GFR

出典: meddic

糸球体濾過量 glomerular filtration rate

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/02 21:01:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Exaggerated natriuresis during clamping of systemic NO supply in healthy young men.
  • Simonsen JA, Rasmussen MS, Vach W, Hoilund-Carlsen PF, Bie P.SourceInstitute of Molecular Medicine, University of Southern Denmark, and Department of Nuclear Medicine, Odense University Hospital, Odense, Denmark. Jane.Simonsen@ouh.regionsyddanmark.dk
  • Clinical science (London, England : 1979).Clin Sci (Lond).2012 Jan;122(2):63-73.
  • NO (nitric oxide) may be involved in fluid homoeostasis. We hypothesized that increases in NO synthesis contribute to acute, saline-induced natriuresis, which, therefore, should be blunted when NO availability is stabilized. Young men were studied during simultaneous infusions of L-NAME [NG-nitro-L-
  • PMID 21749320
  • Albuminuria and glomerular filtration rate in type 2 diabetes mellitus.
  • Magri CJ, Fava S.SourceDepartment of Internal Medicine, Mater Dei Hospital, Tal-Qroqq, Msida, Malta - cjmagri013@yahoo.com.
  • Minerva urologica e nefrologica = The Italian journal of urology and nephrology.Minerva Urol Nefrol.2011 Dec;63(4):273-80.
  • AIM: The aim of this paper was to analyze the relation between glomerular filtration rate (GFR) and albumin excretion rate (AER) in subjects with type 2 diabetes.METHODS: Three hundred thirteen type 2 diabetic patients attending Diabetes Centre, Malta, were studied between 2008 and 2009. GFR was est
  • PMID 21996982

和文文献

  • 2型糖尿病患者における心・脳-腎連関
  • 坊内 良太郎,馬場園 哲也,花井 豪,岩本 安彦
  • 東京女子医科大学雑誌 81(E2), E135-E140, 2011-03-31
  • 近年慢性腎臓病(CKD)と脳・心血管疾患(CVD)との関連、すなわち脳・心-腎連関が注目されている.最近糖尿病患者においても、CKDの構成因子であるアルブミン尿と推算糸球体濾過量(eGFR)の低下がCVDの発症と関連すると報告された.,当科に通院中の日本人2型糖尿病患者を対象とし、(1)CKDと症候性脳卒中および冠動脈疾患の発症との関連、(2)CKDと無症候性脳梗塞(SCI)との関連に関する横断面 …
  • NAID 110008441458
  • from COMPENDIUM 一次診療におけるGFRの測定
  • Linnetz Eric H.,Graves Thomas K.,澤 真理子 [訳]
  • J-vet 24(4), 39-45,100, 2011-04
  • NAID 40018811208

関連リンク

血清Cr.値と年齢から,腎臓の働き(GFR(糸球体ろ過量)推算値)を算出します。 ... 生活習慣病に関連するすべての疾患は,慢性腎臓病と関連があります。腎臓病の「早期発見と早期治療」にご活用ください。
腎臓の基本的な機能(腎機能)の良し悪しは、糸球体濾過量 Glomerular Filtration Rate(GFR)を用いて評価します。あたの推算糸球体濾過量(eGFR)を計算してみましょう。

関連画像

GFR计算器1.0_GFR Calculator 1.0 下载  can be used to estimate changes in GFRGiant Gfr Cb: The GFR CB is an entry-level GFRWhat do incremental reductions in GFR Physical determinants of the glomerular


★リンクテーブル★
リンク元利尿薬」「クリアランス」「糸球体濾過量」「アンジオテンシンII」「glomerular filtration rate
関連記事G

利尿薬」

  [★]

diuretic, diuretics
尿細管

適応

利尿薬の種類 (GOO.744)

  CATIONS ANIONS 尿酸 腎血液動態
Na+ K+ H+ Ca2+ Mg2+ Cl- HCO3- H2PO4- 急性 慢性 RBF GFR FF TGF
炭酸脱水酵素阻害薬 炭酸脱水酵素阻害 近位尿細管
 
++ NC V (+) ++ ++ I NC
浸透圧利尿薬 浸透圧 ヘンレループ
 
++ I ++ I NC I
ループ利尿薬 Na+-K+-2Cl- symport阻害 太い上行脚
 
++ ++ ++ ++ ++ (1) (1) V(+) NC V(-)
チアジド系利尿薬 Na+-Cl-symport阻害 遠位尿細管
 
++ V(-) V(+) (1) (1) NC V(-) V(-) NC
カリウム保持性利尿薬 上皮性ナトリウムチャネル阻害 遠位尿細管後部と集合管
 
(+) NC I NC NC NC NC
アルドステロン受容体拮抗 遠位尿細管後部と集合管
 
I (+) I I NC NC NC NC

利尿薬の例

  • 上皮性ナトリウムチャネル阻害薬
  • アルドステロン受容体阻害薬

利尿薬の作用部位

  • ホルモンと利尿薬の作用部位についての簡単なまとめは→尿細管

参照

http://hobab.fc2web.com/sub4-Diuretics.htm



クリアランス」

  [★]

clearance
清掃値浄化値


定義

  • 1. ある物質について、単位時間あたりどれだけの量の血液をきれいにできるか。
  • 2. ある物質が排泄されるために必要な単位時間あたりの血漿量
  • 3. ある物質が単位時間に腎によって完全に除去(清掃)される血漿の量 (生理学実習1 実習テキスト p.4,SP.777-778)
  • 4. it is defined as the rate of elimination of the drug from the body relative to the concentration of the drug in plasma

(PPC.42) [(amount/time)/(amount/volume)]

  • 5. clearance is the rate at which plasma would have to be cleared of the drug to account for the observed kinetics of change of the total amount of drug in the body, assuming that all the drug in the body is present at the same concentration as that in the plasma.(PPC.42)

意味

  • クリアランス↑→物質の排出能が高い、排出されやすい、再吸収されにくい
  • クリアランス↓→物質の排出能が低い、排出されにくい、再吸収されやすい

  • 定義1~3に基づくと
UX: Xの尿中濃度
V : 尿量~
PX: Xの血漿濃度~
CX: クリアランス(前述の定義参照)
UX・V = PX・CX
CX= V・UX/PX
  • 定義4に基づくと
Clearance = (amount/time)/(amount/volume) = 血漿からの薬物の除去速度 / 血中薬物濃度 = 単位時間あたり尿量 x 尿中薬物濃度 / 血中薬物濃度
  • 上記の式は定常状態(単位時間あたりの薬物濃度が変化しなくなった状態)における血中薬物濃度を規定する式に変形できる。定常状態では単位時間に排泄される薬物量と単位時間に取り込まれる薬物量が等しくなった状態であるから、以下の通りとなる。(PPC.44)
血中薬物濃度 = 血漿からの薬物の除去速度 / クリアランス = 薬物の血漿への投与速度 / クリアランス = bioavility x dose / (dosing interval x clearance)
  • これによれば、同一の投与間隔でdoseを2倍量にすれば、血中濃度が2倍になるということが分かる。

備考

  • 一般的にクリアランスはGFRと正比例の関係にある(TP.469)。
  • クリアランスは尿細管での再吸収や分泌と関係するので、対象とする物質の血漿濃度により変化する(TP.469)。


糸球体濾過量」

  [★]

glomerular filtration rate, GFR
糸球体濾過率 「糸球体濾過量」の方がよく使われているらしい
糸球体濾過値イヌリンクリアランスクレアチニンクリアランス慢性腎不全推算糸球体濾過量 eGFR


概念

  • 糸球体で濾過される血漿の量(厳密には時間あたりの量)
  • 糸球体で完全に排泄される物質を使って算出する
  • 成人のGFR:100-150 ml/min (SP.778)

試験

GFRに影響を与える因子

  • 上昇:妊娠、糖尿病性早期腎症、蛋白の過剰摂取(尿中のクレアチニンの影響を受ける(出典不明))、アンジオテンシンII
  • 低下:脱水
考える技術 第2版 p.528
輸入細動脈抵抗低下不能 輸出細動脈抵抗上昇負荷 腎血管閉塞
高血圧
動脈硬化
慢性高血圧
慢性腎臓病
悪性高血圧
NSAID
COX-2阻害薬
敗血症
高カルシウム血症
シクロスポリン
タクロリムス
腎動脈狭窄
ACE阻害薬
ARB
腎動脈狭窄

理論値

  • (1) Ccrからの近似する方法
  • Ccr=((140-年齢)×体重(kg))/(72×Cr(mg/dL))(女性では×0.85)
  1. ref(GFR_fig.png,[糸球体濾過量])



アンジオテンシンII」

  [★]

angiotensin II, AT II
renin-angiotensin-aldosterone system輸出細動脈#調節


標的組織

受容体 (PPC.348,SP.612)

  • AT1受容体:血管、副腎皮質、脳室周囲器官 (SP.612)
血管収縮、アルドステロン分泌(副腎皮質)、交感神経刺激作用、心肥大・血管肥厚
  • AT2受容体:脳その他の臓器に存在し、NOの産生を介して血管を弛緩させるなどAT1受容体の機能に拮抗 (SP.612)
NO遊離(血管拡張)、アポトーシス

作用

  • Na+再吸収を促進→血漿量↑→血圧↑


glomerular filtration rate」

  [★] 糸球体濾過量 GFR


G」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 7th letter of the Roman alphabet」
g


"http://meddic.jp/GFR" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡