HP

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/03/03 20:34:18」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/09/16 09:30:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/10/29 19:11:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/04/11 04:24:44」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • K-lactate and high pressure effects on the safety and quality of restructured hams.
  • Fulladosa E, Sala X, Gou P, Garriga M, Arnau J.AbstractThe use of K-lactate in combination with new elaboration procedures and high pressure (HP) treatments may help to produce safe, salt-reduced restructured dry-cured ham with no sensory defects. The effect of K-lactate addition on the microbiota of restructured hams manufactured with a reduced salt content was evaluated after the resting period (16% weight loss) and at two drying levels (40% and 50% weight loss). Additionally, the effect of high pressure (HP) on the microbiota and sensory characteristics of hams at 50% weight loss was evaluated. K-lactate reduced a(w) and microbiota of processed hams, mainly in the inner parts, and had no effect on color or sensory parameters. HP treatment at 600MPa provided an additional reduction in the microbiological counts, increased pink color, brightness, hardness and saltiness and reduced pastiness and adhesiveness.
  • Meat science.Meat Sci.2012 May;91(1):56-61. Epub 2011 Dec 14.
  • The use of K-lactate in combination with new elaboration procedures and high pressure (HP) treatments may help to produce safe, salt-reduced restructured dry-cured ham with no sensory defects. The effect of K-lactate addition on the microbiota of restructured hams manufactured with a reduced salt co
  • PMID 22226361
  • Hepatic parenchymal enhancement at Gd-EOB-DTPA-enhanced MR imaging: correlation with morphological grading of severity in cirrhosis and chronic hepatitis.
  • Kanki A, Tamada T, Higaki A, Noda Y, Tanimoto D, Sato T, Higashi H, Ito K.AbstractThe aim was to clarify whether enhancement effects of the liver parenchyma in the hepatobiliary phase (HP) of gadolinium-ethoxybenzyl-diethylenetriamine pentaacetic acid (Gd-EOB-DTPA)-enhanced MR imaging were correlated with the morphological grading of the severity in cirrhosis. A total of 62 patients with chronic hepatitis or cirrhosis underwent Gd-EOB-DTPA-enhanced MR imaging. Relative enhancement (RE) of liver parenchyma was calculated from signal intensity (SI) measurements obtained at precontrast images (SIpre) and 20-min postcontrast HP images (SIpost) as: (SIpost-SIpre)/SIpre. Morphological MR grades of severity in cirrhosis were divided into four groups. Then, RE of liver parenchyma and morphologic MR grading were correlated. Regarding the morphologic severity of cirrhosis, the numbers of patients with MR grade 1, 2, 3 and 4 were 14 (23%), 7 (11%), 28 (45%) and 13 (21%), respectively. The mean REs of liver parenchyma in each group of MR morphologic grade 1, 2, 3 and 4 were 0.71±0.21, 0.62±0.16, 0.70±0.22 and 0.77±0.18, respectively. There was no significant correlation between the MR grading of morphologic severity and the RE of liver parenchyma at 20-min HP. Hepatic parenchymal enhancement in the HP of Gd-EOB-DTPA-enhanced MR imaging did not necessarily decrease according to the severity of morphologic changes in cirrhosis. This fact may suggest that the hepatic uptake of Gd-EOB-DTPA depends on the preserved hepatocytes function rather than the severity of morphologic changes in cirrhosis.
  • Magnetic resonance imaging.Magn Reson Imaging.2012 Apr;30(3):356-60. Epub 2012 Jan 5.
  • The aim was to clarify whether enhancement effects of the liver parenchyma in the hepatobiliary phase (HP) of gadolinium-ethoxybenzyl-diethylenetriamine pentaacetic acid (Gd-EOB-DTPA)-enhanced MR imaging were correlated with the morphological grading of the severity in cirrhosis. A total of 62 patie
  • PMID 22227353

和文文献

  • 開かれた婚姻制度のための公共的理性
  • 五月革命論の現在:その背景とその社会学
  • 枝久保商店 : オーダー家具製造販売/埼玉県 電話対応主眼のデザイン カッコ良さより分かりやすさ (特集 HP(ホームページ)を点検しよう)

関連リンク

ITインフラストラクチャ、コンサルティング&インテグレーションからPC、プリンターまで幅広く提供しています。 ... 自主回収プログラム | 製品リサイクル | サイトマップ | 個人情報保護方針について | ご利用条件・免責事項 ...
オンラインストア HP Directplus(個人のお客様向け)パソコン、タブレット、プリンターを取り揃えています ... ※ Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用 ...

関連画像

HP Compaq 6730 series laptophp dragon 300x187 10 best HP WallpapersHP Invent Blue Horizon Wallpaper Logo Wallpaper hp | Logo WallpaperHP EliteBook 2530p - Notebookcheck.net Hp Power adapter 65W Original (NSW 24187


★リンクテーブル★
先読みハプトグロビン」「haptoglobin」「遺伝性膵炎
リンク元過敏性肺臓炎」「Helicobacter pylori」「熱産生」「hereditary pancreatitis」「hypersensitivity pneumonitis
拡張検索HPTLC」「DHP」「DHPR欠損症」「HPF
関連記事H

ハプトグロビン」

  [★]

haptoglobinHp
人ハプトグロビン
ヒトハプトグロビン


  • α2グロブリン
  • 肝臓で合成。
  • 基準範囲:19-170 mg/dl (CRM470) (LAB. 487)
  • 血管内溶血で生じたヘモグロビンと結合してHb-Hp複合体を形成し、網内系(肝臓など)に輸送して分解されて、鉄は再利用され、ヘムはビリルビンとなる。(OLM.125)  ⇔  血管外溶血:重症例の場合のみ低下
  • 健常者におけるハプトグロビンのヘモグロビン結合能は、100-130mg/dlのヘモグロビンと結合できる程度の能力である。これ以上のヘモグロビンが存在する場合、ハプトグロビンは枯渇してしまう。こうなった場合、アルブミン(→メトヘムアルブミン)やヘモペキシン(→Hpx-ヘム複合体)がヘモグロビンと結合することになる。(OLM.126)

臨床関連

  • ヘモグロビン尿血管内溶血などにより血液中のヘモグロビンが増加してハプトグロビンの結合能を超過すると、遊離ヘモグロビンは子宮体で濾過され尿中に排泄され、これがヘモグロビン尿として認められるようになる。(OLM.126)
  • ヘモジデリン尿:原尿中のヘモグロビンは尿細管上皮で再吸収・分解され、鉄はヘモジデリンとして尿中に分泌される。(OLM.126)


haptoglobin」

  [★] ハプトグロビン

WordNet   license wordnet

「a protein in plasma that binds free hemoglobin and removes it (as from wounds)」


遺伝性膵炎」

  [★]

hereditary pancreatitis



過敏性肺臓炎」

  [★]

pneumonitis
hypersensitivity pneumonitis, HP
過敏性肺炎外因性アレルギー性肺胞炎 extrinsic allergic alveolitis
セコイア症夏型過敏性肺炎
[show details]

概念

  • 種々の有機性粉塵を感受性のあるヒトが反復吸入した結果、粉塵中の抗原成分によって惹起される呼吸困難、発熱などをきたす疾患群。
  • 非乾酪性の類上皮細胞性肉芽腫の形成を伴う間質性肺炎である。
  • 肺の炎症性疾患であり、肺胞壁や終末の気道も侵される。
  • 本態はIII型アレルギーおよびIV型アレルギー(慢性期。Th1サイトカインによる肉芽腫形成)である。
  • 外因性アレルギー性胞隔炎extrinsic allergic alveolitisとも呼ばれる。

病型

  • 急性
  • 亜急性
  • 慢性

病因

  • 抗原に感作された人に対する抗原の再暴露により生じる
  • 抗原は種々ある。

病因による分類

  • 夏型過敏性肺臓炎
  • 加湿器肺
  • 空調病
  • 農夫肺
  • 砂糖キビ肺症
  • 鳥飼病
  • ハト飼病
  • 木屑病
  • 草屋病
  • キノコ栽培者肺病
  • 毛皮商人肺
  • コーヒー労働者肺症
  • チーズ洗い病
  • 楓皮病
  • コルク肺
  • 麦芽労働者肺
  • 痘苗病
  • 養蚕従事者肺
  • たたみ職人肺
  • 空洞病
  • 加湿器肺

疫学

IMD
  • 夏型過敏性肺炎:80%。屋内のカビ。日本では8-9月に多い。
  • 農夫肺:8.1%。干草中の真菌。
  • 換気装置肺炎:4.3%
  • 鳥飼病:4.1%

病態

IMD

III型アレルギーの関与

  • 抗原曝露後約4-6時間で発症。抗原除去により6-8時間後に自然消退。
  • 皮内反応:アルサス型
  • BALF・血清中に抗原特異的IgG・IgAの出現
  • 急性期のBALFには好中球が増加

IV型アレルギーの関与

  • 肺生検において、肉芽腫形成。間質性肺炎(マクロファージ・リンパ球の浸潤)。
  • BALFにおいて、リンパ球の増加がみられる

病理

  • 病理組織学的には、肺胞壁のリンパ球を主体とした細胞浸潤、肺胞壁とそれに隣接した細気管支領域にみられる類上皮細胞肉芽腫病変が主要所見である。 → 肉芽腫性間質性肺炎

身体所見

  • 両側の下肺野?に捻髪音。
  • 慢性型:ばち指

症状

HIM.1607
  • 急性型:(抗原暴露後6-8時間より)咳、発熱、悪寒、全身倦怠感、呼吸困難
  • 亜急性型:(数週間かけて潜行性に発症)咳、呼吸困難-(次第に悪化)→チアノーゼ、重度の呼吸困難。急性型の病型で、抗原が除去されない場合に亜急性に移行することがある。急性・亜急性型はいずれも抗原除去により数日~数週間~数ヶ月の経過で症状が消失。
  • 慢性型:臨床的に肺線維症と区別できない。不可逆的。

検査

IMD. YN.I-111
原因抗原を確定するために血清中の沈降抗体の証明や、気管支肺胞洗浄液リンパ球の抗原刺激試験が必要
  • 血液検査:(総じて炎症所見)白血球増加、ESR上昇、CRP上昇、リウマチ因子陽性、アンジオテンシン転換酵素(ACE)上昇(類上皮肉芽腫のせい)、γグロブリン上昇、(間質の障害を伴うので)KL-6上昇
好酸球は不変、補体不変
  • 動脈血液ガス検査:PaO2低下
  • 胸部単純X線:
  • 急性・亜急性型:(間質性肺炎の像)両側中下肺野を中心にびまん性にすりガラス様陰影や小粒状陰影
  • 慢性型:(肺線維症の像)肺の萎縮、線状影や輪状影。20-30%の症例で上肺野優位。
  • 胸部CT:
  • 急性・亜急性型:肺野濃度の上昇、2-4mm大の境界不鮮明な小円形の粒状影が小葉中心性にびまん性に認められる。
  • 慢性型:辺縁不整な線状影、輪状影
  • BALF:抗原曝露後24時間以内には多核白血球、以降はリンパ球の増加が認められる。
  • 経気管支肺生検(TBLB):
  • 急性型:非乾酪性類上皮性肉芽腫、胞隔炎(リンパ球・マクロファージ)。肺胞内のMasson体
  • 慢性型:肉芽腫病変は稀。
  • 吸入誘発試験:抗原の吸入により咳・呼吸困難を認め、検査上、炎症所見、低酸素血症が認められる。急性・亜急性型で有用。

診断基準

急性過敏性肺炎

(参考1)
  • a. 臨床像
臨床症状・所見1) ~4) のうちいずれか2つ以上と、検査所見1) ~4) のうち1) を含む2つ以上の項目を同時に満足するもの
  • 1. 臨床症状・所見
  • 1) せき、2) 息切れ 3) 発熱、4) 捻髪音ないし小水疱性ラ音
  • 2. 検査所見
  • 1) 胸部X線像にてびまん性散布性粒状陰影(またはスリガラス状)
  • 2) 拘束性換気能障害
  • 3) 血沈値亢進、好中球増多、CRP陽性のいずれか一つ)
  • 4) 低酸素血症(安静時あるいは運動後)
  • b. 発症環境
1) ~6) のうちいずれか1つを満足するもの
  • 1) 夏型過敏性肺炎は夏期(5~10月) に、高温多湿の住宅で起こる
  • 2) 鳥飼病は鳥の飼育や羽毛と関連して起こる
  • 3) 農夫肺は黴びた枯れ草の取り扱いと関連して起こる
  • 4) 空調肺、加湿器肺はこれらの機器の使用と関連して起こる
  • 5) 有機塵挨抗原に曝露される環境での生活歴
  • 6) 特定の化学物質と関連して起こる
注:症状は抗原暴露4~8時間して起こることが多く、環境から離れると自然に軽快する。
  • c. 免疫学的所見
1) ~3) のうち1つ以上を満足するもの
  • 1) 抗原に対する特異抗体陽性(血清あるもいはBAL*1液中)
  • 2) 特異抗原によるリンパ球増殖反応陽性(末梢瓜あるいはBALリンパ球)
  • 3) BAL所見(リンパ球↑、Tリンパ球↑) *2
  • d. 吸入誘発
1) ~2) のうち1つ以上を満足するもの
  • 1) 特異抗原吸入にまる臨床像の再現
  • 2) 環境暴露による臨床像の再現
  • e. 病理学的所見
1) ~3) のうちいずれか2つ以上を満足するもの
  • 1) 肉芽腫形成、2) 胞隔炎、3) Masson体

診断

  • 確実:a、b、dまたはa、b、c、eを満たすもの
  • 強い疑い:aを含む3項目を満たすもの
  • 疑い:aを含む2項目を満たすもの
(*1)bronchoalveolar lavage(気管支肺胞洗浄)
(*2)一般的にリンパ球比率は35%を超える。抗原回避2日以内では好中球増多を示す。

慢性過敏性肺炎

(参考2)
  • 1. 環境誘発あるいは抗原誘発試験で陽性
  • 2. 組織学的の線維化が観察される
  • 3. HRCTで線維化所見とhoneycombが観察される
  • 4. 肺機能の拘束性障害が1年以上にわたって進行性である
  • 5. 過敏性肺炎と関連した症状が6ヶ月以上続く
  • 6. 当該抗原に対する抗体か、あるいはリンパ球増殖試験が陽性か、両者が陽性
以上1か6、および2か3、および4か5の3項目以上を満足させれば慢性過敏性肺炎と診断する
付記
1. 環境誘発試験は陰性のこともあるが、抗原誘発試験は陽性となる。この場合、症状の発現は弱くても白血球数、CRP、PaO2、DLCOなどの検査所見だけでも陽性と判定する。
2. 病理学的所見では肉芽腫はほとんどみられず、限局性のhoneycomb、リンパ球主体の肺隔炎とリンパ球の集族がみられる
3. 症状は抗原吸入を持続しても軽くなることが多い。労作時呼吸困難が主な症状である。
4. 抗体が陰性で抗原添加リンパ球増殖試験だけが陽性例もみられる
5. KL-6、SP-Dは高値
6. 慢性過敏性肺炎の発症環境として、カビの多い住宅や仕事場、羽毛布団使用、隣人の鳩飼育、公園・神社・駅の野鳩、野鳥の集団棲息などがある

治療

  • 抗原の隔離
  • 薬物療法:ステロイド(呼吸困難例)、ステロイドパスル療法(呼吸困難の重症例、急性増悪例)
  • 支持療法:在宅酸素療法

予後

  • 抗原から隔離されれば予後良好

予防

  • 抗原からの隔離

参考

  • まとめ
[display]http://www.naoru.com/kabinseihaien.htm
  • 慢性過敏性肺炎
[display]http://www.geocities.jp/kokyukika/document/ChronicHP.html
  • 急性過敏性肺臓炎
[display]http://www.ibaraisikai.or.jp/treasure/chisivew/chisi-03.html

国試



Helicobacter pylori」

  [★]

H. pylori HPピロリ菌ヘリコバクター・ピロリ
ヘリコバクター属

除菌方法

除菌の適応

参考1

参考

  • 1. Helicobacter pylori 感染の診断と治療のガイドライン2009改訂版 - 日本ヘリコバクター学会
http://www.jshr.jp/pdf/journal/guideline2009-2.pdf





熱産生」

  [★]

heat production HP


ホルモンとの関係


hereditary pancreatitis」

  [★] 遺伝性膵炎

HP


hypersensitivity pneumonitis」

  [★] 過敏性肺臓炎 HP


HPTLC」

  [★] 高性能薄層クロマトグラフィー, high-performance thin-layer chromatography

DHP」

  [★] ジヒドロピリジン dihydropyridine


DHPR欠損症」

  [★]

dihydropteridine reductase欠損症


HPF」

  [★] 高倍率視野 high-power field

H」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 8th letter of the Roman alphabet」
h

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「hydrogenの化学記号」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「鉛筆の硬度 / 《俗》heroin」


"http://meddic.jp/HP" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡