘルペスウイルス2型)
陰部を中心とした感染

感染経路

症状

感染症

  • 持続感染(潜伏感染)-→一生存在し続ける-→回帰発症(感冒、ストレス、日焼け、月経、末梢神経への外科的侵襲)
  • 不顕性感染が多い?
  • 神経向性が強い
  • 一次増殖(局所)--(求心性の軸索流にのって神経節へ)-→神経細胞内に潜伏感染
  • 限局型と汎発型

新生児ヘルペス

  • 母胎の単純ヘルペスウイルス感染による。約90%の症例が母子感染で、こののうち30%が死亡する。
  • 母胎が性器ヘルペスに罹患してた場合、初感染の場合には50%、再感染では3%の割合で母子感染(経産道感染)が見られる。

カポジ水痘様発疹症

治療薬




新生児ヘルペス」

  [★]

neonatal herpes, neonatal herpes simplex
NEL. 1361,1363,1364f,1365

概念

  • 1か月以内の新生児期に発症するHSV感染

病原体

  • 2/3の症例でHSV-2が分離される

原因

  • 母体の単純ヘルペスの性器感染

感染経路

  • 経産道感染
  • 経胎盤感染

症状

診断

  • 水疱などからHSVの分離(PCR法)

治療



HSV感染」

  [★]

HSV infection
単純ヘルペスウイルス感染単純ヘルペスウイルス感染症HSV感染症


HSV感染症」

  [★]

HSV infection
HSV感染単純ヘルペスウイルス感染単純ヘルペスウイルス感染症


HSV-1」

  [★] 単純ヘルペスウイルス1型

herpes simplex virus 1
ヒトヘルペスウイルス1型


HSV-2」

  [★] 単純ヘルペスウイルス2型

herpes simplex virus 2
ヒトヘルペスウイルス2型


AHSV」

  [★] アフリカ馬疫ウイルス


H」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 8th letter of the Roman alphabet」
h

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「hydrogenの化学記号」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「鉛筆の硬度 / 《俗》heroin」


HS」

  [★]



"http://meddic.jp/HSV" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡