HD

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/10/21 22:02:56」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Life-Span Differences in the Uses and Gratifications of Tablets: Implications for Older Adults.
  • Magsamen-Conrad K1, Dowd J1, Abuljadail M2, Alsulaiman S2, Shareefi A2.
  • Computers in human behavior.Comput Human Behav.2015 Nov 1;52:96-106.
  • This study extends Uses and Gratifications theory by examining the uses and gratifications of a new technological device, the tablet computer, and investigating the differential uses and gratifications of tablet computers across the life-span. First, we utilized a six-week tablet training interventi
  • PMID 26113769
  • Patterns of concurrent substance use among adolescent nonmedical ADHD stimulant users.
  • Chen LY1, Crum RM2, Strain EC3, Martins SS4, Mojtabai R5.
  • Addictive behaviors.Addict Behav.2015 Oct;49:1-6. doi: 10.1016/j.addbeh.2015.05.007. Epub 2015 May 15.
  • OBJECTIVES: There are growing concerns about nonmedical use of ADHD stimulants among adolescents; yet, little is known whether there exist heterogeneous subgroups among adolescents with nonmedical ADHD stimulant use according to their concurrent substance use.METHODS: We used latent class analysis (
  • PMID 26026384
  • Bone growth in juvenile rhesus monkeys is influenced by 5HTTLPR polymorphisms and interactions between 5HTTLPR polymorphisms and fluoxetine.
  • Golub MS1, Bulleri AM2, Hogrefe CE2, Sherwood RJ3.
  • Bone.Bone.2015 Oct;79:162-9. doi: 10.1016/j.bone.2015.05.042. Epub 2015 Jun 9.
  • Male rhesus monkeys received a therapeutic oral dose of the selective serotonin reuptake inhibitor (SSRI) fluoxetine daily from 1 to 3years of age. Puberty is typically initiated between 2 and 3years of age in male rhesus and reproductive maturity is reached at 4years. The study group was genotyped
  • PMID 26067181

和文文献

  • シェーンコーポレーション『シェーン英会話』 栄光HD傘下で幅広い世代に支持される英会話教室をFC展開 (本誌初登場のフランチャイズを紹介 FRANJAニューフェース)
  • 座談会 レックスHD事件高裁判決の意義と実務への影響(下)
  • 田中 亘,岡田 光,後藤 高志
  • ビジネス法務 14(1), 54-64, 2014-01
  • NAID 40019870923
  • Performance Comparisons of Subjective Quality Assessment Methods for Video
  • TOMINAGA Toshiko,MASUDA Masataka,OKAMOTO Jun,TAKAHASHI Akira,HAYASHI Takanori
  • IEICE Transactions on Communications E97.B(1), 66-75, 2014
  • … We compare five subjective assessment methods using four quantitative performance indices for both HD and QVGA resolution video. … We compare the Double-Stimulus Continuous Quality-Scale (DSCQS), Double-Stimulus Impairment Scale (DSIS), Absolute Category Rating method (ACR), and ACR with Hidden Reference (ACR-HR) as common subjective assessment methods for HD and QVGA resolution videos. …
  • NAID 130003385192

関連リンク

「HD」とは - →ハイビジョン テレビなどにおける高解像度(高精細・高画質)のこと。1080i、720pがこれに相当する。High Definition(ハイディフニッション)の略。BSデジタル、地上デジタル放送におけるHD放送(ハ...
HD(ハイデフ)とは、テレビなどの映像の画質・解像度の水準を表す用語の一つで、旧来のアナログテレビよりも有意に高い解像度を持つ高精細なもののこと。HD画質のテレビ放送自体のことはHDTV(High Definition Television:高精細テレビ ...

関連画像

Sfondi Full HD 1080 16:9 mac |hd-tapety (58).jpgHD Tank Wallpapers | Full HD PicturesHD Windmill wallpaper | 1920x1200 | #33756universe hd photo65 JPG «Other «Space marcin-klysewicz-bieszczady-mountains.jpg


★リンクテーブル★
先読みハンチントン病」「Huntington's chorea
リンク元ホジキンリンパ腫」「血液透析」「hemodialysis
拡張検索CHDF」「HDL3リポタンパク質」「AHD titer test
関連記事H

ハンチントン病」

  [★]

Huntington disease
ハンチントン舞踏病 Huntington chorea Huntington's chorea
錐体外路症候群大脳基底核疾患

概念

疫学

  • (有病率?)欧米では4-8/10万人、日本では1/10万人 (HBN.971)
  • 発病する家系の20-50歳で発症。(他の文献では30-40歳代)
  • 25-45歳で発症。有病率は2-8人/10万人。(HIM.2561)

病因

  • 第4染色体短腕(4p15)に座乗するハンチントン遺伝子のエキソンに存在するCAGリピートの異常反復。正常では7~34回。ハンチントン病では36回以上

遺伝

病理

  • 線条体(特に尾状核)・大脳皮質(特に前頭葉・側頭葉)の萎縮  →  尾状核の萎縮は不随意運動大脳皮質の萎縮は認知症に繋がるのであろう
  • 小型のニューロンの脱落が大型のニューロンに先行している。GABA作動性ニューロンの脱落が顕著である。線維性のグリオーシスが他の疾患で見られるニューロン脱落後のそれよりも顕著。線条体の変性とmotor symptomsの間には相関が見られる。皮質や線条体ニューロンでは核内にユビキチン化されたハンチントン蛋白の封入体が認められる。(BPT.895)

症状

診断

  • リピート数の異常伸長


検査

CT

  • 側脳室の外側に存在する尾状核の萎縮により側脳室の拡大が認められる。


MRI

  • FLAIRでは尾状核と被殻に異常な高信号が認められる。


治療

HIM.2562

予後

  • 発症後10-20年で感染症、窒息(嚥下困難)で死亡する(YN.J-122)

参考

  • 1. CT
[display]http://www.mypacs.net/cases/HUNTINGTONS-DISEASE-12726430.html
  • 2. ハンチントン病 - 難病情報センター
http://www.nanbyou.or.jp/entry/318
  • 3. 認定基準 - 難病情報センター
http://www.nanbyou.or.jp/upload_files/092_s.pdf




Huntington's chorea」

  [★] ハンチントン舞踏病


ホジキンリンパ腫」

  [★]

Hodgkin's lymphoma Hodgkin lymphoma HL
Hodgkinリンパ腫ホジキン病 (国試)Hodgkin病 Hodgkin disease Hodgkin's disease HD
悪性リンパ腫
[show details]

概念

疫学

  • 日本では悪性リンパ腫の約10%を占める ⇔ 欧米では30%程度。
  • 好発年齢:若年者、中・高年者

病因

  • 不明

病型

  • 病理組織的な特徴から分類。
  • A. 結節性リンパ球優勢型
  • B. 古典型:ホジキン細胞の表面抗原(CD15+, CD20-, CD30+, CD45-)
  • 1) 結節硬化型:高頻度
  • 2) 混合細胞型:1)に次ぐが少ない。
  • 3) リンパ球豊富型
  • 4) リンパ球減少型
  • リンパ球減少型と混合細胞型はHIV感染患者によくみられる(HIM.699)

病期分類

参考2 YN.G-59
Ann Arbor 分類(Cotswolds 改訂)
I期 一リンパ節領域、またはリンパ組織(扁桃腺、脾臓、胸腺など)に病変が限局している場合。リンパ節以外の臓器の限局的なリンパ腫の病変がある場合。
II期 横隔膜を境界として、その上・下いずれか一方に限局した、二つ以上のリンパ節領域・リンパ組織の病変、もしくは一つのリンパ節領域・リンパ組織の病変と一つの非リンパ性臓器の浸潤
III期 横隔膜の両側に及ぶ、リンパ節領域・リンパ組織の病変
IV期 広汎な、リンパ節以外の臓器への浸潤
継続または繰り返す38度以上の原因不明の発熱、盗汗、6ヶ月以内での10%以上の体重減少、などのどれかの症状があるときB。無い場合はA。

病理

  • 背景となる細胞は、リード・シュテルンベルグ細胞がサイトカイン(IL-5IL-6IL-13TNFGM-CSF)を放出したために遊走してきた細胞である。(APT.83)

病態

  • 炎症症状+免疫不全症状
  • リンパ節に原発、とりわけ頚部のリンパ節に原発して、リンパ節に沿って連続的に進展する。
  • ホジキン細胞が各種のサイトカインを放出する結果、炎症に伴う症状・検査値の異常を呈する。(WCH.2527)
  • 免疫不全はリンパ球の減少に伴うものと考えられる。 →  ツベルクリン反応陰性 ← 細胞性免疫能の低下

症状

  • 発熱、リンパ節腫脹
  • 皮膚症状、遠隔部の症状(中枢神経、ネフローゼ症候群、免疫性溶血性貧血、血小板減少症、高カリウム血症、アルコール摂取時のリンパ節の疼痛)

HIM.699

  • (ほとんどの患者)圧痛を伴わないリンパ節の腫脹:頚部、鎖骨上部、腋窩
  • (半数以上の患者)(診断時に)縦隔リンパ節腫脹
  • (1/3の患者)発熱、寝汗(night sweat)、and/or 体重減少 → B症状(予後の悪さと関連)

発熱

  • 不明熱の原因としてホジキンリンパ腫が存在することがある。このような症状は腹部に混合細胞型のホジキンリンパ腫が存在するときによく見られる。(HIM.699)
  • Pel-Ebstein fever:まれ(HIM.699)。発熱は2-3週間ごとに3-7日の高熱をくり返す。

リンパ節腫脹

  • 無痛性。頚部リンパ節・鎖骨上窩リンパ節が多く、次いで鼡径部リンパ節、腋窩リンパ節が多い。
  • 半分の患者では診断時に縦隔リンパ節腫脹が認められる(HIM.699)。縦隔原発もありうる。

皮膚症状

  • 皮膚掻痒感、アルコール飲酒後のリンパ節の痛み

全身症状

  • 食欲不振、倦怠感

検査

血液検査

  • 血算、赤沈、生化学、CRP、銅、鉄、可溶性IL-2レセプター
  • 赤血球:正球性正色素性貧血 (診断時40%で程度は軽い。Hb10-12(WCH.2530))。自己免疫性溶血性貧血もみられるが診断時にはまれ。
  • 白血球:中等度増加
  • 単球増多、リンパ球減少(WCH.2530)。好酸球増加(YN.G-60)
  • 血沈:亢進 → 病勢を良く反映する。
  • LDH:↑
  • CRP:陽性
  • 銅:↑
  • 鉄:↓  ←  慢性疾患に伴う貧血ではないとすれば・・・何?
  • 可溶性IL-2レセプター:↑

診断

  • リンパ節生検、CTスキャン、ガリウムシンチ、PETより。

鑑別診断

  • 炎症性、単核球症、非ホジキンリンパ腫、phenytoin-induced adenopathy、非リンパ腫性の悪性腫瘍

病期分類

  • Ann Arbor分類による

治療

  • 治療方法の選択肢:化学療法、化学療法+放射線療法、放射線療法
  • 病期別の治療法 (参考1)
  • I~IIA期:化学療法+放射線療法の併用療法。
  • IIB期以降:進行期の治療をおこなう。すなわち化学療法の適応となる。  → IIB期の治療は化学療法+放射線療法の併用療法とかもありうる??(要調査)
放射線療法単独は、予後不良因子がない臨床病期I期に対して選択されることがある

予後

  • 良好。
  • 白血病化の頻度は少ない(YN.G-60)
  • 5年生存率:I/II期=90%以上、III/IV期=50-80% (YN.G-60)
  • 病型(次の順で良好):リンパ球豊富型>結節硬化型>混合細胞型>リンパ球減少型 (YN.G-60)

予後因子

  • 腫瘍の大きさ、高齢、男性、高ESR、B症状

(参考2)

国試

参考

  • 1. 癌情報サービス
[display]http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/Hodgkin_lymphoma.html
  • 2. ホジキンリンパ腫 Ann Arbor分類 - 癌情報サービス
[display]http://ganjoho.jp/public/cancer/data/Hodgkin_lymphoma_a.html
  • 3. ホジキンリンパ腫 Ann Arbor分類
http://lymphoma.kmpm1b.com/L-basis/L-aboutlymphoma/stage.htm




血液透析」

  [★]

hemodialysis, HD
血液濾過法、人工腎、透析療法

慢性の血液透析による合併症

  • 細胞性免疫が低下する。血中に増加する物質によりT細胞やNK細胞の機能不全が起こる。液性免疫も低下する。(出典不明)
also see 臨床透析ハンドブック第4版 p. 424


  • 慢性透析患者の死因は、心不全(24.9%)、感染症(19.9%)、脳血管障害(9.4%)、悪性腫瘍(9.2%)


hemodialysis」

  [★] 血液透析 HD

WordNet   license wordnet

「dialysis of the blood to remove toxic substances or metabolic wastes from the bloodstream; used in the case of kidney failure」
haemodialysis


CHDF」

  [★] 持続的血液濾過透析 continuous hemodiafiltration


HDL3リポタンパク質」

  [★]

HDL3 lipoprotein
HDL3リ・蛋白


AHD titer test」

  [★] 抗ヒアルロニダーゼ抗体価測定


H」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 8th letter of the Roman alphabet」
h

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「hydrogenの化学記号」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「鉛筆の硬度 / 《俗》heroin」


"http://meddic.jp/HD" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡