GCP

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/30 17:18:22」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

英文文献

  • Thickened area of external granular layer and Ki-67 positive focus are early events of medulloblastoma in Ptch1(+/-) mice.
  • Matsuo S, Takahashi M, Inoue K, Tamura K, Irie K, Kodama Y, Nishikawa A, Yoshida M.SourceDivision of Pathology, National Institute of Health Sciences, 1-18-1 Kamiyoga, Setagaya-ku, Tokyo 158-8501, Japan; Pathogenetic Veterinary Science, United Graduate School of Veterinary Sciences, Gifu University, 1-1 Yanagido, Gifu-shi, Gifu 501-1193, Japan.
  • Experimental and toxicologic pathology : official journal of the Gesellschaft für Toxikologische Pathologie.Exp Toxicol Pathol.2013 Sep;65(6):863-73. doi: 10.1016/j.etp.2012.12.005. Epub 2013 Jan 28.
  • Patched1 (Ptch1) encodes a receptor for Sonic hedgehog (Shh) and is major gene related to human medulloblastoma (MB) in the Shh subgroup. MB is thought to arise from residual granule cell precursors (GCPs) located in the external granular layer (EGL) of the developing cerebellum. As the detailed pre
  • PMID 23369240
  • Single priming dose of meningococcal group C conjugate vaccine (NeisVac-C(®)) in infants.
  • Poellabauer EM, Pavlova BG, Fritsch S, Singer J, Neubauer C, Doralt J, Valenta-Singer B, Ehrlich HJ.SourceGlobal R&D, Baxter BioScience, Industriestrasse 67, A-1220 Vienna, Austria.
  • Vaccine.Vaccine.2013 Aug 2;31(35):3611-6. doi: 10.1016/j.vaccine.2013.04.070. Epub 2013 May 11.
  • Since the introduction of the meningococcal C conjugate (MCC) vaccine in the pediatric population in 1999, numerous clinical studies have confirmed the immunogenicity and safety of the NeisVac-C(®) vaccine, and several have observed a strong immune response after a single priming dose, which could
  • PMID 23672977
  • Guard cell purification and RNA isolation suitable for high-throughput transcriptional analysis of cell-type responses to biotic stresses.
  • Obulareddy N, Panchal S, Melotto M.AbstractStomata, micro-pores on the leaf surface, are formed by a pair of guard cells. In addition to controlling water loss and gas exchange between the plant and the environment, these cells act as immunity gates to prevent pathogen invasion of the plant apoplast. Here, we report a brief procedure to obtain highly pure guard cell preparations using conditions that preserve the guard cell transcriptome as much as possible for a robust high-throughput RNA sequence analysis. The advantages of this procedure included i) substantial shortening of the time required for obtaining high yield of >97% pure guard cell protoplasts (GCP), ii) extraction of enough high quality RNA for direct sequencing, and iii) limited RNA decay during sample manipulation. Gene expression analysis by reverse transcription quantitative polymerase chain reaction revealed that wound-related genes were not induced during release of guard cells from leaves. To validate our approach, we performed a high-throughput deep-sequencing of guard cell transcriptome (RNA-seq). A total of 18,994 nuclear-encoded transcripts were detected, which expanded the transcriptome by 70%. The optimized GCP isolation and RNA extraction protocols are simple, reproducible, and fast, allowing the discovery of genes and regulatory networks inherent to the guard cells under various stresses.
  • Molecular plant-microbe interactions : MPMI.Mol Plant Microbe Interact.2013 Aug;26(8):844-9. doi: 10.1094/MPMI-03-13-0081-TA.
  • Stomata, micro-pores on the leaf surface, are formed by a pair of guard cells. In addition to controlling water loss and gas exchange between the plant and the environment, these cells act as immunity gates to prevent pathogen invasion of the plant apoplast. Here, we report a brief procedure to obta
  • PMID 23634837

和文文献

  • 国際共同治験の経験とその課題についての報告
  • 清水 玲子/小牧 宏文/武田 伸一/大澤 眞木子
  • 東京女子医科大学雑誌 83(E1), E422-E426, 2013-01-31
  • … 我が国は薬剤や医療機器等を対象とした介入研究である治験はGCP準拠を求められ、それ以外の臨床研究についてはGCP準拠は必須ではないが倫理指針に従うことが求められる。 … GCPに準拠した国際共同の治験へ参加するにあたって、ジェネリック医薬品に対する日本とアメリカの考え方の違い、機器の標準化のための器材の輸入や価格差など、様々な困難を伴った。 …
  • NAID 110009559406
  • Enzymatic characterization of germination-specific cysteine protease-1 expressed transiently in cotyledons during the early phase of germination
  • Tsuji Akihiko,Tsukamoto Kana,Iwamoto Keiko [他]
  • The journal of biochemistry 153(1), 73-83, 2013-01-00
  • NAID 40019546530

関連リンク

「くすりの候補」の人における効果(有効性)と安全性を調べる治験は、科学的な方法で、参加される方の人権を最優先 ... 治験を実施するためのルール 治験を行う製薬会社、病院、医師は「薬事法」というくすり全般に関する法律と ...
患者の為の治験・臨床試験ポータルサイト。患者サイドに立って治験及び臨床試験に関する情報を提供。 ... 医薬品の臨床試験の実施の基準 (GCP:Good Clinical Practice) 1997年年3月27日厚生省令第28号 (1997年 ...

関連画像

simpanan emas menjamin masa depanGCP:Chcuk Gcp HelpgcpFichier:Saut GCP 1erRHP.jpgFile:Gcp patrol car.jpg


★リンクテーブル★
先読みgastritis cystica polyposa
国試過去問103F012
リンク元薬事法」「医薬品の臨床試験の実施に関する基準」「good clinical practice」「ポリープ状嚢胞性胃炎
拡張検索GCPS
関連記事G」「GC

gastritis cystica polyposa」

  [★] ポリープ状嚢胞性胃炎

103F012」

  [★]

  • 正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103F011]←[国試_103]→[103F013

薬事法」

  [★]

Pharmaceutical Affairs Law, pharmaceutical affairs law
医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)

第一章 総則

(目的)

第1条

  •  この法律は、医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の品質、有効性及び安全性の確保のために必要な規制を行うとともに、指定薬物の規制に関する措置を講ずるほか、医療上特にその必要性が高い医薬品及び医療機器の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることを目的とする。

(定義)

第2条

  •  この法律で「医薬品」とは、次に掲げる物をいう。
  • 一 日本薬局方に収められている物
  • 二 人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であつて、機械器具、歯科材料、医療用品及び衛生用品(以下「機械器具等」という。)でないもの(医薬部外品を除く。)
  • 三 人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であつて、機械器具等でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く。)
  • 2 この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げる物であつて人体に対する作用が緩和なものをいう。
  • 一 次のイからハまでに掲げる目的のために使用される物(これらの使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの
  • イ 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
  • ロ あせも、ただれ等の防止
  • ハ 脱毛の防止、育毛又は除毛
  • 二 人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他これらに類する生物の防除の目的のために使用される物(この使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの
  • 三 前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物(前二号に掲げる物を除く。)のうち、厚生労働大臣が指定するもの
  • 3 この法律で「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、第一項第二号又は第三号に規定する用途に使用されることも併せて目的とされている物及び医薬部外品を除く。
  • 4 この法律で「医療機器」とは、人若しくは動物の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人若しくは動物の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等であつて、政令で定めるものをいう。
  • 5 この法律で「高度管理医療機器」とは、医療機器であつて、副作用又は機能の障害が生じた場合(適正な使用目的に従い適正に使用された場合に限る。次項及び第七項において同じ。)において人の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあることからその適切な管理が必要なものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものをいう。
  • 6 この法律で「管理医療機器」とは、高度管理医療機器以外の医療機器であつて、副作用又は機能の障害が生じた場合において人の生命及び健康に影響を与えるおそれがあることからその適切な管理が必要なものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものをいう。
  • 7 この法律で「一般医療機器」とは、高度管理医療機器及び管理医療機器以外の医療機器であつて、副作用又は機能の障害が生じた場合においても、人の生命及び健康に影響を与えるおそれがほとんどないものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものをいう。
  • 8 この法律で「特定保守管理医療機器」とは、医療機器のうち、保守点検、修理その他の管理に専門的な知識及び技能を必要とすることからその適正な管理が行われなければ疾病の診断、治療又は予防に重大な影響を与えるおそれがあるものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものをいう。
  • 9 この法律で「生物由来製品」とは、人その他の生物(植物を除く。)に由来するものを原料又は材料として製造(小分けを含む。以下同じ。)をされる医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器のうち、保健衛生上特別の注意を要するものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものをいう。
  • 10 この法律で「特定生物由来製品」とは、生物由来製品のうち、販売し、賃貸し、又は授与した後において当該生物由来製品による保健衛生上の危害の発生又は拡大を防止するための措置を講ずることが必要なものであつて、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものをいう。
  • 11 この法律で「薬局」とは、薬剤師が販売又は授与の目的で調剤の業務を行う場所(その開設者が医薬品の販売業を併せ行う場合には、その販売業に必要な場所を含む。)をいう。ただし、病院若しくは診療所又は飼育動物診療施設(獣医療法(平成四年法律第四十六号)第二条第二項に規定する診療施設をいい、往診のみによつて獣医師に飼育動物の診療業務を行わせる者の住所を含む。以下同じ。)の調剤所を除く。
  • 12 この法律で「製造販売」とは、その製造等(他に委託して製造をする場合を含み、他から委託を受けて製造をする場合を含まない。以下同じ。)をし、又は輸入をした医薬品(原薬たる医薬品を除く。)、医薬部外品、化粧品又は医療機器を、それぞれ販売し、賃貸し、又は授与することをいう。
  • 13 この法律で「体外診断用医薬品」とは、専ら疾病の診断に使用されることが目的とされている医薬品のうち、人又は動物の身体に直接使用されることのないものをいう。
  • 14 この法律で「指定薬物」とは、中枢神経系の興奮若しくは抑制又は幻覚の作用(当該作用の維持又は強化の作用を含む。)を有する蓋然性が高く、かつ、人の身体に使用された場合に保健衛生上の危害が発生するおそれがある物(大麻取締法(昭和二十三年法律第百二十四号)に規定する大麻、覚せい剤取締法(昭和二十六年法律第二百五十二号)に規定する覚せい剤、麻薬及び向精神薬取締法(昭和二十八年法律第十四号)に規定する麻薬及び向精神薬並びにあへん法(昭和二十九年法律第七十一号)に規定するあへん及びけしがらを除く。)として、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものをいう。
  • 15 この法律で「希少疾病用医薬品」とは、第七十七条の二第一項の規定による指定を受けた医薬品を、「希少疾病用医療機器」とは、同項の規定による指定を受けた医療機器をいう。
  • 16 この法律で「治験」とは、第十四条第三項(同条第九項及び第十九条の二第五項において準用する場合を含む。)の規定により提出すべき資料のうち臨床試験の試験成績に関する資料の収集を目的とする試験の実施をいう。

(貯蔵及び陳列)

第48条

  •  業務上毒薬又は劇薬を取り扱う者は、これを他の物と区別して、貯蔵し、又は陳列しなければならない。
  • 2 前項の場合において、毒薬を貯蔵し、又は陳列する場所には、かぎを施さなければならない

法令

  • 薬事法(昭和三十五年八月十日法律第百四十五号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35HO145.html
  • 薬事法施行令(昭和三十六年一月二十六日政令第十一号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36SE011.html
  • 薬事法施行規則(昭和三十六年二月一日厚生省令第一号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36F03601000001.html


医薬品の臨床試験の実施に関する基準」

  [★]

good clinical practice, GCP
優良臨床試験基準臨床試験実施基準
ヘルシンキ宣言法令

第1条

(趣旨)  → ヘルシンキ宣言に基づく

  •  この省令は、被験者の人権の保護、安全の保持及び福祉の向上を図り、治験の科学的な質及び成績の信頼性を確保するため、薬事法 (以下「法」という。)第十四条第三項 (同条第九項 及び法第十九条の二第五項 において準用する場合を含む。以下同じ。)並びに法第十四条の四第四項 及び第十四条の六第四項 (これらの規定を法第十九条の四 において準用する場合を含む。以下同じ。)に規定する厚生労働大臣の定める基準のうち医薬品の臨床試験の実施に係るもの並びに第八十条の二第一項 、第四項及び第五項に規定する厚生労働省令で定める基準を定めるものとする。

第14条

(被験者に対する補償措置)

  • 治験の依頼をしようとする者は、あらかじめ、治験に係る被験者に生じた健康被害(受託者の業務により生じたものを含む。)の補償のために、保険その他の必要な措置を講じておかなければならない。  ←  これが治験以外で生じた健康被害も補償ということ?

法令

  • 医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令(平成九年三月二十七日厚生省令第二十八号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H09/H09F03601000028.html

国試


good clinical practice」

  [★] 医薬品の臨床試験の実施に関する基準, GCP


ポリープ状嚢胞性胃炎」

  [★]

gastritis cystica polyposa, GCP
胃炎


GCPS」

  [★]

Greig cephalopolysyndactyly syndrome


G」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 7th letter of the Roman alphabet」
g


GC」

  [★]



"http://meddic.jp/GCP" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡