HAART

出典: meddic

高活性抗レトロウイルス療法, highly active antiretroviral therapy, highly active anti-retroviral therapy

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/13 14:13:21」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Drug-induced liver injury in hospitalized HIV patients: high incidence and association with drugs for tuberculosis.
  • Gomes Martins de Moura Tomich L1, Núñez M2, Mendes-Correa MC1.
  • Annals of hepatology.Ann Hepatol.2015 Nov-Dec;14(6):888-94. doi: 10.5604/16652681.1171778.
  • BACKGROUND: The evaluation of liver disease in HIV patients is cumbersome because may result from a number of different causes. The aim of this retrospective study was to estimate the incidence of severe drug induced liver injury (DILI) in a group of HIV inpatients and investigate potential risk fac
  • PMID 26436361
  • Spontaneous Clearance of the Hepatitis C Virus Among Men Who Have Sex With Men.
  • Seaberg EC1, Witt MD2, Jacobson LP1, Detels R3, Rinaldo CR4, Margolick JB5, Young S6, Phair JP7, Thio CL8.
  • Clinical infectious diseases : an official publication of the Infectious Diseases Society of America.Clin Infect Dis.2015 Nov 1;61(9):1381-8. doi: 10.1093/cid/civ562. Epub 2015 Jul 14.
  • BACKGROUND: The probability of spontaneous hepatitis C virus (HCV) clearance ranges from 11% to 49%. Our previous cross-sectional study suggests that mode of acquisition explains some of this heterogeneity. We performed this prospective study to determine factors associated with spontaneous HCV clea
  • PMID 26175521
  • Epidemiology of Mycoplasma acquisition in male HIV-1 infected patients: a multistage cross-sectional survey in Jiangsu, China.
  • Chen LS1, Wu JR1, Wang B1, Yang T1, Yuan R1, Zhao YY1, Xu JS2, Guo HX2, Huan XP2.
  • Epidemiology and infection.Epidemiol Infect.2015 Nov;143(15):3327-34. doi: 10.1017/S0950268815000461. Epub 2015 Mar 20.
  • Mycoplasma infections are most frequently associated with disease in the urogenital or respiratory tracts and, in most cases, mycoplasmas infect the host persistently. In HIV-infected individuals the prevalence and role of genital mycoplasmas has not been well studied. To investigate the six species
  • PMID 25792346

和文文献

  • The Effect of the Different Treatment Protocols on Virological and Immunological Responses in Patients with HIV/AIDS
  • Sari Nagehan Didem,Fincanci Muzaffer,Soysal Ferda
  • Japanese Journal of Infectious Diseases 67(5), 339-344, 2014
  • … The cases treated with HAART were divided into groups on the basis of treatment protocols. …
  • NAID 130004692231
  • 慢性血液透析に導入されたHIV陽性患者9症例の臨床経過と生命予後
  • 原 正樹,柳澤 如樹,能木場 宏彦,森戸 卓,岩佐 悠子,菅沼 明彦,今村 顕史,味澤 篤,安藤 稔
  • 日本透析医学会雑誌 47(7), 435-440, 2014
  • … 【背景】HIV患者の生命予後は抗HIV薬の多剤併用療法 (HAART) の登場により劇的に改善した. … 全例がHAART治療を継続し, 5年累積生存率は, 88.9%であり, 対照群の79.9%とは有意差を認めなかった. …
  • NAID 130004679426
  • Relationship between T-SPOT.TB responses and numbers of circulating CD4+ T-cells in HIV infected patients with active tuberculosis
  • Cai Rentian,Chen Jun,Guan Liqian,Sun Meiyan,Sun Yang,Shen Yinzhong,Zhang *Renfang,Liu Li,Lu Hongzhou
  • BioScience Trends 8(3), 163-168, 2014
  • … Other variables, including gender, age, TB disease classification, HIV RNA level, and highly reactive antiretroviral therapy (HAART), had no significant effects on T-SPOT.TB positive rates. …
  • NAID 130004572598

関連リンク

抗HIV治療ガイドライン(2014年3月発行)PDFファイルをダウンロードすることができます。 ... 事務局 独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター HIV/AIDS先端医療開発センター内 〒540-0006 大阪市中央区法円坂2-1-14
「HIV感染症とメンタルヘルス」に「第9回HIV感染症と精神医療に関する研修会」(平成26年12月14日開催)報告を追加しました。 平成26年11月21日 研修会のお知らせに平成26年12月20日(土)神戸市での医療・福祉関係者へHIVの知識 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みhighly active anti-retroviral therapy
リンク元HIV感染症」「高活性抗レトロウイルス療法」「highly-active antiretroviral therapy」「highly active antiretroviral therapy
拡張検索HAART therapy」「HAART療法

highly active anti-retroviral therapy」

  [★] 高活性抗レトロウイルス療法


HIV感染症」

  [★]

HIV infection
ヒト免疫不全性ウイルス感染症
HIV後天性免疫不全症候群 AIDS
  • HIVに感染しただけではAIDSを発症しないことに注意!!!!

HIV感染症のステージ

急性HIV感染症

  • 血清学的手法でウイルスが検出できるのは6-8週間経ってから
  • 血清学的手法でウイルスが検出される前、感染後2-4週以内に20-50%の感染者は急性症状を呈する。

臨床像

also see HIM.1174
  • 口腔病変:カンジダ、単純ヘルペスウイルス
  • 食道病変:カンジダ
  • 消化管病変:サイトメガロウイルス腸炎(AIDSに進展した患者の5-10%に見られていたが、HAARTの導入により一般的ではなくなりつつある(HIM.1175))、偽膜性腸炎(抗菌薬を投与されたHIV感染者が下痢を訴える場合、鑑別に入れるべき疾患。ある研究では、下痢を訴えるHIV感染者における細菌性の病原体のうちClostridium difficileが54%を占めたという(参考1))

検査

免疫血清学的検査

  • HIV抗体の検出
  • 擬陽性:多産の女性、血液疾患(白血病、多発性骨髄腫)、膠原病、原発性胆汁性肝硬変、原発性硬化性胆管炎、アルコール肝炎、DNAウイルス感染症、HIVワクチン
  • 偽陰性:感染直後、末期で抗体産生不全

スクリーニング

  • スクリーニングするのはHIV感染症の有病率が0.1%以上の集団(MMWR 2006 55(RR-14):1
  • 日本の有病率は0.02%であるので対象をリスク因子の集団に行う
  • MSM、静脈注射の違法薬物使用者、多数のパートナーとの無防備な性交渉、commercial sex worker、他のSTI感染症

診断

  • HIV抗体の存在を証明する。所管腺から6-12週で陽転する。  ← 抗体が検出されるころにはRNAは一旦減少に向かっている印象
  • スクリーニング検査:ELISA法、PA法
  • 確定診断:ウェスタンブロット法、IFA法/蛍光抗体法


参考

  • 1. [charged] Evaluation of the HIV-infected patient with diarrhea - uptodate [1]


国試




高活性抗レトロウイルス療法」

  [★]

highly active antiretroviral therapy, highly active anti-retroviral therapy, highly-active antiretroviral therapy, HAART, HAART therapy
高活性抗レトロウイルス治療抗レトロウイルス療法
ヒト免疫不全ウイルス


highly-active antiretroviral therapy」

  [★] 高活性抗レトロウイルス療法, HAART

highly active antiretroviral therapy」

  [★] 高活性抗レトロウイルス療法 HAART

HAART therapy」

  [★] 高活性抗レトロウイルス療法


HAART療法」

  [★] 高活性抗レトロウイルス療法


"http://meddic.jp/HAART" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡